• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yamaken.impのブログ一覧

2017年08月27日 イイね!

なんだか寂しいアニメの聖地…愛知県

訪れてみたいアニメ聖地



これに限らず

他のまわってみたい観光地ランキングとか見てると
やはり愛知県は何もないのだろうか?と思ってしまう結果(笑)

愛知県のまわってみたい聖地(施設)が

コスプレサミットとか!

場所ですらないのはナゼ?ww


聖地にならないぐらい場所に特色がなく
工場と住むだけの場所、愛知が地元の県である自分さえもそう思う

反面、地元民としてはなんか寂しいなぁっておもいました
Posted at 2017/08/27 16:42:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月25日 イイね!

心や聴く曲まで昔に逆戻り

こんばんは

今月18日から映画館で放映されている アニメ映画 打ち上げ花火 を観てきました





なずなが中学生と思えないぐらい魅力たっぷりでした



声や言葉の内容は中学生という子供っぽくて魅力がないように思えたのに




所々で見せるシーンでは大人の女性っぽい印象で


正直おぉ!ってなりましたww (キャラデザの渡辺さんすごいわw)


ストーリーはわかりにくさがあって、もう一度見るか予告番組の動画を見るなりして理解を深めるとしても・・・

映像はさすが! シャフト!! って言える以上の 絵の綺麗さでした

もう一度見てもいいかな?なんて思えるほどw とても良かったです

動画↓

予告① https://www.youtube.com/watch?v=XFnrnF_v5MI
予告② https://www.youtube.com/watch?v=yejGzltMJ_s
予告③ https://www.youtube.com/watch?v=YUvXV_i-42c
特番  https://www.youtube.com/watch?v=Jz9KJIk-N14


この作品を見て 中学生時代を思い出しました

良かったことも悪かったことも、青春と呼べる出来事まで色々あって

当時を思い出していると

自由という学生時代の当たり前だった日常が今はとてもうらやましかったり

今にはないその当時にしかないワクワクすることがあったということを知ったり

今思えば無茶苦茶やってたことや、意味も分からない競争をしたり

様々ことが楽しかったように思えます・・・ 


これからは少年ジョブナイルストーリーものにハマりそうです(笑)


さて、タイトルの通り

この作品には ある昔の曲が流れます

それが 松田聖子さんの瑠璃色の地球 という1986年にできた曲で

ヒロインの女の子が歌っていた曲なんですが

作中で聞いて印象に残って今聴いているんですが


う~ん!? とてもいいぞ!

とても落ち着きます・・・ 

とうとう心だけでなく音楽まで昔に戻り始めましたw

Posted at 2017/08/25 23:07:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月15日 イイね!

今年の11月で10周年





今日色々書類を整理していたら



懐かしい写真が出てきました




これは買った当初のインプレッサの写真です(5年落ち、走行3万6千km)


元は違う車両をスバル専門店 ネクステージ天白(今は輸入車専門)のwebで見つけて店頭まで行ったんですが

タッチの差で前日に売れてしまって、目の前で違う店舗にキャリアカーで運ばれるところでした・・・

店員に 「これと同じインプレッサプロドライブスタイルはないですか?」と尋ねたら

春日井店から探し出してきてくれて

「3日後にここに持ってくるので現車を確認してくださいますか?」ということで

その3日後に今のインプレッサを見て即決で決めたのでした(合計238万円を7年ローンで)


