• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年09月20日

秋のツーリング大会2020 伊吹山周辺~鈴鹿山脈

秋のツーリング大会2020 伊吹山周辺~鈴鹿山脈
9月の連休に秋のツーリング大会を開催しました。

■コースの全行程
alt


今回は北陸道の長浜ICで下りて、設定したルートを時計回りで進撃し、滋賀・岐阜にまたがる日本100名山の伊吹山周辺から鈴鹿山脈の峠道を、過去のツーリングとは逆走する形でルート設定してみました。

途中、鳥越林道や国見峠未踏などの未踏のルートも加え、最終は京都のラーメン屋「新福菜館」をゴールとしました。

■エントリー車両
NA3台、ターボ3台の計6台。
NAクラスを先頭に、離れてもリカバリーが容易なターボクラスを後半に隊列を組みます。

■NAクラス
○NBロドスタ AMMYさん
非力なテンロクテンパチを手足の如く操り、86撃墜用インターセプター?と化す。
alt


○BRZ やっちさん
NAながらセントラルサーキットを1分27秒台をたたき出す。
2020年CTACの86BRZクラス優勝など、数々の戦績を残す。
alt


○ZN6 2ドアハチロク号
ペースメーカーとして、みんなを安全に?先導します。
ブレーキパッドを、街乗り純正から、プロジェクトミューのちょっとだけよく効くTYPE-PSに交換。
alt

alt


alt


■過給機クラス
○GDAインプ choopさん
いつも安定の走り。酷道で擦りまくるリップスポイラーが危うし。
alt

○GDBインプ subakento号
今回はトラブル無しで走り切れるか?
alt


○CZ4A エボ10 還暦の大工さん
来年から年金受給年齢に達するそうですが、元気な方です。
alt


以上の6台で、名神高速のパーキングで集合し、ドライバーズミーティングでルートと順番の確認をしてから進撃を開始します。
alt


alt


■SS1 鳥越林道(広域基幹林道)21km
alt


滋賀県長浜市から岐阜県揖斐川町に通じる1.5車線の林道。

落石が多く、ここで鋭利な岩を踏んでパンクしたら、そこでツーリングはおしまいdeath!
最近のクルマはスペアタイヤを積んでいないの、路面状況には気を使います。
alt

alt


鳥越峠に到着。標高1000m超えで、遠くに琵琶湖が望めます。
alt


alt

alt


alt



鳥越林道は落石に注意が必要で、ペースは上げられず、ほぼリエゾン区間な感じでした。
11時頃に「道の駅夜叉ヶ池の里 さかうち」に到着し、早めの昼食にします。
alt


10食限定の鹿肉を使用したジビエ料理をいただきました。
鉄板でバターで炒めて美味かったです。
alt


■SS2 揖斐高原線(県道274号)11.2km
alt

国道303号から揖斐高原スキー場までのルート。
スキー場付近はタイトなヘアピンが続き、テクニカルなコースです。
背後からは、ロドスタがカウンターステアを当てながら迫ってきます。

スキー場は、昨シーズンは雪不足のため1日も営業できず、スキー人口の減少もあって、町がスキー場運営から撤退するそうで、寂しいですね。

■SS3 大規模林道 関ケ原・八幡線 11.1km
alt


過去に何度かツーリングで走ったコースを、今回は北から南へ攻めてみます。
キャッツアイがあるのが、残念ですが、対向車もほとんど無く、コースレイアウト的にはお気に入りです。

前半の登り区間は途中でバイクとすれ違ったくらいで、オールクリア。
オイルクーラーを装備していますが、油温は100度を超えるくらい踏めます。
alt


後半のハイスピードの下りセクションで、今回投入したブレーキパッドのテストをしてみましたが、はやり下りのハイスピードからのブレーキングが連続する状況だと、効きが怪しくなってきました。

■SS4 国見峠(林道国見線) 16.2km
alt

国見スキー場からの1.5車線の林道です。全線舗装されているものの、落石や対向車に注意しながらの走行で、あまりペースは上げられません。
時々スイカぐらいの大きさの岩も落ちてます!
alt

alt



林道の後半では遅いベンツが行く手を阻み、さらにペースダウン。

林道区間が終わり、燃料を食うターボクラスは給油してから「道の駅 伊吹の里 旬彩の森」にピットインしました。

伊吹山を眺めながら、伊吹牛乳アイスを頂きました。
alt


■SS5 鞍掛峠(国道365号)19.3km
alt


4年ほど続いていた通行止めが昨年解除された峠道で、昨年の夏のツーリング大会とは逆の三重県側から滋賀県側に抜けました。

alt


三重県側も滋賀県側も、どちらも走り応えのある道ですが、とはいえ、国道なのでお昼は一般車両の通行も多く、オールクリアという訳にはいきません。

峠付近はトンネルになっており、抜けると滋賀県入り。

峠の滋賀県側をさらに下っていき、洞門内をハイペースで駆け抜けていく感じが、モナコグランプリのようです。
alt


■SS6 多賀永源寺線(県道34号) 21.3km
alt

国道365号線を鞍掛遂峠を降りて、そこから県道34号を南下していきます。

いいペースで走っていると、突然、名所「洗い越し」が現れます。

こんな感じで道路が川を兼ねている場所があります。
alt


alt


この日は水量も少なく、86号は、フロントのTRDスポイラーの底を少し擦りながらクリア。

GDA号は、純正オプションのリップスポイラーをバキバキと断末魔を思わせる音を出しながらクリア!
alt


エボ10も無事クリア!
alt


全員、クリアして、森の空気を味わいます。
alt


■SS7 鈴鹿スカイライン (国道477号)26km
alt

平成9年に無料化された山岳道路を、今回は三重県側からアタックします。

途中で走り屋風の34GTRやWRXに追いつくも、チャリンコくらいの遅さで、びっくりするくらいのチンタラ走行にやられてしいました。
少し間隔を開けてから、再スタートしました。
alt

