• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Gentaのブログ一覧

2018年09月25日 イイね!

ルノー メガーヌ4R.S.に試乗【2018.9】

ルノー メガーヌ4R.S.に試乗【2018.9】ルノーのCセグメントを担うメガーヌは、代を重ねること第四世代として昨年2017年11月に日本国内デビューしました。

グレード体系は、GTとGTライン(H/Bのみ)の二つというシンプルなもの。GTとGTラインは足廻りと搭載エンジンの違いが主なもの。GTはR.S.が手掛けているんですね。

9ヶ月遅れてことし8月にはR.S.モデルが追加発売。先代メガーヌ3R.S.はクーペ、つまり3ドアH/Bしかラインナップになかったのですが、今回の4R.S.は5ドアH/Bのみなんですね。

ドアの数が多いとボディ剛性に大きく影響を及ぼしそうですが、実は昨年メガーヌ4GTに試乗した印象ではかなり剛性が高いことを実感しました。その辺りは心配いらないのかもしれませんね。

今回、メガーヌ4ではGTやGTラインなどのノーマルモデルを先行して発売し、遅れてR.S.モデルを発売する販売方法をとりました。これは至って極普通の方法ですね。

しかし、先代メガーヌ3の場合は、日本ではノーマルモデルよりも先にR.S.モデルが先行販売した経緯がありました。それはR.S.でハンドリングやシャシー性能の高さをまず先にアピールすることが賢明と判断したルノージャポンのイメージ戦略だったようです。

と言うことで、つい先日国内で発売が開始となったばかりのメガーヌ4R.S.に試乗してきました。

試乗前に外観を簡単にチェック。試乗車は・・・
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
オランジュ・トニックMと呼ばれる目の覚めるようなオレンジカラー。

15万円ほどのエクストラコストを支払う必要があるそうで、さらに注目を惹く(目立つ)ので、このボディカラーを選ぶにはかなり勇気がいりそうです(苦笑

外観はこれ見よがしのスポイラーの類が採用されていないのは却って好感がもてます。R.S.は巧く空気を逃す術を知っているのでしょうね。

整流効果を狙ったリアディフューザー
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
イイですねぇ♪

シートは・・・
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
前席はアルカンターラのフルバケットシート! 座面のサイドサポートがかなり高いため、乗降性はお世辞にも高いとは言えませんね。ちなみに後席もアルカンターラ。

足廻りは・・・
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
KYB製のショックアブソーバーに組み合わされるのが245/35R 19(BSポテンザ)サイズの極太タイヤ。先日試乗したゴルフRが225/40R 18だったことを考えればキャラクターがわかるというもの(驚

実際試乗してみてわかったのですが、「硬い」のは紛れもない事実なんですが、不快に硬いとは感じず巧く履きこなしているという印象。国道バイパスの段差では突き上げがありましたね。

4コントロールを採用していることは知っていたのですが、それを体感できるほどの試乗ドライブではなかったのは残念なところ。きっと、コーナリングやワインディングでは存分に体感できそうです。

直列4気筒1.8L直噴ターボエンジンは、最高出力が205kW(279ps)/6,000rpmで、最大トルクが390Nm/2,400rpmと凄いパフォーマンスの持ち主! 

国道バイパスをアクセルペダル踏み込んで気付いたら、ぬわわkm/h超になっていたのは公然の秘密です(謎  とにかく自制が必要なほどの恐ろしいクルマなんですね。

トランスミッションは今のところツインクラッチのEDCのみの設定。実際にマニュアルモードでシフトアップやダウンをしてみましたが、タイムラグをほとんど感じないのは凄いこと。

こうなると、3ペダルMTはいらないのではないかと思いますが、でもMTが好きな人にとってはやっぱりないものねだりになってしまうかなぁ。

セールスマン氏からは今後は3ペダルMTの発売も可能性があると聞きました。
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
そうなると、とても楽しみです!  もしかしたら、今後購入の候補に挙がる・・・かも(^^)v

でも、440万円という販売価格を知ってしまうと、かなり萎えます、、、 

「高いですよぇ?」と私。それに対し、セールスマン氏は、「えぇ? そうですかぁ?? 内容からすると安いですよ。」と。

私の金銭感覚がマヒしているのかと思っていたのですが、4コントロールやHCC(ハイドローリック・コンプレッション・コントロール)などの装備内容やパフォーマンス、ポテンシャルからすると、やっぱり安いのかなぁ、、、 ???

