• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yamaken.impのブログ一覧

2018年08月26日 イイね!

乗ってるあいだずっとスゲー、ヤベェーと笑うしかなかったS1000R試乗

最近はバイクの話ばかりなので 僕のブログはそろそろ みんなのバイカーライフ になりそうです

こんばんは

今日は ・・・  またバイクの話ですw


最近、バイクが面白くて仕方がないので BMWモトラッドディーラーでバイクの試乗をしてきました

写真がなかったので 参考写真を↓


alt
乗ったバイクは BMW S1000R   ・・・  いわゆる シングルアールと言われているバイクです



alt

まさに写真のコメント通りのすごいバイクでした


どのようにすごいかというと


〇足つき性がとてもよい

〇コンパクトで倒しこみが軽快

〇軽い

〇バカッ速い!

〇マフラー音が素晴らしい!



足つき性は僕がまたがると両足が着きました

恐らく身長160センチ台であれば普通に乗れるのではと思います

150センチ台だとちょっとキツイかも知れないですね


乗車姿勢が少し前傾姿勢で

メーターから前が何もないので乗った感じからしてもコンパクトで

さらに軽いため走行中にカーブや交差点を曲がるときなどはクイっと曲がれます

それはまるで 400ccの車格に250ccエンジンが載っているように錯覚するほどの軽快さでした


僕は「絶対立ちごけしない」と宣言できるほど足つき性からの安心感

乗り出しのしやすさからくる安心感を乗って数分で実感できました


そしてこのバイクの醍醐味はそれだけではなく

アクセルをまわした後に来る 軽快なエンジンの回転とマフラー音

そして どの走行モードからも加速は十分でした

リッタークラスのSSバイクに乗っている人からすれば 今どきは当たり前の150馬力前後のパワーなので 少し物足りないかな?って思うかもしれないですが

久しぶりに150馬力ぐらいのバイクに乗った僕としては 加速はケタ違いでしたww

初めてこのクラスのバイクに乗った人は度肝を抜かれると確信しています


ニュートラルでは3000回転までしか回らないですが、ギアを1速などに入れて

アクセルを7000rpmあたりまでまわせば 空気を切り裂くような甲高い音 ファァァァン!! ボボッ!

脳がしびれるぅ~ というのは大げさかもしれないですが

やはり並列4気筒エンジンの咆哮は素晴らしいですね

おまけにアフターファイヤーが出たようなボボッ!って音がします

素晴らしい演出でした 

※S1000Rのマフラーはバイクのマフラー界では有名なスロベニアの アクラポヴィッチ製マフラーが純正で着いています




走行モードはレイン、ロード、ダイナミック からモード選択ができ

レインは緩やかに加速し、ロードはドカン!と加速、ダイナミックはぶっ飛ぶほど加速します

ダイナミックでフル加速は危険なので控えましょう 
(想像もしないすごい加速に体が後ろにもってかれたw)



2018年のS1000Rだと

alt

純正でオートシフター(アクセル戻しとクラッチを切らなくてもシフトチェンジができる)が付いているので

シフトチェンジが楽しい♪ 気持ちいいほどギアがスコスコ入ります

まるでオートマチックみたいな途切れないエンジン音はスマートでカッコいいです







足を載せるステップの位置が若干後ろなので最初は戸惑いますが、慣れてしまえば大して障害にはならないと思います

長距離は姿勢が少し前傾している分、一般のネイキッドバイクに比べると疲れるかもしれないですが

R1000RR同様に シートの厚みが分厚いため お尻が痛くなりにくい構造になっているため
そこまで長距離がきつくは感じないのでは?と思います



以上がS1000Rに乗ったレビューです


alt



S1000Rは先ほど述べた400ccバイクの車格に250ccエンジンが載っているような車格と軽快さがすごいと思いました

まるでリッターとは思えないコンパクトさから






僕はなぜか公園のスプリング遊具に乗っている自分を想像していましたww (ナゼ?

alt







コンパクトながらエンジンもコーナリングも軽快で、足つき性も良く取り回しがいい



何でもっと早くこのバイクに出会わなかったのかということを心の奥底で後悔していましたが

今はGSで大満足なので 乗るとしたら 増車・・・ は無理かなw


alt

BMWモトラッドの作るバイクは 基本は低重心+前後の重量バランスが均一で

それが走行に与える安定性、コーナリングの軽快さを与えていることから

乗る人は皆 タイヤが路面に吸い付いているような感覚 に驚くみたいです


僕もそれに魅せられた一人で 今はもう降りることは考えられないぐらいすごいバイクです


alt

まるでスバルの思想に似た シンメトリカルAWD のような思想にもスバル車に乗っている自分としては親近感を覚えるし


alt

水平対向エンジンの安定性を知ってそれを90年続けるという長い歴史の中

熟成し続けているからこそ歴史的な何かを感じられます



興味を持った方は 是非お近くのBMWモトラッドディーラーに足を運んで見てはどうでしょうか?


