• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

せっきぃ(555のブログ一覧

2012年09月26日 イイね!

ラリー北海道2012 セレモニアルフィニッシュ

ラリー北海道2012 セレモニアルフィニッシュラリって北海道で感染レポラリー北海道観戦レポートも今回が最終回です。

長々とお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m

9月16日 この日も晴れ。 

天気予報では15時~18時に掛けて雨の予報で、北愛国の上空には灰色の雲が広がりましたが、雨は降りませんでした。

昨年は林道SS観戦を組み込みましたが、今年は林道SSの予定を入れずセレモニアルフィニッシュのみ観戦です。

セレモニアルフィニッシュまでの間は、中札内村の道の駅、六花の森を観て回り、帯広のトスカチーナでランチ。

その後サービスパークへと向かいました。

今年もポディウムの正面側に陣取りましたが、正面をやや外した場所で2位の選手が見えない状態です(^_^;)

今年はラリー北海道総合成績の表彰式からスタート。


        Driver/Co-Driver
総合3位 田口盛一郎/廣田幸子・・・田口勝彦選手のお父さんですね!

総合2位 炭山裕矢/加勢直毅

総合優勝 新井敏弘/デイル・モスカット


総合成績表彰式、優勝者インタビューまでをビデオに撮ったので以下に貼っておきます。

新井選手のインタビュー、優勝者とは思えないほど謙虚でした^^;

S2000勢が次々とリタイアしたため、表彰台を日本人が独占です。

総合の表彰式が終わった後は、APRC登録の表彰式、JRCの表彰式と進んでいきます。

ボクは総合の表彰式が終わったところでセレモニアルスタート時に観ていた場所に移動しました。

何故なら・・・

表彰後、上位入賞の車が車検へ向かうために、道路上に車を並べていたのです!

車検場へはチームスタッフが移動させるのか、新井選手が車から降りてきました。

開口一番「クセ~」に、観ているこちらは脱力(^_^;)
どうやらシャンパンのにおいがキツイみたいです

今までなかなか撮れなかった4ドアのWRX STI R4が目の前に置いてあり、写真が撮り放題でした!

ダメージを負った左側面(運転席のドアはサービスで移植したそうです)。


しばらくするとインプレッサの前にはBRZが!

*脇で眺めているのはウチの息子です(^^ゞ


更に時は流れ・・・ジュニアカップ優勝(2012ジュニアタイトル獲得)の番場彬選手が来ました。


女性人気No.1のイイ男です



ホイールは懐かしいOZクロノ。このホイール、カッコ良くて大好き!


さて、日はとっぷりと暮れて、JN3クラス優勝(トヨタ86全日本ラリー初優勝)の三好選手です。


三好選手のあだ名“MAD DOG”のロゴマークが車体にありました!

三好選手が執筆する雑誌記事で見かけるおなじみのマークです。

ついでに高崎くす子チャン(笑)




こうして車検に出される上位入賞の車を堪能しつつ、今年はポディウムフィニッシュを遂げた最後の一台まで「お疲れ様でした。」 「おかえりなさい。」の声を掛け、助手席から手を伸ばすコ・ドラの方々とタッチを交わしました。

いやー、やっぱラリーはイイね!

ちなみにウチの息子がNo.72 のコ・ドラ石田裕一選手からDUNLOPのキャップを頂きました~m(__)m


昨年は寒くて早々にサービスパークから撤退しましたが、今年は最後まで観る事ができて大満足の最終日でした!

来年もラリー北海道へいくぞー!(来年は会社を休めるのか?)
Posted at 2012/09/26 13:41:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | APRC ラリー北海道2012 | 日記
2012年09月24日 イイね!

