• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Toshirb25deのブログ一覧

2018年04月22日 イイね!

0422 SUPER FORMULA Event Report

Posted at 2018/04/22 19:36:14 | 日記
2018年04月22日 イイね!

2018 Japanese Formula 3 Round 1 SUZUKA

Posted at 2018/04/22 18:31:17 | 日記
2018年04月22日 イイね!

2018 Japanese Formula 3 QualifyingPractice SUZUKA

Posted at 2018/04/22 18:30:23 | 日記
2018年04月22日 イイね!

2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦 決勝結果表

WEATHER: Fine COURSE : Dry 国際レーシングコース 5.807Km
Pos. No. Driver Team/Type Laps Total Time Delay Gap Best


1 16 山本 尚貴
Naoki Yamamoto TEAM MUGEN SF14
Honda HR-417E 51 1:29’25.365 198.71km/h 1’42.678
2 19 関口 雄飛
Yuhi Sekiguchi ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14
TOYOTA R14A 51 1:29’27.085 1.720 1.720 1’42.803
3 5 野尻 智紀
Tomoki Nojiri DOCOMO DANDELION M5S SF14
Honda HR-417E 51 1:29’39.082 13.717 11.997 1’43.197
4 1 石浦 宏明
Hiroaki Ishiura JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14
TOYOTA R14A 51 1:29’41.246 15.881 2.164 1’42.543
5 65 伊沢 拓也
Takuya Izawa TCS NAKAJIMA RACING SF14
Honda HR-417E 51 1:29’56.272 30.907 15.026 1’43.890
6 17 塚越 広大
Koudai Tsukakoshi REAL SF14
Honda HR-417E 51 1:29’56.650 31.285 0.378 1’42.360
7 3 ニック・キャシディ
Nick Cassidy ORIENTALBIO KONDO SF14
TOYOTA R14A 51 1:29’57.940 32.575 1.290 1’43.797
8 36 中嶋 一貴
Kazuki Nakajima VANTELIN KOWA TOM’S SF14
TOYOTA R14A 51 1:30’06.832 41.467 8.892 1’43.847
9 4 山下 健太
Kenta Yamashita ORIENTALBIO KONDO SF14
TOYOTA R14A 51 1:30’10.792 45.427 3.960 1’43.261
10 18 小林 可夢偉
Kamui Kobayashi KCMG Elyse SF14
TOYOTA R14A 51 1:30’12.987 47.622 2.195 1’44.204
11 37 ジェームス・ロシター
James Rossiter VANTELIN KOWA TOM’S SF14
TOYOTA R14A 51 1:30’14.725 49.360 1.738 1’42.235
12 6 松下 信治
Nobuharu Matsushita DOCOMO DANDELION M6Y SF14
Honda HR-417E 51 1:30’15.535 50.170 0.810 1’44.182
13 2 国本 雄資
Yuji Kunimoto JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14
TOYOTA R14A 51 1:30’35.845 1’10.480 20.310 1’43.992
14 50 千代 勝正
Katsumasa Chiyo B-Max Racing SF14
Honda HR-417E 51 1:30’38.552 1’13.187 2.707 1’44.408
15 8 大嶋 和也
Kazuya Oshima UOMO SUNOCO SF14
TOYOTA R14A 51 1:30’54.702 1’29.337 16.150 1’44.429
16 7 ピエトロ・フィッティパルディ
Pietro Fittipaldi UOMO SUNOCO SF14
TOYOTA R14A 50 1:30’57.304 1Lap 1Lap 1’44.944
17 64 ナレイン・カーティケヤン
Narain Karthikeyan TCS NAKAJIMA RACING SF14
Honda HR-417E 48 1:30’53.274 3Laps 2Laps 1’43.702
以上規定周回数完走
– 15 福住 仁嶺
Nirei Fukuzumi TEAM MUGEN SF14
Honda HR-417E 32 58’24.576 19Laps 16Laps 1’43.011
– 20 平川 亮
Ryo Hirakawa ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14
TOYOTA R14A 24 42’41.258 27Laps 8Laps 1’43.578

規定周回数:45
Posted at 2018/04/22 18:24:19 | 日記
2018年04月22日 イイね!

山本尚貴からくも逃げ切り。2年ぶり優勝をポール・トゥ・ウィンで飾る

motorsport.com



2018シーズン開幕戦鈴鹿の決勝は、山本尚貴(TEAM MUGEN)がポール・トゥ・ウィンを達成した。


2018シーズンの開幕戦鈴鹿の決勝レースが行われ、山本尚貴(TEAM MUGEN)が逃げ切り、2年ぶりの勝利をポール・トゥ・ウィンで飾った。

 今季から2スペックのスリックタイヤが導入されたスーパーフォーミュラ。鈴鹿サーキットの気温は26度、路面温度40度と週末を通して一番暑いコンディションとなっただけに、各チームはスタートタイヤの選択に頭を悩ませた。

 結果、グリッド上位6台はミディアムタイヤを装着。ソフトタイヤを装着した中では、7番手の中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が最上位だ。後方では、挽回を狙いソフトタイヤを選んでスタートするマシンが多かった。

 レッドシグナルが消えると、ポールポジションの山本が好スタートを見せホールショットを獲得、2番手にチームメイトの福住仁嶺が続く。3番グリッドの野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は後方に沈み、代わって伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)が3番手につけた。

