• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

せっきぃ(555のブログ一覧

2019年11月08日 イイね!

【聖地巡礼】旧上岡小学校

【聖地巡礼】旧上岡小学校11月3日に行ってきた、茨城県大子町の旧上岡小学校。

劇場版ガールズ&パンツァーの舞台でもあったので、大変楽しみでしたし、行ってみて本当に良かった場所でした。

とはいえ、下調べも無しに行ったので、着いてからスマホで聖地巡礼スポットを検索。

以下、検索で引っ掛かったサイトの画像を参考にさせて頂きました m(__)m

学園艦から退去させられた戦車道履修者の移動先として登場









校庭






二宮金次郎像



荒ぶる風紀委員がたむろしていたウサギ小屋



あんこうチームが居た場所色々(第1棟と第2棟の間の丘)









正面玄関を上がったところを内側から見る形で



第1棟と第2棟を結ぶ階段を第1棟側から



同じく第2棟側から



第2棟 講堂






第1棟 職員室



職員室の角にある放送室


風紀委員の3人が寝泊まりしていたけれど、実際は狭くて3人が横になるのは無理!

校長室(劇中では生徒会長室)






と、まあこんなトコロでしょうか(^^ゞ

せっかくなので、劇場版ガールズ&パンツァーのBlu-rayでも見直してみようかな♪
Posted at 2019/11/08 22:29:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2019年11月03日 イイね!

旧上岡小学校

旧上岡小学校袋田の滝を後にして向かった先は、同じ大子町内にある「旧上岡小学校」です。

平成12年度末に閉校した後は、ノスタルジックな木造校舎が数々のテレビドラマや映画、ミュージックビデオ等の舞台になっています。
ボクはあまりドラマを見ないので、劇場版ガールズ&パンツァーの舞台だったイメージですね。

こちらが第1棟で、教室や職員室が入っている建物です。


玄関から靴を脱いでスリッパに履き替え、校舎内を自由に見学する事ができます。

玄関から入って右手側の教室




玄関から真っすぐ延びた、第1棟と第2棟を繋ぐ階段


第2棟は左手に講堂、右手に音楽室がありました。









再び第1棟に戻り、正面から左手側へ

廊下の様子


職員室


教室




タイトル画像の右側の校舎が第3棟。

第1棟の右手側廊下の先(渡り廊下というには余りに短い)に出入口があり、そこは『日渡食堂』になっています。

主なメニューは
・おにぎり シャモ汁 セット¥600
・釜めし ¥シャモ釜めし ¥1000、¥1500

少食で食わず嫌い王の息子が「食べる物が無い」と言うので、(比較的大きめのおにぎりが2個という事で)カミさんとボクで「おにぎりシャモ汁セット」を頼み、それを息子と3人でシェアしました。

教室の前の廊下で注文して料金を先払いし番号札を貰います。

教室内の席に座り番号札を置いて料理の到着を待ちます。


おにぎりとシャモ汁のセットです。


おにぎりの中身は昆布と梅でした

ご飯はふっくら柔らかめなので、手づかみよりも箸を使うのがオススメ

たぶんシャモを食すのは初めてかも?

・・・シャモ肉が入って無かった^^;

木造校舎の教室でいただく素朴な食事に心身ともに癒されました♪


構内に入る時は気にならなかったけど、出る時は傾斜が意外とキツくてフロントリップをガリガリと擦りながらの退出でした。

車高の低い車やエアロパーツを付けた車は気を付けましょう!
Posted at 2019/11/07 23:20:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2019年11月03日 イイね!

袋田の滝(茨城県大子町)

袋田の滝(茨城県大子町)いわき市泉町から約77km、途中の酷道区間でドッと疲れたものの、茨城県大子町の観光名所『袋田の滝』に無事到着。

滝の手前から駐車場が点在しており、滝に近ければ近いほど駐車料金があがる、観光地にはありがちなシステム。(そしてどこの駐車場も客引きに熱心です。)

10年くらい前に行った、山形の山寺もこんな感じだったなぁ。

この辺りまでが駐車料金¥300で、先に見える県道との丁字路から右側(袋田の滝方面)が¥500。


自分も含め観光客の車で渋滞していたので、あまり奥までは進まず川を渡ったところにある駐車場(¥500)を利用しました。

駐車場からは川沿いを400m程歩きます


到着時刻が午前11時頃で、ちょうど団体客も到着し滝の入り口にあるトイレや入場券の販売所前は大混雑!

ちなみに入場料金はJAF会員割引があります。

大子町は台風19号の被害が大きくて、観光客の足が遠のいているって聞いたけれど、さすが3連休の中日とあって大変にぎわっていました。

滝までは全長271mのトンネルを抜けていきます。

なんて写真を撮っていたら、団体客の行列に先を越されてしまい、この先々で色々待つ事に^^;


トンネルの途中には脇道があり「恋人の聖地」のモニュメント、吊り橋がありましたが、そちらは帰りに寄る事にして第1観瀑台へ。

おお、いきなりのド迫力ッ!




