• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

NT2011のブログ一覧

2013年05月30日 イイね!

往年のスーパーカーが袖ヶ浦フォレストを疾走@Nostalgic Car Show 2013

往年のスーパーカーが袖ヶ浦フォレストを疾走@Nostalgic Car Show 20135月26日(日)に出向いたノスタルジックカーショー2013ですが、袖ヶ浦フォレストでやるからには、往年のスーパーカーのデモ走行もきっちり行われてました!








なかなか、これだけのスーパーカーが疾走しているのも見応えが有りましたね~





しかし、これだけ古く・・・、しかも、当時はまだまだ信頼性も・・・な伊太車(×痛車・・)を、きっちりサーキット走行できるようにメンテしているのは凄いことですよね~




ハコスカGT-Rや、フィアットも元気よく走ってますね~!

Posted at 2013/05/30 02:29:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 展示会 | クルマ
2013年05月27日 イイね!

Nostalgic Car Show 2013@袖ヶ浦フォレストレースウェイに行って来ました

Nostalgic Car Show 2013@袖ヶ浦フォレストレースウェイに行って来ましたNostalgic Car Show 2013に行って来ましたが、昨年までは、東京ビックサイトで開催されましたが、今年から、袖ヶ浦フォレストレースウェイでの開催となりました。







ということで、走行会以外では珍しくZ34で行って来ました。


ま、やっぱり、スーパーカー世代にとっては、とりわけ、フェラーリとランボルギーニは、特別な存在と感じてしまいます・・・


やっぱり、ランボルギーニといえば、カウンタックですね~



フェラーリも当然あります。


????

これ、ノスタルジックカーなんでしょうか?

どう見ても、現行の458 Italiaですよね??


S30系も数台ありました・・



私的には、下記のホンダS800?が目を引きました。


もう中も外もサビサビで、ボディーもヨレヨレ状態で、如何にも旧車でしたが、ある意味では、ピカピカにレストアされたノスタルジック車より、時代を表すような味がありました・・・


後、こんなのもありました。


ウルトラ警備隊車?



うーん、火事の時、これが来たらちょっとビックリですね~(^^;



Gulfがメインスポンサーみたいで、公式車?の中にZ33がありました。
これ、サーキット仕様みたいで、タイヤもしっかり、YOKOHAMAのNEOVAを履いてましたね。




まぁ、このイベントはこのイベントで、面白いのですが、個人的には去年までの東京ビックサイトでの如何にも展示会風なのも悪く無いと思ったんですけどね・・

来年はどーなるんでしょうか・・・
Posted at 2013/05/27 01:39:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | 展示会 | クルマ
2013年05月26日 イイね!

JB23の12ヶ月点検で、代車 ラパンに乗りました!

JB23の12ヶ月点検で、代車 ラパンに乗りました!JB23の12ヶ月点検の時期が来ましたので、ディーラに出向き、いつもの通り、代車を借りました。








今回の代車はラパンでした。

ラパンといえば、丁度、1年前にも借りていました・・

この時と今回では、どうやら年次改良を行われたものらしく、見た目的には全く一緒みたいですが、例えば、運転席と助手席のヘッドレストが大きくなっています。(そ~言えば、9型のJB23も大きくなっていますね~)


前回は、Xというグレードでしたが、今回は、最低グレードのGというもので、今時?、リモコンミラーも無いものでした・・・

ただ、アイドリングストップのみは搭載されていたので、厳密には最低グレードではないですね・・
(ラパンの本当の最低グレードは、ATもトルコンで、アイドリングストップなしのものとなります・・)




改めて、外観は、まぁ、女性向けなんでしょうかね?
内装も、ちょっとおしゃれっぽくしている感じなので、やっぱり女性向きか・・?

