• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yamaken.impのブログ一覧

2018年03月26日 イイね!

東京ってすごいね

土日と東京モーターサイクルショーに行ってきました




今まで名古屋、大阪に行きましたが

やっぱり会場の広さも規模は東京、大阪はすごい!

とくに東京は展示台数もイベントも このイベントに来るバイクの台数も

すべて規模が違いました


バイクはというと 特に目立ったのは150~250ccなどの車検のないミドルクラスバイクの存在と

メーター類の液晶ディスプレイ化でした
 



メーターはアナログにするよりも集中コントロールできる分、配線などの手間が省けてコストが安くなるそうで

最近こぞって各バイクメーカーは液晶化が進んでいますね

あのハーレーですら液晶化で近未来化を図っている時代ですからねぇ


まるでフェラーリやポルシェが4シーターやハイブリットを作るような感じに似てますねw


いろいろ興味のあったバイクはたくさんあったんですが

すべて写真を撮っていなかったという 毎度おなじみの展開w


撮ったものといえば カワサキ ニンジャH2SX SEぐらいでした


いわば最速のツアラーともいうべきH2のパニアケース付きのGT(グランドツーリング)という位置づけのモデル

カワサキブースでのインパクト大でした



最近は各バイクメーカーの新型車の記事に目を通しているので
モーターサイクルショーでやることといえば記事と照らし合わせて見る程度なんですが

やっぱり間近で見るのは迫力があって面白いですね

今の電気自動車ばかりのモーターショー見るよりも面白かった

バイクはエンジンの形状からフレームまで丸見えですから
その辺のデザインもしっかり考えて、見せるために作られているので
各メーカーいろんな造形美があって面白いです

こういったバイクという乗り物を、バッテリーと配線だらけの電気化をしたらそうとうつまらないデザインになるんだろうなぁって思います



さて 東京モーターショー終わって

その日は後輩ちゃんとまわる予定ではなから泊まる予定も決めていたので
船橋にある後輩ちゃんの家でその日は宿泊

夜はピザと菓子とビールとつまみという野郎飯でした

55型の大画面でアマゾンプライムビデオで パクりまくってる例のクソアニメを見たり
勇者ああああや東京エンカウントを見たりして楽しんだ後・・・

人生初、PS4のモンスターハンターワールドを操作を教えてもらいながらプレイ
途中、岐阜の後輩ちゃんも乱入して 闘技場でチューリトリアルな狩りを楽しみました

ほかのゲームソフトでブラッドボーンもモンハンやる前にプレイしたのですが
モンハン同様に3Dのプレイに慣れておらずボスにたどり着く前に少なくとも6回はゾンビにぶっ殺されましたww

3Dって慣れていないと難しいですね・・・
現代の子供たちは複雑怪奇なものをよくプレイしてるなぁって関心に似たものを

プレステ2で時代が止まっている僕は思いましたw


ゲームよりリアルで走っていたほうが楽しいと思っていましたが、たまにはゲームも楽しいなぁ

PS4の購入を検討するほどでしたw



次の日は 歩行者天国が開かれている秋葉原へ 昼12時に到着

ゆるキャンのサウンドトラックを探し回りましたが、すごく人気なためか発売4日目にして
しっているどこのお店に行っても売っておらず・・・あきらめました

昼にはアマゾンにもあったのにその日の夜には在庫がなくなってました(笑)



さてながながと書いてきましたが

東京のなにがすごいのかというと・・・

特に電車に乗ったときに思いました

まず路線の多さ!

名古屋はざっと見積もって13路線ぐらいあるのですが、その倍以上あるので

乗り換えるのが大変w

そして混乱するのが、同じホームに立っていても乗り入れ路線も多いので行先と停車駅が異なること・・・

これが複雑すぎて初めて地方から来る人はまず訳が分からないと思うww


そしてハイテク化


行先とCM映像が流れるドア付近のモニター類

吊り広告もなくなっている路線もあるようです

これを見たとき・・・ あぁ東京ってすごいなぁって思います


数え上げたらきりがないほど違いがありますが

随所での違いを見たとき、便利なものを利用したとき


名古屋って自慢はよう(よく)するけど、2大都市に比べてたいしたことなさ過ぎて笑えてきさえもしますw

そんな 東京に圧倒される毎回の東京観光でした



Posted at 2018/03/26 23:58:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月19日 イイね!

ファットボブ試乗




昨日、保険の代理店をしてもらっているハーレーダビッドソン知立で

1800ccのハーレーを試乗してきました

本当は保険の話をするだけだったんですが、HD知立の代表さんとバイクの話が盛り上がり

なぜか試乗という流れになりました(笑)




その名も ファットボブ 



アメリカ表記で 114キュービックインチ  立法センチ読みで1824シーシー



クルマでいうカローラと同じ排気量のエンジンが乗ったバイクですw





お尻はフェンダーをスラッシュカットしたようなデザインで、ウインカーとテールランプが融合した最近のハーレースタイルのランプ



乗り心地は、この前乗ったトライアンフT120まで快適とはいかないものの

十分快適でした


パワーは十二分すぎるほどで

初期加速で(スロットルを少しひねっただけで)、体が後ろに引っ張られるぐらい強烈でした(笑)

いきなりだったので最初は面喰いましたが、乗りなれてくると全然快適なバイクでした


取り回しは昔乗っていたダイナストリートボブよりもしやすく、スタンドを立てた状態での引き起こしも軽く

ニーグリップが利かせられるタンク構造のためか渋滞にはまっても安定していて安心でした


取り回しの軽さはハーレーながら一番印象的でした

恐らくホイールベースが短いというのと、低重心なので曲がりやすいのかと思います


しかしながら参ったのは・・・ 欠点があまりないこと・・・

しいて言えば半クラッチの位置とスロットルの鈍さですかね・・・

トライアンフT120と同じくアクセル回してからの反応がワンテンポ遅れでなだらかすぎるので

手前すぎる半クラッチもあいまってエンストしやすい構造というのが一番思いつく欠点です



欠点が少ないぐらいに乗りやすいバイク(ハーレー)それがファットボブという結論です


ああ、あと ダイナストリートボブからの経験上 ハーレー=ブレーキが利きづらいという印象を持っていましたが

ファットボブは全然普通に利きます

T120が利かなさ過ぎたってぐらいに、ブレーキではファットボブに軍配が上がりますね



興味がある方は是非試乗してみてはいかがでしょうか?

Posted at 2018/03/19 23:23:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月11日 イイね!

トライアンフ(注:バイク)ボンネビルを試乗してきました

今日はバウンサーバイザーを付けた後

2週間ぶりに200DUKEに乗ってブロンブロンしてきました (ブロンブロン=原付音で走行する)


せっかくだったので 2か月前にまだ僕がドゥカティに乗っていると思っていたらしいショップ
から車検のお知らせの電話があって

その時に「ぜひ、試乗にお越しください!」と言われたのを思い出したので行くことにしました

(文章下手だから許してくださいw)





乗ったバイクというのも・・・




トライアンフ ボンネビルT120





T100ベースの ストリートツイン


の2台です




まず乗ったのが ボンネビルT120




水冷並列2気筒1200ccのバイクです



トラクションコントロールとグリップヒーターが標準で装備

電気スロットルで軽くひねるだけでエンジンが反応してくれます

音もハーレーのような音で初速から力強く加速してくれます


見た目もレトロチックで

まさに古いものを大事に長く使うことが美学というイギリスならではの格好の良さ
(今ブームのネオレトロとは一線を画す存在です)


ルックスは革ジャケットにデニム、ジェットヘルメットを装備するだけで

顔と頭もついでに悪い僕が乗ってもカッコよく見えてしまう魔法! さすがハリーポッターの国


特殊だったのはエンジンスタータースイッチと乗り心地でした

スタータースイッチは キルスイッチっと同じ配置になっていて

説明を聞いていない素人だったら数秒間、数分間スタータースイッチを探しちゃうレベル 

ギミックがうまい(違ッ





※写真のキルスイッチの3段階あるうちの一番下がスタータースイッチです

あやうく一年ぐらい探しちゃうとこだった


クラッチを握ってキルスイッチの一番下を押してエンジン始動

「ドドドドルゥゥン」 小気味良いエンジンサウンドと鼓動感(振動)


