• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

凌志のブログ一覧

2018年07月29日 イイね!

「トヨタクラウン完全ファイル」に思いを馳せる…

「トヨタクラウン完全ファイル」に思いを馳せる…ごぶさたしております。標題の本を見つけ、つい衝動買いしてしまいました。
最初の30ページが新型クラウンの紹介で、それ以後は歴代のクラウンのカタログ集が150ページ超という、大変偏った(笑)内容の本です。
個人的には、7代目120系の「いつかはクラウン」昭和58年(1983年)が一番印象深いです。
掲載されているカタログをつぶさに観察すると、運転席側ドアのトランクオープナーやエアコンのスイングレジスターは、この型から8世代、35年の長きにわたり継承されていることが分かります。
alt
alt

それから、個人的に収集の対象外としてきたバンやタクシーのカタログも非常に興味深いです。
alt
「どこででもクラウンと指名される、気品あるスタイル」
「室内は豪華で落ち着いた雰囲気。空気がいつもさわやか」
「乗り心地は快適そのもの。長時間運転にも疲れません」

いずれも2代目RS40型タクシーのカタログからのフレーズですが、今読んでも全く旧さを感じさせません。車の基本的な魅力を訴求しているからこそでしょう。

20代の時分には反感さえ覚えた保守本流の王道クラウンですが、自身の過去ブログを読み返してみても、好意的なコメントが多いです。
その世界観や長い歴史に敬意を表しつつ、高速でバンクを走る120系クラウンの写真にやられてこの本を買ったことを正直に告白します。TOP画像の矢印部分です。

最後に、私が現在一番欲しいと思ったクラウンを紹介します。
1990年4月に、販売累計300万台を記念して1,000台生産された特別仕様車。
セルシオと同じ4000ccを搭載した最高級モデル。世界初(!)のカシミヤ内装の肌触りはいかばかりだったかと思うと、妄想が止みません。
alt
alt
Posted at 2018/07/29 21:05:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2018年07月13日 イイね!

えほん「ずかん じどうしゃ」

えほん「ずかん じどうしゃ」絵本シリーズが続きます。
山本忠敬(やまもと ただよし)氏は日本の著名な挿絵画家(1916-2003)で、有名な「しょうぼうじどうしゃじぷた」も手がけられました。
alt
これは、初代カリーナハードトップとスバルレックスのように見えますね。
alt
これは誰が見てもフェアレディZでしょう。
alt
これは、ポーターキャブですね~
alt
ハイエースの救急車。
alt
ケンメリのオープンカー(^^)。2シーターでしょうか。とてもカッコよく見えます。
こういった夢のある演出も絵本ならではですね。
Posted at 2018/07/13 21:44:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2018年07月10日 イイね!

絵本「じどうしゃ博物館」

絵本「じどうしゃ博物館」この本は、私の尊敬する自動車史研究家、高島鎮雄氏がコメントを手がけておられます。

そのせいか、紹介されている車両がトヨタ博物館の展示車両とラップしており、久々に再訪したような気持ちになれました。
まだまだうちの3歳児にはこの世界感は深遠すぎるようで、一緒に借りてきた「鉄おも」を一所懸命に見ています。


ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン(1886年)


T型フォード(1909年)


シトロエン5CV(1922年)


ベントレー4 1/2リッター (1928年)


メルセデス・ベンツ770グロッサー(1934年)
シュツットガルトのMB博物館蔵。


トヨタAA型 (1936年)


ジャガーXK120(1949年)


フォード(1949年)


締めは、メルセデス・ベンツ300SL(1954年)

以上、大人も楽しめる、というより大人が楽しめる自動車の絵本でありました。トヨタ博物館に行ったことがある人、これから行こうという人に特におすすめです。
Posted at 2018/07/10 22:20:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2018年07月07日 イイね!

えほん「じどうしゃに のった」

えほん「じどうしゃに のった」久々に絵本を取り上げます。初版が1984年10月のこの本、当時最先端の新車が数々描かれているのがとても興味深く、例によって子どもより私がはまってしまいました。


2代目アコード3ドアだと思います。

客待ちをする430セドリックのタクシー。

R30スカイラインパトカーとESSOのガソリンスタンド
この頃のESSOのネオンサインが好きでした。

R30スカイラインと2代目ラングレーを運ぶ車両運搬車。日産プリンス店へ運ばれるのでしょうか。


R4とカマロに目が行きますが、アウディ80、60系マークⅡセダン、ワンダーシビック、デリカまで手抜かりなく描きこまれています。

主人公はこの青色のサンバー

またこんな絵本を見つけたらアップします。

Posted at 2018/07/07 11:34:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2018年06月17日 イイね!