alt

BMWというと敷居が高いと思って敬遠しちゃうもので実際ぼくもそうでした

でもひとたびディーラーに来てみれば高級カーディーラーのような緊張感は店員さんからは感じられず

むしろフランクなかんじでした (2店舗行って思ったこと)

バイクの話が好きな人にはコアな話ができると思います



ちなみに試乗ですが誓約書を書いてと免許証のコピーを取るだけで試乗ができ

おまけにディーラーによっては30分どこでも試乗してきていいですよ!って言ってくれるぐらい

バイクの性能をじっくり堪能してきてほしいという意思が感じられました

ハーレーやKTMもそうだったので外車ディーラーは大体そうなのかもしれませんw

BMWのバイクであなたの欲しいが叶うかもしれませんよ

alt





今まで乗ってきたバイクの中でトップクラスに良かったBMW S1000R

ウチは絶対にあのバイクを忘れないと思うw








alt


今回試乗させていただいた DATZ名古屋店さん に感謝いたします!


Posted at 2018/08/26 20:46:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月11日 イイね!

ヘルメット新調、インカム導入

昨日 インカム購入目的でしゃぼん玉本店に行きました


※しゃぼん玉本店=愛知県日進市に店を構えるバイク用品店


インカムを買いに行ったはずが、店員の勧めや今付けてるヘルメット

2013年製のバウティスタモデルのSHOEI X-TWELVE(ショウエイ エックストゥエルブ)が買ってから5年たっているため

新しいヘルメットを新調しました

alt
SHOEI GT-Air(ショウエイ ジーティーエアー) 

YOUTUBEのモトブロガーたち御用達のヘルメットですw

影響受けて買ったというよりむしろ 軽さと機能の面で購入しました


alt
モトブロガーさんたちと同じのは買わないだろうと・・・ 思っていたんですが

思っていたより かぶり心地や機能が良く 店員の勧め方もうまかったんですが

結局これにしました


alt
サンバイザー  これすごく便利でした

シールド全開にしてサンバイザーだけで走ってると夏の使用だとあんまり熱がこもらないみたいで
結構快適でした

風で目が乾燥しにくいし、トンネルに入って暗くなったら上にあげてしまえばOKなんで
すぐにサングラスができる感覚でとっても楽です♪

alt
あと ワンタッチであごひもが締めれる ワンタッチバックルもついていて
グローブ付けたままでも締めれる楽さが素晴らしいですね


alt

これ付けてモトブログできそうw




さて上の写真でわかる通り インカムも導入しました

alt

サインハウス B+comビーコム SB6Xです

最新モデルのSB6Xがずっと気になっていて とうとう買いました

ヘルメットとインカムで結構な金額行きましたが

これもお盆に行く予定だった東京行きが相方の都合で中止になっため、その旅費をこれにまわしたので 旅費をあてた分ほぼ半額程度で済みました


alt

そうそう 

ヘルメットの色は悩みましたが 結局グラフィック無しのルミナスホワイトにしました

Mサイズで 頭の形を計測してくれる SHOEIフィッティングをしてもらって

B+comをついでに付けてもらいました


alt


今日ソロツー行ったレビューとしては

以前付けていたX-TWELVE と比べると軽いため 肩こりがほとんどなくなりました

GSに乗っているお陰もあるんですが それがますます快適になった感じです

機能もさることながら軽くて快適!


これは色んな人がGT-Airを選ぶわけですね・・・ こいつぁ納得!!

ただし フィッティングして次の日に使うのはNGですねw

何故かというと ピッタリに合わせてあるので長距離の疲れなどで顔がむくんでしまうと


結構 締め付けがきつい!(笑)

むしろほっぺたが痛くて ムンクの叫びしてるみたいにほっぺたがキツキツに締め上げられている状態・・・ だんだん血行が悪くなって頭が痛くなってくる負のスパイラル


みなさん! フィッティングしたらしばらく慣らしてからツーリングに使うようにしましょうね!

あと バイザーだけを降ろした状態で真夏にバイクに乗るときは日焼け止めをしっかりしましょう!!


なぜなら 家に帰ってから鏡を見て・・・ お猿さんのように ほっぺただけ が赤い

恥ずかしい顔になるからですよ!

バイザー降ろして日焼け止めナシ  ・・・ダメ!絶対!!






あと 長くなりましたが


店員さんいわく SHOEIのハイエンドモデル X-FOURTEENエックスフォーティーン ですが

GT-Airに比べると重いらしいです

ハイエンド=軽い というわけではないそうですよ!