キルスイッチと引っ付いているのも

ハザードランプスイッチと走行モード(トラコン)スイッチが場取ってしまったためだそうです


乗り心地は 快適そのものでした

これがトライアンフで一番驚いたこと

スタッフさんいわくシートが良いらしく

マンホールや道路のつなぎ目などの振動があまり感じなくて

ロードノイズ(振動など)は皆無に等しい印象でした

まるで宙に浮いてるようなしなやかな乗り心地は

今まで乗った試乗車も含むバイクの中ではトップクラス・・・ いや堂々の1位だと思います

まるで高級なクルマに乗っているような大人しさ・・・

これがイギリスの高級バイクなのか? っというとても好感が持てるものでした


これで遠征に行っても疲れないのでは?っとGS一筋に考えていた僕の心がぐらつく感じ

素晴らしかったです!




メーターまわり


はいレトロ!レトロ!!  (一様ほめてます)




マフラーがわりと好みです

T120はあたかもキャブレターが付いているような造形がなされていて、こういった粋な演出もイギリスらしいなって思います


あと初めて知ったことなのですが カワサキと業務提携してボンネビルが産まれたらしい・・・

ってことはカワサキのW800やW650シリーズはトライアンフを似せてああなったわけではなく

昔のカワサキのバイクをモチーフに なるべくしてなったカタチということになりますね



W650



W800



T120はとても良いバイクでしたが 欠点もありました


ブレーキと重さと回転特性


ブレーキは販売店のスタッフさんいわく 効くブレーキとうたってましたが

トゥカティS4Rや200DUKEやCB400SFと比べると制動力は不足しているように感じました

ハーレーのダイナストリートボブ並みに効きが悪いイメージ


試乗に行った初めての信号で黄⇒赤に信号が変わり ブレーキを掛けたらスルスルと制動距離が伸びてビックリシャックリ

横断歩道飛び越して交差点に進入するかとヒヤヒヤしましたw

スタッフさんいわく 走行距離が少ないのでブレーキのあたりがまだ出ていないのと
250kgの車重によるものと言われましたが

ギュッとブレーキレバーを絞っても スルスル走っていくもんだから
個人的にはブレーキがあまり効かないイメージが定着してしまいました

カチッ!キィー!っと効くようなブレーキのバイクに乗っている人には効かずに面喰うかもしれませんw


合計信号で3回止まったんですが、同じ制動力でした



重さは250kgあるためか、スタンドから起こすときでさえもその重さを感じました

これはその個体が持つ特性と、僕が非力すぎるのが原因だと思いますのであとはどうとも


立ちごけしたら不安かな?



エンジンの回転特性は、電スロなので反応がいいわりに

ニュートラルギアの状態で
スロットルひねっても回転の吹け上りはゆっくりなのが、不自然で乗り始めは不安を覚えた印象でした


(イメージ↓)

クイッ⇒ブアァァ! (1000~3000rpmまでが1秒程度)

T120は

クイッ⇒ブルルルォォォン (1000~3000rpmまでが数秒かかる)


あたりのせいかな?



 
まぁ そんな感じでした (テキトーでスイマセンw)



ストリートツインは





街乗りがしやすい 普段使いでもできそうな感じでした

シートが低く、引き起こしも軽い

パワーも街乗りなら申し分ない

ですが、高速走行など遠距離ユースならちょっと物足りなさが感じますね

メーターもシンプルでガソリンメーターと回転計がない

造形がシンプルすぎるように感じました

でもT100ベースということで カスタムしていけばもっと自分好みしていけるようです


T100とT120を比べて

T100を買うメリットはカスタムをしてT120に勝るカッコよさを手に入れられる点

T120を買うメリットはT100よりも造形や装備が豪華でノーマルでも十分カッコいい点

あとはそれぞれの特性ですかね




はい ここまでが トライアンフボンネビルの簡単な感想でした






カタログとカレンダーをもらいました



R1200GSと比較すると 格好の面ではT120に軍配ですが

やはり装備や快適性などを考えると GSかなって思いました

一様 次期車の検討課題となった感じです
Posted at 2018/03/11 22:40:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月11日 イイね!

