• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヤビツマニアのブログ一覧

2018年01月14日 イイね!

DA BOMB with Nuvinci 実走

DA BOMB with Nuvinci 実走Nuviniciのブレーキブラケットが外れて、すんなり実走できると思いきや・・・
連休中に実走とはゆきませんでした。


まずは元のホイールを分解
スポークは36本、モンキーでセコセコニップルを回して外しました。時間がかかるので、スポークレンチが欲しいなぁ~


DA BOMBは組立作業台になってもらうために逆立ち
分解したリムを先に突っ込んで、Nuvinciを取付け
スポークの長さはまだ元のままですが、仮組みしてNuvinici対応のスポーク長さを測りたかったのでした。
フロントの組み方を真似しながらスポークを仮組み、というより編み上げだなこりゃ~
検証の結果、-6mmすれば良さそうです。
無理やりNuviniciをねじ込んでいるので、車体センターとハブセンターがズレ、
このズレを戻すため、Nuviniciのハブセンターとリムセンターをオフセット予定ですが、

左右のスポーク長さ違いをニップルの調整範囲でなんとかできるか??
どうにもならなければリム孔オフセットも考えておこう~

スポークを短くした後は、ねじ切りとなるので、
外したスポークとニップルを持って、ダイスを仕入れにホームセンターへ、
ネジ見本にニップルを突っ込んでみますが・・・
JIS M2ではピッチ0.4・・・入ってゆかないよ~
じゃ自転車店へ、アサヒやら他3店、見ても・聞いても、ダイスありません。
ホダカはないよな~、しょうがなくワッシャやらカラーを買っておく。
最後にアストロ、ここもダメ、ここまで来て手ぶらで帰るのもなので、
アサヒには合うのがなかったスポークレンチ、

アストロに丁度のいいのががあったので買っておきました。

さて、肝心のねじ切りダイスはどうしよう・・・
帰ってから、調べるのもですが、スポークの径はφ2mmということで呼名#15
ピッチ0.454なのだとか・・・・そりゃ見本ネジに入っていかんわ~
じゃ通販でなら、ダイスは無いようですが、ねじ切り器なるものはあれど・・・

1回しか使わないだろう工具に10,000円越えはちょっとな~
と、考えた結果、通販スポークを注文することにしました。
#15で長さ165mm指定でニップル付き×36本で1,000円ちょっと
長さを間違っていると修正できませんが、ひとまずこれでいってみよう~

注文スポークを待つ間に、変速ワイヤーの取り回しを仕上げておくことに、
仮配線してみると変速グリップ~変速ロータまで、ワイヤー長さ1.5m
ワイヤーアウターというらしいですが、特価のNuvinciには付属していなかったので、

近所のホームセンターで買ってきて、取付け完了。



3日後、注文していたスポークが届いたので、
部屋の中でミカンを食べながらホイール組み
スポークが短すぎたか?と心配でしたが、全部組上がれば狙い通りの長さでした。
ハブ×リムのセンターをオフセットさせるので、側面はスポークが直立近くに、

ちょっとでも寝るようにとリムの千鳥足状のスポーク穴を遠近逆に使いました。
振れ取りは外周はすんなりでしたが、面振れはなかなか思った通り動いてくれない、
短い側のニップルはスポーク突き出しがギリギリでしたが、なんとか
組みあがったホイールにタイヤをはめてチューブも入れて空気を入れよう・・・
ここで失敗に気が付きました。

~バルブの真上でスポークがクロス!
バルブを曲げれば空気入れのヘッドが入りますが・・・
やり直しか~外して・組んで・振れ取り~ 時間がかかるので気が重い
ちゃッとスポーク組み2晩目、今度は問題なし。


スポークを注文したついでにチェーンも買っておきました。

シマノの9Sで幅は実測6.75mm、もとの7.3mmにくらべれば多少は変速ロータとのクリアランスを稼げるか~

もう一つの小物、回り止めカラーを買っておきました。
Nuvinici純正品でもいいのですが、取り寄せでいつ届くか?送料も高そうだし・・・
代わりのモノを探していると、シマノの内装変速用の回り止めカラーが形が似ている、もしかすると合うかも?試しに買ってみた。