実は今回のメガーヌ4R.S.試乗はゴルフRを試乗した翌日のことだったのですが、実はメガーヌR.Sの方が印象として深く頭に刻み込まれました。だからと言って、ゴルフRが劣るというわけでは決してありません。

今回のメガーヌ4R.S.試乗から一つだけ言えることは、自分自身にとって経験値がさらに上がったということでしょう。次はアルピーヌにぜひ試乗してみたいなぁ♪ 
Posted at 2018/09/25 21:44:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2018年08月25日 イイね!

ルノークリオ2 R.S.V6 Ph.2を考える

ルノークリオ2 R.S.V6 Ph.2を考えるかつて初代ルノー5(サンク)をベースにミッドシップ化した5ターボというモデルがありました。

リアのワイドフェンダーがとても迫力があって、主にラリーで暴れ回っていましたっけ。カッコ良かったですね。

その5ターボの再来とも言うべきモデルが、クリオ(日本名:ルーテシア)の第二世代をベースとして登場しました。その名はクリオR.S.V6。販売開始は2000年のこと。

ルノーのモータースポーツ部門を担うルノースポール(R.S.)が開発に関わっているモデル。R.S.モデルはPh.1(前期型)とPh.2(後期型)にわかれます。

Ph.1はTWR(トムウォーキンショーレーシング)のスウェーデン工場で生産されました。(2000年~2002年)

一方、Ph.2はかつてアルピーヌを生産していたフランスのディエップ工場で生産。(2003年~2005年)

Ph.1はかなり「じゃじゃ馬」な性格の持ち主らしいですが、Ph.2はハンドリングが見直されて運転しやすくなったという話は有名ですね。

ここでは後期型となるPh.2の方を取り上げます。パフォーマンスについては今さら言うまでもないので、ちょっと視点を変えてボディカラーです。

日本ではルノージャポンがPh.1も含めて極少数ですが正規輸入販売を手掛けていました(驚  専用のカタログが存在するのか不明ですが、総合カタログには載っていました。

フランス本国版のPh.2カタログの持ち合わせがあるのでご紹介。
alt
2003年4月発行。総22ページ。

簡単に中身を。
alt
alt
全部はご紹介しませんが、R.S. V6の魅力を写真で伝える、まるで写真集のようなつくりのカタログ。眺めていても飽きません。

さて、ボディカラーラインナップは・・・
alt
標準カラーとなるのが、この 赤・銀・青 の3色。

中でも“Bleu Iliade(ブルーイリアッド)”はもはやイメージカラーとでも言うべきカラー。

R.S. V6と言えばこの鮮やかなブルーというイメージが強いですね。

これら標準3色以外に、特注カラーに相当するパーソナライズカラーの用意があったよう。
alt
  (1)“Marron Callisto(マロンカリスト)”
  (2)“Jaune Saturne(ジョーヌサターン)”
  (3)“Gris Lune(グリリューン)”

これは観たことがない気がするので、確認のためヨーロッパまで出掛けてみることにしましょう。

■“Marron Callisto(マロンカリスト)”
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
これはシブい! ブラウンのR.S.って意外性があってカッコいいですね。

■“Jaune Saturne(ジョーヌサターン)”
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
鮮やかなイエローのR.S.。どちらかと言うと、レモンカラーに近いか。

■“Gris Lune(グリリューン)”
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
べた塗りしたセメントっぽい感じの塗色。メガーヌ2R.S.限定モデルでも見かけたカラーか。