 しかし伊沢の後方につけていた塚越広大(REAL RACING)は、オープニングラップの日立オートモティブシステムズシケインでしかけオーバーテイク。3番手に浮上するとそのまま福住にも追いつき、3周目の1コーナーでアウト側から豪快にかぶせ追い抜き完了、2番手となった。

 後方では、ソフトタイヤの国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)が9番手から5番手までポジションを上げた。

 1分42秒台のハイペースを見せる塚越は、トップの山本すら射程圏に捉える。6周目のバックストレートでオーバーテイク(OT)ボタンを押す山本に迫るも、シケインのブレーキングで突っ込みすぎたか、オーバーテイクはできなかった。

 8周目には、メインストレートでお互いOTボタンを押し合う展開。山本は巧みに塚越を抑え込み、リードチェンジを許さない。一方、3番手の福住はふたりの7秒後方。さらにその2.5秒差の4番手の伊沢以降、12番手ニック・キャシディ(KONDO RACING)は1秒以内のギャップで続く大集団だ。

 最初にピットへ動いたのは、8番手の山下健太(KONDO RACING)。12周終わりでソフトからミディアムタイヤにスイッチした。対して、集団の中でペースが苦しいのか、野尻が平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)に、松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がニック・キャシディ(KONDO RACING)に先行を許してしまう。

 その松下は15周終了時点でピットに入り、ソフトからミディアムへ。すでにピットに入った山下の後ろでコース復帰した。その翌周から、キャシディや小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)、千代勝正(B-Max Racing team)がピットイン。ソフトタイヤスタート勢が続々とピット作業を行っていく。

 レース序盤に山本を攻めていた塚越は、19周終わりでピットインしソフトタイヤに交換。ソフトタイヤでは30周以上を走行するのは厳しいと考えられるため、2ピット作戦の可能性が高まった。戦略を遂行すべく、ピットを出た塚越はここでも1分42秒台のラップを記録していく。

 24周終わり、ソフトタイヤスタート勢の中で最もピット作業を遅らせていた関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がピットイン。ミディアムタイヤに交換してコースに復帰するが、後方からはすでにタイヤが暖まっている平川が急接近した。

 すると、平川はヘアピンで関口のイン側に飛び込むが、関口も順位を死守するためブロック。その結果、平川が関口のマシンに乗り上げてしまうような形となり、チームメイト同士で接触してしまった。平川はそのままグラベルでマシンを止めてしまった。関口のマシンは走行を継続、直後に1分43秒台のタイムを残しており、幸いダメージはあまりなかったようだ。

 29周終わりで、ミディアムタイヤで走行を続けていた野尻がソフトタイヤに変更。その翌周には伊沢もピットへ。しかしここで作業に少し時間がかかってしまい、野尻に逆転を許してしまった。彼らに続き、ミディアムタイヤスタート勢も徐々にピットサイクルに移っていく。

 2番手の福住は30周終わりでピットイン、関口の後ろでコースに戻るもまさかのスロー走行。マシンにトラブルを抱えているようで、なんとかピットに帰り着いた福住だが、ガレージにマシンを入れてしまった。

 一方、31周終わりでピットに入った山本。34周終わりで塚越が2度目のピット作業を行ったことで、事実上のトップに復帰した。2番手には4秒後方に一番最初にピットに入った山下、トップから10秒差の3番手に関口というトップ3だ。

 好ポジションにつけていた山下は、12周終わりという早い段階でピットに入っていたため、37周終わりで再度ピットイン。ここでソフトタイヤを装着し、14番手でコースに復帰した。これで関口が2番手、3番手以降は野尻、石浦、伊沢という序列だ。

 2ストップ戦略の塚越は41周目にキャシディをパスし、7番手に浮上。さらにペース良く前の国本に迫った。しかし、その国本は42周終わりにピットに入り燃料給油、13番手に後退した。

 10秒差でトップに立っていた山本は、タイヤが厳しいのかペースダウン。徐々に2番手の関口が近づいていく。

 その差はファイナルラップで2秒近くまで縮まるが、山本は残っていたOTボタンをプッシュ。関口より1.720秒早く、トップでチェッカーを受けた。

 2位の関口はソフトタイヤを上手く使いこなし、14番手から大きくポジションアップ。表彰台に上がった。3位にはスタートで出遅れたものの、その遅れを取り戻した野尻が獲得した。

 4位は現王者の石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)、5位伊沢の後ろには、2ストップ戦略の塚越が入っている。7位はキャシディ。昨年の開幕戦ウイナーである8位中嶋までがポイント獲得となった。

 なお関口との接触の件で、平川には次戦3グリッド降格ペナルティが科せられている。
Posted at 2018/04/22 17:23:42 | 日記

プロフィール

「ニュルブルクリンク24時間レース 霧の為、赤旗中断。」
何シテル?   05/13 19:05
モータースポーツの結果をメインにアップしています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

その他 17バイシクル その他 17バイシクル
アルミフレームの神、ここに降臨。 完成車重量(サイズ56) CAAD12 105   ...
フェラーリ 348 フェラーリ 348
諸事情により手放すことになりました。
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
M Power堪能しました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
・・・。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる