• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

せっきぃ(555のブログ一覧

2016年10月10日 イイね!

GP CAR STORY Vol.17 Lotus 99T

GP CAR STORY Vol.17 Lotus 99T10月7日発売のムック本でしたが本日購入です。

日本にF1ブームを巻き起こした“F1元年”と言える1987年のロータス・ホンダ 99T。

当時中学2年生だったボクもタミヤ模型のプラモデルを作ったなぁ・・・(遠い目)
あれから30年が経とうとしているのか^^;

誌面では桜井淑敏氏インタビュー記事に出ていた“「JPS ロータス・ホンダ」の予想図”が胸アツでした。
このカラーリングのロータス・ホンダも見てみたかったな~。
Posted at 2016/10/10 18:41:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | F-1 | 日記
2016年05月01日 イイね!

22年

22年今日、5月1日はあの日から22年・・・。

Posted at 2016/05/01 22:53:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | F-1 | 日記
2015年12月09日 イイね!

GP CAR STORY Vol.14 Tyrrell 022

GP CAR STORY Vol.14 Tyrrell 022昨日発売のムック本「GP Car Story ティレル022・ヤマハ」を会社帰りに買ってきました。

“カミカゼ右京”の名を世界に知らしめた1994年シーズンのF1カーです。

鮮烈な速さと脆さのイメージが強い022ですが、数字で見る022の実力と題したコラムでは、「予選スーパーグリッド」と「完走率」で022を評していました。
それによればスーパーグリッドでは片山右京10位(平均11.25位)、マーク・ブランデル11位(平均12.56位)。
完走率34.3%で全14チーム中のブービー。
*最下位のパシフィック、完走率37.5%で12位のシムテックはシーズン中に消滅しているので、実質最下位でした(-.-)

リタイアが多いなというのは記憶の通りでしたが、1年間の予選結果から算出したスーパーグリッドでは意外と大した事がなくてビックリです。

それだけ片山右京選手がハマった時の走りが凄かったという事でしょうね。
ドイツGPでの予選5位スタートから2位を走行したシーンは胸アツでした!

ヤマハエンジン搭載車なら戦績はイマイチだった「ザクスピードzk891」や「ティレル021」でもプラモデル化したハセガワなのに、大活躍した022のプラモデルは出なかったんだよなぁー・・・。


Posted at 2015/12/10 00:11:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | F-1 | 日記
2015年09月28日 イイね!

GP CAR STORY Vol.13 Williams FW11

GP CAR STORY Vol.13 Williams FW11この間の仕事帰りに自動車雑誌を買いに本屋へ立ち寄った際に見つけて、
その時はスルーしたのですが、やはり気になったので購入しました。
(9月7日発売だったなんて、毎日オートスポーツwebを見ているのに気付かなかった!)

F1でホンダエンジン最強伝説の始まりとなった、ウイリアムズFW11(とFW11B)の特集本です。

1986年、87年のコンストラクターズチャンピオン、87年のドライバーズチャンピオンマシンでもあります。

ホンダエンジン搭載車は1986年から1991年までF1で6年連続コンストラクターズチャンピオン獲得と、第3期、第4期のホンダF1からすると夢の様な時代でもありました(哀)

そういえばタミヤのウイリアムズFW11のプラモデルを作ったなぁ~。

個人的にはホンダエンジンを搭載したF1マシンの中でも一番カッコイイと思う車であります(^^)
(色だけで言えば、ブラウンがスポンサーに付く前の、テスト仕様のティレル020ホンダだけどね)

写真は2008年にツインリンクもてぎに遊びに行った際に撮ったナイジェル・マンセルのFW11


残念ながら、ウイリアムズホンダがF1を席巻した'86、'87年はそれほど記憶に残って無いんデス。
F1のテレビ中継が始まったのが1987年からですもんねぇ~。

ナムコから出たファミコンの「ファミリーサーキット」ってゲームで、F1に相当するスーパーAクラスというのに、
ウイリアムズホンダを思わせるマシン(マシンタイプF,カラーはW=FW!)に乗る「マンセル」と「Nピケ」の2台がバカッ速で、これの印象が相当強いです。
スーパーAクラスにこの2台もしくは1台がエントリーしていると、シリーズチャンピオン獲得は相当キツかった・・・(>_<)