この後はエレベーターで第2観瀑台へ向かいます。

エレベーターは2基ありますが、大勢の人出があり行きも帰りも待ち時間が生じます。

第2観瀑台は滝から離れた位置で迫力に欠けますが、全体を見渡すことができます。




再びエレベーターで下へ戻り、団体客がいなくなって空いていた第1観瀑台でしばらく滝を眺めました。

この後はトンネルを戻り、途中にあった吊り橋を渡り遊歩道へ。

吊り橋手前から見る滝の様子


吊り橋の上から(左に見えるのが第1観瀑台)


滝とは反対側


吊り橋を渡るとその先は渓流散策の遊歩道になっていて、そのまま駐車場方面へ抜ける事ができます。

ここから吊り橋を引き返してトンネル途中にあった「恋人の聖地」モニュメントを見るかどうかですが、「ま、見なくてもいいか」と、遊歩道を進みました。

途中にあった休憩処から見る滝の様子


ここで滝や渓流を見ながら食事をしたら、より美味しく感じるだろうなぁ と思いつつ、次の目的地へ先を急ぐので袋田の滝を後にしました。
Posted at 2019/11/06 22:35:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2019年11月03日 イイね!

酷道461号線 北沢峠

酷道461号線 北沢峠いわき市泉町の「小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ」に宿泊した後の予定もノープラン。

本来ならば、鮫川村の鹿角平観光牧場でラリー観戦するために移動しやすい場所(かつ会社の福利厚生プランが使えるホテル)を選んだので、いわき市の中心市街地からは外れています。

そういえば、ここからなら一昨年の夏に行きそびれた「袋田の滝」も近いんじゃない?

と、袋田の滝に行ってみる事に。

いわき勿来ICから常磐道を南下し、高萩ICから一般道へ。

ナビの言うままR461を進むと、何やら不穏な表示が目に入ってきました。


『この先直進幅員狭小』

しかしナビはR461を直進の案内だったので、下にあった『大子方面迂回』(袋田の滝は大子町にある)の表示は全く目に入らず。
ってか、このブログ用にドラレコの映像を切り出すまでシラナカッタ…。



ナビの言う通りに交差点を直進、R461を進みます。


その後も複数回『幅員狭小』『大型車通行不能』の標識を通過。

この辺りから「ひょっとしてヤバいかも?」と不安がよぎったものの、


「この先連続雨量○○mmで通行止になります」って標識は見かけないから意外と平気じゃないか?
なんて思いながらそのまま直進!

狭隘区間をトンネルでパスする道路改良工事中


ここから一気に道幅が狭くなりました!

で、最初のカーブを曲がるといきなり対向車が現れました((+_+))


向こうがちょっとバックすれば離合できそうでしたが、

「酷道を趣味とする者は相手よりも先に道を譲るべし」との教えを元に、

すかさず自車をトンネル工事の開始地点までバックして離合したのでした。

再びカーブを曲がってすぐにアルファードと離合


アルファードもやり過ごせたし、この位の道幅なら平気なんじゃね?

と思ったのも束の間、さらに道は狭くなり対向車もやって来るのでした^^;
(引き返そうと思った時には既に後ろにフィットがいたのでもう進むしかない状況)

が、上手い事離合できるポイントでやり過ごせます


ここは結構ギリだったけどネ


逆にここはカーブの外側が結構広めで余裕で離合


そして迎えた酷道クライマックス! 一気に対向車が3台!!

しかも先頭のスペーシアが結構な速度で突っ込んでくるッ !!!

思わずクラクションを鳴らして向こうも停車

自車をバックさせて、左の空き地に自車を寄せようとしたら…


スペーシアが頭から空き地に入って譲ってくれました!

インプを突っ込むには狭かったので、これが正解だったのかも?

スペーシアの後ろに続いていたシビックも離合できる場所で待機、サンクス!


その後ろのBMWも離合できる場所で待機、これまたサンクス!


何とか3台をやり過ごし、ほっと一息・・・って、また対向車(-.-)

ボルボが待っててくれたものの、結構ギリギリで離合


そして、道路の先にセンターラインが見えて酷道とお別れ。


車内の息子もカミさんも(もちろんボクも)ようやく安堵です。

後から調べてみたら、国道461号線は道路改良が進み、この北沢峠が最後に残された酷道区間。(茨城県最凶という表記も散見)

トンネル工事で来月から日中は通行止めになるため、酷道としての賞味期限切れも近い様です。

酷道趣味だけれども、GVFの車幅では持て余すので酷道趣味を封印していたのですが、下調べ不足とナビを信じたがために大変な目に遭いました!
(と言っても僅か3km、5~6分くらいの出来事なんですけどね)

ちなみにGoogleMapでR461の迂回路となるR349とr22を通ったらどれぐらい遠回りになるのかを調べたら、僅か0.4km多いだけで通過予想時間に違いは無しでしたッ!

