• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年01月07日

美浜サーキットアタック!新春走行会

美浜サーキットで開催された、新春走行会に参加してきました。

今回はインプ君で美浜サーキットのレコードタイムを更新するべく、筑波アタックと同じ装備、人員で本気のタイムアタックを行いました。





この日は、天気は良かったのですが気温は大変低く、タイヤの温度管理が難しそうなコンディションでした。

タイムアタック方法に関しては、主催者の三十爺さんの取り計らいで、スーパーラップ枠を設けていただき、2~3ラップの計測を行いました。

僕の作戦としては、まず1本目はラジアルタイヤでアタックしコースと車の感触を確かめ、2本目でSタイヤを投入しアタックしレコード更新、その後の走行で再びラジアルに戻しラジアルでのベスト更新、というシナリオを描いていました。

○今回の仕様覚書

フロントベステックス18キロ+ヘルパー スイフト4キロ 自由長72ミリ作動長42ミリ
プリロード 0ミリ      
リヤUC-01 14キロ +ヘルパースイフ3キロ 自由長60ミリ作動長38ミリ      
プリロード 0ミリ
フロント減衰 最強
リヤ減衰   9段戻し
フロントキャンバー 4度10分
フロントトー -0.05° トータル -0.1°       
リヤキャンバー   3度10分
リヤトー   -0.07° トータル -0.14°    
タイヤ A050GS F.R 295/30-18(一年前ユーズド削り)
     71R    F・R 295/30-18(9部山)
空気圧(温間) フロント 1.5 リヤ 1.4 A050
          フロント 2.5 リヤ 2.5 71R
ブースト 2.00キロ
最高速148キロ(GPSロガー計測)


(みんから友達の画像を拝借)

慣れないスパーラップ方式でしたが、いい緊張感で筑波のいいトレーニングにもなりました♪


まず1本目はラジアルで走行。

実際に走っていると当たり前ですが筑波と図分と違います。

とにかく路面が食わない!

タイヤウオームしてあるにも関わらず、グリップ感が全然ありませんでした。

美浜ってこんなんだっけ!?ってくらい路面のμが低い。

お陰で車がアンダー、オーバーの全然ダメダメ状態で、恐る恐るしか走れませんでした。

おまけにシフトが2速から3速へのアップで妙に引っかかったりギヤが入らなかったりして、シフトミスを連発。。。

その時は、気合が空回りしてるんかな、俺?って程度に思っていましたが。。。


結局満足な走りができないまま、結果は42秒333。。。


2本目は作戦の通り、Sタイヤ(1年前ユーズド削り仕様)で走行。

セッティングでは1本目でアンダーが強かったのでフロントの車高を少し下げました。

走りだすと、流石はSタイヤ。

グリップ感が全然違います。路面のコンディションも少し良くなっているようでした。


車が良く曲がって、運転していて楽しい!


やっぱりタイヤはグリップした方がいいですね(笑)

今回バネを18キロにして走りましたが、ラジアルにはもっと低いレートの方が良かったかもしれません。

結果としてSタイヤにはいいバランスだったのかも。


ただ、車の動きはいいのですが、1本目でも起きた3速へのシフトアップが入りずらい症状は徐々にひどくなってきました。

これがすべてでした。。。

結果は 41秒660 。。。


レコードタイムにはわずかに届かず。

アタック中にギヤトラブルが発生し、最終コーナーからホームストレートの区間で3速に入らず5速で走ることになってしまいました。

データーロガー上ではコンマ2秒のロスが確認できました。。。

とても残念でした。


しかし、これもアタック。

ギヤのトラブルに早めに気づけたのを良しとしておくべきでしょう。


結果は残念でしたが、目一杯やりました。

ミニコースでこんなに真剣にタイムアタックしたことがなかったので、これもいい経験が出来ました。


タイムアタックの難しさは筑波であろうが美浜であろうが同じです。

タイムを出しに行くことは、タイムが出ちゃった感覚とは明確に違います。

少ないラップしかしないがゆえに、自分を追い込むがゆえに、感じれる車の様々な情報。

腕に自信のあるドライバーは是非やってみてほしいと思います。

逆に自信のないドライバーはやめた方がいいですけどね(笑)