峠近くはヘアピン連続のジェットコースターのようにダイナミックなコースレイアウトですが、減速帯があってトラクションがかかりません。
これは滋賀県側も同じで、ドリフト族対策ですね。

滋賀県が側の下りは、関東ナンバーのWRXS207にペースを押さえられて、まったく譲ってくれる気配がなく、峠区間が終わってからの野洲川沿いやダム湖あたりもなかなか気持ちがいいコースも台無しに・・・(何が?)

このWRXもドライバーも善良な、ごく普通の国民でしょうから、罪はありません。我々が変なのです。

岐阜のマニアックな林道は、山道に慣れた人しか入ってこないためか、道を譲ってくれる人が多く、岐阜県民のマナーの良さに感動しました。
一方、大阪や京都、関東ナンバーの車はひたすらブロックに徹する走法が目につきました。

しかし「山道で後ろから速いクルマがきたら、見通しのよい場所でハザード出して譲る」という明文化された法令はないので、彼らに罪はありません。

こういう人は高速道路の追い越し車線を延々とチンタラ走るタイプなんでしょうけど、これにイラつく人間も、強弱はあれど、煽り運転の気質が潜んでいるのであって、この両極端な性質の人間が公道で出会った時に、よくニュースで見る煽り運転事件になっているのだろう。

「合流の時にはファスナーが噛み合うように、1台づつ」とか、「渋滞最後尾はハザード」みたいに、教習所では教えてくれないけど周りの人が教えてあげてほしいですね。

と、チンタラ走るクルマの後ろを走りながら、自己中心的なことを考えて、走っていたら、幻想的な夕焼けが。

alt


このまま、京都のラーメン屋「新福菜館」で晩御飯を食べて、無事に解散となりました。
alt


今回の総走行距離は460km。
3/4は下道だったので、走った感&やり切った感があり、ジビエ料理もラーメンも満足感があり、充実した一日となりました。

この歳になってもすべてを出し切れる遊びが出来ることは幸せなことです。
お付き合いいただいた皆さんありがとうございました。

次回は11月に大山方面ツーリングを行いますので、ご希望の方は参加表明お願いします。

おわり。


ブログ一覧 | ツーリング | 日記
Posted at 2020/10/04 21:08:18

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

鳥越峠~国見峠・・・帰りが暑くてバ ...
PCX爺さん

スキー20-21シーズン32回目
萩茶んさん

通行止め(。-`ω-)
sugiver1さん

志賀高原へ ② 焼額山と蓮池
te61さん

21年2月20日 ジムニーJB23 ...
kaze_1さん

雪練に福島まで行って来ました
高柳ワークスさん

この記事へのコメント

2020年10月4日 21:50
 今回もお疲れ様でした。いつもながら、お導き有り難うございます。

 一応、私のロドスタ、テンパチです(タテ遅いですけど…・汗)

 以前訪れたルートでも、逆ルートだと全く違う表情で面白いですね~。そう考えると、今まで数多くの攻略したワインディングも、再訪が楽しみになります(笑)

 来月予定の中国地方も、宜しくお願いしますm(__)m
コメントへの返答
2020年10月4日 22:14
お疲れ様でした。
テンパチでしたね。し、失礼しました。

行き尽くした感がある日帰りコースも、逆走や組み合わせを変えると、また新たなツーリングルートが設定できますね。

11月も最高の道とグルメを求めて行きましょうか!
2020年10月6日 5:28
いつも読み応えのあるレポートありがとうございます😊
洗い流し地元なのに走った事ないので是非行ってみたいですね
コメントへの返答
2020年10月6日 12:27
「洗い越し」ですね。
是非、雨の後の激流にもチャレンジしてみて下さい。
オーバーハングの長い車を車高短にすると、パンパーを擦ってしまうのが難点です。

11月のツーリングもお待ちしてます!

おすすめアイテム

プロフィール

「「峠最速決定戦 PRIDE15」は2022年2月19日(土) にセントラルサーキットで開催します。
詳細はまたお知らせします。」
何シテル?   12/01 23:05
兵庫県の某山中に生息してます。 気が付けばUを走り始めて25年。ずっとハチロク… でしたが、ハチロク歴17年目の2012年5月に岡山国際サーキットにて大...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

86 / BRZ のブレーキ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/01/05 00:42:55
HKSプラグ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/23 07:52:36
Monotaro 国産車用ドレンパッキン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/23 22:32:40

愛車一覧

トヨタ 86 新ハチ (トヨタ 86)
AE86からFT86へ ノーマルマフラー&羽根無し仕様でいけるとこまで頑張り中。(こだ ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
初めて買ったクルマ。 走行9万キロ車検2年付けて20万円。 刺しまくってフレーム修正3回 ...
スバル インプレッサ WRX STI GCハチ (スバル インプレッサ WRX STI)
ハチロク号の大破炎上により、格安で購入。 走行130000km 雪山メイン、U6、400 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
2台目のハチロクです。 1998年に走行8万キロで購入。 2012年4月時点で38万キロ ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.