• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

てぇかむのブログ一覧

2016年01月02日 イイね!

チラ裏 : DA63Tキャリイ、サーモスタット(サーモバルブ)故障… ⇒ メーター改造 (低水温警告灯の追加 ←有効化)

チラ裏 : DA63Tキャリイ、サーモスタット(サーモバルブ)故障… ⇒ メーター改造 (低水温警告灯の追加 ←有効化)あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。m(_ _)m


--------

新年早々、私の父親が

 「(普段通勤等で乗っている)軽トラよりも
   リーフ(最も初期型)のほうが、
    やっぱり暖房が利くなぁ~。」

、などと言う。


・・・いや、そんなはずは無い。


キャリイトラック(@DA63T)は普通のエンジンカーなので、
ちょっと走ればしっかり温風が出てくるはずだ・・・

それに対して、最初期型リーフ(@ZE0)はエンジンが無く、
暖房するにはボンネット内の温水ヒーター(3~4kW程度)を稼働させ、
その中の冷水が温水になってからようやく
室内で温風が出るので、
『キャリイより早く暖まる』
なんてセリフが出るはずがない・・・

 (一応、名誉のために書いておくと、
  マイナーチェンジ後のリーフでは
  家庭用エアコン同様な仕組みの暖房機能が追加されたので、
  冷房と同様に暖房も早く効くようになりました。)

ーーーーーーーー
で、キャリイを診てみた。

先日の DA64Vエブリイと同様で、
エンジン冷却水の流れを制御するサーモバルブが逝っている模様。。orz

 (外気温 1桁台[℃] において、冷間始動後のアイドリングなのに
  ラジエター放熱フィン部分の温度がどんどん上昇していく・・・
   ⇒ 本来はサーモスタットが
     完全に閉じているべきなのに (← フィンの温度は上がらない)
     それが開いてしまっている為、
     冷却水がラジエターに流れている状態。)


・・・でも、メーターパネル内の

 ・オーバーヒート (警告灯@高水温)
 ・オーバークール (警告灯@低水温)

のどちらも点いていないんですけど??

--------
イグニションキーを再度、OFF ⇒ ON にしてみる。
 
  (メーター改造前の画像)


・・・オーバーヒート警告灯しか点かない。。
   もしや、オーバークール警告灯が球切れしてるのか??
   いや、LEDのはずだが・・・

--------
メーターを外して、バラしてみる。
 


・・・オーバークール警告灯の場所に、LEDが部品実装されてない。。
 
  (パネルにはしっかり印刷されているので、LEDがあればちゃんと光る)


  こんな大事な所(サーモバルブが壊れた事を知る手段の一つ)を
  コストダウンで廃止かよっ!!
   (さすが、スズキだ・・・恐るべし・・・)

  LEDケチったばかりに、
   (正確には、抵抗器@電流制限用,トランジスタ@デジトラ,LED、と合計 3部品)
  サーモバルブが壊れた後、いつまでも暖機が完了しないことに
  気付かないまま走り続けてしまい、
  燃費の悪化によって確実にガソリン代で(ユーザーが)しますが・・・
   (暖気が完了しないと、燃料増量やアイドル回転数上昇のために
    長い時間走っても燃費が悪いままになる)

  また、エンジン温度が適正値に保たれないと、エンジン内部 各所の
  クリアランス(隙間)が適正にならないため、
  エンジン寿命にも大きな影響(当然悪化する)を与える“らしい”です。


  ちなみに、うちのキャリイは2WDなのに
  4WDの動作インジケーター
   
  には LEDが実装されてるし。。
   (4WD仕様のDA65Tと共通のメーターということですね)

   (うちの2WD仕様では普通、廃車になるまで一生点灯することは無い・・・)

--------
ちょっと呆れて、ここでキャリイの取説を確認してみる。 (順番がおかしいが)
 


・・・オーバークール警告灯が(しっかり)描かれていない。。
   (やっぱりスズキだ、、恐るべし・・・)

--------

 ・
 ・
 ・

、という訳で新年早々、
キャリイのメーターを改造。 (とは言っても、本来ある機能を取り戻すだけ。)

(ガワ&指針&文字盤を外したまま)
メーターを車のハーネスに繋ぎ、イグニッションをONにして、
それっぽい場所をアナログテスターの電圧レンジ(DC・V 12Vレンジ)
でチェックしたところ、メーター制御用LSIからは
オーバークール用の出力が出ているように見えた。
 (出力電圧は +5V弱 くらいで、出力電流も DC・A 30mAレンジを振り切った)

なので、動作試験用のランド(小さな丸)に電線を繋ぎ、
本来の回路にはある 「デジトラ」 は省略して・・・
 
  (その右上側は、コストを下げるために省略された 「デジトラ」 の取り付け場所。
   ちなみに、そのデジトラはSRSエアバッグ警告灯との共用部品なので、
   エアバッグ有り仕様のキャリイ用メーターは
   オーバークール警告灯があるのかも??・・・と思いきや、
   キャリイの取扱説明書(SRSエアバッグ警告灯が書かれている)には
   オーバークール警告灯が書かれていない・・・orz)