次は筑波の走行になります。

頑張って来たいと思います。


〇おまけ動画


まだまだ詰めれるところがありそうなので、Sタイヤの目標は41秒切りですね。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/01/07 11:37:06

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

北山公園からの〜定番散歩突入 〔前 ...
nanamaiさん

2006(平成18)年夏休みの思い ...
P.N.「32乗り」さん

Newホイール投入!!
ラッシュモータースポーツさん

nine.worksステッカー
アチャさん

ガラスコーティング キャンペーン期 ...
CAR-CLINICさん

「  笑  」 ~  ver.109
利根川の天然水さん

この記事へのコメント

2018/01/07 16:31:32
お疲れ様でした♪
RACE LIVEで見てました(笑)
ギヤトラブル残念ですね(^_^;

最高速148km/hとは止まるにも腕は入りそうですね(^◇^;)
美浜って、改修してからKIRIXは前みたいに縁石使えませんし、
改修前と同等タイム出すのはかなり難しいかもしれませんね(^0^;)

ちなみに、動画のタイトルで気づきましたが610psとは恐ろしい
馬力ですね(^_^)b
コメントへの返答
2018/01/07 22:50:22
見てたんですね~(笑)

加速が速いとミニコースでは目が追い付かないくらいですね~。

やはり昔よりタイムを出し難くなってますよね❗
なんとなく思うんです。

パワー的には610馬力なんですが、実質エボの500馬力チョイと変わらない気がします(汗)
2018/01/07 18:50:32
当日はありがとうございました!

最高速148kmも出てるんですね、凄い!

ギアトラブルで3速にはいらなかったにも関わらず、直ぐに5速に切り替えをして41.660secを出されていたとは!
その切替の速さにびっくりしました。

コースレコード更新、楽しみにしております!
コメントへの返答
2018/01/07 23:01:16
どうもでした!

148キロはSタイヤでの最高速ですけどね(笑)

ギヤトラブルに関しては、実際は3速が弾かれると自動的に5速か1速に入っちゃいます。

1速に入ると焦りますよ~。

頭の切り替えに関しては5速に入ってもあきらめず走り切ること、くらいです(笑

レコードに関しては、また来シーズンで機会が得られれば挑戦します!
2018/01/07 19:04:05
惜しかったですね。ギアさえうまくいけば更新してるのではないのでしょうか?削り中古でウォーマー無しで周回してもいいかもしれませんね?

でもattackの練習にならないですもんね( ´∀`)
ツクバ頑張ってください!
コメントへの返答
2018/01/07 23:22:44
ギアトラブルがなければ確実に更新してましたね~。
ロガーのデーターでわかりました。

050GSに関して、ウォーマーなしで行くのは可能ですけど本来の性能は出ないでしょうね。

タイヤのパフォーマンスが発揮されるのは、最適な温度や空気圧になっているときで、GSはそこがかなりシビアです。

今次期のように気温や路面温度が低いと、タイヤは中々温まらない上に、空気圧も適正に合わせるのが難しいです。

温まってくるのを待って何周も走っているとタイヤのトレッド面が消しゴムのように削れて荒れてしまい、温度が上がったころにはタイヤは終了している、なんて感じです。

今回スーパーラップを選択したのは、Attack練習のためというよりも、最もタイムが出る可能性が高い方法だからですね♪
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ゼスティノタイムトライアル美浜にシルビアちゃんと参加しました http://cvw.jp/b/522586/41518316/
何シテル?   05/24 03:20
インプレッサワゴン(GF8)でサーキットを走っております。 車以外では、スキーを少々。 あとは、お酒大好き(笑 車の話をしながら、バー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

2018/05/27 DIREZZA DAY リンクサーキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/29 01:08:32
RX-7 筑波2000 ズミー走 20180204 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/07 08:23:00
2018年1月7日美浜サーキット(102) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/08 02:51:56

ファン

116 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサスポーツワゴン ラック☆インテックインプワゴン (スバル インプレッサスポーツワゴン)
インプレッサワゴンでサーキットをメインに走っております。 詳しい仕様はこちらで↓ h ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.