ラリー北海道2012 Leg1b 観戦レポ

ラリー北海道2012 Leg1b 観戦レポ9月15日土曜日 天気は晴れ

この日は昨年同様、陸別で行われるSS3/6のリクベツロングステージを観に行ってきました。

宿泊していたホテルから陸別までは約90kmの距離があり、SS3の先頭車スタート予定時刻は8:56と昨年よりも早いので、朝7時前に出発しなくてはならず、今年は2走目のSS6を観る事にしました。

昨年は素泊まりでしたが、今回は7:00~の朝食付き宿泊プランだったため、朝食代が勿体なかったってのが本当のところです(^^ゞ

AM8:00過ぎに十勝川温泉を出発。
道道73号線を通り、池田町のR242に入ったところで陸別方面へ向かうJRC車両の間に入りました。

道東自動車道 本別JCT付近です。



前後をラリー車に挟まれて一般道を移動する。ラリーファンには堪らない至福の時です(^^)

陸別オフロードサーキットには9:40頃に到着。

APRCのSS3がまだ続いていました。

ラリー北海道は、最初にAPRC登録車両が走行した後、30分の間隔をおいてJRC車両がスタートします。

という事で、今回はJRCのSS3とAPRCのSS6を観戦になりました。
観戦場所は昨年と同じFエリア。子供連れにはここが一番安心できます。

場内アナウンスでは、SS2で哀川翔選手がリタイアを喫し陸別にはやって来ず。また、SS3のリクベツ1走目ではBエリアで新井敏弘選手のインプレッサがコースアウト、コースに戻ったものの左側に大きなダメージを負ってスローダウンとの事。



新井選手はSS3後のリモートサービスで応急処置を行い、SS4とSS5では問題無さそうなタイムを刻んで、SS6を迎えそうです。

リクベツのBエリア、新井選手がコースアウトした地点は全日本の車両も次々にコースアウト。
ちょっと検索を掛ければ、ラリー車の墓場と化した画像や動画が見つかります((+_+))






以下にFエリアでボクが撮影した動画を載せます。
手持ちでの初撮影なので見苦しい点はご容赦を(^_^;)

まずは全日本の勝田選手のインプレッサと、続けて奴田原選手のランサーEVO10

全日本車両は1分間隔でSSをスタートするため、次々に車がやってくる感じです。

SS3が終わり、SS6リクベツロングの2走目が始まります

00カー ヴィッツR1b



0カー スバルBRZ

坂を下りてくるところからビデオを回していたのですが、BRZが通過したのを見逃がしてしまい、慌ててカメラを動かして3番ポスト付近からビデオに収めました^^;
そのため前の方をチョット編集しています。

アリスター・マクレー プロトン サトゥリアネオS2000


ガウラヴ・ギル シュコダ ファビアS2000


ユハ・サロ プロトン サトゥリアネオS2000


新井敏弘 スバル インプレッサWRX STI R4


各車が通り過ぎた土煙がもうもうと流れて行きます。

この日は非常に暑かったため、駐車場に置いた車の窓を少し開けてきたのですが、おかげで車内に土ぼこりが入っていました(>_<)


APRCのSS6を観終えたところで、ボクらは再び帯広へと(寄り道しながら)戻ります。

今年も平原通りでリエゾンを観戦するためです。

昨年はやや時間を持て余しましたが、今年は六花亭本店2Fのカフェでアイスやカキ氷を頂きクールダウンしたのち・・・

藤丸百貨店の6Fに東急ハンズのトラックマーケットが13日よりオープンとの事で、物珍しさから長居してしまい、店を出たのはすでにラリーカーが6~7台通過した後でした!

通り過ぎる番場選手のサトゥリア


デジカメ不調で、スマホでまともに撮れた写真はこの1枚のみ

今年も着ぐるみの一団がやってきていましたよ。

新井選手を先頭に3台


ハセプロの長谷川社長


S2000は観る事ができませんでしたが、それでも新井選手の車は観る事ができたので満足です。
そのままラリーカーに手を振りつつ、平原通りを帯広駅の方向へ向かうと、昨日サービスパークで見かけた姉妹がスケッチブックを手に選手に声援を送っていました(^^)


-つづく-
Posted at 2012/09/24 14:00:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | APRC ラリー北海道2012 | 日記
2012年09月23日 イイね!