秋月で買った(チップLEDじゃない、安い)青色LEDを使い、



本来の回路は使わず、、

   (本来の回路では、電流制限抵抗@オーバークールLED用 は
    この場所に実装されます。 その手前に見える黒い 8本足は
    多分、オドメーター & トリップA・Bメーター記憶用の
    シリアルE2P-ROM。)


制御用LSIを壊さないようにLEDの駆動電流は少なめにして・・・
  (電流制限抵抗は 1kΩ に設定したので、1~2mA程度しか流れない)

本来はデジトラ経由なので、LEDの 「-」側端子を駆動するところを、
今回はデジトラを省略したので(論理が反転)、制御LSIから直接
1kΩ抵抗を噛ませて LEDの 「+」側端子を駆動・・・
 
  (もう片方の、LED 「-」側端子はGND(アース)に直接繋ぎます。)


全体像はこんな感じ。
 
  (各LEDの光が漏れないように、表側のケースと制御基板が
   密着している場所が多々あるので、
    

   そこに追加した電線が
   挟まれないように避ける必要があります。
    
    (ヤッツケ仕事的な…電線を通す切り欠き。
      そして、狭い隙間へ電線2本を入れ込むために、
      縦積みした電線をセロハンテープで包み、
      ついでに隙間へのガイド役、、一石二鳥的な・・・)
  )



冒頭に貼った画像が、メーター改造後のものです。


なお、追加したオーバークール警告灯は
暖気完了後にしっかり消灯しました。:-)
 (非接触温度計で計測:ラジエター表面温度で55℃くらい、
                エンジン出口だと60℃くらいなのかな?)

もちろん、サーモバルブは近いうちに交換する必要がありますね。
 (例によって、通販:モノタロウで注文しました。)


--------
オマケで、文字盤の裏側。
 
  (輝度ムラを改善するための、
   スクリーントーン(白黒のグラデーションパターン)
   が印刷されていますね。)

--------
・追伸

 サーモスタット交換の前に
 オーバークールへの暫定対応として、
 プラダン(プラスチック製のダンボールもどき)による
 ラジエーター塞ぎ(全面積の 4分の3ほど)を行いました。

 結果、ラジエーターの冷却能力が低く(悪く)なり、
 サーモスタットが逝っていても
 冷却水温の上昇が幾分か早まって、
 暖房の効きが良くなったとさ。


 終わり。:-)


Posted at 2016/01/02 23:10:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | 魔改造 | クルマ
2015年07月03日 イイね!

覚え書き : スピーカー、経年劣化で逝ったエッジの修復。 (引用のみ)

覚え書き : スピーカー、経年劣化で逝ったエッジの修復。 (引用のみ)劣化してボロボロになった
スピーカーのエッジ(外周部分)、
復元修復してる人が
世の中には居るんですよ。:)






(引用画像元)
 >JBL Control5 ② | 楽しいB級趣味
 > http://tanoshiib.web.fc2.com/newpage24.htm

 >JBL LX-44その②・③ | 楽しいB級趣味
 > http://tanoshiib.web.fc2.com/newpage27.htm


 >スピーカー編 AURATONE | ようこそ 真空管の館へ
 > http://www4.ocn.ne.jp/~tube/sp/aura/aura.html

 >JBL D131 測定編 | ようこそ 真空管の館へ
 > http://www4.ocn.ne.jp/~tube/sp/d131s/d131s.html



 >【スピーカーのエッジ交換】セーム革+習字の半紙 = プラスα  > http://tukipie.net/audio/ONKYO_D77RX_seme.html


 >スピーカー修理|スピーカーエッジ張替
 > http://www.soundden.com/sp-harikae-q_a.html


--------
・追記

たとえば、プロの仕事はこちら。

 >スピーカー修理 エッジ交換・張替え - ケンリックサウンド(KENRICK SOUND) - JBLスピーカー 43XXシリーズ 大型 中古ヴィンテージ専門店
 > http://jbl43.com/?mode=f9


--------

そして、某オクに出品されている
スピーカーの補修用エッジ(汎用?、メーカー品らしい)はこちら。

 >オク! - その他 - 「エッジ」の検索結果
 > http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B8&auccat=2084041573

Posted at 2015/07/03 10:05:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 魔改造 | 趣味
2015年06月27日 イイね!

