• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

高山の(秋)山さんのブログ一覧

2019年06月10日 イイね!

雨も降らず、さほど暑くなくて良かった「20世紀車ミーティング」イベントれぽ

雨も降らず、さほど暑くなくて良かった「20世紀車ミーティング」イベントれぽ昨日は日本自動車博物館で開催された、「20世紀車ミーティング(20CCM)」に参加しました。














朝7:00少し前に家を出発、東海北陸道&北陸道を走り、現地に到着したのは9:30頃でした。



途中、飛騨トンネル手前まで小雨だったので心配しておりましたが、現地は曇りでした。



到着したら、黒い水平線さんが先に到着し、スカイライン同士で並べるとの事でした。



私はいつも通り、プラモも展示しました。









するとRF-4さんのカローラGT到着、4A-G同志で並べました♪








ただ、コンパクト~ミドルクラスセダンの参加が少なくて少し寂しかったですね…





その後、10:00過ぎに開会式、そして会場の参加車両を色々見て回りました。









このスープラとGT-Rはオリジナル状態を守ってるそうで…










このZはR32オーテックバージョンのRB26…つまりノンターボを搭載してるそうです。











このセンチュリーはV12→直6のJZ系ターボエンジンに換装してるとか…








しかしこの辺の’90年代車もイベントに出られる様になったんですね~!!







これはZ32の「ZEEK」チューンだそうです。








三菱ディグニティのヒュンダイ版「エクウス」なんてレアなのもありました。








これは「タケオカ自動車工芸」という、富山のR41沿いにある小さなメーカーのミニカーですが、高齢者には向いたクルマという感じがします。「免許を返納したいけど、自動車がまだまだ生活に必要だから…」という人が使うとかね…







その後、昼食でカレー弁当を食べ、博物館内を回ってみました。







このクルマの姉妹車も参加してるんですが… そっちは更にレアだしwww











個人的にはこの辺のトヨタ車がやっぱり好きですね💛











しかし、ジオット・キャスピタのホイールがRAYS製だったとは… RAYSといえば「TE37」のイメージが強いですね~








この一つ目小僧っぽい「フジ・キャビン」も結構好きなんです。しかしコスト削減の為に左側ドアが前期型では付けられてなかったり(これは後期型)、ワイパーが手動というのは…(汗)










このフェアレディ1500は3シーター、しかもリヤは横向きというレアなモデルです。












この2台は我が家にあった愛車と同じクルマです。ミニカの頃は生まれてませんでしたが、ランサーの頃は生まれておりました。 …けど、小さかったので記憶にない…








15:00になり、閉会式と人気投票による授賞式が行われました。












受賞したのはこの3台に加え、上のヒュンダイ・エクウスでした。





そして解散し、私は以前某書で気になってた場所へ行ってみました。













ここは森の奥にこの建物があるハズなんですが、草が多すぎて入りませんでした。






これはその隣にあった建物です。こちらにも中には入っておりません。









…そして、金沢市内に買い物に寄り、帰宅したのは18:30頃でした。


参加された皆さん、お疲れ様でした!!
Posted at 2019/06/10 21:11:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | ヒストリックカー | 日記
2019年06月09日 イイね!

イベントから帰ってきました!!

イベントから帰ってきました!!本日、小松の日本自動車博物館で開催されたイベントに参加しました。

レポートは明日アップします。


それでは参加された皆さん、お疲れ様でした!!

Posted at 2019/06/09 20:46:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヒストリックカー | 日記
2019年05月30日 イイね!

クルマ好きが最新型車よりも旧型車を選ぶのは…?

クルマ好きが最新型車よりも旧型車を選ぶのは…?燃費も安全性も最新車が上! それでもクルマ好きが旧いクルマを求めるワケ








…という記事を見つけました。















ただ、最近のクルマでも、クルマ好きの琴線に触れるクルマもあるんですけどね…







この本文の中に書いてあったのは…


・見た目がレトロ

・フィーリングがダイレクト

・オンリーワン感が強い




…とありましたが、私はそれ以外にも…



・MT車の設定が多かった

・車種が今よりも豊富




…というのがあると思います。













例えば新型スープラですが、後日追加予定なのかもしれないけど、今の所MT車
設定が無いですからね… 先代のA80型には最初からあったのに…











あと、マークⅡにしても…

・コロナマークⅡ(初代・2代目) → コロナマークⅡ(3代目)+チェイサー → (コロナ)マークⅡ(4代目~8代目)+チェイサー+クレスタ → マークⅡ(9代目)+ヴェロッサ → マークX → 消滅(予定)

…という感じで、最初は1車種だったのが2車種に増え、そして3車種に、また2車種になってから1車種に戻り、結局消滅してしまうという運命ですから、これも車種削減の一環となったのでしょう。











これからはクルマも電動化に向かう途中ではありますが、たとえ全車種がEVになったとしてもクルマ好きをある程度満足させるクルマはあって欲しいなと思いますね。もしかしたらその頃にはクルマ好きはグッと減ってしまってるかもしれませんが…
Posted at 2019/05/30 20:37:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | ヒストリックカー | 日記
2019年05月26日 イイね!