GoogleMapや以前使っていたSONYのポータブルナビが攻めたルート案内をするのは分かっていたけれど、まさかPanasonicのストラーダもそうとは・・・。

一般的にカーナビって狭い道は案内しないって聞いていたのだけれど、認識を改めないといけないな(-.-)
Posted at 2019/11/05 23:21:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2019年11月02日 イイね!

いわき市へ行ってきました

いわき市へ行ってきました11月2日と3日は、本来ならば全日本ラリー選手権の最終戦『MSCCラリー in ふくしま 2019』が、福島県いわき市とその周辺で開催される予定でした。

が、台風15号と台風19号による度重なる被害のため、10月16日に中止が発表。

今年はいわき泊でLEG2の鮫川村で行われるSS観戦に行くために、旅行の予定を組んでいたので、いわきまで行ってきました。

午前10時半頃に自宅を出発。

石巻女川ICから三陸道にのって、まっすぐ いわきを目指します。
途中、常磐道の 南相馬鹿島SAで昼食を兼ねた休憩を挟み、いわき中央ICでいわき市街へ。

いわきと言えば、まず思い浮かぶ観光地は『スパリゾートハワイアンズ』か『アクアマリンふくしま』ですが、どちらの施設も息子は興味を示さず・・・。

とりあえず、小名浜の三崎公園にある『いわきマリンタワー』へ。


大人¥330 小学生¥170の入場料を払って、タワーの展望室・屋上へエレベーターで上ります。

屋上からの風景です。


下に見える建物がレストラン『メヒコ』と第1駐車場、道路を挟んで第5駐車場。


余談ですが、昨年の全日本ラリーでは、ここ三崎公園に観戦可能なSSが設定されていたんですよね。
結構道が狭いので、迫力があっただろうなあ。

再び屋上からの景色、小名浜港です。


高い所からの景色を満喫した後は、公園の先端『潮見台』へ。


ここの特徴は海にせり出した展望ポイント。

こんな感じで海上に突き出ています




足元に海を感じながらの風景です






展望台からマリンタワーの方を振り返ります

ここまで歩いて来たけれど、意外と離れてたのネ!

滞在時間は1時間10分程。
公園内は広くて全てを周りきれませんでした(^^;

お次は公園のから車で数分の場所にある、『いわき市観光物産センター いわき・ら・ら・ミュウ』へ。


今日の宿泊は夕食無しのプランだったので、ここでチョット早い夕食でも・・・と思ったのですが、着いた時刻が15時40分頃。

館内を見て回っても16時をちょっと過ぎた頃なので、まだお腹もそんなに空かないし、レストラン街のどのお店もガラガラで入るのには勇気が必要です。

という事で、食事をしてからホテルにチェックインするのではなく、すぐ目の前のイオンモールで何か買ってホテルの部屋で食べようという事に。

ら・ら・ミュウから道路を挟んだ向かい側に見えるのがイオンモール


ら・ら・ミュウ側の「アクアマリンパーク」とはペデストリアンデッキでイオンモールに直結です。

ちなみに全日本ラリー選手権のサービスパークは「アクアマリンパーク」に置かれる予定でした。

イオンモールいわき小名浜は、イオンモール石巻よりも広大なので全て見て回るとチェックインの時間を大幅に過ぎるので、イオンスタイルの食品コーナーだけで撤収。

イオンモールを出ると、既に夕陽が沈みかけた『薄暮』の状態。


結局、いわき市を舞台にした山本寛監督の映画『薄暮』の舞台散策に行かなかったなぁ(-.-)

小名浜から車で10分程の泉町にある『小名浜ホテルオーシャン&ゴルフクラブ』が本日のお宿です。

部屋は2階でしたが、丘の上に建つので翌朝はこの景色でした。


Posted at 2019/11/04 20:57:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記

プロフィール

「@モーリス★02C さん、マジっすか!?私はまだ全然観戦プランも練っていないのに、もうホテルが埋まりつつあるなんて…Σ(・□・;)」
何シテル?   01/06 20:27
WRX STI A-lineをプレミアムパッケージwithサンルーフ、非ブレンボで乗る甘口スバリストです。 自身7年ぶり、3台目のインプレッサとなりますが、つ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

フォロー・フォロワーの詳しい説明がみんカラサイドから返事が有りました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/20 21:41:50
3M / 住友スリーエム ハイタック両面接着テープ 9708 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/05 14:12:45
梅雨明けはまだか、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/25 20:56:17

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
約7年ぶりにスバルユーザー復帰。 今回も月刊自家用車「私もX氏」に採用されました。 エ ...
スズキ カプチーノ スズキ カプチーノ
初めて買った愛車です。 メーカーOPのエアバッグ、LSD、ABSのパッケージOP装着車。 ...
ホンダ S-MX ホンダ S-MX
ローダウンのオレンジ内装にサンルーフ付きです。 5年で12万km乗りました。 コンパク ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
念願の自身初スバル車。 NAのWRXでアプライドモデルはB型の5MT車です。 カタログモ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.