• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

峠×シビックのブログ一覧

2018年06月30日 イイね!

峠×シビック、イタリアにいく☆

峠×シビック、イタリアにいく☆


どうも、峠×シビックです


7月に新婚旅行でイタリアに行くことになりました(*^^*)


わたし、わりと海外旅行の経験は多いんですが、ヨーロッパは遠いので行ったことがあるのはフランスのみ


これを逃すと老後まで行けない、さあどこに行く!となった時、迷わずイタリアとなりました☆



今回はミラノから入ってローマをゴールに北イタリアを巡る旅程です♪



一応イタ車乗りなので、愛車のふるさとはどの辺かな〜と検索してみると、





結構近くまで行くじゃんww





一回行ってみたいな〜ドゥカティ本社(*^^*)

近くにはイモラサーキットやフェラーリの本拠地マラネロもあります




わたしがドゥカティパニガーレを初めて意識したのは、S1000RRの納車待ちの時期、他車SSとの試乗比較の雑誌記事を見た時です



当時のパニガーレは1199時代で比較車両は1199トリコローレでした





イケてますね(*^^*)


これを見て、もしドゥカティに乗ることがあったら絶対このカラーリングと心に残ったのでした♪


そしたらトリコローレは上級モデル専用カラーで、目ん玉飛び出る値段だと後から気づきましたけど(^^;;



なんで1299の塗装検討の時もトリコをイメージしていましたし、今回のV4もできるならこのカラーが欲しかった










455万円也ww



まあ性能はスタンダードで文句無いのでやるなら塗装かラッピングかなぁ(*´Д`*)

妄想膨らみますね☆



さてヨーロッパの旅行というと人気なのは、フランス、イタリア、スペイン、ついでドイツ、スイスというところでしょうか


わたし昔からヨーロッパで好きな国はイタリアでした♪

ホラー映画が好きなので、ホラーの原産国というのと、あとはこれですね






ジョジョの奇妙な冒険(*^^*)

第5部の舞台がイタリアでした☆

これが連載してた頃わたしは19歳

わたしの薄いイタリアのイメージはこの漫画でできあがっているのかも(笑)



この漫画の舞台になった街、そして愛車の生まれ故郷を見られるとあってすごく楽しみです(*^^*)


楽しみ方がおかしいか?………いや、おかしくない( ̄^ ̄)ww



ドゥカティやフェラーリの芸術のようなスタイリングを生み出すイタリアの土壌や歴史をタップリ味わってきたいと思います♪



V4の慣らしが全然できないけど。。^^;













----------------------

Posted at 2018/06/30 14:12:01 | コメント(9) | トラックバック(0)
2018年06月26日 イイね!

1299パニガーレというバイク

1299パニガーレというバイク


どうも、峠×シビックです


V4と引き換えにディーラーに置いてきた1299

すでに商談中のようです


わたしが1299を購入した時期は試乗車が一斉に新古車に下りた時で、程度良好車のタマ数が豊富、値段もかなりこなれていました♪

狙ったわけではないのですごいタイミングがよかったということですね^ ^



V4に乗り換えた理由というのはいろいろあります

一番は新車補償が切れたことですかね


アウディ傘下になったこともあってメカの信頼性が一気に上がったドゥカティですが、やはり日本人の感覚では考えられないトラブルもあったりなかったり

個体差も激しくほとんどノントラブルというのもあれば、不調なタマはトコトン不調。。


特にパニガーレは出力的にかなり追い込んでいるので、エンジン内部消耗が激しい傾向

スーパーバイクの性格上、メンテしながら長く乗るという使い方は少数派のようですね




わたしの所有バイク史上、最も濃い時間を過ごした1299

もう一度今度は1299Sの新車在庫を購入という案もありました(さすがにやめましたけど^^; )


これからのバイク人生の中でもベストに入る、記憶に残るマシンです(*^^*)



1299のどんなところが魅力的だったかと言えば、やはりちょっとアナログ感があって有機的なところでしょうか



スーパースポーツのカテゴリーは各社速さと技術のしのぎを削る、メーカーの威信をかけたフラッグシップの競演です


それだけに時にはデザインや技術が画一化することもあります



そんな中にあってパニガーレは、最新技術の粋を尽くしていながら、アナログなVツインエンジンを採用していたり、他社と比べるべくもなくライダーの操る余地を圧倒的に残していたり、性能ありきのカテゴリーでデザイン最優先してそうだったりww