ネクステージ天白に来る前も オープンカーが気になっていて
マツダロードスターRS(NB型)やトヨタMR-Sなどを試乗していたんですが

どうも水平対向ターボ&パワーというワードが当時のスペック重視だった僕の頭にあってインプレッサを忘れられず

ネクステージに来て鷹目、涙目のインプレッサSTIがズラァっと並んだのを見てテンション上がったのを今でも覚えています


それまで何台も並ぶSTIなんて見たこともなかったw
当時は鷹目インプが新車で中古でも300万円の値がついていた


今のインプレッサの現車を見た当初は
「なんともボテッとした格好のクルマだなぁ、ウイングも含めてまるでおもちゃのクルマみたいだなぁ」

なんて印象をもってましたが、同時にワクワクもしていましたw


途中6万kmを超えたあたりからラジエターからクーラント漏れが発見されホース類も含めて交換

それから何度も修理を重ね・・・

現在の18万7000kmにいたるまで150~200万ぐらい色んな修理に充ててきました

ブレーキキャリパー、ハブベアリング(フロント2回、リア一回)、パワステポンプ、ラジエター、クラッチ、オイル漏れ修理、その他ブッシュ、ホースなどのゴム補器類など

ゆういつ交換修理をしていないのはタービンとエンジン本体とミッション本体ぐらいで あとは大体修理したのかな・・・


あっ・・・ちなみにエンジンからのオイル漏れは故障ではなく 水平対向の産まれ持っての持病みたいなものなので修理のカウントに入りませんw

だってシリンダーヘッド類が横向いてるんだし漏れるのは当たり前ですよ(笑)



22歳から32歳の今まで歩み続けた10年

まさに青春時代、若いころ、20代、様々な若年ワード時代をともに過ごしてきました

今となってはこの車がなくなるだけ大きな出来事になると思います

だって10年間ほぼそこにあって、乗り続けて来たわけですから

今のインプレッサがなくなったら、それこそ親友を亡くした気分ですよw


これからどこまで乗れるかわかりませんが

・・・


とりあえずエンジンがオーバーホールが必要になるまでは・・・乗りたいかな?w



あと2か月半で11月になりますが

10周年迎えたら何してあげようかな? なんてことを考えてます



就職して13年目、インプに乗って10年目・・・

ともに辞めよう(降りよう)と思っても意外に長く続いちゃってますw




インプレッサの最期ぐらい 良いオーナーで終われるといいなぁ
Posted at 2017/08/15 23:15:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月09日 イイね!

北海道旅行に行ってきました




今更になりますが

7月28日~31日に 会社の夏休みという制度を利用して家族3人(母、兄、自分)で北海道を旅行してきました

今回は飛行機で行きました



しかし、飛行機でビューンと1時間半で着いちゃうのは魅力的でしたよ~

(いままで2回はフェリーだったからなんか時間も感覚も新鮮でしたw)


さて一日目は千歳空港からレンタカーのフィット3を借りて北竜町へひまわりを見てきました


ひまわりの里 北竜


ひまわりさんがこんなに綺麗


沢山咲いていました


ケイタイ設定をあまり弄ってなかったので綺麗には撮れませんでしたが

予定通りひまわりがたくさん見れて満足いきました



続いてホッカイダー(北海道を目指すライダー)が稚内へ向かうとしたらほぼ通るであろうオロロンライン(サロベツ)を北上していきました

去年もインプレッサで立ち寄った上平グリーンヒルウィンドファームへ


去年と同様 雨がパラつく天気で絶景とはいきませんでしたがw

母、兄ともに風車の大きさに驚いていました(笑)


北緯45度通過点のモニュメントと利尻富士


この日の利尻富士はてっぺんに雲がかかっていましたが、北に向かって晴れていくにしたがって雲は取れていきました


サロベツの見どころ ひたすら何もない直線道路

その日の夕食にノシャップ岬の食堂で食べた うに丼


母はノシャップ岬丼


北海の海鮮はやはり おいしいです!


2日目は

道の駅稚内で最北端駅の証明切符を買い、そのまま防波堤ドームへ(写真は割愛)

