• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

せっきぃ(555のブログ一覧

2011年05月05日 イイね!

本田宗一郎杯 第11回 ホンダ・エコノパワー燃費競技全国大会その2

本田宗一郎杯 第11回 ホンダ・エコノパワー燃費競技全国大会その21991年9月23日に開催されたエコランの全国大会(決勝)です。

天気は晴れ。気温28.0℃
周回数は5周(27.23615km)。
規定速度は25km/h 規定時間 3922sec。


ウチの車、後方視界にちょっと不安があったんですけど、決勝の車検も無事通過。
alt


決勝に備えウォーミングアップ

alt


全国大会決勝ともなればF1マシンも展示されます。
alt

前年のチャンピオン、アイルトン・セナのマクラーレンMP4/5Bです。
alt


当時のボクも一緒にパチリ(^^ゞ
alt


ウチは1990年のティレルを模したカラーでしたが、マクラーレンを模したカラーも多くいました。
alt


これもそうかな?
alt


なかにはこんな車もw
alt

alt


こちらはグループIIIの優勝車。
alt

記録は1122.12km/L。ここの学校は1-2-3を独占でした。
そりゃTVカメラも追いかけますね。

力走するウチの車。
alt

ちなみにウチの車は翌年、第12回大会のプログラムに写真が使われました。

そして無事にゴール!
alt

alt


グループIIIの完走は56台。
ウチの学校の成績は329.27km/Lで23位でした。
alt

 
この大会、「本田宗一郎杯」と名前が付くだけあって、毎年本田宗一郎氏が来場していたんですよね。
alt

残念ながらこの第11回大会の前に亡くなられて、ボク達が目にする機会はありませんでした。


あれから20年・・・。
今年は31回大会になります。
ボク達が参加した11回大会の総合優勝記録は1461.05km/Lですが、
昨年の記録は3021.720km/Lと飛躍的に伸びています。
(レコードは2001年、21回大会の3435.325km/L)

どこまで記録が伸びていくのか楽しみですね。
Posted at 2011/05/05 17:37:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | エコラン | 日記
2011年05月04日 イイね!

本田宗一郎杯 第11回 ホンダ・エコノパワー燃費競技全国大会その1

本田宗一郎杯 第11回 ホンダ・エコノパワー燃費競技全国大会その11991年9月22日に開催されたエコランの全国大会(記録会)です。

場所は茨城県つくば市の日本自動車研究所 高速周回路。
40代以上の車好きな方には「谷田部」と言った方が通りが良いかも知れませんね。
自動車雑誌等で有名なバンクが付いたオーバルコースです。

前年まで埼玉県の桶川で開催されていましたが、この年からつくばに場所が移りました。
(現在はツインリンクもてぎ で開催されています。)

従来は決勝前日に行われる記録会で200km/Lを超えないと足切りが行われていたのですが、
開催場所が広大な施設に移った事から、全車決勝へ出走できる様になったと聞いています。

当時の区分は・・・
グループII (スペシャルクラス)・・・一般参加者
グループIII (ハイスクールクラス)・・・高等学校
グループIV (カレッジクラス)・・・大学校・短期大学校
グループV (エキスパートクラス)・・・専門学校(各種専門学校・高等専門学校)
に分けられていました。

グループIIIには84台がエントリーしています。

9月22日は記録会で、晴れ。気温は27.0℃
周回数は2周(10.85486km)。 規定速度は25km/h 規定時間 1563sec。

車検の様子です。
alt

合格するとステッカーが貼られます。
alt

各種メディアのチームも参加しています。(写真はTBS「ビッグモーニング」チーム)
alt

他にも「サンデープロジェクト」とか「ズームイン朝!!」とか「ニュースステーション」といった名前がエントリーに見られました。

セーフティカーはNSX。
alt

alt

前年に発売されたばかりなので、注目度は高かったですね。

ノーマルのNSXもビートと一緒に展示されていました。
alt
ビートはこの年に発売されたばかりなので、どちらも人だかりができています。

15時22分19秒 記録会スタートです。
alt

スタートするとドライバー以外はする事が無く、また1周が長いのでひたすら待ちに徹します。
この頃は携帯電話も無いのでドライバーとのやりとりはトランシーバーを使ってました。
alt

alt

alt

15時49分07秒 2周をトラブルなくゴール。
alt

この日のウチの記録は286.86km/LでグループIIIの29位でした。
alt

alt


決勝の様子はまた後日・・・。
Posted at 2011/05/04 23:28:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | エコラン | 日記
2011年05月04日 イイね!