それらがすべて味になり、面倒なのに楽しい

いやむしろ、面倒だから楽しい、そして嬉しい☆


そこが魅力のように思います(*^^*)



V4はまだ分かりませんが、そっち方向の魅力は薄めかなと思います


ただあのデザインですし、V4エンジンといってもかなりドゥカティらしさにこだわった仕上げ方なので、十分有機感を感じられるような気もしますね^ ^





1299とは6/3にお別れでしたので、前日に最後の洗車をしました^ ^







イケメン^ ^








単色で勝負できるのはデザインレベルの高さを象徴してます^ ^








美しいです☆

V4も仕上げがいいですが、美しいというよりカッコいい系かな








日本仕様のマフラー私は好きでした☆









やっぱりバイクはこのアングル(*^^*)

目に入るすべての部分が美しいです♪









一番よく見た風景☆

この写真見ただけで下からの熱を感じます(笑)










1299のスリムさがわかる一枚☆

くびれがたまらん(*´꒳`*)





1299の美しさを見事に表現した画像がありましたのでお借りしてご紹介☆






野生的かつ優美なラインです(*^^*)




ということでツーリング先で会ったら別れた彼女に未練タラタラって感じになりそうなww、世界一美しいバイク、1299パニガーレでした(*^^*)






















----------------------


Posted at 2018/06/26 16:36:48 | コメント(4) | トラックバック(0)
2018年06月24日 イイね!

パニガーレV4初乗り♪ ツーリングのまとめ☆

パニガーレV4初乗り♪  ツーリングのまとめ☆


どうも、最後はツーリングの中身とスタイリングの感想です☆

どうしてもここまでは今日中に書いとかないと忘れちゃいますww




本宮でカルチャーショックを受けてちょっと放心状態のまま作手へ



今日も作手は超満員☆

車の枠に停めてるバイクがいたのでその横へお邪魔

正直ホッとしました


バイク駐輪場のど真ん中に停めて悪目立ちするのだけは避けたかったので^^;



でもさすがに注目度は高かったです

オーナー目の前にいるのにガンガン写真撮られてました(^^;;






端っこに停めて




フランク食べて(*^^*)


その後みん友のtoshiさんが来てくれたので、バイク見ながら小1時間談笑♪

楽しい時間を過ごしました^ ^
今度箱根連れてってください♪

わたしは高速で行きますけど(笑)



toshiさんとは作手で別れて、もう少しV4を味わいに257を北上


折元峠はやはり通行止めになっていて走れませんでしたが、設楽257、笹暮、矢作ダムとフェイバリットを辿ってみました♪



どこも素晴らしかったですが、一番感動したのは矢作ダム(*^^*)


俺の矢作が帰ってきた♪

1299で失っていた低速コースの楽しみがV4で戻ってきました☆


スロットルオフで回転が下がるも不安定感はなく、ギクシャクもしないので姿勢を一定に保って普通にスポーツ走行できます(*^^*)

矢作はGSRの頃から大好きなコースなので本当に嬉しいです♪


そのまま勘八まで抜け、高速で一気に自宅まで帰りました^ ^



そしてこちらも初めての洗車☆

虫くんがすごかったのでフロント周りは水洗い

その他は軽く水拭きで済ませました♪









買ってからもスタイリングは1299のが上かなと思っていましたが、今日じっくり見た感じ、これはこれでよくまとまってる美しいデザインだと思いました^ ^


面構成が1299より単調な印象でしたが、いろいろ角度を変えて見ると、造形や塗装の見え方が変化していい感じです(*^^*)



でもやっぱり見た目は1299かな(小声ww)





デカいフェンダーww
早く取りたい

そして市販車初の60扁平タイヤ

今日まあまあ攻めましたが、まったく端まで使える気がしません( ̄▽ ̄)






フロント☆

なんか愛嬌ある(*´ω`*)





腹下マフラーやっぱいいな〜♪(´ε` )





てことで長くなりましたが第一印象をまとめてみました☆

慣らしが終わる頃にはパニガーレの超苦手な夏が来ます

ディーラーにも予告を受けましたが、間違いなく高気温、街乗り渋滞でエンスト地獄の学習タイムが入ります。。(*´-`)


これを乗り越えて全開にした時何が起こるのか

これからV4ライフをたっぷりエンジョイしたいと思います☆


ではでは〜(・∀・)♪

















---------------------

Posted at 2018/06/24 22:47:25 | コメント(7) | トラックバック(0)
2018年06月24日 イイね!

