• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Runway3064@F360のブログ一覧

2017年01月29日 イイね!

箱根山ドライブ

箱根山ドライブ久々の日記です。

相変わらずまだこれというネタもないので、ネタ作り?のため(笑)、昨日、数年ぶりに箱根山に行ってきました。
(多分2年以上は行っていないはずです。)


2年前に箱根山で小規模噴火騒動があって、しばらく大涌谷近辺は立ち入り規制がありましたが、最近になって噴火警戒レベルも1と通常に戻り、大涌谷の駐車場に立ち入りもできるようになったので行ってみました。


富士山です。1月らしい景色です。


この写真の赤い丸の中をよーくご覧ください(心霊写真ではないw)。大涌谷火口の温泉生成装置があるのが、おわかりいただけたでしょうか。

2年前にこのあたりが噴煙でモクモクとなり、2015年6月にごく小規模な噴火がありました。実は有史以来、この火山で噴火は一度も記録されたことがなく、一応有史以来、初めて噴火を記録したことになります。(ごく小規模なら有史以来、過去にもあったのかもしれませんが、記録がないのだそうです)


箱根山山頂を見ています。以前は立ち入りが出来たのですが、火山ガスが多いので立ち入り規制がされています。眺めて見るしかありません。


帰りは西湘バイパスで帰りました。夕日をバックに。年内に何とか次のFで撮影したいです。

ではでは~。



Posted at 2017/01/29 17:13:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年01月11日 イイね!

久々に中部・関西方面の痛車イベントに出ようかと・・

久々に中部・関西方面の痛車イベントに出ようかと・・年が明けてから多忙な日々が続いています。

ちょっとだけ前置き。

最近は仕事柄、人工知能と言うのを勉強しておかないと、いろいろやばい時代になってきそうです。
痛車関連も実は人工知能(正確には深層学習という)と無縁ではなく、たとえばwaifu2xという画像拡大ソフト(サイト)があって、従来の画像拡大ソフトよりもはるかにきれいに画像を拡大してくれます。これを使って、痛車のステッカーの元画像を用意できます。

自分も試しにソフトを自宅の専用サーバに落として使っていますが、今までのソフトではできなかった高解像度の画像を得られるようになりました。ただし環境を整えるには、高度な専門技術が要求されるので、ネットの公式サイトを使うことをお勧めします。痛車のステを作るには必須のツールだと思います。3000x3000ピクセルまでは拡大できるそうなので、お試しあれ。(ただし拡大前は縦横とも1500ピクセル以下である必要があります)

waifu2x公式サイト→http://waifu2x.udp.jp/index.ja.html



で、ここから本題。

6月の洞爺湖の痛車イベントまでは、特に出る痛車イベントは実は決まっていません。

せっかくなので、年内のどこかのタイミングで数年ぶりに関西(大阪方面)や中部(名古屋方面)の痛車イベントも出てみようと思います。

出るときは何がしかの予告をすると思いますので、迎撃できる方はよろしくです。

とりあえず「参加できない」痛車イベントだけ書いておきます(笑。
3/26・・痛車天国。痛車5号車(次のF)がまだ手元にないので、出ませんw
4/16・・進撃の浦山ダム。痛車5号車(次のF)探しに奔走しているので、参加見送りです(笑
5/某日・・ひめたま。洞爺湖の準備と、痛車5号車(次のF)探しに奔走しているので、参加見送りです(笑

逆に参加できそうなのは、春のいたぱ(日付不明、埼玉県)ぐらいです(謎。
他に気が向いたら、あまり参加料のかからない近場の痛車イベントに参加しようと思います。

PS: F(闘牛跳ね馬)のミーティング情報があったら、こっそり教えてください。堂々と教えていただいても構いません(笑。都合がつけばギャラリーで行こうと思います。

ではでは~。

Posted at 2017/01/11 22:01:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年01月03日 イイね!