そのあとに稚内公園で宗谷湾と宗谷丘陵と稚内市を一望

光のカーテンが降りて綺麗でした

宗谷岬


宗谷岬から丘を登って、宗谷丘陵で見た景色は去年とはくらべものにならないものでした


あまりの絶景に言葉を失いましたw

クルマのCMに出そうな景色と 涼しさと空気の良さ・・・ 

この瞬間こそ北海道に来てよかったと思えた瞬間です



たとえ何日も天気が悪くたって 一瞬でも絶景を見ることができれば
その苦労や苦痛でさえ一瞬で吹き飛ばしてしまう

それこそが北海道マジックですw

何年も何回も北海道に通っている人は、こういった絶景を忘れられず

こういった北海道の絶景という魔力に惹き寄せられてここに来ているんだと思います

絶景に後ろ髪を引かれながら稚内を後にして、元来たオロロンラインを南下して
富良野のラベンダー畑で有名なファーム富田に向かいました


ラベンダー畑


遠くに見えるのは十勝岳などの山脈

丘から見る景色は壮観でした


ラべンダーのアイスクリームを頂きました

何かの味に似てましたが思い出せずw

本当はこれだけではないのですが、時期がまだ早かったようで
webの写真に乗るような絶景は望めませんでした


続いて向かったのは 白金青い池

写真では普通に水色に見えるこの池なんですが

3回目の北海道にして初めて見た印象としては 

カクテル の水色のように透き通ったような色をしていました

池の底は見えないのですが、不思議な水色で
枯れた木が何本もあるおかげで池としてさらに映える風景に見えるということもわかりました

ここに木がなかったら ただの青い池・・・ これでも名所になるのかしら?(わからんw


3日目はナイタイ高原牧場と白樺並木へ







去年は霧だけでしたが、今年は景色が見れて大満足でした!

2年前の突風で吹き飛んだログハウスはまだ修復されておらず、プレハブ小屋のままでしたw



音更町(おとふけちょう)にある白樺並木



ここはNHK朝の連続テレビ小説マッサンでマッサンとエリーが手を繋いで走ったあの並木です↓



こんなにも白樺の木が並んでいるのは壮観で

しかも距離がかなり長いw

滋賀にあるメタセコイア並木ぐらい・・・いや!それ以上かもしれないw

ダート路面のためスピードが出ないし、走ってるクルマも全くいないので
停まって写真を撮ったり、ゆっくり徐行して眺めるのもよいスポットです

北海道って色々スケールが違うなぁw




最終日

函館で五稜郭を見学しました

本当は函館では夜景を見たかったところでしたが

霧で見れないという結果にガッカリ・・・ ほんともうね函館は夜景をメインで来たのに見れないというのは 

ソフトクリームでいうコーンしかないアイスみたいな・・・ 

それって何なの?って状態


ですが

五稜郭を見ただけで気分は変わりました



展望台から眺めると広角レンズ使わないと撮りきれないぐらいの大きさでした

これを江戸~明治時代に機械を使わずに造ったってか!? スゴイ!

これが率直な感想でした

星形になっているのはどの角度からも防衛が可能だからなんだそうで
よく考えられています

ここで歴史を学びました


続いて写真は無いのですが去年も行ったマッサンの聖地

余市市にあるニッカウヰスキー博物館

兄と母は運転しないのでウイスキーやワインを試飲して
博物館をまわりました

母はマッサンを見ていたので興味津々に博物館を見学していました

飛行機の時間も迫っていたので余市を後にして

クルマの中から 小樽運河と札幌の時計台を見学し千歳空港へ



後ろ髪を引かれる思いで20時発の中部国際空港の最終の飛行機に乗りました
 
呆気なく終わった4日間・・・ 



他にも色々回ったのですが雨だったり、霧だったり、曇りだったりと 

とにかく天候が安定しない・・・

というか今まで3回 北海道旅行に行って1日たりとも雨が降らなかった日がない!

普通に降る雨量も相当で

本州でいう激しい雨程度(1時間に20~30mm)の雨は普通に降る

それが北海道なんだなぁ って思いました

そういう雨模様の天気もあるから


晴れたとき壮観な景色を見たときの感動は大きく 素晴らしい





また次回 いつか行きたいと思います

次こそは 函館の夜景リベンジ!!