パニガーレV4初乗り♪ インプレパフォーマンス編

パニガーレV4初乗り♪ インプレパフォーマンス編


どうも、続いてライディングの感想です♪

といってもしばらくは慣らし運転の身

6000回転の中での走行性能の印象になります^ ^



301で作手着

そのまま本宮山で皮むきがてら乗り味のチェック♪


今回純正タイヤはピレリスーパーコルサSPV3が着いています

今日は路温も高そうですが一本慎重に馴染ませて、2、3本と徐々にペースを上げます☆




え〜とですね

前ブログの冒頭でも書いたんですが、

何も言うことございません( ̄▽ ̄)


何ひとつ文句なし

ここがもう少しこうだったらも一切なし


加速、減速、バンク、旋回、立ち上がり

スポーツライディングで望むことを完璧に実現してくれます


1299からなら一切違和感なし

国産SSから乗り換えても乗りやすいと感じるかもしれません



これじゃ何のインプレにもなりませんのでもう少し書きますと^^;


とにかくあらゆる姿勢が超自然に決まります

ブレーキングからバンキングそして立ち上がり

流れるようにライディングできます


しかも電子制御が効いてっていう感じではなく、おそらくフレーム作りからフォーク、スイングアームなどの各部設計、そして全体のセッティングで絶妙なライド感を生み出している感じです(*⁰▿⁰*)


下手すると大型初心者でもいきなりでそこそこ乗れちゃうんじゃないかという乗りやすさ


そしてもっと乗れる人ならそこから果てしなく懐が深そうな

間口が広く奥が深いそんな印象です(*^^*)



それから1299と比較してあらゆる面で質感が高くなっていると感じます☆


例えばクイックシフター

1299はアップ、ダウンともちょっと荒い印象でしたが、V4はタッチもしっかりしててチェンジも超スムーズ


特にダウンが秀逸でシフトスピードはもちろん、オートブリッピングも自然で、正確にシフトが決まります☆


総合して、操作感覚がいい意味でアナログからデジタルに切り替わって、カッチリした質感が小気味よく、高品質なものを扱っている気持ち良さがあります^ ^


本宮山を軽く数本流しただけですが、カルチャーショックを感じました


慣らしが終わったらどうなるのか

サーキットで全開したらどうなるのか

ワクワクより圧倒されたというかんじ。。^^;

しばらくパニちゃんとは呼べないな( ̄▽ ̄)




ということで、とにかくすごいバイクだということだけわかりました(笑)

これ以上は、これから徐々に感じたことをブログで追記していきます




さて最後はツーリングのまとめとスタイリングの感想です

短くまとめます♪(´ε` )
おヒマでしたらお付き合いを☆









---------------------
Posted at 2018/06/24 21:54:50 | コメント(4) | トラックバック(0)
2018年06月24日 イイね!

パニガーレV4初乗り♪ インプレフィーリング編

パニガーレV4初乗り♪ インプレフィーリング編


どうも、峠×シビックです


金曜納車したパニガーレV4

本日初乗りして参りました(*^^*)

楽しい一日でした!



そして

ものすごいバイクです


インプレとかね

この後、一応感想を述べようと思いますが


ハッキリ言って


エクセレント


この一言に尽きます


もはや完全無欠

何も言うことなし!


1299の発売から3年

もはや別次元



VツインからV4になったとか関係なく

全くの別物


ドゥカティスーパーバイクは新世代に入りました

ど素人のわたしでも分かります

イメージはフェラーリ458

わかる人はわかると思います

楽しさと速さ本当に高いレベルで融合してます^ ^




さて今日は朝から出たかったんですが、午前中は地元の集まり。。(*´-`)


結果路面が10時過ぎまで濡れてたんでちょうどよかったんですが、会合中もソワソワ( ̄▽ ̄)



11:30に終わり速攻帰って準備

12時前に自宅を出発しました☆



今日は初乗りということで慣らしもしなきゃですが、タイヤも新品なので皮むきもせんとかん


時間もないのでさっさと高速で山の方へ


ETCがまだないので久々の一般レーン(笑)

買おうと思ってる皆さん
ETC本体設置場所、ないですよ〜
今ディーラーさん試行錯誤してます^^;




一応1000km慣らしをするつもりなのでそれまでは6000回転縛り


6速6000で130km/hぐらいです

ちなみに2速6000で100km/h出ませんww

峠では道を譲りますよ( ̄▽ ̄)




301で山入りしてまずは腹ごしらえ♪

いつものふるーるで今日はリブステーキ(*゚∀゚*)





神!