スピリット・オブ・ロードスター

スピリット・オブ・ロードスターS660ロードスターと国産ライトウェイトスポーツのMT車に試乗し、その日常域におけるスポーツマインドの高さに大いに感銘を受けた私は、図書館でこんな本を借りてきました。

以下はネタバレですので、これから読もうとする方は読み飛ばして下さい(^_^;)

<ロードスターの本質>
エンジンの出力を上げていこうとすれば必ず重くなります。それはやりたくないんですよ。やってはいけないと言うか、重くすると必ず色んなところが更に重くなって、デカいタイヤ履いてボディ硬めてって、それはどうも違うクルマだと思うんです。ロードスターの世界観から少しずつずれて行きかねません。いやそう言うバージョンはあっても良いんですけどロードスターの本質ではありません。だからもしやるとしたら原則はクルマを軽くすることだと思います。50:50の重量バランスを守りながらいかに軽くして、小さいタイヤで走れる様にするかと言うことですね。もっと軽量化していくと言う方がロードスターとしては本筋だと思います。

<ロードスターの本質2>
初代を作った人達は凄いと思っています。我々には手本があるけれど、NAを作った人達には手本が無かったんです。彼らの仕事の仕方はどうだっただろうなぁと。想像するしかないんですが、それをやって行かなくてはならない。NAに原点回帰すると言うとNAを作るんですかと言われるんですけど、当時NAが志したものを、25年後の今の技術と今の理想で作ることを志しました。それが『守るために変えて行く』の意味するところです。

低速での楽しさを追求すると言うND開発の見識は尊敬に値するし、スポーツカーの新しい提案だと思うと著者も言います。

私もこの意見に大賛成です。FR、2座、「感」を大事にした車作り。
友人のNAの助手席で受けた感動、別の友人のNBで受けた人馬一体の走り、それを着実に受け継ぎ現代の技術を織り込んだNDは名車だと思います。

この本を家の椅子に置いておいたら、家人が「これ何の本?」と聞くので、
「ロードスターの本だよ」と私。軽ーく「欲しいなぁ、300万だけど」
「コレ2人乗りだよね」と家人。
「ゴルフと2台持ってさ」と私。
「否定はしないけど、それはゆくゆくの話だね」

話はそこで終わりました(笑)。ロードスター、これまでセダン・ハッチバック系が好みだった私は、実用性が低いし、似合わないと勝手に決めつけていましたが、これほど目的に対してピュアな車は他にS660しかあるまいと思っています。
日帰りが関の山のS660に対し、ロードスターは僅かながらラゲッジスペースがあるのが強みです。低速域の運転の楽しさは、ポルシェを上回るとさえ思います。
これまでは、いつかはクラウンかC(E)-Classと思っていましたが、価値観が変わりつつあります。

写真で追うロードスターの歴史
alt
初代NA「誰もが幸せになる」
alt
2代目NB「北米市場を意識し、グラマラスなボディに」
alt
3代目NC「マツダ経営危機の中、RX-8と部品共有化」
alt
4代目ND「再びゼロからのスタート」
Posted at 2018/06/17 19:39:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「近々DS店を立ち上げる予定のプジョシトDに真相を聞くと、シトロエンSRの一角にDSスペースを作ることで、DS7が販売できるようになるとか。また、セールスは専任を置かず、プジョシト・DSの全ブランドを一人で販売することができるそうです。画期的ですね。Dで買った2CVと508です。」
何シテル?   10/21 08:41
ミニチュアカーや車のカタログ収集と国内・海外旅行、読書が好きな40代です。 マイペースで更新していきますので、お付き合いくださいませ。よろしくお願いします。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

「車は飾るだけでは意味がない」往年のクラシックカー90台が現役のミュージアムを作った男 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/04 15:22:40
 
FLAG counter みんカラへの設置方法(備忘録) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 21:36:24
このおとだれだ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/03 08:52:43
 

お友達

※お友達申請は、何度かコメントのやり取りをした後で、気の合いそうなお方とのみとさせていただきますので、ご了承ください。
20 人のお友達がいます
クロポロクロポロ * 雁道SPL雁道SPL *
喜怒煮萎π(キドニーパイ)の商人喜怒煮萎π(キドニーパイ)の商人 * セフィローセフィロー
大熊猫@大熊猫@ 太田流雲@改太田流雲@改

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2015年2月に買い替えました。限定車のPremium Editionです。約300万円 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
3年落ちの試乗車上がりを135万円で購入、6ATのスムーズさや乗り心地の良さが気に入って ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
もらい事故にあったため買い替え。プジョー206やMINI、国産高級車を検討するも、ナビ、 ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
初の新車+ドイツ車。 日本車との違いを良い部分も悪い部分も知りました。 買った当初はゴワ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.