• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コンクリートロードのブログ一覧

2018年07月09日 イイね!

ある日の高速道路を走って思うこと。

先日、所用があって平日の高速道路を走った。

平日であっても、危なっかしい運転のクルマは居るのだ、と改めて思う。

こうして、近頃は普段あまり高速を走らなくなっても、たまに走って何度も危険を感じる運転に遭遇するのだから、これは道路交通情報で毎日のように事故の情報が紹介されるのも納得できる。


今までは、その瞬間、危険だと思っても何事も無ければ翌日には忘れてしまうような事も、ドライブレコーダーを装着していると、しっかりと映像に記録されてしまう。

こうして記録が残ることで、安全運転意識が上がればそれは良い事だと思う。


そんな訳で、たまたま高速を走った時に遭遇した、危険と思われる事例のうち2個を紹介してみようと思う。


その1。

alt

右から抜いていった黒いRV。


alt

続いて、大型トラック。


alt

みるみる2台の差が詰まる。

この時点で、危険を感じる。


alt

RV車がブレーキ。トラックもブレーキ。

追突したらどうするの、と、こちらはヒヤヒヤ。

路面が濡れているので簡単に滑る。とばっちりは御免である。


alt

走行車線の赤いクルマの直後へ向かって車線変更するRV車。

写真は拡大しているから近くに見えるかも知れないが、私と赤いクルマの車間は60mくらい開いている。

結果論だが、もっと早いタイミングで私の前へ入れば良かったのに。


alt

RV車を抜いてゆくトラック。

これで済んだと思ったら…


alt

追い抜きざまに、RV車に幅寄せするトラック。

RV車は、驚いてブレーキを踏んでいる。

もしこれでRV車がスピンなど始めたら、とばっちりを食うのは私である。

大型トラックは減速を強いられて腹が立ったのかも知れないが、こういう、危険な抗議はやめてほしい。


alt

走り去るトラック。

このあと、間もなくRV車はインターを降りて行った。

走行車線へ戻るタイミングを探していて、結局直前になってしまったのかな、と想像した。


何事も無くて良かった。


その2。

alt

100mほど先を走る白い1BOX。


alt

その1BOXが抜いて私の前に現れた橙色のトラック。やけにセンターライン寄りを走っている。


alt

その後も車線の中を左右によろけるトラック。

右を走るパネルトラックが、

alt

近づいてゆく頃には、だいぶ左寄りに居る。


alt

続く、大型トラックが近づく頃には、

alt

幅寄せに近い状態。

見ていてヒヤヒヤ。

オープンベッドなので、衝突して荷物が飛散したら、とばっちりを食うのは私である。


alt

そのあとも、フラフラと左右に揺れる。

抜き去りたいが、なかなか右車線の車列が途切れない。


alt

そしてブレーキ。

車速は60km/hちかくまで落ちた。

私の後ろに大型トレーラーが居て、私の背後に迫ってきた。

大変危険である。

そして、右車線が開いた。

alt

再加速しながら抜く。

まだブレーキを踏んでいる。


alt

追い越し際、助手席の妻が見たところによると、トラックの運転手はハンドルに伏したようになっていた、とか。

このあと、事故を起こしていない事を祈るばかりである。


という訳で、

日常的に高速道路を走っている人から見れば、こんなこと日常茶飯事だと言われそうだが、このような重大事故と紙一重な状況が日常的に起きている事は、むしろ異常なのではないか、と思ってしまう。


納期に追われ、交代要員も無く、過酷な条件で物流を支えるドライバー諸氏には敬意を表する。
しかし、事故が起きれば、納期も売り上げも財産も、最悪の場合には人命も失われてしまう。

一個人や一企業の力では、どうすることも出来ないが、せめて安全意識を持った運転を心がける事が、まずは大事なのではないかと思う。

Posted at 2018/07/09 22:47:05 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2018年07月01日 イイね!

A32、ヘッドライト ノーマル戻し

昨年10月にヘッドライドをLED化した義母のA32であるが、車検の日が近づいてきたのでノーマルバルブに戻す作業を行った。

alt

晴れて暑い日が続いている。

朝のうちに済ませてしまおうと、朝の片づけを済ませてから早々に出発。

もちろん、日焼け止めを塗っておくことは忘れない。

イプサムのエンジン始動直後に表示させた外気温は32℃。まだ9時前なんですが…。


alt

LED製品を装着するにあたり、もともと付いていた防水カバーを加工してしまったため、新たに純正の防水カバーを入手。複数車種に共通の部品と思われるが、23年前に製造されたクルマの交換部品が、注文して数日で入手できる有り難さ。


まずは左目から。

alt

交換後、8か月経過しているが、見たところ大きな劣化は無く、ひと安心。


alt

LED製品を外した穴からレフレクターをのぞき込む。

冷却孔とフランジの隙間を通じてゴミの侵入が懸念されていたが、ここからのぞき込む限り、ゴミ等異物は確認されず、これまたひと安心。


alt

外したLED製品にも、汚れ等の付着は見当たらず。


alt

保管していたノーマルバルブ。


alt

LED製品の装着には苦労したが、当然ながらノーマルバルブの装着は、いとも簡単に完了。


alt


alt

右目も同様に、すんなり終了。同じく、異常なし。

義母に来てもらい、上下点灯も確認。


これで安心して車検を受けられる。

それにしても、夜間安心して走れるためのLED化であるのに、また、ノーマル状態でLEDヘッドライトのクルマが既にあるのに、暗いハロゲンバルブに戻さねばならない不合理さを少々感じる。

Posted at 2018/07/01 21:09:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2018年02月17日 イイね!

ノスタルジック2デイズ(初日)へ行ってきた。

ノスタルジック2デイズ(初日)へ行ってきた。思い立って、今日明日開催中のノスタルジック2デイズ初日へ行ってきた。昨日、前売り券を駆け込みで買ったので、当日券より200円お得なのである。
そして、なぜ初日の今日を選んだかと言えば、メインステージでの講演・公演のゲストが二日目の方が遥かに豪華なのである。そうなると、二日目の方が混む筈。クルマをゆっくり観たいなら、少しでも空いている方が良い。

ところで旧車イベントの観覧は、ここ何年かは、専ら、八王子いちょう祭りのパレードとか、前橋のスプレンドーレといった、個人ユーザーがエントリーして観覧無料的なものを選んで出かけていた。
専門店が出品するイベントで最後に行ったのは、2012年6月の名古屋ノスタルジックカーショーが最後だったので実に5年8か月ぶりである。さすがに専門店が看板を掲げて出品するだけに、オリジナルに徹底的に拘った車両にしても、アップデートされた車両にしても、とにかく完成度が高いように思えた。
そして、あちこちに部品の販売も行われていた。ゴム部品やガスケット類など部品を探しているオーナーには有り難いイベントだろうと思う。
旧車文化と言っていいのかどうか判らないが、今後、旧車を所有・維持するうえで、販売だけでなく整備や修理を請け負ってくれるだけの技術力を持った専門店があるのは心強い。私事であるが、20年以上前、DR30を持っていた頃、生産中止からまだ何年も経ってないのに部品が製造中止になるなどしてディーラーから修理を渋られる事があり閉口したのを覚えている。

思えば、少数の例外はあるにしても、新車にワクワクしなくなって久しい。
何故、旧車に惹かれるのかと言えば、当時、これらに対して抱いていたワクワク感が未だに続いているからかも知れない。とは言え、昔を懐かしがっているのかと言えば、そうでもない。この年代に造られたクルマそれ自体に魅力を感じるのであって、時代そのものへの憧憬ではないのだ。
むしろ、私自身の将来的な希望、と言っては大袈裟だが、いずれ所有したい、走らせて楽しみたい、といった目標になり得る存在なのである。

今回のショー全体を眺めての感想だが、とにかくL型6気筒の人気や改造の可能性は衰えない事に驚いた。多くの出品車両には手の加わったL型6発が積まれていた。そのせいもあって?帰宅してから写真の中身を確認したら、ずいぶんと偏った内容になっていると我ながら呆れた。
いずれ別稿で挙げようと思う。
Posted at 2018/02/17 22:33:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2018年01月12日 イイね!

アルミテープ(まだ買っただけ!)

アルミテープ(まだ買っただけ!)先日、偶然知ったのだが、巷では2年くらい前から行われていたらしい。
みんカラにも試している記事がチラホラ見受けられるので、それらを参考にさせて頂きながら、貼ってゆきたい。
果たして体感できる効果はあるのか?
今後.整備手帳に挙げてゆこうと思う。
Posted at 2018/01/12 23:28:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2017年10月01日 イイね!

A32のヘッドライトLED化(その4)

メーカーが代替品を送付してくるのが早かったため、作業はどんどん進められた。

送られてきた製品は、LEDチップの位置がこれまた変わっており、三角形断面各々にチップが付いている。下向きの1枚がハイビーム用であろう。


今回の製品はフランジ部分が外れなかったが、固定ピンはラジオペンチとドライバーでわりとすんなり入った。作業する私も慣れたんだと思う。

右側。



左側も交換。



点灯確認。非常に明るい。

日暮れが近かったため、光が当たる先を眺めることで、ロービーム/ハイビームの切り替え確認もできた。

LEDに替えてから、その明るさは義母にも大変好評である。義父のお見舞いが夕方になることもあり、日没が早まるこの時期、照明が明るい事は事故防止にも役立てると思う。

それだけに、今度こそ消えてほしくないなぁ(と言うか消えないのが当然なのだが)。
Posted at 2017/10/01 23:41:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | 日記

プロフィール

クルマを通じた日々の暮らしのワンシーンを切り取ってます。 みんカラを始めた頃はC系ワゴンRを弄って走らせて楽しんでおりましたが、諸般の事情により平成26年12...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

突然のお誘いには応じかねます。原則として、オンラインもしくはオフラインで何らかの絡みがあった方に限定しております。
あまり頻繁な記事のアップは行っておりません。
コメントを頂いても返信に数日かかることもあります。

「細く長くのお付き合いでも良いよ~」と思う方のみ、お願い致します。
26 人のお友達がいます
にー丸にー丸 * 夕ク口イ千夕ク口イ千
紅の猫紅の猫 ヶ口一ヶ口一
小樽の艶消し小樽の艶消し 海老助海老助

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ イプサム トヨタ イプサム
'07年10月購入。 ワゴンR無きあと、我が家の唯一のマイカー。 飯田に住んでいた時は ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
'04年5月、中古で購入。'14年12月売却。 家計への負担にならぬよう気を遣いなが ...
日産 ダットサンピックアップ 日産 ダットサンピックアップ
'94年4月に新車で購入。 カートレースをしているうちに、公道はゆっくり走ろうという気持 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
’89年5月、中古車で購入。 高校生の頃から憧れのクルマだった。 ターボCであり多少マイ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.