今回の走行距離・・・ 4日間で過去最高を記録しました (兄と共同運転でしたがw)




計算した結果・・・

1983km走って、フィット3の燃費は

なんと! リッター25kmという ハイブリットカー並みの燃費でした

(レンタルしたフィット3のスペック: 1300cc 100馬力 車重1070kg)

フィット自体の車体の軽さと エンジンの燃費性能のすばらしさと

あと北海道は信号がほとんどないので STOP&GO! がない分

ここまでの燃費が実現したんだと思います・・・




(旅行の工程)

DAY1
千歳空港⇒北竜町ひまわりの里⇒上平グリーンヒルウインドウファーム⇒オトンルイ風車群⇒宗谷岬⇒ノシャップ岬⇒稚内市(宿泊)

DAY2
稚内市⇒宗谷岬⇒宗谷丘陵⇒ファーム富田⇒白金青い池⇒ジェットコースターの坂⇒層雲峡温泉(宿泊)

DAY3
層雲峡温泉⇒流星の滝、銀河の滝⇒三国峠⇒ナイタイ高原牧場⇒音更町しらかば並木⇒帯広⇒洞爺湖⇒函館山ロープウェイ⇒湯の川温泉(宿泊)

DAY4
湯の川温泉⇒五稜郭⇒ニッカウヰスキー余市工場⇒小樽運河⇒札幌時計台⇒千歳空港
Posted at 2017/08/09 22:09:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月09日 イイね!

【雑記】 少し思ったんだ







スバルとボルボってなんか造りが似てなぁ~ってw






スバル レヴォーグ


ボルボ V60




色も似た色があったり
(V60のほうがライト色で、レヴォーグのほうはダーク色かな?)



V60


レヴォーグ



特に似ている思ったのは

グリルを前に押し出したように、ヘッドライトが配置されているデザインになっているところですね


V60

レヴォーグ

ライトの形状とかはレヴォーグのほうが長めで吊り上がってますね



V60

レヴォーグ

ルーフは前から後ろに下がっているのが両車ともわかりますね

ウインドウの形状なんかも似てるようですが

V60はCピラーあたりから下がっていっているのに対し
レヴォーグのほうはリアウインドウあたりから下がっている分
ウインドウはレヴォーグのほうがが大きいかな?


ついでにスポーティーなデザインのボルボV60 Rデザインと
レヴォーグSTIを交えて比較してみると・・・ 


レヴォーグSTI

V60Rデザイン

リアフェンダーの張り出しはV60のほうがなだらかなのに対し
レヴォーグのほうはボンッ!っと WRXSTIのように張り出してますねw

この辺のサイドのボディーラインは曲線で好みがわかれるんだと思います


あとボンネットデザインも形状が似ているけど
V60のほうが上に盛り上がっていてライトの吊り目の頂点からラインが伸びているのに対し

レヴォーグはV60に比べて盛り上がりが控えめでライトの中間あたりからラインが伸びています

ですがグリルとボンネットの間にある部分は同じですねw
(好きな人じゃないと、わかりづらいかもw)


どちらのメーカーが意識して似たように作ったのか
はたまたデザインしたら、たまたま同じになったのかわからないですがw


安全性能の面ではスバルもボルボも世界トップクラスの性能ですから
両メーカーとも切磋琢磨しあっているのかもしれないですね・・・


スバルとボルボが共同開発したら、いったいどんな車ができるんでしょうねぇ














































(↓ブログ書いて、後で気づきましたw)





あれ?

グリルのとサイドウインドウの形状は、 アテンザ似?ww



まぁいいか(ぇ
Posted at 2017/08/09 14:27:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「バッテリー http://cvw.jp/b/559649/41952634/
何シテル?   09/16 21:04
たまに更新します 車、バイク、ドール、カメラ それぞれの趣味を楽しんでます 車⇒ インプレッサ(GDB-B) バイク⇒ BMW R1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

別れて・・・初めて分かるこの感情 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/26 23:41:51
日本車はもっと機能を絞ろう 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/16 00:01:13
今更ながら・・・セントラル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/10 23:43:32

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スバル インプレッサ
購入時は完全ノーマル車 屋根上のエアロスクープは最初から付いていました 一目ぼれで買い ...
BMW R1200GS BMW R1200GS
2018年6月16日に納車 Motorrad認定中古車 2015年式 BMW R120 ...
スバル プレオ スバル プレオ
主に通勤専用で使用しました。 スーパーチャージャーがよく効き、坂道もわりと登るKでした ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
平成5年式、走行7.2万キロ、155万円で購入。一番最初乗ったスポーツカー。タービンは5 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.