• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

NE-YO@米軍のブログ一覧

2017年06月30日 イイね!

AMA Super Bike Race

AMA Super Bike Race
1979年の動画です。
この時代のバイク
イイ音してますwww
名車ばかり・・・

あの有名な選手も・・・
若いなあ・・・







1984 AMA Superbike Race
at Laguna Seca


アメリカ生まれのスーパーバイク。

SBKは、私たちが接することができる量産公道用
スーパースポーツをベースにしたレーシングマシン
で競われます。その興りはアメリカで、
発案者はスティーブ・マクラフリンというライダーでした。

4輪のストックカー・レースのように、プライベーター
やコンストラクター主体の市販車を使ったレース・・・
という「スーパーバイク」のコンセプトは
スティーブが発案したものです。




POPヨシムラこと、吉村秀雄(左)
とスティーブ・マクラフリン(中央)
右は現ヨシムラ代表の吉村不二雄。
いずれも黎明期のAMAスーパーバイク
を支えた大功労者たちです。



1970年代半ば以降のアメリカのロードレースは、
ヤマハ製2ストローク4気筒市販レーサーの
TZ750の独壇場という状況でした。
フォーミュラ・ヤマハとも言える寡占状態に、
観客の多くはウンザリ気味でロードレースに
対する関心が薄れていく傾向にありました。
4ストロークの量産公道車をベースマシンとすることで、
もっと多くの機種・チームが参加できるレースを・・・
という「スーパーバイク」のコンセプトは、
そんな状況を打破するポテンシャルを有してました。

1976年度からAMAのイベントとなった
スーパーバイクの黎明期には、
カワサキ、スズキ、BMW、ドゥカティ
などいろいろな車両が参戦。公道を走るバイクと
同じシルエットを持つ車両が競い合うスーパーバイクの
人気は次第に高まり、ヤマハばかりの最高峰クラスよりも
観衆の視線を集めることになります。



ヨシムラのエースとして活躍した
ウェス・クーリー
この後ヨシムラは
カワサキZ1から
スズキGS1000にスイッチ
クーリーは1979、1980年
のチャンピオンに輝きました。



1980年にはホンダがファクトリー参戦を開始。
スーパーバイクの活躍は、市販車の宣伝効果
がバツグンなので、この頃にはどこのメーカーも
その存在を無視できなくなったのです。
そしてついに1985年のデイトナでは、
メインイベントの200マイルレースが
「スーパーバイク」クラスで
開催されることになりました。



2015年を圧倒的な成績で制覇した
ジョナサン・レイ(英)
2013年からSBKは、
「より市販量産車らしさ」
をアピールするため、
16.5インチホイールの禁止、
ダミーのヘッドライトグラフィックを
施すことなどを定めています。



ドゥカティ・パニガーレR、
ホンダCBR1000RR、
カワサキZX-10R、
ヤマハYZF-R1、
アプリリアRSV4、
BMW S1000RR、
そしてMV アグスタ1000 F4・・・
これら量産市販車が激しいバトルを
繰り広げる開幕が今から楽しみですね!



フレディ・スペンサーの
CB750F
10年ぶりにエンジン始動

イイ音するwww




Posted at 2017/06/30 15:03:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車。ドリフト。レース。 | クルマ
2017年06月29日 イイね!

GROM

GROM




他の人に仕事を頑張って貰い
私は仕事サボリ(笑)
でも事務仕事が・・・

7月のレースに向けて・・・
メンテを・・・

早く梅雨が明けないかな?
あとちょい練習走行を・・・

ちょい変更、直さないと・・・
レギュレーション通らないwww

あ。本番用のタイヤも・・・

来週からまた出張ですwww

何気に仕事が・・・(汗)

Posted at 2017/06/29 15:38:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイクネタ | クルマ
2017年06月28日 イイね!

CB1300SuperFourSP 1000台限定

CB1300SuperFourSP 1000台限定

CB1300SuperFourSP 
SC54 平成20年 
35382km1000台限定

某バイク屋のバイクです。
ハニーにこんな感じの

(N)
ネイキッドバイクイイな・・・
言うと・・・

(ハ)
今のバイク2台
売ってから
買いなさいと・・・

(N)
・・・・・(滝汗)

(ハ)
5台目は無いから

キッパリ言われました・・・(汗)

簡単にGSX-Rを

売ればと・・・

(ハ)
GSX-Rオブジェだから
売っちゃと・・・

ヤバい・・・増車不可


次は買う時は・・・
何か売却しないと・・・

GSX-Rをそのままキープして

CB1300SuperFourSP

欲しかったなあ・・・

考えが甘かった・・・

念願のBMW
S1000RRに変更?
悩む・・・(ーー;)

多分S1000RRが
オブジェ化しそう・・・

悩むwww・・・
どうしようかな?