でも、最低グレードなので、ウサギが少ない・・(笑)





さて、走行してのインプですが、一言で言えば、可もなく不可もなく普通NA車です。これは、前回と一致した印象かと・・・・

エンジンは、普通のNAですが、町中で普通に走っている分には力不足を感じる場面も少ないです。
CVTでうまくチューニングしているからかもしれませんが、エンジン自体も必要にして十分なパワーとトルクが出ているようです。

ただ、CVTは相変わらず、??な部分が有って、特に、やや加速を強めに発進した際、1テンポ遅れて、ややキックダウンみたいになって、明らかに加速が遅れて段付く感じが強かったですが、これって、CVTなのに、トルコンみたいでした・・・・

一方でアイドリングストップの動作はちょっと、挙動不審な時も見受けられましたが、まぁまぁ違和感を持たれないレベルに来ていると思います。


ただ、CVTとアイドリングストップも、1年前に乗った時に感じた低速走行時の違和感は減った感じがしましたので、恐らくは年改で制御アルゴリズムが改善されたのではないか?と推測します・・・・



で、肝心の走行性能ですが、ワゴンRみたいに座高が高くないので、全体的に落ち着いており、疑問の少ない感じでした。

ただ、足回り自体、よく動いている感じではないのですが、路面が悪いところなどでは、足回りのバタつき感が少ないので、乗り心地もそれほど悪化しない感じなので、最近の軽らしく、まぁまぁの足回りだと言えると思います。

後、ちょっとしたコーナーの連続した所では、先週乗った日産ノートより自然で、アクセルワークにて、変なロールとかが出ない分、自然なコーナリング性能でした。

ここは、前回からの差分はよく分かりませんので、進化は無いのかもしれません・・


後、ブレーキ性能はもう少しガッシリした剛性感が欲しいのと、そもそも効きもよくして欲しい感じです。
JB23と同じように、ややスポンジ-な感じで、ブレーキ性能には不満が残ります・・・


燃費ですが、町中のほうが伸びる感じで、丁寧なアクセルワークをすれば、25km/lを出すのは難しくないと思います。

ただ、郊外の少し走行速度が上がってきた状態で、走り続けると、24km/lを切ってしますね。




まぁ、デザインが気に入れば、無難に運転できるのがラパンであるというのが私の印象です。
Posted at 2013/05/26 03:47:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2013年05月22日 イイね!

Z34、走行不能の犯人か?・・CSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)

Z34、走行不能の犯人か?・・CSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)さて、走行不能になったZ34ですが、原因は、どうやら?、CSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)だというのが、メカの判断です。
ですので、このCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)を交換することが今回の修理箇所となりました。










では、何故にこのCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)かと言えば・・

まず、このCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)とは、この中にフルードが入り、ダイレクトにクラッチカバーを押す物で、レリーズベアリングと一体化されているそうです。




他の方のBLOGから映像を引用させて頂いておりますが、横から見たCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)は、こうなっています・・



このゴムの蛇腹になっている部分が伸び縮みしてクラッチカバーを押す仕組みです。
但し、このゴム蛇腹は保護程度の物で、伸び縮みする機構自体は、金属製の筒状になっています。

今回、どうやら、このCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)が何らかの変形もしくは、成形不良などにより、絶対に入ってはいけないエアを吸い込んでしまったのでは?というのがメカの見解です。

実際、中はブレーキオイルと同じ粘度(というかその物らしいですが・・)のフルードに圧力を掛けて、稼働するわけなので、エアが入り込んでしまえば、いわゆる、ブレーキで知られるペーパーロックを起こし、クラッチが切れなくなったという事みたいです。


実際、Web検索するだけでも、同じZ34やKV36など、同じMTトランスミッションを使っている車体が、私と同様に走行不能に陥り、原因はCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)のエア入りとされ、部品の交換作業を受けている事例が見つかります・・


メカの話でも、確かにCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)は、クラッチ内部に機能そのものが内包されおり、しかも、クラッチから発生する高温の熱をもろに受けるので相当な高温になるのもありますし、CSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)の部材自体も、一部、樹脂部分などもみうけられるので、条件に寄っては、何らかの変形が起きて、エアが混入するようになってしまっても、まぁ、全くおかしな話ではない。。。というのが、メカの見解でした。


ただ、絶対にそんな事は有ってはならないので、たまたまこの部材が不良であったのだろうとの事でした。

勿論、同じ事例がBLOGに見られるのは、不安ではありまして、このCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)の設計変更はあったのか?と聞いてみたところ、ずっと品番は変わっていないそうで・・・・・(ということは、部品の構造的な問題はないということ?????)