僕と同じ思考の人は気を付けてくださいませ

フォーティーンはバイザーはないもののエアダクトの本数を増やすなどの

ヘルメット形状ふくめ速く走るための快適性がさらに増しているのでその分重いそうです

SHOEIで一番軽いフルフェイスは Z-7 ゼットセブン

GT-Airと比べると少し軽いようで、その分バイザーなどの便利機能は備えていません

軽さで選ぶならZ-7、 機能で選ぶならGT-Air、空力などの速さを追及する人にはX-FOURTEEN

と選ぶのがよさそうです


ちなみに オフロードチックなホーネットADVというモデルは

格好重視の思考らしく

オフロード用として使うには 上に付いている日指のようなカバーの長さが短いため

オフロードでは枝除けとしての機能はしないそうです

開けたオフロードとツーリングを走るとき専用のオフヘルメットとして使うのが良いようですね

あとワンタッチバックルやサンバイザーが付いていないため ツーリングの快適性を取るなら

GT-Airに軍配が上がりますね

Posted at 2018/08/11 22:55:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月05日 イイね!

バイク立ちごけするのには共通する理由があるのかもしれない(どうする?)

こんばんは 最近はバイクの話題ばかりでスイマセン

憧れだったR1200GSを買って以来そればかりになってしまっていますが

一様インプレッサは通勤&普段の買い物の足としてエアコン快適車両として活躍しております
(現在走行19万8500km)


さて、本題

とあるYOUTUBE動画を見て思ったことなんですが、

この動画を見て転んでいるのは共通して言えることがあると思うんですよ↓


まずは動画をどうぞ!




どうですか? だいたい共通してどういうときに立ちごけしていますか?


これは僕も過去に数回やって経験したことなんですが


ひとつ目に ハンドルを切った状態で発進または停車しようとして時に起きていること

ふたつ目に 発進時にアクセルをあまり回して(煽って)ないということ です!


たったそれだけなんですが

意外にもやってしまうんですよww


発進の場合

特に路地や家から出る時に曲がりたい方向にハンドルを切って

左右確認して発進!って時にアクセル回しておらず半クラッチだけで発進

少しだけハンドルを切った方向にバイクがバンクする

アクセルを回していないのでエンジンパワーが足りずエンスト

立ちごけ



停止の場合

停止する位置にバイクを走らせる

ハンドルを切ったまま停止 
(このとき停めることに気を取られてバイクが傾いていることに気づかない)

バイクがハンドルを切った方向に若干バンクしているので、停止のフォーク沈みの反動で倒れる

立ちごけ



というパターンですね恐らく




大事なのは

発進時は、アクセルを多めに回してクラッチを繋ぐこと (速度はクラッチ操作で調整)

停止時は、ハンドルがまっすぐになるように停止すること です



ハンドルを切りながら曲がろうとすると、ハンドルをまっすぐにしているときと比べて
結構パワーがいります

詳しく説明しようとすると反作用とか反力とかの話になってしまうので割愛しますがw


実際、停止時からハンドルを切った状態から発進させるのにどれだけアクセルを回すのか?

というと 参考になる動画が白バイのターンの動画です↓




ハンドルをフルに切った状態でどれだけアクセルオンすれば曲がるかお分かりになると思いますw

けっこうアクセル煽ってから半クラ使って曲がってますよねw

これは極端なUターンの動画ですが、フルにハンドルを切った状態ではいくらトルクがあるバイクでも

走らせるのには結構なパワーがいるということですね・・・ 


半クラのみのアイドリングスタートでは幾らなんでも走りませんw
(アイドリングで3000~4000rpmまわってるリッターバイクなら可能かもしれませんがww)




停止するときは

止まるわけですから慣性が切れてしまうので、左右に振られやすいため

どちらかの方向にフルでハンドルを切ってしまうとそっちの方向に倒れやすくなります


そのため、ライディングテクニックの本に書いてあったのが

停止するときはハンドルはまっすぐにする


路地から出る時は

停まる前に少しだけ曲がりたい方向にバイク車体全体を向けておいて

ハンドルをまっすぐにして停止する

とありました


白バイの動画でもわかると思いますがUターン前の停止時にはハンドルをまっすぐにしているのがわかると思います


路地から出る時にまっすぐ停めた状態だと、次に曲がるときにギクシャクしそうで怖いと思うのですが

アクセルをあおった後に半クラッチで速度を調整して曲がるようにする 

のが理想かもしれないですね



Posted at 2018/08/05 22:57:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「インプレッサの走行距離が20万kmを突破しました http://cvw.jp/b/559649/42123405/
何シテル?   10/29 22:51
たまに更新します 車、バイク、ドール、カメラ それぞれの趣味を楽しんでます 車⇒ インプレッサ(GDB-B) バイク⇒ BMW R1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

別れて・・・初めて分かるこの感情 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/26 23:41:51
日本車はもっと機能を絞ろう 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/16 00:01:13
今更ながら・・・セントラル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/10 23:43:32

お友達

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スバル インプレッサ
購入時は完全ノーマル車 屋根上のエアロスクープは最初から付いていました 一目ぼれで買い ...
BMW R1200GS BMW R1200GS
2018年6月16日に納車 Motorrad認定中古車 2015年式 BMW R120 ...
スバル プレオ スバル プレオ
主に通勤専用で使用しました。 スーパーチャージャーがよく効き、坂道もわりと登るKでした ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
平成5年式、走行7.2万キロ、155万円で購入。一番最初乗ったスポーツカー。タービンは5 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.