• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

watariの愛車 [スバル インプレッサ G4]

室内異音対策その2

カテゴリ : 内装 > インテリアパネル > 調整・点検・清掃
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間3時間以内
作業日 : 2017年05月28日
1
1回目のドア等の対策で静かになると、また次の音が気になるものですが、低速時ちょっとした路面の凹凸でもリアからチリチリ音が出ているので2回目の対策をしました。

Cピラー、及びリアトレイ内装材を外す為の順番です。(Cピラーカバーは座席側面カバーに噛んでいたので下記の順番となりました)

①後部座席座面 :作業工程2に依ります。
②スカッフカバー:上記座面の下にクリップが1箇所あるのでこれを外すと後他は手で取れます。
③ウエザーストリップ:側面カバーからCピラーカバーまで引っ張って外します。
④座席側面カバー:座席背面を倒しトランクスルー状態にします。ウエザーストリップを外した隙間からクリップが見えるので順次内張はがしで浮かしていきます。尚、荷室にも内装材止めを兼用したクリップが2箇所あるのでこれも外します。
⑤Cピラーカバー:隙間からクリップ位置を確認し内張はがしで取り外します。一番奥はとどかないので長いマイナスドライバーを使いました。
⑥リアトレイ:座席背面裏に露出で化粧クリップが2箇所あるので外します。リアトレイは全てクリップ止めです。詳細は作業工程4を参照して下さい。

2
後部座席座面は2箇所でロックされています。座面の前下に隠れていますが手で探ると図のパーツがあるので、黒いバーを前方に引くとポコッと浮いてきます。
座面の後ろはフックで引っかかっているだけなので、座面を後ろ下方向に押し込みながら前を上方向に回転させれば外れます。
カプラーが露出になっていたのでエプトシーラーを巻いておきました。ケーブルはシートベルト着用信号用だと思うのですが、繋げたままにしておきました。
3
スカッフ部や座面下部のケーブルが車体鉄板に当たりそうな所はエプトシーラー巻きにしました。
4
リアトレイのクリップはかなり硬く、とりあえず座席側の一番端部に手を入れ強引に持ち上げるとなんとか一箇所外れました。後は浮いた所を持ち上げながら内張はがしで順次取り外しました。
内装材背面にはクリップが7箇所あります。

トレイ最後部の、リア硝子と接する所はテサテープを貼りました。
5
リアトレイ内部で配線が鉄板と当たって音が出そうな所はエプトシーラーを巻きました。
6
Cピラー内部ですが恐らくここが異音の主原因だと思います。樹脂材Aの強度が弱く、少し触れただけでもB部が鉄板に当たってカタカタ音がします。
その他の部分も含めエプトシーラーで対策し、B部については強力両面テープで鉄板に接着させました。

逆順で内装材を戻し試走した結果、リア部の異音は消えました。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

61120AE000VH取り付け

難易度:

WRX S4 純正MFDパネル取付

難易度:

WRX用オーナメントパネルへ交換

難易度: ★★

メーターパネルにカーボン調ステッカー貼り付け

難易度:

メッシュネット塗装

難易度:

オーナメントパネル のラッピング

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

みんカラは以前の車のDIYで「パーツレビュー」や「整備手帳」をよく参考にさせていただいていました。 今回の車の乗替えを機会に積極的に参加したいと思っております...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
スバル インプレッサ G4に乗っています。 前車GHアテンザセダン25EXの後継車として ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.