• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月08日

アルファロメオ GTV&Spiderデビューフェアの新聞広告【1996年1月開催】

フランス車にずっと乗り続けているのですが、他国のブランドは常に気になっています。イタリアンブランドもその一つ。

イタリア車はいつも気に掛けていて、これまでに所有してみたいと思ったモデルがありましたが、残念ながらガレージに収めたことがありません。

そんなイタリア車の中でもアルファロメオはいつかは所有してみたいブランド。

今回は今から22年前の1996年1月にGTV&Spiderが日本販売開始した際の新聞広告から。
alt
色褪せは20年という時の流れの証。どうかご容赦ください(^_^;)

alt
GTV

alt
Spider(スパイダー)

alt
知性と情熱を兼ね備えた独創的フォルムは常に妖しく美しい生命体であった。
(引用終了)

GTV&スパイダーはサイドのリアウィンドウ下部(GTV)・ソフトトップカバー(スパイダー)から斜めに下がる独特のデザインは両モデルのデザインを特徴づけるもの。

GTV&スパイダーのデザインは、ランチア・リブラのデザインも手掛けた、ピニンファリーナのデザイナー エンリコ・フミア氏によるもの。
alt
(参照: ランチア・リブラ ステーションワゴンを見かけて思ったこと

「知性と情熱を兼ね備えた独創的フォルム」とキャッチコピーはなるほど言い得て妙なのかもしれませんね。

アルファロメオの中でもGTV&スパイダーはデビュー当時から今に至るまで好きなモデル。エンリコ・フミア氏の緻密でありながら知性を感じさせるデザインにやられました(苦笑

オープントップは乗り手を選びそうで気が引けます(^_^;)  となると、GTVか! いつの日かぜひともGTVを所有したいなぁ。

この新聞広告を眺めていて、FFへと駆動方式が変わっても、アルファらしさは決して失っていないということを強く訴えている、強い意識の表れを感じられる・・・ような気がするのです。

ところで、デビュー当時のカタログの持ち合わせがありました。
alt
カタログのボディカラーラインナップを眺めていたら・・・

alt
  ≪画像は拝借しました。≫
“Verde Bosco(ボスコグリーンメタリック)”

alt
  ≪画像は拝借しました。≫
“Verde Toropico(トロピカルグリーンメタリック)”

ボディカラーラインナップにヴェルデ(緑)があることを初めて知りました。シブい、シブすぎる!!

ロッソ(赤)やネロ(黒)と言ったアルファ定番カラーももちろんアリで良いと思います。でも、あえて定番を外してヴェルデ(緑)っていうのも良いなぁ。何せ天邪鬼な性格なもので(^_^;)

自分で所有するならば、GTV×ヴェルデ の組み合わせでぜひ所有してみたい!
ブログ一覧 | イタリア車 | 日記
Posted at 2018/04/08 21:28:26

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

916の日 その2
okuda-vzさん

916の日
okuda-vzさん

折角8CとGTVが出るかもなんて言 ...
ウッkeyさん

オフ会開催 まであと 2日
blackdtmさん

2016 LA FESTA DI ...
ぼんじょるのさん

初めての有明会
ofcさん

この記事へのコメント

2018/04/08 22:03:11
こんばんは。
アルファ・ロメオは名前の響きがいいですよね。私は164に強く憧れました。当時の大沢商会のキーホルダー、実家を探せばすぐに出てくると思います。
緑色のGTVとは、ボディカラーに強いこだわりを抱かれているGentaさんならではのチョイスですね。156にも数十万するシルバーメタリックがあったような気がします。
コメントへの返答
2018/04/09 20:29:36
こんにちは^^;
かつて大沢商会が取扱っていた時代のノベルティグッズをお持ちなんですね。164はデザインに惹かれます。

ヴェルデのGTVは今回存在を初めて知りました。意外性があるのも良いのですが、とにかくシブいです!

>数十万するシルバーメタリック

それはヌヴォラブルーのことですね。30万円ほどの受注生産カラーです。一見すると淡いブルーですが、陽の当たり方によってはグリーンにも見える不思議なカラーです。
2018/04/08 22:09:09
こんばんは!
406クーペの次にアルファGTVの話題がくるとは、いいチョイスです!
連続コメントします(笑)

スポーツカーにあの丸目のヘッドライト、当時すごく斬新で美しいデザインですね〜
エンリコ・フミア氏は他に164もデザインしてますね。
ダビデ・アルンカンジェリ氏がデザインした前出のGTVと違った個性の406クーペとほぼ同時期にピニンファリーナの工場で製造していたのでホント贅沢な時代でしたね〜
ピニンファリーナのバッチが誇らしく見えます!

アルファロメオは届きそうで手に入れにくいクルマですが、いつの時代も人を魅了するメーカーですよねー
コメントへの返答
2018/04/09 20:52:20
こんにちは^^;

406クーペの次にGTV&スパイダーを取り上げたのは計画的な流れ・・・と言いたいのですが、実はピニンファリーナで繋がっていたことは後から気付いたので単なる偶然なんです(^_^;)

ボンネットの一部に丸い穴が開けられたヘッドライトはたしかに斬新ですね。エンリコ・フミア氏が手掛けたデザインは優れていますね。

両巨匠が同じ時期に在籍していたなんて、ピニンファリーナは凄いカロッツェリアだったんですね。406クーペもGTV&スパイダーも本当にデザインが美しいと思います。

アルファロメオはモータースポーツの歴史も古く憧れのブランドです。いつの日か所有したいですね。
2018/04/09 07:41:29
おはようございます~

あれから20年も経っているのですか....
「はっ!」とさせられるデザインでした。今見ても「カッコいいな~」と思える形ですね。
コメントへの返答
2018/04/09 20:55:01
こんにちは^^;
前回取り上げた406クーペもGTV&スパイダーも販売時期がほぼ一緒で、共に20年経つとは考えられません。やはり、ピニンファリーナの先を見据えたデザイン力なのでしょうね。

いつの時代にも素直にカッコ良いと思えますよね。
2018/04/13 10:00:45
はじめまして。
この新聞広告はとてもレアですね^_^
貴重な資料を見させて頂きました。
ありがとうございます。
画像、コピーさせていただいてもよろしいでしょうか?
コメントへの返答
2018/04/13 20:13:54
こんにちは。ようこそお越しくださいました。

デビュー当初よりGTV&Spiderが好きでしたので、カタログや新聞広告などを大切に保管しておりました。

どうぞ、コピーなどご自由にお使いください。オーナー様に喜んでいただけるのであれば何よりです^^;
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@ダブルシェブロン さん、久しぶりにお逢いできましたね!またお目に掛かりましょう😄」
何シテル?   11/18 17:52
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

「クワトロ」のお話(補足) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/16 22:40:10
北海道の昭和のライオン の続き 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/22 20:08:18
【動画紹介】 W 201 - Technologie im Wandel der Zeit ~W201(190E)の開発風景~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/08 20:48:15

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
169 人のお友達がいます
TOARCOTOARCO * おかず@C4おかず@C4 *
funkybluelionfunkybluelion * susp2susp2 *
hide_pon660hide_pon660 * 28mikan28mikan *

ファン

145 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
家族との時間を共有することを優先条件として選んだのが二代(台)目C4ピカソです。原点に立 ...
プジョー その他 プジョチャリ (プジョー その他)
2001年秋頃に307がデビューした際に、モニターキャンペーンを実施していて、プジョーの ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.