• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

☆ たっくん ☆のブログ一覧

2015年05月25日 イイね!

☆ 気になっていた作業を! ( ′~‵)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹” ☆

☆ 気になっていた作業を! ( ′~‵)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹” ☆









取り付けした時
から気になっていた事なのですが・・・




車内外サーモのこちらがになるとこぅなってしまうのです・・・



とりあえず「えぃ!」って元の場所に戻すと・・・



数時間はそのままなのですが、気が付くと・・・



やっぱり、こ~なっちゃいます(汗)

両面テープを貼り替えて、下に支えの棒を立てて24時間?

いや3日程そのままに・・・

色々手を尽くしましたがやはりダメで・・・

去年に新しい車内外サーモを購入してましたが、取り替える時間が無かったと言うか面倒だったのでそのまま1年放置でしたが、ついこの間車に乗る時に画像の様になってしまっており、さすがにそろそろ重い腰を上げて作業しようと言う気持ちになった訳です。




☆ カシムラ AK-109 車内外サーモ ☆ .

当初の予定ではここに付け様かなと思ってました。




しかし、最近タコメーター調整した時に、 「ココにあると便利では?」と思った物があった訳です。


それがこちら


☆ PIVOT 3-DRIVE THC コンパクト ☆ .




設置場所変更後はこんな感じ 




アクセル開度
設定任意に行え、しかも通常画面アクセル開度
リアルタイム表示

また、走りながらでもボタンが手元にあるので、設定変更もすぐに行えます。

山道を走っていて、「さぁ行こう!!」となってもすぐに戦闘モードに入れるのが、設置位置を変更して良かった点ではないでしょうか?



表示部が、車内外サーモ の様に青色だと良かったな~(笑)

車内外サーモは、前に付けていた場所と同じ場所に付けました。



☆ カシムラ AK-109 車内外サーモ ☆ .



後ろステー固定しており、またパネル内両面テープ固定している為、熱の影響があっても落ちる事はないので、これからは「落ちる」と言う悩みから解放される訳です。

文字光るタイプなので、今までみたいに綺麗に光っている訳ではないので、今後は小さなネオン管など追加したいと考えております。

現在の室内の状態です。
 




バランスが良い感じに仕上げれたと思います。


今後の予定

クーラントの交換

グラスコーティングのメンテナンス(鉄粉除去・再コーティング)
  
Posted at 2015/05/26 00:30:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月20日 イイね!

☆ エンジンオイル交換しましたよ~ ٩(๑′∀ ‵๑)۶ ☆

☆ エンジンオイル交換しましたよ~ ٩(๑′∀ ‵๑)۶ ☆









車検後
と言う事もあり、今年は油種関係全て交換する予定で、ブレーキオイル交換クラッチフルード交換ミッションオイル交換

で、今回はエンジンオイル交換と言う感じです。

次回は、クーラント交換の話になると思います。

オイルは、今回もNUTECNC-52Eです。





粘度「0W-20」エコカー用に思えますが、山などエンジンレブ付近まで回す走り方をしても大丈夫なオイルです。

走る環境エンジンの使用用途もありますが、回す=固いオイルは昔話しの様に思えました。

いつも夏前にオイル交換エンジンバンバン回し

冬は街乗りのみと大人しく走る為、オイル交換は大体1年に1度と言う感じです。

前回交換11ヶ月前で、走行距離は2000km程度でした。

オイルエレメント色々出てますが、私としては安くて高性能な物をチョイスと言う感じで、パワーエンタープライズマグパワーⅡを使用しております。




なぜ良いか?

と言うと、名前の通り中に最強磁力のネオジウムマグネットが入っているので、140℃オイル内でも衰えることなく微細な鉄粉を吸着するスペックだそぅです。

他のマグネット入りのオイルフィルターとの違いマグネットの配置でしょう。

オイルフィルターサイド部分に付いている物もあり、こちらはエレメント中心部に付いている為、効率良く微細な鉄粉をも吸着エンジンに優しいオイルエレメントです。






また、特殊素材フィルタを使用しさらに表面積を十分に確保しているのでロングライフ化にも貢献しているそうです。

フィルタ保持材ラスメッシュ構造とすることでオイルをスムーズに流し純正比で半分程度の圧力損失を実現してますが体感出来ないのが残念。

強力マグネットとの相乗効果によりオイルを強力に清浄化しながら、フリクションを低減した何とも贅沢なマグフィルター


てな訳でオイルフィルターを外します。





ちょっと思ったのですが、アンダーカバーを取り付けてから、オイルパンエンジンの下廻り汚れが軽減されました。

綺麗は良い事!(笑)

フィルターを外す時、いっきに回して外すとオイルがドバッと出て、周りに飛び散って大変な事になるので、オイルが少し出る程度に
緩めたら少し放置してオイルが出なくなるまで待ちましょう。

そうするとかなり綺麗フィルターを外す事が出来、余計なパーツクリーナーを使用しなくなります。

フィルターを外したら綺麗に拭きます。




★オイルフィルター交換時の注意点★

オイルフィルター装着の際、事前にオイルフィルターオイルを直接注ぎオイルフィルターオイルを染み込ませておく事です。

なんでこんな事が事前に必要なのかと言うと、オイルフィルターを通りエンジンまでに辿り着くまでの間、エンジンオイルが無い状態で回り続けているのです。

致命傷とまではいかないものの、ピストンシリンダーには細かな数多くの傷を付けてしまう事でしょう。

オイルフィルターは思っているよりも多くのオイルが染み込みます。

この事前準備をする事により、エンジンにより早い段階でオイルを供給できエンジンに優しいオイル交換が出来ます。




フィルターを取り付けたら、周りをパーツクリーナー綺麗に洗浄して終了。  



11ヶ月使用したオイル状態は・・・



サラッとした感じではなく、少しネトっとした感じでしたので走行距離は少ないですがオイルは老化している事が分かりました。

また、オイルドレンより1滴も出なくなるぐらい出してあげるとエンジンオイル効果100%に近いぐらいまで体感出来ます。

「オイル変えてもわからん」

なんて方は、鈍いのではなく古いオイル新しいオイル混ざり合う度合いが高く効果が半減しているかもしれません。

この方法を一度試してみると良いでしょう。


マグドレンには鉄粉微量ながら付着してました。




オイル交換後は、排気ガス匂いが変わりました。

なんと言いますか、臭くなく良い感じ??(笑)


