• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

フィー.の"みどり" [マツダ ロードスター]

NB8C前期 ヘッドカバーガスケット交換

カテゴリ : エンジン廻り > エンジン > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2015年04月26日
1
ヘッドガスケットじゃなくて、ヘッドカバーのガスケットね。ヘッドカバーが乗っかってるラバーのシールの交換。

というのも、前々から気になってたのが、ブロックとミッションあわせ面のこのオイル漏れ。10中8,9、こっちじゃなくてもっと嫌な方から漏れてる気はしてたのだけど、一応先に簡単なこっちを交換して様子を見てみようかな、って。

必要な部品は
 BP05 10235C : ガスケット,ヘッドカバー \2700
だけ。今回はついでにPCV周りも交換したので追加で
 E301 13338A : シール,ラバー \259
 B541 13890A : バルブ,PCV \1630
 BP4W 13895 : ホース,PCV \410
も追加。

作業自体はとっても簡単。こんな延々書いてるのが本来おかしい。 一般的な工具と、あとシリコンスプレー、液体ガスケットがあればおk。
2
ということで、ちゃきちゃきっとバラす。
ものぐさぶきっちょな自分でもできるぐらい簡単作業。

固定のボルトは
 ・赤○ M6 11本
 ・緑○ M8 2本
あとヘッドカバーに引っ付いてるのが
 ・水○ M6 2本 : ハーネスステー
 ・青□ ブリーザー系ホース 2本
 ・緑□ カムパルスセンサー ハーネス

とりあえずはこれを全部外せばよい。

あと、プラグ天面のプラグコードは上に引っ張れば普通に抜ける。2枚目に写ってるコイル側はそのまま、脇にのけるイメージだけど、最初にやると邪魔だから、ボルト緩めてからでも良いかも。

あと、2枚目画像の紫○ ハーネスのクリップは○のツメを画像の手前に引いて上に抜けばおk。
3
PCVバルブは引っ張ると普通に抜ける、はず。 ただ、張り付いてることもあって、気をつけないとバルブが二つに割れることもあるみたい。
自分は新品交換なので、インマニ側も外す。こういう時は一回回転方向にネジって、張り付きを剥がしてから抜くと抜きやすい感じ。

下の画像のM8は、ショートのソケットだとラチェットが当たるし、ショートのエクステ付けるとカウルトップに工具が当たるの。せつないね。 あとこっち側はハーネスステーも共締めなので注意
4
これであとはヘッドカバーを外すだけ。
カバーが張り付いて外れないときは、こんな感じで境目にマイナスドライバーを突っ込んで、テコの原理で持ち上げてあげればいい。

それにしても、何度見てもこの型合わせ面のバリ、気になるなぁ・・・最新のSkyactiv系のエンジンも全部こんな感じでバリ出てるんだよね。

別にオイルフィルターの上流だから、問題ないっちゃ問題ないんだけど・・・作業中に手を切りそう。

で、改めてリア側を見て…はい残念。ちゃんとシールしてました。 というコトはオイル漏れはクランクシールの可能性が大というコトで・・・むー、さらに手間がかかるなぁ・・・
5
んで、ガスケットを交換して付け直す前に、カムホルダー脇っちょの液体ガスケットを剥がして付け直す必要がある。 1枚目赤○みたいな感じで、前後6箇所ある。

この場所はヘッドに乗っかったカムホルダーとの3部品のシール面。
普通のシール面は、カバーがヘッドに乗っかったときの高さ方向の隙間をシールできればいいけど、この部位はそこにカムホルダーのバラツキとか組付ズレとかが乗っかるから、どうしても圧縮代が偏りやすい部分。 なので液体ガスケットでそれを補ってあげるのね。

なので、まずは最初についてた分をえいやー剥がす。簡単に剥がしたのが2枚目で、ココからシール面を傷つけず綺麗に剥がすのが大変なのよね・・・

剥がした後、自分が塗った液ガスは大惨事なので写真載せない。これを綺麗にやれる整備士の人たちって、ホント尊敬するわ・・・
6
んで液ガスを塗りつけたら、乾燥するのを待っている間に、PCVバルブとそのシールも交換。 ヘッドカバー単品のほうが簡単だから。

物自体は1枚目みたいな感じで、右のシールがヘッドカバーに差し込んである。 なのでPCVバルブ自体は引っ張れば簡単に抜ける。

シールをヘッドカバーから外すのはちと難儀するケド、頑張って手前に引き抜くこと。 奥に押し込んじゃうと、ヘッドカバー裏側のブリーザーチャンバーを分解しないと99%取れないから。 ask me how I know...

差し込むときは、念のためシリコンスプレーを噴いて押し込めばおk。例によってCRCは禁手ね。
7
あとは逆順で組めばおk。

注意することがあるとすれば、M6ボルトを締めていくときの順序。 ガスケットが捩れるのを避けるために、ヘッドカバーのど真ん中のボルトから順番に、だんだん外側のボルトを締めていくようにする。 締結トルクは5.0~8.8Nmね。

逆に外側から締結しちゃうと、左右から押し込まれたガスケットがど真ん中で捩れるから、オイル漏れの原因になったりする。

あと、プラグコードはちゃんと綺麗に並べないとカッコ悪い、気がする。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

デポジットクリーナーによる燃焼室洗浄

難易度:

エンジンオイル交換 53300km✧*。

難易度:

オイル交換。

難易度:

エンジンオイル交換 (Castrol EDGE 5W-30)

難易度:

オイル交換

難易度:

エンジンオイル交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

※書いてあることは妄想だからね。信憑性なんて知らないよ?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

487 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター みどり (マツダ ロードスター)
1/1おもちゃ。なのであえてVS。あえて渋い外装色(笑
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.