東北エコノパワー記録会@1991

東北エコノパワー記録会@19911991年9月8日に開催されたエコラン東北地区記録会の様子です。
毎年5月と9月上旬に記録会が開催されていました。
(’90年は非公式の記録会が10月下旬にありました。)
 
場所は山形県警運転技能指導コース。
1周740mを15周。
平均時速20km/h以上、33分22秒以内でゴール。
正式な大会では1秒でもタイムオーバーすると記録には残りません。
全国大会では平均時速25km/hです。

他地区は大会として開催されているそうですが、東北地区は参加チームが少ないため“記録会”扱いとなり賞典はありません。
9月下旬に開催される全国大会へ向けて調整やテストの場といった感じでしょうか。
ちなみに東北地方以外からの参加もOKです。

初めて製作した’89年の車は、大きめの角パイプを溶接したラダーフレームにスーパーカブのエンジンを載せてベニヤ板でカウルを貼った作りでした。
ステアリングを右に切るとタイヤが左を向いたりといった失敗もありました。(^_^;)
タイヤも普通の自転車のタイヤを使っていました。
何せ予算が余りにも少なかったので・・・。
その割には初参加となった’89年秋の記録会でソコソコ良い176.2km/Lを記録しました。

調子に乗った2年目の1990年は大きくつまづいた年でした。
空気抵抗を減らそうと、フルカウルの車を作ったのですが、大きく重い車になってしまい成績は振るわず・・・。
この年のモデルは4人で持っても重いと感じる車でした。
予算と経験のある所はFRP製のカウルを作るのですが、ウチはフレームとなる角パイプこそ小さくなりましたが、カウルはトタン板貼りでした。
成績は’90年の5月の記録会で1回目が154.6km/L、2回目が150.3km/Lで、記録会を主催しているホンダ二輪東北の方には「ノーマルのスーパーカブの方が走る」とまで言われてしまいました。
その後、軽量化と各種の抵抗(転がり、摩擦、空気等)を減らす努力を重ねて、この年の10月下旬に行われた非公式の記録会では190km/L代を記録。

そして91年モデル。
alt

フルカウルは諦め、角材にトタンを張って剛性を確保し使用する角材を減らしたり、
タイヤには高価な競技用自転車の細くて軽い物を使用。
ステアリング部分にはピロボールを使って摩擦抵抗を減らしたりと、過去2年の経験から軽量化と各種抵抗の低減を主に製作しました。
エコランと言えどモータースポーツ。良い成績を出すのはそれなりの経験とお金が必要なんです。

なんて書くとカッコイイですが、図面を引いたのは顧問の先生で、ボクら部員はその図面を基に旋盤を回したり溶接したりと、必要なパーツの製作をやってました。
ちなみにこの車は2人で持ち運びが出来ました。(力自慢の後輩は一人で持っていたなぁ。)

コクピットはこんな感じです。
alt

サイクルコンピュータにセル・キルスイッチと至ってシンプル。
左に見える紙は、規定の平均時速20km/hで走る為の必要タイムが15周分記入されています。

こちらは夏休みに製作した2号車。
1号車のリザーブドライバーであるボク(と期待の1年生)の愛車になります。
alt

1号車がコンパクト過ぎて乗り手を選ぶ車(ボクが乗るには背もたれ部分をカットした専用シートに交換)になってしまった為に、1号車比で+50mmの“ワイドボデー(byトヨタ)”になっています。

コクピットはこんな感じです。
alt

ちなみに予算が無いため、2号車は1号車より安いパーツで出来ています。車輪のカバーもありません。
例えるならガンダムに対するジムの様な感じでしょうか?

