• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

DORYのブログ一覧

2013年03月28日 イイね!

991 退屈なき日常

991 退屈なき日常花粉、黄砂、PM2.5、土煙?等々により空気が汚れきったこの東京砂漠を毎日元気に走る991Cabrioletはすっかり日常の足として定着しました。

昼にコイン洗車場でボディと下回りを洗ってみました。F355challenge同様このクルマもそのうち気合で磨き上げるつもりですが、洗車後に乗ったら背中が汗でびっしょり。。。

こんな時こそ!と、長年様々なオープンカーを乗り継いできた友人からオプションとして装着を薦められたシートベンチレーションをON!いやぁ~快適であります♪



閑話休題。

納車から3か月が経過し、約3300㎞ほど乗りましたので私的インプレッションを。

MT派のボクでさえPDKは楽しいなぁと感じます。のんびり走りたい時はノーマル、少しレスポンスをよくしたい時はSPORT、戦闘モードに入る時はSPORT PLUS。さらにDレンジでお任せモードかマニュアルモードかも状況と気分で使い分けています。

AMG C63の時はほとんどパドルを使わず、サーキットでもSモードのままで乗っていたのですが、991に乗ってからはPDKのレスポンスが素晴らしくてパドルシフトするのが楽しくてしかたありません!

電動パワステも悪くないと思います。アシスト量が適度で操舵感もしっかりしており、わざと直進中にステアリングをどちらかの方向へ投げて放してもちゃんとすぐに戻り、キャスターアクションも良好であります。オプションのパワステプラスがどのようなフィーリングなのかはわかりませんが、ボクは素のパワステが結構お気に入りです。

乗り心地に関しましては再三お話していますように20インチ・ロープロファイルタイヤならではの低速域でのゴツゴツ感は正直否めません。しかしながらリアの空気圧を冷間2.4まで下げるとかなり改善します。

高速コーナーのターンインではフロントの接地感がもうちょっと欲しいなぁと感じます。スポーツシャーシ用リップやカップエアロの意味がわかるわけなのですが、それでも993RSの時の記憶と比較してみると、明らかにRRの癖が消されています。ただ家人号@981Boxsterと比較すると、ノーズがスッと中へ入っていく感覚が若干ではありますが鈍く、ミッドシップとRRの差をやはり感じます。

Cabrioletならこのままでもいいと思いますが、Coupeを選びそれなりに高速コーナーで踏む方であればスポーツシャーシを選ぶべきかなという気がします。

次にCabrioletの幌に関してですが、70㎞以下であれば走行中であっても開閉出来ますし、遮音性、耐候性共に良好ですし、Closeで乗っているとCoupeに乗っているのでは?と錯覚してしまいそうになるくらい快適です。右斜め後方視界はブルーミラーを採用してから楽になりましたね。

それと幌そのものがメタルトップと異なり軽いので、Open or Closeでのハンドリング特性の差をそれほど感じにくいです。

最後にエンジンに関して。3.4Lと3.8Lでは低中速トルクの差は確かに感じます。しかしながら街中で多用する2000~3000rpmの領域では3.4Lの方が軽快かなと。陸上競技に例え3.4Lを長距離選手、3.8Lを100m走の短距離選手とすると、ジョギングするような時速7~8㎞では痩せ型の長距離選手の方が筋肉隆々の短距離選手より遥かに軽快なはずです。短距離選手の如く、3.8Lは踏めば怒涛の加速体制に入りますが、街中ではむしろ3.4Lの方が軽快で心地好いような印象を個人的には受けました。

・・・ここからまとめに入ります。

991は気負うことなく何処へでも毎日乗れるスポーツカー。MT派のボクでさえPDKは飽きることなく楽しいです!通勤さえも、スーパーへの買い物さえも、その道中はステアリングを握りながらワクワクします。もちろん昔ながらの911濃度は低いですから、そうした方向を求めるのであればナローをはじめとする歴代空冷モデルやGT3/GT3RSを選ぶべきだと思います。911の世界をもっと知りたいボクがナローに恋するのはそうした理由からなのです。

個性の強い尖ったスポーツカーを求めるのではなく、万能なスポーツカーを日常的に乗りたい!という方にとっては良いクルマであり、退屈することなく楽しい日常生活が送れることと思います!

・・・というわけでこちらの曲↓をどうぞ!

Posted at 2013/03/28 17:29:24 | コメント(2) | 991Cabriolet | 日記
2013年03月27日 イイね!

下回り磨き祭り #04

下回り磨き祭り #04磨き祭りも3日目へ突入であります!

本日のメニューは右ジャッキアップポイントとミッションオイルクーラーカバーの塗装。

エンジンルーム磨きは日を改めてじっくりやります!

ところで作業中は、ひとりで疑似音?を発しております。例えばスプレーの度に「プシュー!」、拭き上げながらポリシャーのごとく「シュルルルルー!」等々変態MAXですが、気分は上がります(笑)

この域↓を目指したいと思います!?



さて本日のDISCO CLASSICはこちら↓を聴いちゃいましょうか!


Posted at 2013/03/27 22:55:32 | コメント(2) | F355challenge | 日記
2013年03月26日 イイね!