多分S1000RRも
連続運転2時間位しか
保たない・・・

大型SS必要かな?と

最近悩む・・・

今日この頃野口五郎

Posted at 2017/06/28 19:35:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月26日 イイね!

来年の車検

来年の車検




来年に大型2台車検
TMAXはそのままで
最近…GSX-Rを…
考え中…(>人<;)
実はハニーから
次のバイクは…何か1台
売ってから…買いなさいと
通達が…_:(´ཀ`」 ∠):
流石に増車は見込めません…
自動的に…GSX-R
大半仕上がったし
もうフルカスタムと
言ってもイイでしょ

念願だったBMW
S1000RR…
でもSS必要かな?

ホンダ CB1300
スーパーボルドール
辺りでもイイじゃない?
普通にツーリング向けに
速いバイク要らない…?
真剣に悩んでますwww

でも速いバイクが
大好きですが…
歳でSSの体勢は
2時間までしか…
乗れません…

本音は増車したい…
5台もイイじゃん…

身体が1つでバイク5台も
要らないじゃんと…
確かに正論…
何も言い返さない
あ。悩み所…(>人<;)

バイク馬鹿の愚痴
でした…(>人<;)




Posted at 2017/06/26 12:48:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイクネタ | クルマ
2017年06月24日 イイね!

富士スピードウェイ

富士スピードウェイ


サーキット建設のいきさつ

富士スピードウェイ建設は、
丸紅副社長森長英から河野一郎(建設大臣)
に話があった。その頃河野は名神高速道路の建設を担っており、
長時間高速走行可能な国産車を開発する必要があり、
また自動車の輸入自由化のこともあり、外車の性能と
比較しても遜色ない国産車を開発するには、サーキット
の存在は大きな意味があった。鈴鹿サーキットはホンダの
サーキットで、また当時は二輪レース用のサーキットと思われており、
四輪レースにも十分な幅員を持つサーキットが望まれていた。
また日本初のパーマネントサーキットであった
多摩川スピードウェイでは、規模、拡張性ともに問題があった。
富士スピードウェイの建設用地は99年間の借地権によるものである。
建設費用は借入金によるところが大きいが、河野が逝去したため、
日本ナスカー(株)副社長河野洋平は建設資金集めのために
銀行や企業回りをし、非常に苦労する。
富士スピードウェイ株式会社の前身「日本ナスカー株式会社」
は1963年(昭和38年)に設立。その名の通り日本国内に
おけるNASCAR形式のレース開催を目的として設立され、
翌1964年(昭和39年)1月にはNASCARとの間で日本及び
極東地域におけるNASCAR形式レースの独占開催権に関する
契約を締結。同年6月にはサーキット候補地として
静岡県駿東郡小山町大御神の150万坪の土地を選定し、
地権者らとの契約にこぎつける。
コースレイアウトは、NASCARのレースが行われるアメリカの
デイトナ・インターナショナル・スピードウェイに似た
トライアングル・オーバルトラックを予定しており、
1964年7月にはデイトナを設計したチャールズ・マネーペニーが来日し、
原案の製作に取り掛かった。しかし、日本ナスカーの招聘によって
現地を視察したスターリング・モスが「こんな地形で
オーバルコースを作るとはナンセンスも甚だしい」と指摘した通り、
山麓の傾斜地という立地条件からオーバルコースの建設が
困難なことが判明した。1965年(昭和40年)にはNASCARとの
間の開催権契約を白紙還元することで合意。改めてヨーロッパ式の
ロードコースとしてサーキットを建設することとなり、社名を現在の
「富士スピードウェイ株式会社」に改めた。同年10月には
三菱地所が同社に出資、実質的な経営権を握ることになる。

河野洋平によると、コース設計には様々な案があり、
結局日本のレースにも適した現在のコースに決まり、
建設を開始したという。河野洋平の
アメリカ視察は建設開始後であった。
また、NASCARの契約料は高額で、
河野たちは不満を持っていたし、NASCARの経営方式が
日本で通用するとも思っていなかったので、NASCARとの
契約をやめることにしたという。そして会社名も
富士スピードウェイ(株)と変わる。「サーキット」ではなく
「スピードウェイ」という名をつけたのはオーバル計画の名残である。
それからサーキットの愛称について河野らは考えたが、
呼びやすい愛称ということで、正式社名にはない
「インターナショナル」を入れて
「フジ・インターナショナル・スピードウェイ・カンパニー
(Fuji International Speedway COmpany)」とした。
当初、富士スピードウェイの経営には三菱地所は関わっておらず、
丸紅、毎日新聞社、富士急行が関わっていた。三菱地所が
行動を起こすのは河野一郎の逝去後である。三菱地所は
富士スピードウェイに隣接する土地を所有しており、
そこで冨士霊園の経営を行っていた。三菱地所社長渡辺武治郎は
特に富士スピードウェイの借地内にあるゴルフ場に関心を持っていた。
富士スピードウェイ社長鈴木九平と渡辺との間で交渉がまとまり、
また河野洋平も亡き父・河野一郎の後を継いで政界に入って
富士スピードウェイを退職し、以後は三菱地所に経営を託すことになる