【イタ車】明けましておめでとうございます。羽生PAミーティング

【イタ車】明けましておめでとうございます。羽生PAミーティング明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

で、今年は痛車5号車となる360モデナを何としても年内に奪取するという崇高な目的を遂げるためと気合を入れるため(笑)、昨日は羽生PAのスーパーカーミーティングにギャラリーで行っていました。


毎年1月2日にここにスーパーカーが集まるのですが、自分がF355を持っていた時はどういう訳か、以下の要因で行けずじまいでした。
●2014年→ホース、エンジンからオイル漏れ。
●2015年→エンジンのカムシャフトシールやプラグからオイル漏れ。タイベル交換で整備中。
●2016年→ブローバイからオイル漏れ(微量)、エンジンのファンベルトのプーリーの不具合で動かせず。
●2017年→Fがない(笑)

と、4年連続で行けずじまいなので、来年はなんとしてでも次のF車で参加しようと思います。


会場に着いた時の雰囲気です。


488です。2015年ぐらいからぼちぼち大黒やらで見かけるようになりました。


ディアブロやムルシエラゴ。もし買った車が青なら、痛車のカラーデザインは、ディアブロのような色合いにしようかと考えています。


458。ウィングがついたのを見たのは初めてです。


ムルシエラゴとガヤルド。


458。フェンダーがカスタムです。



本命の360。今年買おうとしている車種です。この車を見ながら頭の中で痛車のデザインをイメージしていました。何のキャラにするかとか、どんなデザインにするかは出会った個体の色やイメージで決めようと思います。



前期式のF355。エンジンが非常にきれいです。


ムルシエラゴ。フロントは闘牛。


フォロワーさんのF355。後期式。自分が持っていたのと同じ1998年製です。来年で20年になります。



365BBです。フェラーリのクラシケ認定シールが貼ってあったので、おそらく純正部品しか使用していないと思われます。希少車種。512BBとの見分け方は、後ろのテールレンズが3個なら365BB、2個なら512BBだそうです。


カウンタック。この個体ではないですが、自分のF355が去年5月の羽生PAでラストランのあと、別のPAで最後に偶然遭遇し、一緒に記念撮影してくれたのも、カウンタックでした。


Anijaさん仕様のF50



金色のムルシエラゴ。Anijaさん仕様です。おいくらでしょうか~(汗。


ディアブロ 50Anniversarioデザイン。「なめねこ」のステがww



自分がデザイン的に一番気に入ったのが、この紫のAnijaさん仕様のムルシエラゴ。ドアの下のイタリア語のロゴデザインとか、車体のラインのさりげないデザインが気に入りました。痛車5号車のデザインの参考にしてみます。



で、一番の極め付け。自分に言わせれば、痛車でカスタムをやるなら、是非こういう風にやってほしいという見本ですww。


おそらくマツダAZ1をベースにしたと思われる、ランボルギーニ・ミウラのレプリカww。
こういうの大好きです。自走できるっぽいです。誰か、これを真似して痛車にしないかww



このあと、秋葉原UDXに移動して痛車のりさんとあいさつ。地下でスマホでは痛車はあまりうまく撮影できなかったので、また別の機会に痛車の撮影でもしたいと思います。

ではでは~。





Posted at 2017/01/03 10:58:45 | コメント(8) | トラックバック(0) | イタ車 | 日記

プロフィール

「GW中に参加した痛車イベント(いたぱ、グリーンだよ全員集合) http://cvw.jp/b/554490/41447582/
何シテル?   05/06 19:30
いい年した、痛車海苔ですww 貧乏な痛F(=F痛車)オーナーでした。前代未聞(だった)、2種類のFを痛くした、痛い跳ね馬餅でした。元痛328海苔(手放した)、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

Twitter(@Runway3064) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/29 23:55:08
 
mixi(自分のところw) 
カテゴリ:痛車/痛xx(痛飛行機など)
2010/03/05 18:41:41
 

ファン

93 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ その他 痛車Ⅵ号車 (フェラーリ その他)
痛車Ⅵ号車こと、フェラーリ360です。かつて持っていた旧痛車3号車F355の後継です。 ...
トヨタ カローラアクシオ 痛車4号車(ミクシオ号) (トヨタ カローラアクシオ)
ボディーカラーが緑なので、初音ミクにしました。 洞爺湖マンガアニメフェスタ2016で初登 ...
その他 その他 痛車3.5号車 ゆりっぺかなで号 (その他 その他)
2013/5-2016/10まで保有していた、世界に1台しかなかったF355痛車を、1/ ...
その他 その他 超巨大痛機 F14A (その他 その他)
世界最大の超巨大痛機・F14Aですww。自分の痛い車の本当の正体はコレww
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.