下回り磨き祭り #03

下回り磨き祭り #03今夜も磨き祭りの続きを!

まず左側前後のジャッキアップポイントの錆を落としてからペイント。



次に下へ潜りアンダーパネルとディフューザーをすべてクリンビュー ノータッチで磨きました。これはなかなかいいです!


先日装着したばかりのロアバーはピカールで磨き、



スタビとスタッドボルトをお手入れし、



本日はこれまで!

残すところは、右側ジャッキアップポイントとミッションオイルクーラーカバーを塗装、そしてエンジンルームを上下から可能な限り磨き上げます!

既に首が痛いですが、頑張ります(笑)

・・・というわけで今宵はこちら↓のDISCO CLASSICを聴いちゃいましょうか!

Posted at 2013/03/26 23:54:16 | コメント(5) | F355challenge | 日記
2013年03月25日 イイね!

下回り磨き祭り #02

下回り磨き祭り #02まずは左前から着手であります。

インナーフェンダーを外し、ミッションオイルクーラーのカバーも外し、中までキレイキレイ!



タイヤハウス内を脱脂し、マスキングしてからシャーシブラックで塗ってみました。



図工の成績が「2」だったわりに綺麗に塗れました(笑)



インナーフェンダーやアンダーパネルはクリンビュー ノータッチでピカピカに!



水性シリコンですからしっとり仕上ります!

アームとキャリパーはブレーキクリーナーの中でも比較的マイルドなKURE ブレークリーンでお掃除。余談ですが安売り&まとめ売りのパーツクリーナーの中には強すぎてパーツを真っ白にしてしまうものもあるようですからご注意を。。。



右前も同様の作業をして本日はここまで!

ところで作業中に聴くのはやはりDISCO系ですね!

・・・というわけで、磨き祭りシリーズではしばらくDISCO CLASSICにお付き合いください!

本日はこちら↓をどうぞ!

Posted at 2013/03/25 21:38:45 | コメント(1) | F355challenge | 日記
2013年03月24日 イイね!

下回り磨き祭り #01

下回り磨き祭り #01このところ時間の余裕が無かったのですが、ようやく落ち着きましたので下回り&足回りの磨き祭りへ突入!

・・・と、その前に、、、ちょっと気になっていたプラグを点検。

PMR8Aの焼け具合はいい感じであるものの、5000㎞ほど走っていますので交換することに。

続いてダンパーを摘出!



・・・といってもTメカの作業を見守っていただけなのですが(笑)

H工場長氏から「せっかくならOHついでにショートストローク化したらどうですか?」と言われましたが、もう少し現セッティングで乗ってみたいので、オイル・シール類の交換のみで仕様変更はないこととに。

ちなみに純正バンプラバーはこちら↓。左がFront用、右がRear用です。消耗品ですから純正に拘る必要はないかもしれません(純正は割高ですしね・・・)。



さてさて、ダンパーが戻ってくるまでリジットラックに載ったままですから、これからじっくりと磨き祭りを満喫しようと思います!



話は前後しますが、しばらく動かせなくなりますので、ダンパーを外す前にちょっとだけ乗り、ついでにNewローター&Newパッドのbedding(アタリ付け)をやってみました。

余談ですが、べディングに関しては諸説ありますので、あくまでもボクのやり方ですが、最初は緩く長く減速Gが一定のブレーキングを繰り返します。速度は約100㎞→約60㎞でローター温度をそれほど上げず、10本やったらクールダウンをしっかりと。公道では後続車両へ迷惑をかけてはいけませんので、状況を見ながら一度に10本やろうとせず、乗る度に少しずつやります。

左足ブレーキのままアクセルオンで走り続ける方法は、ローター温度が急激に上がりすぎてしまい、歪みの原因になってしまいそうなのでやりません。

公道でのべディングには限界がありますので、最後はサーキットで160㎞以上から80㎞くらいへの緩く長い減速を少しずつ踏力を強めゆっくりローター温度を上げながら15本くらいこなしクールダウンもしっかりやれば完了!

今回のローターはPFCですが、前回のRDDが歪みやすいと聞いていましたので、サーキットでの最終アタリ付けはしつこいくらい丁寧にやりました。

・・・そんな感じでべディングをやりながら大黒PAでUターン。相変わらず日曜は様々クルマで賑わっていましたが、シャイなボクはそそくさと通過したのでありました(笑)

・・・というわけでこちらの曲↓を聴いちゃいましょうか!

Posted at 2013/03/24 16:11:16 | コメント(2) | F355challenge | 日記

プロフィール

国産・輸入車を問わず運転して楽しいクルマが好きです 2001年から大井貴之選手にそれまでの自己流の滅茶苦茶なドライビングを修正して頂こうと基礎から習い始...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

245 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) フェラーリ F355 (クーペ)
'98 F355challenge 95年に一台目のF355berlinettaを新車 ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
'16 G350d。前車'15 G350BlueTECを8か月で22,000㎞走破し、と ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
2台目となる981素Boxster。 718 Boxsterを試乗し確かに良いクルマだ ...
ホンダ モンキー ホンダ モンキー
以前からずーーーーっと欲しいなぁ~と思いつつ、でも買ってどうするの?乗るの?等々考えると ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.