• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ユキスイ@GrpBPの愛車 [スバル レガシィツーリングワゴン]

【破裂】ラジエターホース交換【ダメ、絶対!!!】

カテゴリ : エンジン廻り > 冷却系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間3時間以内
作業日 : 2017年10月30日
1
■まず血抜き(違)をします

パンパンに膨れ上がったラジエターホースを交換するのですが・・・そのままホースぶっ外すと大惨事☆なので、まずはラジエター内のLLCをある程度抜く必要があります。

ラジエター右側下部に、写真のような+ミゾが切ってあるプラグがあるはず。コレがドレーンプラグ。力を入れ過ぎないようにゆっくりと回します。すぐにLLCが出てくるので・・・・覚悟の上で臨んでください(爆

※ドレーンプラグは本体同様樹脂製なので過負荷には充分注意!
※しっかりと冷ましてから作業に入るコト!走行直後は圧も上がっているし温度も高いので普通に火傷します。

プラグを外したら、ラジエターキャップも外すと空気が入って抜けが早くなりますよん
2
■今回はホース交換のみでOK

ホースが繋がっている金属製の部品の中にサーモスタットが入ってます。前回のタイベル整備の折、サーモとサーモガスケットは対策済なので今回はホースの交換のみでOK♪

部品の継ぎ目からLLCがにじんだ形跡があればサーモガスケットが劣化している証拠なので早めに交換を。
3
■割とパワープレイですよね

ある程度LLCが抜けたらアッパー・ロアホースを外して行きます。今回はアッパーホースから外しましたが順番はどちらでも大丈夫かと。どのみちロアホース外す時にイヤでもLLCくらうのでwww

プライヤー等でしっかりとホースバンドを開き、ラジエターのリブより奥へバンドを動かす。ホースが固着している場合がほとんどなので、ウエスをあててウォーターポンププライヤー等でゆっくりと回しながら外すように動かすと比較的ラクかな?

※普通のプライヤーなどはラジエター本体をぶっ壊す危険があるので使わない方が無難。固着が無ければ手でも外せるハズなので
4
■こっちが意外と面倒・・・
アッパーホースのエンジン側は、丁度真上にインテークホースがあって死ぬほど邪魔!!(爆

・・・潔くエンジン本体に近いところからインテークホースごとエアクリにお出かけしてもらいます。
コレで大分見晴らしが良くなりますが、パワステのポンプとパイプが近くを通っているので、ホースを引っこ抜くときにブンブン振らないように(振るか

古いホースのゴミも無く、キレイに外れましたね
5
■ホースも日々進化している

右が役目を終えたホース氏。そして左が新しいホース氏←

整備士からの声がフィードバックされているのか?対策が施されて内側の形状が微妙に変わってますね。確かにコレなら入れやすい。
6
■センターポジションで
今回は無かったのでパワープレイでねじ込んだけど、シリコングリスをラジエター側に薄く塗ってあげると物凄いスムーズに入ります。やっぱり無理やりはダメなんですよ(意味深

ホースバンドは極力再使用は×とされているので新品に交換しますが、バンド締め付け位置も意外と重要。リブに近過ぎても、逆に遠すぎ(ホースのフチに近い状態)でも良くないらしい。真ん中がジャスト。まぁ、なんだかんだ部品の大きさとか幅って意味があるのですよね~
7
■ロア側もやり方は同じ!

こちらもやはりシリコングリスを用意すると貴方の腕が疲れずに済みますwww

ホースもバンドも変えない場合はバンドの締め付け跡と同じ位置に合わせる必要がありますが、新品交換の場合は気にせずでOK。一応取り外す時に見た位置で併せてはありますが・・
8
■血を元に戻します(ぇ

バンドの締め付け等を確認したらLLCを充填して行きます。

※コレエア抜き始める直前に知ったのですが、ウチのレガシィと同じくキャップが二つある(エンジンルーム真ん中左寄りのサブタンク)タイプは、ラジエターキャップ部でエア抜きはNGだそうです!注意!
なので両方で充填できるまで充填したらラジエター側のキャップは締めてしまい、サブタンク側に写真のようなモノを取り付けてエア抜きを行います。
この時暖房MAX風量MAXで。

セレクトモニターを接続すればサーモスタットの開閉もモニタリング出来るのでラクですが、そんなモノも無いのでスロットルを一定位で開け続け、ラジエターファンの回転を確認します。時々ロアホースを触って温度を確認しながら(サーモが開くとロアホースも温かくなるはずなので)、少なくともラジエターファンが2回回るまではしっかりとエア抜きした方が無難。
特に水平対向はエアが抜け辛い構造らしく、中途半端にやると始動直後に「チョロチョロ」と室内に音が聞こえるコトもあります(爆

後は室内に温風がちゃんと出てくるかも確認して下さいね。出なかったらえらいこっちゃなのです←

試走して香しいかほりがしないことを確認、リザーブタンク液量を確認、一晩くらい置いてからもう一度リザーブタンク液量を確認して作業完了ですね!

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

クーラントホース シリコンホース化

難易度:

ラジエーターキャップ

難易度:

ラジエーター交換(2013年12月)

難易度:

タイミングベルト交換 その10 (ウォーターポンプ交換編 その3)

難易度: ★★

ラジエター交換。

難易度: ★★★

ラジエーター交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2018年3月4日 23:18
これ読んだら自分で出来そうになってきた(^_^)
コメントへの返答
2018年3月5日 13:04
文章ばかりで長々になってしまいましたw

作業自体はカンタンなのですよね!ホース外してつけるだけなので(爆)
問題はブレーキ同様エア抜きがちょっと大変なところでしょうか?
そして今のFA型、FB型エンジンの構造が解らないのでその辺りも精進です(*´-`)
2018年3月7日 19:19
水平対向のエア抜き超メンドクサイっすwww
キャップがラジエターにもついてるタイプはいいんですがGDA-Aは加圧タンクからしか入らないので凄い時間掛かりました・・・
コメントへの返答
2018年3月8日 3:18
コレ、6発になると更にめんどくさいんですよね☆(白目
フロント少し持ち上げないと完全に抜けないとかもうね……(´・ω・`)

な、なんですってー!?
そうか、そのタイプもあったんでしたね……想像するだけで死ぬほどめんどくさそうな……(爆)

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] ハイタッチ!drive
2019年02月11日 07:58 - 02/12 00:33、
537.27 Km 16 時間 33 分、
3ハイタッチ、バッジ62個を獲得、テリトリーポイント600pt.を獲得」
何シテル?   02/12 00:33
どーも、ユキスイです! 紆余曲折ありーの・・・・再びAWD+ターボに戻ってきました~♪ 長距離移動が増え、快適性を重視して [BP5]レガシィツー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

BR 内装パーツ着脱 一覧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/16 08:27:35
スバル純正 後期型スペックB用バンパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/10 18:38:30
マッキントッシュ装着車 デッドニング(フロントドア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/29 21:55:08

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
鹿と相撃ちになってしまった1号機に代わってやってきたのがこのしぃさん2号機。他車種への乗 ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
R1の不調個所がまとめて出てきたこと、 自分のライフスタイルが変わった(長距離移動等の増 ...
スバル R1 ユキわん (スバル R1)
L512Sミラに変わってセカンドカーとして実家から連れてきました! (もはやファーストカ ...
アルファロメオ 155 アルファロメオ 155
出会いとご縁のおかげで・・ 茨城県のお店「FIORANO」さんからやってきた155 正 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.