チラ裏 : 旧車で、トルク ベクタリング(制御)

チラ裏 : 旧車で、トルク ベクタリング(制御)以前書いたことがあったかもしれないけれど、
車の旋回性能を向上させる

 トルクベクタリング

って、手動で良いならば
旧車でも実現できますよね。






 >トルクベクタリングとは - はてなキーワード
 > http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C8%A5%EB%A5%AF%A5%D9%A5%AF%A5%BF%A5%EA%A5%F3%A5%B0
 >
 >トルクベクタリング とるくべくたりんぐ
 >
 >クルマの左右駆動輪に伝達する駆動力の配分を
 >積極的にコントロールする制御機構の事。
 >
 >アンダーステア時にはトルク配分を外側>内側とし、
 >反対にオーバーステア時にはトルク配分を内側>外側とする事で、
 >アンダーステア/オーバーステアを抑制し
 >理想のドライビングラインを保つ働きがある。
 >
 >機構としてはデフに電子制御多板クラッチを組み込んだタイプ
 > (三菱AYC、ホンダSH-AWD、日産ALL MODE 4×4-i、BMWダイナミックパフォーマンスコントロールなど)と、
 >ブレーキ制御でトルク配分を行うタイプ
 > (ポルシェPTV、スバルアクティブトルクベクタリングなど)がある。


まさにこの方法で。
 >ブレーキ制御でトルク配分を行うタイプ


普通の国産車って、サイドブレーキ(パーキングブレーキ)が
後輪のみに効くようになっていて、ブレーキレバーから
“2本” のワイヤー(途中で2本に分かれる設計もあるでしょうが)が
後方に延びて、左右のリアブレーキを働かせるようになっています。
 (ブレーキペダル@油圧式 とは連動していない、ワイヤーで引っ張る機械式。)

これは通常、左右のリアタイヤへ
『同程度の制動力』 を効かせるようになっていますが、
その機構は生かしたまま、走行中(公道では止めましょう)
安全に左右個別に引っ張れるようにすれば実現できますね。
 (アクセル(スロットル)全閉時だけでなく、
  アクセル全開時にも もちろん有効です。)

なお、これを使うと
制動を掛けた側のブレーキパッドは
それなりに減っていくことになります。

--------
構造を知っている範囲で言うと、
ホンダ・ビートでも、ステップバンでも。
 (エディックスは足踏式(ペダル)なので、まだ見てない。)

日産・リーフ(初期型)は、電動パーキングブレーキなので出来ません。(-_-;)
 (マイナーチェンジ後のリーフは、電動式をやめて
  一般的な足踏式になったようなので、もしかしたら可能かもしれませんね。)

Posted at 2015/06/27 10:43:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 魔改造 | クルマ
2015年03月24日 イイね!

チラ裏 : マフラー、の実験・・・??? (空気振動・消音)

チラ裏 : マフラー、の実験・・・??? (空気振動・消音)(ビートのマフラーにあるべき、
 テールパイプの根元がが錆びて
 千切れました・・・)


ふと車庫を見渡すと、何か鉄パイプが。


たしか、数年前に貰った
子供用ブランコの部品だったな・・・




ちょっと斬って塗ってみよう・・・



直径が1cmくらい細いので、
ウエス用の古ジーンズをガスケットにして繋いでみよう・・・





ちょっと車庫でエンジンかけてみよう・・・




--------

スマートフォン内蔵スピーカーでは低音域が再生できず、
パイプ有り・無しの違いが聴き取れないので、
低音域の再生できる物(ヘッドフォンや、それなりのスピーカー)でお楽しみください。

 
Posted at 2015/03/24 13:04:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 魔改造 | クルマ
2015年02月21日 イイね!

覚え書き : “CR-X delsol” の再来! (S660)

覚え書き : “CR-X delsol” の再来! (S660)この記事は、 新型NシリーズS660ががあああああ!!について書いています。

--------

これは素晴らしイイ装備。(w

重量増になることだけが惜しい!


Posted at 2015/02/21 23:43:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 魔改造 | クルマ

プロフィール

「銀杏採りの日。いい加減、今日で終わりにしたいなぁ・・・(^_^;;」
何シテル?   11/13 09:48
【 てぇかむ@みんカラ√ 】 ECU改だけで、純正メカなのに(純正タコ読みですが)9,800rpm回るエンジン・・・ 買ってから早16年、未だにビートが好きな...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アラジンの魔法のランプ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/13 13:43:33
膵癌3年目初回車検w結果!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/13 13:41:18
変わり種デッキで快適化計画! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/13 11:27:03

お友達

ビート&トゥデイの液漏れECU&純正オーディオ、3年保障修理で良ければ受け付けできます?
115 人のお友達がいます
Mini-carsMini-cars * kaito1227kaito1227 *
US ACTBIOUS ACTBIO * 倉地塗装倉地塗装 *みんカラ公認
REIZ TRADINGREIZ TRADING *みんカラ公認 みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

142 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート りあ・ミッドシップ・アミューズメント (ホンダ ビート)
 “ビート mhd もどき” この赤いビートに出逢ってから、いつの間にか 5,600日 ...
ホンダ エディックス エディックス mhd もどき (ホンダ エディックス)
横3席×前後2列の6座独立シートで、 合計6人(前3人、後3人)乗れる どマイナーな車で ...
ホンダ ステップバン ステップバン mhd もどき (ホンダ ステップバン)
横2人×前後2列のシートで、合計4人乗れる どマイナー?な車です。(笑)  (貨物車なの ...
ホンダ モンキー NS-Monkey “NSZ-63JZ” (ホンダ モンキー)
 NS-1のエンジン (62.9cc) + モンキーの車体 (Z50JZ) ⇒ NSZ- ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.