ラリー北海道2012 セレモニアルスタート

ラリー北海道2012 セレモニアルスタート今年のラリー北海道は、昨年より半月開催時期が早く、スケジュールも30分早まっており、まだ明るいうちにセレモニアルスタートを迎えました。

まずはAPRC登録車両がカーナンバー大きい方からリバースオーダーでスタートしていきます。

選手を送り出すスタートフラッグを振るのは主に来賓のエライさんなのですが、自治体の首長の代理の方ばかりで「何だかなぁ・・・」といった感じを受けました。

もっとも、札幌開催のラリージャパンの時ですら北海道知事は代理でしたけどね(-_-)


今年はポディウムの正面の場所を取れなかったので、ポディウムを降りたラリーカーが、隣接のSS1に備えサービスに戻る通路上での観戦(?)です。

この辺りはJRC登録のカーナンバー70番台の方がラリーショーで車を並べていたところで、自分のスタートを待っておりました。

ボクの正面には'08年アフリカ・チャンピオン、“マッドドッグ”こと三好秀昌選手@クスコ トヨタ86

三好選手の86はリアスポが無くて、白を基調としたカラーと相まってプレーンな印象です。
(ボンネットには高崎くす子チャンwww)


ポディウムを降りた新井選手がやって来ました。


曲がり角にNo.68のラリーカーが並んでいるので、No.68のクルーが自分の車に接触されないか仁王立ちです(^^)

アリスター・マクレー選手(運転席は写って無いですけど)


炭山裕矢選手


ユハ・サロ選手


ガウラヴ・ギル選手

歩道に乗り上げてますw

奴田原文雄選手


いよいよボクの前の選手達もスタートに向けて動き出しました。




おや?ドライバー不在のNo.79は・・・


哀川翔選手やや遅れての登場です。

マットなブラックの86が似合っています。


ボクの居た位置からは華やかなポディウムスタートは見えませんが、選手が通過する際に速度を落としている所なので、助手席から手を出すコ・ドライバーの選手とタッチが交わせます。

これがまた楽しいんです!

中にはハコ乗りの選手もw

トークショーに出ていた天野/井上組ですね。


ウチも含めて小さなお子さん連れの家族は、出場選手からグッズをもらえたりしました(^^)

ボクの左側にいた家族連れ、姉妹と弟の3人の子供は気合いが入っていて、出場選手の名前と顔写真が入った手作りのスケッチブックを持って、「頑張って下さい」の声援を送っていました。

普段こういった事に慣れていないであろう、下位カテゴリーの選手達は特に嬉しそうで、その子たちの所で停車して声援に応えていました。

こういった光景を見るのはとても微笑ましいですよね~(^^)


-つづく-
Posted at 2012/09/23 19:21:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | APRC ラリー北海道2012 | 日記
2012年09月22日 イイね!

ラリー北海道2012 ラリーショー

ラリー北海道2012 ラリーショーGAZOO Racingのトークショーを楽しんでいる間に、ラリーショーの時間を迎えていました。

そんな訳で、トークショーの裏ではラリーカーが整列をし各クルーのサイン会が始まっています。

昨年はアトキンソンの前で収拾のつかない混乱の列に飲みこまれましたが、今回は既に始まっていた事もあり、お目当てのクルーの列にすんなりと並ぶ事ができましたね。

とはいえ、最大のお目当てだったP-G・アンダーソンとアトキンソンはWRC出場のためラリー北海道を欠場・・・。

ボクもサインが欲しいというより、車が見たい気持ちの方が勝っているので、今回はプロトンのアリスター・マクレーとユハ・サロ選手のサインしかもらいませんでした。

APRC勢では、新井選手に次ぐ人気のアリスター。

本人には悪いのですが、どうしても“コリン・マクレーの弟”って目で見てしまいます。

三菱時代の1/43モデルカーにサインを入れてもらっている人の姿を見て、新井選手の1/43インプレッサWRC2001モデルカーを家に忘れてきた事を思い出しました・・・。

こちらは新井選手です。



*この辺りから写真は4:3(デジカメ)と16:9(スマホ)が混在します。
デジカメの調子が悪く、電源を入れると異常振動でブレまくる事が多発するようになりました(泣)

0カーのスバルBRZです。

いや~、やっぱWRブルー、それもワークスカラーがカッコイイ!


