• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヤビツマニアのブログ一覧

2011年07月04日 イイね!

インタークーララジエータウォッシャ取付け日誌

インタークーララジエータウォッシャ取付け日誌ST165バンパーを外したついでなので、ST205のインタークーララジエータウォッシャノズルを取付けることにした。

拡散させたいので、ある程度距離をと考えるとロワーグリル上面からぶら下げることに、ロワグリルにドリルで穴を空け、ボルトナット固定ですんなり終了

と思っていたら、配管チェックしているうちに樹脂ジョイントに亀裂が発覚、さらに3個のノズルには亀裂孔と保持金具用のミミが崩壊していた。
普通の人は使わないからって耐久性ゼロな部品です。
配管とのAssy買いしても3,000円くらいの部品のようですが、補修して使うことにしました。

2液接着剤を流し込んで亀裂孔を塞ぎ、ノズルのミミ部も整形しておきました。
接着剤硬化後、散水試験をしてみようとウォッシャタンクに接続、12V電源直にポンプモータを繋ぐとえらい勢いで噴霧されました。
  
ついでなのでインタークーララジエータ取付けて噴霧させると裏側に染み出てくる状態でした。
試しにタンクに水を6L入れてポンプを回し続けてみたところ50秒で空になってしまう・・・まったく実用的ではないな~
電圧下げてポンプ駆動したり、ブースト上がったときだけポンプ回るようにするとか電気細工はまた今度考えます。

バンパーとしては付属品取付け完了となったので車に取付けてみますが、予定通り干渉があり、パワステクーラと165純正インタークーララジエータはブラケットをチョイ曲げでなんとかなりました。MTの冷却ダクトは大幅カット。

元に戻したバンパーは見た目変化なし、ウォッシャノズル周辺はシャシブラックを筆塗り、ほとんどはナンバー付けば隠れてしまうので目立たないかと。


このロワグリルに取付けたノズル位置はST205よりは低い?、タンク満タンの時には水が垂れ流れると思われ、チェック弁が必要かと。
ST205のポンプ~ウォッシャノズルの間に機能不明な3方弁があるので、これを分解してホームセンタで買ってきた適当なスプリングを仕込んでみました。
  
配管はポンプから②・ノズル側①に繋ぎ変え、3方弁をタンク下にしても水垂れなく、ポンプをまわせば水噴射、機能チェック○です。

次はタンク取付け・・・ちょっと腰が重い・・・・・
Posted at 2011/07/04 00:57:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | Fluid facepie shape | 日記

プロフィール

「ル・マン前夜祭、今年は24時間全部放送起きていられるか?」
何シテル?   06/16 22:32
今はナンバー無しST165ですが,いつしか走り出せることを信じていじくってます.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
今はナンバーありませんが,実働状態を維持しています.
ヤマハ セロー250 2010年式 FI (ヤマハ セロー250)
私が所有する動力車のなかで唯一ナンバー付(でした)。 10年前に2輪免許+大型を取って以 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.