二面幅がちょうど良さそうですが、M10の孔がちょっと小さくて
ベビーで削ってやっと嵌るように、

上下はDA BOMBの14mm幅にカット
これで役目を果たしてくれるでしょう。
あとはハブ幅を調整したり

Nuvinci本体のロックナットは短くして、
なんとか完成となりました。


さぁこれで、Nuvinci発進!
ん~面白い!変速がヌメっとCVTしてくれます。
停まっても変速可能とかどこかで見た気がしましたが・・・
変速幅maxは無理で1/4ぐらいならできました。
面白いので近所を走り回ってみると、結構疲れる~

というのも、常に踏み込めるギヤ比を探してしまい、
無駄に足が休む時間がないからかなぁ~と、走りながら考察
無事に家に帰ってこれたのでした。

次は休日出勤をいいことに通勤快速かどうかの評価を
やっぱり足が疲れますが5分くらいは時間短縮できていました。
トップスピードはもう少し欲しいところですが、リヤコグが今は暫定の12T
次は8T化とともにリヤラチェット固定化を早めに仕上げたいところです。
あとのブレーキディスク化はしばらく先の楽しみに取っておくとして、

このクリアランスにどうやってディスクを配置しようか考えなければ。。。


Posted at 2018/01/14 16:05:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月05日 イイね!

Nuvinci 分解ツール自作

Nuvinci  分解ツール自作どうにも部品分離できないでいたNuvinci
干渉するディスクブレーキブラケットの固定用の特殊ナット
ツールのピン刺し穴がφ3で8個、専用工具が必要とのこと

これが、海外でしか手に入らないようで、安くても単品16,000円
さらに+送料+関税、、、、って使い道の少ない工具にありえない

試しにNuvinciの日本連絡先とやらに電話してみたが、
今現在Nuvinci自体の取り扱いをやめてしまっているらしい・・・
他にNuvinciを整備したとのHPがある自転車屋にも電話してみたが、、、
やはりもうやっていないとのこと。
やっぱり自力でなんとかするしかないようです。

まずは、自転車のBB外し用のピンスパナ(カニ目レンチ)を買ってみる

ピン径φ2.8なのは良かったのですが、特殊ナットのピン穴対角まで又を拡げられず・・・それでもいいかなと片側1-3で回してみてもびくともしない
次、2個目を投入して1-3・5-7でピンを掛けて両手で・・・回らない
しかも1個は足が曲がってしまった。

他に代替えできるものがあるんじゃないかとホダカ、アストロをハシゴ

ハンマーでたたける大股ピンスパナはあれど8,000円か~しかもピン径φ5

で、ダメもとでツールを自作することにしたのでした。
ホームセンターで鋼材を買って、ブレーキブラケット分のかさ上げブロックを溶接

撃沈されたピンスパナのピンをブロックに移植
センター穴を開けて浮き上がり防止としてナット留めができるようにしておきました。
で、自作ツールとNuvinciを持って、またホームセンターへ!
Nuvinci側の固定を万全にすべく、作業台にしっかり取付けられた万力を貸してもらいました。
 いざ!
ヌル~っと、思いのほか軽く、やった、やったよ!

めでたくブレーキブラケットを分離できたのでした。

さぁやっとDA BOMBにNuvinci装着できます。
ワッシャー類を選定し、試着

チェーンを掛けて回して干渉確認、
変速ロータとチェーンの干渉はギリギリ予定通り、
ロータを回してみると、回転数が変った~、やった、やったよ、これぞNuvinci!




Posted at 2018/01/05 20:31:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月03日 イイね!

コンバチの へ~

コンバチの へ~コンバチをOZに履き替えて旋盤になってもらおうということで、

元から付いているホイールのキャップを外そう・・・ヘキサボルト!!外せない?
試しにマイナスドライバーで回してみると・・・軽く外れて一安心
で、ホイールナットを緩めてジャッキアップ~


タイヤを外して、ナットを集めてみると・・・・1個足りない!!!
次の瞬間、衝撃の事実が!

コンバチって4孔だったんだ!へ~
でも意気消沈、旋盤ミッション終了!