インプサイドバイザー取り付け

こんばんは 今日は2本立て・・・ ようやくみんカラらしいブログが書けそうですw



昨日は友人のなかこうさん主催の刈谷オフに行ってきましたが・・・

写真を撮り忘れました (oh・・・no・・・・)

久しぶりに会う人しかいなかったので 色んな事が新鮮に思えました(笑)

今年初めて会った会社以外の人が、今回の刈谷オフの人たちという・・・ 


昔はよく会っていたんですが

それこそ1か月いや、数週間周期でw

遠出に出なくなってからは全くSNSの友人に会わなくなりました



なので・・・ 今日会えたことが UR(ウルトラレア)って言われましたww

ひどい!人をカードみたいに!! ←結構嬉しいw

プライベートは好き放題やっているので また会う機会はなかなかないかもですが


基本・・・ 誘ってもらえることは光栄に存じますのでもちろん行きますし 
(忘れられてないか心配でドキドキしながらw

イベント開きます的な告知があれば 「イヤッホーイ!」って感じで行きますのでよろしくお願いいたします





おい・・・ これサイドバイザーのブログじゃないのかよ!って思った人もいると思いますが

お待たせ! ←誰も待ってない


今から書きます!



とりま 昨日ナイトオフ参加の皆様 気温5度寒空の中お疲れさまでした!

主催のなかこうさん、素敵なひと時をありがとうございました!
 (おそらく当人はツイッターメインなのでみてないかもですがw)



さてさて・・・


バイザーの話  ゼンバイザーじゃないよ!(ところでゼンバイザーってなんだっけ??)




とりあえず ベロンッ!と外します

ゴム部分は引き出せば簡単に外れます


サイドバイザーには両面テープが最初からついているので
その両端の剥離テープを5センチ程度外して

バイザーを付ける部分に、付属のプライマー布で拭いて両面テープの接着を良くします



画像の金具をビスと一緒に共締めして、サイドバイザーを位置決めして金具に差し込みます


(前位置)

(後位置)

そこで微調整して、OKならバイザーがしっかりついているのを確認して剥離テープをすべてはがしていきます


あとは残る6つの金属クリップをバイザーの内側の穴にパコッとはめて



完了!


ってなわけです


非常に簡単です

これに工賃とってつけてもらうのはもったいないと思いますw


ざっと書きましたが 

新品の場合は説明書があるのでそれ通りにやれば簡単です

Posted at 2018/03/11 21:14:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「インプレッサの走行距離が20万kmを突破しました http://cvw.jp/b/559649/42123405/
何シテル?   10/29 22:51
たまに更新します 車、バイク、ドール、カメラ それぞれの趣味を楽しんでます 車⇒ インプレッサ(GDB-B) バイク⇒ BMW R1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

別れて・・・初めて分かるこの感情 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/26 23:41:51
日本車はもっと機能を絞ろう 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/16 00:01:13
今更ながら・・・セントラル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/10 23:43:32

お友達

よろしくでス♪
153 人のお友達がいます
TakarobinTakarobin * 阿部ねーヨ阿部ねーヨ
蒼碧のリトナ蒼碧のリトナ KaidoKaido
★竜ちゃん☆★竜ちゃん☆ 乙@雷乙@雷

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スバル インプレッサ
購入時は完全ノーマル車 屋根上のエアロスクープは最初から付いていました 一目ぼれで買い ...
BMW R1200GS BMW R1200GS
2018年6月16日に納車 Motorrad認定中古車 2015年式 BMW R120 ...
スバル プレオ スバル プレオ
主に通勤専用で使用しました。 スーパーチャージャーがよく効き、坂道もわりと登るKでした ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
平成5年式、走行7.2万キロ、155万円で購入。一番最初乗ったスポーツカー。タービンは5 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.