日本初上陸、MRFチームのシュコダ ファビアS2000

IRC、SWRCを通じてS2000の最強マシンですが、意外に地味な印象?
ワークスカーの白地にグリーンメタリックのカラーの方がカッコイイです。

ちなみにライバルのプロトン サトゥリア ネオS2000は昨年撮ったので今回は撮っていません^^;

そしてファビアに並んで最も注目を集めたであろう、インプレッサWRX STI R4 4doorの写真も撮ったのですが、この時間は、ラリーカーの写真を撮るには逆光が強くてボクの腕では良い写真が撮れませんでした(>_<)



-つづく-
Posted at 2012/09/22 13:27:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | APRC ラリー北海道2012 | 日記
2012年09月21日 イイね!

ラリー北海道2012 サービスパークその3

ラリー北海道2012 サービスパークその3三菱パジェロの走破性を堪能した所で、再びトヨタ「GAZOO Racing」ブースの辺りをウロウロ、いつのまにかLFAはボンネットが閉じてました。

そして子供向けのクイズに答えて景品をもらったりしていると、何やらここでトークショーが始まるみたいです。

たまたまベンチのすぐ側にいたので、労せずして席に着く事ができました。

トークショーのゲストは

No.51 SUBARU インプレッサ WRX STI 勝田範彦、足立さやか選手。ラックスポーツ


No.73 TOYOTA86 香川秀樹、浦 雅史選手。ラックスポーツ

聞き手(プレイドライブ誌編集長&WRC PLUS誌編集長)も上手なんでしょうが、香川選手の喋りが軽妙でとても面白かったですw



No.81 TOYOTA ヴィッツ 天野智之、井上裕紀子選手。ラックスポーツ
コ・ドラの井上選手、登録名は井上ですが、ドライバーの天野選手とご夫婦だそうです(^^)

そして・・・

No.79 TOYOTA 86 哀川 翔、安東貞敏選手。SHOW AIKAWA ワールドラリーチームの4組です。

ついにお出まし、一流芸能人ですよ!身に纏っているオーラが明らかに違います!!

ラリーを始めてもう5年目なんですね。
一昨年の札幌ドームで見た走りは・・・(苦笑)で、客寄せパンダ的なイメージで見てしまいがちですが、それでもラリージャパンを完走するのだから大したものです。

と、和やかにトークショーが進んでいるその裏で、ラリーカーが整列を終え、何とラリーショーが既に始まっていたのでした!

-つづく-
Posted at 2012/09/21 05:53:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | APRC ラリー北海道2012 | 日記

プロフィール

「全日本ラリー 鹿角平観光牧場に到着」
何シテル?   08/26 08:05
WRX STI A-lineをプレミアムパッケージwithサンルーフ、非ブレンボで乗る甘口スバリストです。 自身7年ぶり、3台目のインプレッサとなりますが、つ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

3M / 住友スリーエム ハイタック両面接着テープ 9708 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/05 14:12:45
梅雨明けはまだか、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/25 20:56:17
ひっそりと生産終了? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/10 21:44:54

お友達

来る者拒まず、去る者追わず。
気軽にお声掛けください。
64 人のお友達がいます
lupin_kidslupin_kids * axispartsaxisparts *みんカラ公認
チェロ.チェロ. * ニュー浪漫☆隊長ニュー浪漫☆隊長 *
GX@親衛隊長GX@親衛隊長 * aero-centuryaero-century *

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
約7年ぶりにスバルユーザー復帰。 今回も月刊自家用車「私もX氏」に採用されました。 エ ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
ブリリアントスカイメタリックに惚れて’09年3月に購入しました。 その際の値引き額は月刊 ...
プジョー 1007 プジョー 1007
コンパクトな車体に両側電動スライドドア、パドル付きの5速AMT、ツインサンルーフ、内装の ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
GD9との蜜月に突然のピリオド。 既に2.0LのNA車はカタログ落ちしており、仕方なく即 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.