せっかくなのでシートベルトハンガー追加の考察を・・・??
ハンガーあるじゃないか!

どうやらシートベルトに手が届かなかったのは引っかけていなかっただけだったようで・・・
で、シートが倒れないのはこいつが干渉していたからか?と思いきや
これ以上倒れないようにシート内でメカストッパがあるようです。
内張りと干渉しないようになのでしょうか?

なので、仮眠用フルリクライニングさせるためには、70スープラ、ST165のシートに交換が必要なようで、その時には内張り干渉を考えながらシートベルトハンガーを選ばなくては・・・

で、終了したはずの旋盤ミッション
そういえば、セリカクーペって5孔だったりする?元コロナクーペはVXなので3SFE
だからコンバチと同じ4孔かな~ セリカクーペのシートをめくって確認

良かった5孔でした。

ということで、急遽セリカクーペ旋盤ミッション開始
予想はしていましたが、バッテリーは完全に上がっていたので一晩充電して、+ブースタースターターでエンジン始動!

OZに履き替えてフロント両輪離陸

TurboFansを取付けて、旋回
目的のサンダーで振れ矯正ができたのでした。

予定通りの粉まみれになりました。

2018年01月03日 イイね!

今年の正月はサフ塗り

今年の正月はサフ塗り塗装場所へ移動しようとしたらバッテリー上がりでブーストスターターだけでは始動できず・・・
バッテリー充電待ちの間にAll-Tracエアロズの出来栄えを確認
単品修正していたサイドステップとリヤエクステンション2号はどうか?




延長したサイドステップの繋ぎ目はまずまず、

実装の時は多少調整できそうなのでこれでヨシ!

エクステンションは、ボディーとのフィッティングはいいんだけど
バンパーと上下位置を合わせると中間部は段差になってしまう~

もうこりゃ実装してからパテ盛り削りしていったほうが良さそうです。

ついでにモールも試着してみると??

FフェンダはAll-Tracのモールにそのまま交換できそう。

ドアのモールはAll-Tracのエアロボードよりちょっと短い~

これはしょうがないとしてもサイドステップの上のモールが短い!
どっちもAll-Tracデフォルトなのになぜ?
ということであとで延長したくなってきました。

でフルエアロ取付鑑賞はこの辺にして、取り外し、
エンジン始動リトライ、できたのでした~

マダラ模様だったリヤバンパーとエクステンション、
サイドステップの延長箇所と、のっぺらぼうグリルをまとめてサフ塗り

途中でコンプレッサーの圧低下やノズルのつまりでまだらになったりザラザラになっったりで、塗装の練習台になってしまいました。

なかなか気泡穴やら削りスジの目止めができなくて、練習ついでで何度も厚塗りしているうちに垂れてしまう~そりゃそうだ。
完全硬化までは時間切だったので、均すのは次回に持ち越し
リヤバンパーはサフ塗すると割れ箇所が判明し裏からクロスマット貼らなくては・・・


で、サフはまだまだ残っているので、
次はボディーのリヤ周りのサフ塗りを、自家オールペンに一歩踏み出します。
コンバチなのでリヤ周りさえ塗ってしまえばあとは各部品単位の塗装でいいはず・・・一番の難関を先にやっつけてしまおう~
その前に、パテ盛りしておいたところを削らねば、


前に、見えない部分の青色塗装の凸凹、凹み、キズ、錆も所々見つけて、
削って均した上からパテを盛っておいたのでした。
これを均してからリヤ周りのサフ塗りへ、
やっと錆の心配からはしばらく解放か?

所々垂れてしまったので、完全硬化してからもう一回はサフ塗りしないと・・・

プロフィール

「ル・マン前夜祭、今年は24時間全部放送起きていられるか?」
何シテル?   06/16 22:32
今はナンバー無しST165ですが,いつしか走り出せることを信じていじくってます.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
今はナンバーありませんが,実働状態を維持しています.
ヤマハ セロー250 2010年式 FI (ヤマハ セロー250)
私が所有する動力車のなかで唯一ナンバー付(でした)。 10年前に2輪免許+大型を取って以 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.