ソースが美味いんだな〜、これ(*^^*)




ここまでではまだセンターのみの皮むき

本宮山でサイド剥きと決めて一路作手方面へ




ここから感想交えて進めていきます☆
(主にVツインパニガーレとの比較です)



まず1299と一番違うところ


それは乗りやすさです


1299は各ギアの守備範囲が狭く、スピードに合わせてギアを選んであげなくてはいけません

なので通常の巡航は4速

5速で走るには90km/h程度の速度が必要です


対してV4は直4レベルとまでは言いませんが、50km/程度出ていれば6速巡航が可能です


そして極低速

2速で10km/h台の走行が可能です!


これはパニガーレ乗りとしては画期的なことです(笑)



次にポジション

これは100点あげていいんじゃないでしょうか☆


V4は1299に比べてタンク部分が一回りデカくなっています

V4エンジンを収めるためにボディ全体を拡張しているかんじですが、これによってニーグリップもし易いですし、ハンドル、シート、ステップの位置もベスト


SSの中でも姿勢が楽な方で、スポーツ走行時にはライディングポジションが自然にカチッと決まる絶妙なセッティングだと思います(*^^*)




そしてドゥカティ乗りとして最も重要なエンジンフィールはどうか

ちゃんとドコドコすんのかってことですね^ ^


これは結論から言うとドコドコいいます(笑)


ドゥカティ乗りが求めている鼓動感はちゃんと演出されてます♪


ただこの鼓動感というのはドゥカティのモデルによっても雰囲気は違っているので、ファミリーに属した雰囲気を持ちつつ、V4エンジンならではの新しいエンジンフィーリングという感じです



仕様は今回から全世界共通となっていて、マフラーは下出し、最高出力は驚異の214馬力( ̄▽ ̄)



排気音

デカいですww

1299で音量が不満だった方

V4なら不満ないと思います

長距離ツーリングで疲れるギリギリの音量じゃないでしょうか

わたしはベストに満足です(*^^*)


フルモデルチェンジらしく、V4で新たに取り入れられた機構が山ほどあるみたいなんですが、そのひとつに気筒休止があります


エンジン熱が一定レベル上昇すると、スロットルオフやニュートラルに反応して、後バンクの2気筒が止まります


これにより、エンジン熱の上昇を抑え、騒音も軽減、燃費向上にも寄与するとのこと


事実、今日は1299でやっていた太ももパタパタを一切やりませんでした^ ^


この辺りも乗りやすさに繋がっていると思います♪
(ちなみに革パンは必須ですww)



さて次は皮むきからライディングの感想です^ ^

長いので次ブログへ跨ぎます☆







すごいやろ?俺♪(´ε` )



---------------------
Posted at 2018/06/24 21:08:13 | コメント(3) | トラックバック(0)

プロフィール

「あーーきーー☆」
何シテル?   11/17 09:45
シビック、インテグラとホンダ車でワインディングを走っていましたが、インテ盗難で気持ちダウンしてスイフトを購入。 ブイテックサウンドが忘れられず2011年11月、...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

FD2乗りを中心にクルマ好きな方、バイク乗りの方、SS乗りな方、まさかのパニガーレ乗りの方w、情報交換お願いします♪
111 人のお友達がいます
aki@naki@n * creative311creative311 *
あっくん@チャラ汚あっくん@チャラ汚 * しびぐらしびぐら
猫まねき.猫まねき. かいかえるかいかえる

ファン

55 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
2011年11月、スイフトに変わって新たな愛車となりました 08年式7777キロにて中 ...
ドゥカティ パニガーレV4 ドゥカティ パニガーレV4
ドゥカティ史上初のV型4気筒スーパーバイク☆ 1299からバトンタッチして2018.6 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
09年3月に27000キロで中古購入、11年12月走行距離77000キロでシビックにスイ ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
2台目の愛車 新車購入 自分のストリート全盛時の相棒 7万キロ時、自宅駐車場にて盗難… ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.