エンジンオイルミッションオイルを今回は同時に交換したインプレとしては・・・

最高!!(笑)

何が最高なのかと言うと、エンジンは滑らかに回りミッションのシフト操作では「コクッ!コクッ!」と気持ち良く入る上に、走りがコマーシャルではないのですが、車が「ス~」っと走ってくれる様になりました。

明らかに交換前とは違い凄く良くなってました。


チューニングも良いのですが、
メンテナンスの大切さをより実感した整備となりました。


さて次回は??

クーラント交換ブログとなりますのでお楽しみに♪♪
Posted at 2015/05/20 20:40:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年05月20日 イイね!

☆ ミッションオイル交換しました。(*´﹃`*) ☆

☆ ミッションオイル交換しました。(*´﹃`*)  ☆







注文していたNUTECオイルは届いていたものの、台風が接近したりで天候が思わしくない状態が続き、なかなか交換するタイミングがありませんでしたが、やっと先日交換出来ました。

以前ミッションオイル交換で使用していた工具はと言うと・・・



KTCの伸び縮み?スピンナハンドルAPスピンナーハンドルでした。

しかし今回ミッションオイル交換するにあたり、より作業を快適にするべく新たな工具を新調しました。


ミッションドレン注ぎ口ボルトを外す時に難問な場所がこちら

純正の場合




このスペースなら何とか回せました。

しかし現在・・・




何が難問なのか?

画像で見て分かる方は良いのですが、分からない方はこちらを見て下さい。
 




ドライブシャフトCUSCO補強バーが邪魔をして工具を動かす為のスペースが少しかありません。

そこで??

とは言うものの、もぅ画像に写ってしまっているので、わかると思いますが「TONEの首振ラチェットハンドル」を購入した訳です。

しかも、このギア72Tで、普通ギアより角が多い為、より角度の少ない状態の場所でも回す事が可能な工具

なので、こう言った非常に狭くて首が触れない場所に持って来いの工具なのです。

これだけ狭くても問題なく回す事が出来ました。

また、ドレン側もついでに「TONEのスピンナハンドル」を購入しました。




メッキ工具ではないので工具箱では死んでますが、作りは大変良く手に馴染みも良いので作業性はバツグンです。

オイル交換で使用したのはもちろんNUTECです。
 




それ程固いオイルではありませんが、エンジンの熱を利用してオイルを温めておくと楽に注ぐ事が出来ます。

入っていたオイルの汚れ確認




訳あって前回の交換より走行が+2000kmと劇的に少ない為、透明度もまだあって綺麗な状態でした。

オイルを抜く時にCUSCO補強バーオイルが絶対にかかってしまいます。

そこで、画像の様に使い捨ての手袋を付けます。

オイルがかからず、しかも手の指を伝って下へとオイルが流れて行く為一石二鳥な訳です。

(最後の画像を見て頂ければ効果が分かってもらえると思います。)


また、オイルを入れる時、皆さんは何処から入れますか?

「もちろん下から入れる」

なんて方も少なくないと思います。

しかし、私の場合は・・・

上から入れます。

しかも安く手軽で簡単に!!(笑)


用意する物はコレだけ。




コレをこうします。 



注ぎ口はココ   



下はこんな感じ  



どぅでしょうか??

便利でしょ??


外したドレンの鉄粉こんな感じでした。 




ミッションにはエンジンの様にフィルターが無い為、ドレンボルトのマグネット必要不可欠なパーツだと思ってます。

綺麗にして装着します。 




あとは、上からオイルを注いで作業終了!!   



最後の画像です。

CUSCO補強バーにはオイルが掛らず綺麗な状態で作業を終える事が出来ました。

さて、次回はエンジンオイルオイルフィルター交換の作業と交換後のインプレブログでお伝えしたいと思います。
Posted at 2015/05/20 06:33:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「☆ 1年振りにブログ更新でふ ☆ http://cvw.jp/b/587939/39259602/
何シテル?   02/02 14:26
亡き父が某自動車メーカーのテストドライバーだった影響で、子供の頃から車を弄り、運転もしてました。 車→バイク→車と戻って来た感じです。 若かりし頃は整備士で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

☆ ドライブ 2009 ☆彡 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/02/06 19:58:32
 
☆ ちょっと気になった動画 ☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/12/18 11:32:13

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット(RS) +R (ホンダ フィット(RS))
2015年5月20日(内容を変更) 現在の仕様 エンジン関連 エンジンオイル(NUT ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
所有期間は4年。 年間1万km超えで乗り回しました。 GT-Rの様なシートに押し付けら ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
GT-R雑誌に掲載された思い出の車です。 見た目も走りも最高の1台でした。 1から手を加 ...
ヤマハ TZM50R ヤマハ TZM50R
定番のミニバイク 思い思い走り回したTZMです。 この時は、ショップの女の子がミニバイク ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.