• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

fighting dogの"ライフ" [ホンダ ライフ]

メーター裏電球基盤交換

カテゴリ : 外装 > ランプ、レンズ > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2018年02月24日
1
メーター裏電球右側が切れてしまったため、交換します。

図の赤い部分が切れてしまっているのがわかると思います。

実は、一度LEDに交換したのですが、右側だけが点滅するという状態になり、夜間の運転がしにくいので、ディーラーに相談しました。

結局、電球をはめ込むブラケットと、ブラケットを固定している基盤を交換することにしました。基盤は簡単に交換できるか不安でしたが、電球のところだけは、他のところと別になっているので、たぶんいけるだろうと思い、やってみることにしました。
2
今回、注文した部品です。

細かいことですが、ブラケットに電球がはめ込まれた状態になっていました。ひょっとして、電球も、左右があるのかなと一瞬思いました。


実は写真に出てませんが、左のスモールライトも同じく点滅するという状態になってしまったため、予備で購入しました。

この日、スモールライト交換もしましたが、それは別にのせます。
3
赤丸の部分をはずします。全部で4箇所あります。はじめは裏のパネルの基盤側の大きな爪の方から外すとよいでしょう。親指で爪を押しながら反対の手でずらすと、案外簡単にずれてくれます。写真側は、パネルの端っこにある小さな爪で、後からの方がいいです。
4
電球の基盤です。
5
このように、簡単に取り外せます。

その他、ブラケットと電球も交換します。

後は、逆の手順でメーターを組み立てて終了です。

交換した結果、元通りにライトがつくようになりました。
6
なぜこのような症状になったかということですが、一番怪しいのは、やはり基盤かなと思います。

写真は今回交換した基盤の、電球でいう右側の電極ですが、電極が接触していた部分が擦れて傷になっています。ゆえに拙速不良をおこして、きちんと電気が流れなくて、右側が点滅状態になってしまったのかなというのが考えられるかなと思います。

しかし気になるのは、右側のランプが点滅しだすと連動して、左ヘッドライトが同じように点滅状態に陥りました。そのことに気がついたのはメーター電球が点滅しだしてかなり時間が経ってからでした。配線が同じだからある意味当然だといえますが、気を付けなければいけませんね。

ディーラーだと作業工賃は約4500円。ETC取り付けとほぼほぼ変わらないぐらいですが、場所が場所なので、パネルカバーを破壊しかねないという自信がない人は、ディーラーに任せたほうがいいなと思う内容でした。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

レンズリフォーム

難易度:

バンパー交換・リフレクター取付け

難易度:

ヘッドライト磨き 3ヶ月後

難易度:

JB5 ライフ コーナーポール修理&取り外し方法

難易度:

バックランプ交換

難易度:

ナンバー灯交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #ライフ JB3スタビライザーに交換 https://minkara.carview.co.jp/userid/523088/car/2075123/4828590/note.aspx
何シテル?   06/10 16:47
fighting dogと申します。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ライフ ライフ (ホンダ ライフ)
エンジン等、ノーマルです。しばらくの間は、ノーマルのフィーリングを楽しもうかと思います。 ...
ホンダ アクティトラック アクティ君 (ホンダ アクティトラック)
自家用車:98年式HONDA ACTYトラック【最終走行距離1,96000km超 諸 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.