一目見たら忘れない!? インパクトのあるデザインのクルマたち…

一目見たら忘れない!? インパクトのあるデザインのクルマたち…一目見たら忘れない!? インパクトのあるデザインのクルマ3選









…という記事を見つけました。



この記事では、ランチア・テージス、ルノー・アヴァンタイム、シトロエンSMといったクルマを紹介していましたが、個人的には…













BMWイセッタやハインケル・トロージャン…







それにメッサーシュミットといった、いわゆる「バブルカー」ですね。








日本車だとフジ・キャビンでしょうか…




これらは庶民のアシとなるべくして生まれたクルマたちなのですが、今見るとかえって新鮮に、そして魅力的に見えます。




ただ惜しいかな、年々厳しくなっていった安全基準に適合しないクルマばかりの為、このままのカタチでは作れないのが残念です。それにこんなクルマたちで高速を走るのはツラいだろうし…(汗)


Posted at 2019/05/26 21:31:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | ヒストリックカー | 日記
2019年05月22日 イイね!

自動車大国・日本には無かった「スーパーカー」になるハズだった… 童夢・零とP-2

自動車大国・日本には無かった「スーパーカー」になるハズだった… 童夢・零とP-2童夢・零の後継として1979年に発表された「P-2」について書かれた記事を見付けました。











当時の私はまだ幼い頃であり、このクルマの存在を知ったのは小学6年生頃だったかと思います。行きつけの玩具店にあった童夢・零のプラモでしたね。



しかもその頃は「零」も「P-2」も全く同じクルマで、単なる色違いだけかと思っておりました。










当時は「スーパーカー」といえばイタリアをはじめとする海外メーカーばかり…自動車大国であるハズの日本にスーパーカーが無いのはもどかしく思っていました。


零もP-2も市販化されなかったのを知ったのもその頃… ますます残念に思いましたね。









トヨタからミッドシップのMR-2が出た時は嬉しかったものの、フェラーリやランボルギーニみたいなV8とかV12とかの大排気量ではなく、1600の4A-G…








平成になってからはホンダNSXが出て、「これぞ日本のスーパーカーだっ!!」と喜んだものの、その前年に出たZ32から280PSの自主規制が…


やはりフェラーリとかの300PSオーバーのパワーに比べて物足りなさを感じましたね。




そしてようやく日本車が280PSを突破したのは2004年になってから… しかもホンダ・レジェンドというセダンだったのが意外性を感じたのは私だけではないでしょう(苦笑)。












その後、R35型GT-Rとかのモデルが480PSだとかの280PSを遥かに超えるパワーで出てきた時は「遅すぎるよ…」と思いましたね。








零もP-2も実車にようやく会えたのは2年ほど前でしたが、この2台を見るとそんな事を思い出すのでした…


Posted at 2019/05/22 18:09:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | ヒストリックカー | 日記

プロフィール

「『氷菓』の武本康弘監督も亡くなった事が分かったそうです。残念でなりません…」
何シテル?   07/21 08:25
カリーナGT(AT210前期型)の痛車に乗っております(現在はマグステ)。 プラモデルも気が向いた時に作っています。 ミニカーを1990年頃から23...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

31年続いた伝統に幕引き。スポーツセダン『GT』も登場した7代目トヨタ・カリーナとは  
カテゴリ:自動車に関する情報
2018/12/21 16:19:56
 
神山高校応援部 
カテゴリ:氷菓関連
2013/04/06 17:04:19
 
神山高校文化祭 
カテゴリ:氷菓関連
2012/11/17 21:00:58
 

愛車一覧

トヨタ カリーナ トヨタ カリーナ
カリーナGTでは少ない痛車です(主にマグステによるけいおん!とCLANNAD仕様ですが普 ...
スズキ エブリイ スズキ エブリイ
PAベースの岐阜県限定車(パワーウィンドー、CDステレオ、プライバシーガラス付き)
ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
大学を卒業して初めて購入したクルマです。 NA・5MTでしたが、車重が重くて峠道はツラか ...
トヨタ RAV4 J トヨタ RAV4 J
父の所有のクルマでした(旧豊郷小学校にて)。 しかも稀少な5MT車。 今後は義兄に譲 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.