因みに、このCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)は、直動式と呼ばれるもので、Z34の様なスポーツモデルなどで使われるのは、悪いことではないものだそうです。

これは、一般的なクラッチは、フォーク式と呼ばれる物で、まさにテコの原理でクラッチカバーを押すものだそうです。日産でも、トラック系の物は、フォーク式が普通だそうです。

実際、CSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)の様な直動式だと、クラッチケースの中心を軸に、均一に稼働する事が出来て偏心などが起きにくく良いそうです。

逆にフォーク式は、直動式に比べて、クラッチケースを均一に押すことが苦手で、クラッチに偏心が出来る確率が高くなるそうです。

なので、Z34で採用されている直動式も、方式としては決して悪いものではないそうです。


ただ、直動式としても、そもそも純正部品としてCSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)が良くないのでは?という疑いは私自身もあったりはします・・・

実際、Z34もクラッチ自体をこのフォーク式に敢えて換えるという事をやっていらっしゃるみんカラさんもいらっしゃいますね・・・・(SA B浜松でもやってくれるそうで・・・





ということで、とりあえずは、CSC(コンセントリック スレーブ シリンダー)は全くの新しいものになったので、暫く様子をみてみます。


もし、これでまた、クラッチ不良が起きたら、もう、社外のフォーク式を行っちゃうしか無いでしょうね・・
Posted at 2013/05/22 02:30:54 | コメント(9) | トラックバック(0) | Z34 | クルマ
2013年05月20日 イイね!

自走不能になったZ34が、修理完了で戻って来ました!!

自走不能になったZ34が、修理完了で戻って来ました!!クラッチが切れなくなり、完全に自走不能になってしまい、ついには積載車を呼ぶことになってしまったZ34ですが、5月19日に修理完了との事で、ディーラーに行って来ました。









今回は徹底修理が条件だったのですが、ディーラーのメカに詳しい説明を受けて、一応、納得したのでZ34を引き取って来ました。

親切にもクラッチを分解したところを写真に撮ってくれていたので、参照させてもらいます。


詳しい説明は、次回にしますが、犯人はこいつ「みたい」です。




「みたい」と書いているのは、実は、メカも目視では明らかな変形などは確認できておらず、ある意味では、見なし修理という感じになってしまっているという事です。

ただ、説明を聞くと確かに、もう犯人はこいつしか居ないだろう・・・・というのは納得しましたが。。


詳しい説明は次回しますが、ある意味でが、この部品の自体の構造上の問題なのかもしれません・・


実際、私と同じ症状の方も少なくなく、皆さん、この部品の交換で改善しているみたいですし・・
Posted at 2013/05/20 02:23:05 | コメント(6) | トラックバック(0) | Z34 | クルマ

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] 静岡まで、遠征しました!」
何シテル?   05/12 21:11
免許を取って以来、15台の車を乗り継いで来ました。 考えたら、今のところ、全部、マニュアル車です! カーオーディオやカーナビ位は、ほぼ自分で取り付けちゃい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

S660 MT車 1速入りにくい処置へ(ディーラー預け) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/10 16:41:27
タンク容量の限界まで走行して見た!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/27 16:34:22
スズキ(純正) コインホルダー&カードホルダー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/22 00:46:47

お友達

是非、お気楽にお誘い下さいませ!
965 人のお友達がいます
紅キ翼 with k&#180;紅キ翼 with k´ * エムラインエムライン *みんカラ公認
金田一耕助金田一耕助 * cockpitcockpit *みんカラ公認
shinphonyshinphony * HayneRyoHayneRyo *

ファン

131 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S660 ホンダ S660
納車日は、2015年9月12日です。 コンセプト段階から注目しておりましたS660です ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
フェアレディZ(Z34)を下取りに出して購入したのが、アルト・ワークス(HA36S)です ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2008年式の7型ワイルドウィンド 5MTです。色は特別限定色のダークパープルです。 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
写真を整理していたら出てきたので、今更のアップです。 セカンドアニバーサリーが出始めの頃 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.