今現在は
2000年よりトヨタ自動車の傘下に入る。



富士スピードウェイ 
伝説の30度バンク 




1974年富士
史上最大のレース事故


30度バンク廃止へ

今現在一部の30度バンクは
メモリアルパークとして有ります
現在はショートコースの上に有ります




1973年に、中野選手がが死亡する事故、
1974年に、今も遺恨を残す風戸+鈴木選手の事故、
この二つの死亡事故が契機になって、
使われなくなりました。
実際には、74年の事故は30度バンク
の手前からの事故なので、
バンクのせいではありませんが、
バンクへの進入ラインが実質1本しかないため、
熾烈なライン取り合戦が展開され、
そのために接触、弾き飛ばされた結果が、
風戸のシェブロンが吹っ飛んだ原因なので、
オイルショックで暗い世相もあって、廃止しています。


この事故の顛末は、競技者同士の討ち合いと
とられてコース管理における非は問われなかった。
ガードレールの設置について疑問点もあったが、
警察が介入する事が話を更に混乱させ、
当事者の黒沢が業務上過失致死に
問われる事態にまで発展する。
さらに「日本一のサーキット」
といわれた所以である30度バンクは
2年連続の惨事の要因を作った事で
「長期間使用休止」→「廃止」となった。

この事故は多くの人物の運命をも翻弄した。
北野はこの事故から精彩を欠き、
以前の速さは見られなくなった。
黒沢も然りで、容疑は事実上の不起訴と
されたもののレース関係者との溝は深まる結果となった。
高原も、漆原も。生き残ったドライバー達にとっても、
このレースは重く人生にのしかかるものとなっている。

そして命を落とした鈴木、風戸も。
職人気質だが人付き合いも良く、ドライバー皆に慕われた
「誠さん」の走りは二度と見られなくなった。そして、
当時一番F1に近づいていた風戸も、その勇姿を幻のもの
として人々の前から消えていった。前年風戸が提案した
「ストレートにシケイン」があったら、
運命は変わっていたのだろうか。

昨年(2006年)三十三回忌を迎え、
ご遺族としてもひとつの区切りとなった。
また富士スピードウェイは新装され、
再びF1を招致できる「日本一のサーキット」
を目前に控えている。素晴らしいレースを
期待するのは言うまでもないが、
33年前に確かに起きた現実、それを忘れてはならない。
ありふれた言い方だが…
新装が過去を風化させるためだとしたら、
それは間違いである。
コース関係者、競技者においては、
一層の安全を期して臨んでもらいたい。


当時にCMです
ブリヂストン CM GC編 
生沢、風戸、酒井ほか


1977年富士スピードウェイでの
F1日本グランプリのクラッシュ

1983 GC 高橋徹 事故


1998 JGTC Rd.2 All
Japan Fuji GT Race






富士スピードウェイは
いろんな歴史が有ります。

いろんな歴史が有るから
今の富士スピードウェイが有ります。

あ。言い忘れましたが・・・
富士スピードウェイの改装の時に
エアコンを付けに来ました・・・


最近はカートコースに
入り浸りですが・・・(汗)

FSW カートコース


Posted at 2017/06/24 17:28:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車。ドリフト。レース。 | クルマ

プロフィール

「仕事帰りに…
桶川スポーツランド…
平日なのに…沢山居ます。」
何シテル?   04/17 14:15
リターンライダーです(笑) 二輪にハマってます。 二輪馬鹿・・・5台所有(6台) バカの範囲を超えて来ました・・・ 完全に病気・・・発病...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

愛車一覧

スズキ GSX-R1000 スズキ GSX-R1000
衝動買い…… 第1段……( ̄▽ ̄) 山の朝練仕様… たまにツーリングを… ジジにはポ ...
ヤマハ TMAX ヤマハ TMAX
衝動買い……( ̄▽ ̄) 第2段…… たまたま通った都筑区のバイク屋で・・・ 彼女との ...
ホンダ HRC GROM ホンダ HRC GROM
衝動買い……第4段 二代目サーキットマシン イイベース車が出て来たので・・・ 車両変 ...
ホンダ CBR150R ホンダ CBR150R
衝動買い…… 第5段… 初17インチサーキットマシン まえまえから欲しかった… CBR ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.