ああ、そういえば中1の時だから1986年か。
社会科の授業で先生が「F1って排気量ナンボだ?」って言って、誰も答えられなかったから、
ボクが「3,000ccです。」って答えたら、他のクラスメートに「ウソだべ、Zだって3,000ccなのに、F1がそんなわげねーべ。」なんて、しばらく嘘つき呼ばわりされたっけなぁ(-_-;)

1985年までF1は自然吸気は3,000cc、ターボは1,500ccってレギュレーションだったのが、1986年は全車1,500ccのターボエンジンに改定されたので、
ボクの答えた3,000ccは間違っていたんだけど、でも「1,500ccのターボです!」なんて自信満々に答えていたら、大嘘つき呼ばわりされていたかも・・・(ーー;)

あーあ、最後は思い出さなくても良い事まで思い出しちゃったぞ(苦笑)
Posted at 2015/09/28 23:55:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | F-1 | 日記
2015年06月23日 イイね!

GP CAR STORY Vol.12 Jordan191

GP CAR STORY Vol.12 Jordan191先週の月曜日に発売だったムック本「GPカーストーリー vol.12 Jordan191」です。

会社帰りに本屋に寄って買おうと思っていたら、先週は会社帰りの度に雨にあたり一週間経ってからの購入となりました(^^ゞ

1991年に国際F3000シリーズからステップアップし、F1へ参入したEJR改めジョーダングランプリ初のF1マシン「ジョーダン191・フォード」です。

アイルランドのナショナルカラー、グリーンとマッチしたスポンサーカラーと共に、流麗なデザインでとてもカッコイイです(^^)


当時は、タミヤのプラモデルも買って作ったな~。

日本GPでは「7up」のロゴが「PEPSI」に変わって、青い面積が増えたのにはちょっぴり残念だった(-.-)


ジョーダンといえば、カスタマーエンジンで好成績を挙げて、ワークスエンジンを獲得しては失速するを繰り返し、チームの地力が有るのか無いのか不思議なチームでした。
(ヤマハV12やプジョーV10など、未成熟なエンジンと共に苦労した面も否めないですが。)

思い返せば、ヤマハ、無限ホンダ、ホンダ、トヨタと多くの日本メーカーのエンジン供給を受けてましたね。

2000年代に入ってから成績が急降下、資金難に陥って終いにはチーム売却・・・。
ミッドランド、スパイカーを経て、フォース・インディアとなりました(ーー;)

盛者必衰とか栄枯盛衰といった言葉を感じさせるジョーダングランプリですが、
ジョーダン191のプラモデル、また作ってみたいな~。
Posted at 2015/06/24 00:28:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | F-1 | 日記

プロフィール

「ぐぅ、台風の大雨でBS11が映らなくなった・・・はねバド!最終回なのに(-.-)」
何シテル?   10/01 00:05
WRX STI A-lineをプレミアムパッケージwithサンルーフ、非ブレンボで乗る甘口スバリストです。 自身7年ぶり、3台目のインプレッサとなりますが、つ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

3M / 住友スリーエム ハイタック両面接着テープ 9708 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/05 14:12:45
梅雨明けはまだか、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/25 20:56:17
ひっそりと生産終了? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/10 21:44:54

お友達

来る者拒まず、去る者追わず。
気軽にお声掛けください。
63 人のお友達がいます
オートマのペターオートマのペター * lupin_kidslupin_kids *
TriStarTriStar * aero-centuryaero-century *
silverstonesilverstone * ソラノム・コウソラノム・コウ *

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
約7年ぶりにスバルユーザー復帰。 今回も月刊自家用車「私もX氏」に採用されました。 エ ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
ブリリアントスカイメタリックに惚れて’09年3月に購入しました。 その際の値引き額は月刊 ...
プジョー 1007 プジョー 1007
コンパクトな車体に両側電動スライドドア、パドル付きの5速AMT、ツインサンルーフ、内装の ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
GD9との蜜月に突然のピリオド。 既に2.0LのNA車はカタログ落ちしており、仕方なく即 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.