記録会はホンダ二輪東北が主催していますが、当日の進行は各出場チームの人がサポートしています。
alt

模造紙にマジックで手書きの表示が時代を感じさせます。

ちなみにこの日の1回目の走行は以下の通りでした。
ゼッケン2(2号車) 177.03km/h
ゼッケン3(1号車) 235.21km/h

ゼッケンNo.は当日の受付順。
ウチの1st.ドライバーが大ファンの中嶋悟のカーナンバー3にあやかって、狙って#3を取りに行きました。

ボクはこの日がデビュー戦。
alt

タイムを計測する後輩が計算を間違えたため、周回の度にサインボードにペースアップの指示が出続け、かなり速いラップタイムを刻んでしまいました(ーー;)

2回目の走行の記録は・・・写真に収めていませんでした(-_-;)

以下は2回目となる午後の走行会の様子。
alt

2号車は1年生のK君に交代。
今後の2年間を担う期待の後輩です。
alt


alt

ウチの車はスーパーカブのマフラーをそのまま使用していました。
過去に小径パイプを用いた直管マフラーも試しましたが、騒音が物凄くて・・・。ノーマルは重量で不利ですが、効率の良さはピカイチです。

alt


2回目走行のゴールシーン。
alt

ガッツポーズなのは、エンジンを切り惰性の状態で上手くゴールに到達したため。
実は1回目の走行ではゴールライン直前で停止してしまい、エンジンを再始動させねばならず余計なガソリンを消費したのです。

*エコランでは常時エンジンを回しているわけではありません。
エンジンを掛けてある程度速度を出したらエンジンを切って惰性で走行し、速度が落ちてきたらエンジンを掛けるの繰り返しです。
これで平均時速20km/h以上のタイムで周回を重ねます。
Posted at 2011/05/04 00:37:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | エコラン | 日記
2011年05月02日 イイね!

宮城県石巻工業高校 自動車部@1991

宮城県石巻工業高校 自動車部@1991昨日のブログで勿体ぶって文化部としか書かなかった、ボクの高校時代のクラブ名は表題の通りです。

何故20年も経ってこの話ってのは、10年以上前に無くしていた'91年(高3)当時のアルバムとビデオが
実家で見つかったからです。(^^ゞ

大学ならいざ知らず、高校の自動車部って何?って感じでしょうか。
「よろしくメカドック」12巻に入っている話ですよって言っても分かる人は少ないですね。

簡単に言えば、ガソリン1リットルで何km走れるかを競う燃費競技に参加していました。
ボクらは「エコラン」って言ってましたが、「エコパ」って呼んでる人もいますね。
現在の時代ならば、普通高校でもやっている程メジャー(?)な競技です。

ボクが高3当時で、部活に毎日顔を出していたのは1~3年生を合わせても10人に満たなく、
顧問(担任でもありました)の先生も25歳と青臭くも血気盛んで、和気あいあいながらも程良く締まった小所帯のチームでした。

そんな訳で、たとえ工業高校といえど校内でも認知度は低く、
県外で開催される大会に参加する許可を得るため、校内の先生方にハンコをもらいに行くのですが
教頭先生からは「日曜日に何で顧問の先生が2人必要なんだ?」と簡単にハンコをもらえなかった事もありました。(競技車両を運ぶトラックと部員を乗せて移動する車を運転するため最低2人の先生が必要)
ボクに言わせれば「技術を競う場に何で工業高校が参加しないんだ(怒)」って感じでしたが。
(1990年の秋の話です。’91年度の教頭先生は別の方ですので!)

他にも自動車部に回す予算があるなら、もっとウチに回せと言った運動部の顧問もいたな・・・。

それでも地道な活動が実り、'91年の秋には地元紙の記事に載せてもらえる程になりました。

大会の模様はまた後日・・・。
Posted at 2011/05/02 23:56:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | エコラン | 日記

プロフィール

「さあファイナル、いざ約束の地へ!
行くぞ がんばっぺ Wake Up,Girls!」
何シテル?   03/08 17:28
WRX STI A-lineをプレミアムパッケージwithサンルーフ、非ブレンボで乗る甘口スバリストです。 自身7年ぶり、3台目のインプレッサとなりますが、つ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

フォロー・フォロワーの詳しい説明がみんカラサイドから返事が有りました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/20 21:41:50
3M / 住友スリーエム ハイタック両面接着テープ 9708 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/05 14:12:45
梅雨明けはまだか、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/25 20:56:17

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
約7年ぶりにスバルユーザー復帰。 今回も月刊自家用車「私もX氏」に採用されました。 エ ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
ブリリアントスカイメタリックに惚れて’09年3月に購入しました。 その際の値引き額は月刊 ...
プジョー 1007 プジョー 1007
コンパクトな車体に両側電動スライドドア、パドル付きの5速AMT、ツインサンルーフ、内装の ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
GD9との蜜月に突然のピリオド。 既に2.0LのNA車はカタログ落ちしており、仕方なく即 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.