それぞれ個性のあるカラーですが、クリオR.S. V6のブリスターフェンダーを巧く表現する絶妙なカラーリングですね。

中でも“Marron Callisto(マロンカリスト)”は本当にシブい! これ以上の表現が見当たらないほどのシブさ。こりゃたまりませんね。

ところで、中古車サイトには現在こんなカラーのルーテシアR.S. V6絶賛販売中!
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
詳細は載せませんが、この車両は先ほどのカタログに載っている“Jaune Saturne(ジョーヌサターン)”とは明らかに色味が異なるんですね。

ちなみに、この車両はルーテシアなのでルノージャポンが正規輸入販売した車両であることは明らか。これはいったい?

調べてみると、こんなことがわかりました。
alt
  ≪画像は拝借しました。≫
“Jaune Sirius(ジョーヌシリウス)。

クリオ3R.S.では馴染みのあるボディカラーでした。
alt
  ≪画像は拝借しました。≫

“Jaune Sirius(ジョーヌシリウス)はクリオの2(第二世代)最終期から3(第三世代)に掛けて登場していたので、時期的に両モデルに混在したんでしょうね。

当時のルノージャポンが日本仕様として「ルーテシアR.S. V6」を販売したこと自体が大英断でしょう。もともそ生産台数がそう多くはないので、日本に導入した台数は相当少ないはず。

そんな中で、件の“Jaune Sirius(ジョーヌシリウス)の日本仕様についてもう少し調べてみたら、全販売台数はたったの5台! (詳しくはコチラ

販売価格はあえてここで記載しませんが、信じられないくらいのプレミア価格(驚  走行距離が年式の割にかなり少ないこととガレージ保管車両とのことなので、外観機関とも良好なのでしょう。

こうなると、車齢13年が経って買いやすくなるかと思いきや、お金がないと手が届かないモデルというのは一生涯縁がなさそう。(←買うのか?)

もし仮に所有するとなれば、それなりのスキルを持ち合わせていないと、パフォーマンスを余すことなく引き出すことができないでしょう。

R.S. V6のベースモデルのナローボディー2LのR.S.を所有した経験から言えば、小さなボディの方が気負うことなく乗れるので、2Lで必要にして十分です。

2LのR.S.の程度の良い車両が年を追うごとに少なくなる現実を見る一方で、R.S. V6は性格からか丁寧に扱われているため、走行距離が少ない車両が多いのは興味深いことです。

5ターボやスポールスパイダーなどと同様に最早コレクションアイテムなのかもしれませんね。
Posted at 2018/08/25 23:13:45 | コメント(4) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2018年08月16日 イイね!

メガーヌ3 プレミアムラインとGTラインはどちらが良いのか

メガーヌ3 プレミアムラインとGTラインはどちらが良いのか今から7年も前の2011年5月のこと。もうすでに先代となるルノーメガーヌ3(H/B)が日本で発売開始となりました。

そもそも、メガーヌ3がヨーロッパで販売開始となったのは2009年1月のこと。日本で販売開始となったのは遅れること2年!

実はメガーヌ3はR.S.モデルを2011年2月に先行販売開始していました。つまり、3ヶ月前ね。なぜ、メガーヌ3はR.S.の方が先行販売したのか?

当時のルノージャポンの販売戦略として、ライバルひしめくCセグメントにおいて、まずスポーツモデルを先行販売して、メガーヌ3のハンドリングやシャシー性能の高さをアピールしたかったからとのこと。

他にはまずない販売戦略と言えそうですが、これはルノージャポンのお家芸ともいうべきFTS戦略を活かした方策なのでしょう。

メガーヌ3日本発売当時は、プレミアムライン(コンフォート志向)とGTライン(スポーツ志向)の二つのグレード体系となっていました。

個人的にはスポーティな味付けはそれほど好みではなく、選べるのであれば、当然コンフォート志向のプレミアムラインと思い込んでいました。

当時、ルノーディーラーへ出向いて、プレミアムラインの試乗をする機会を得ました。その経験をおぼろげながら思い出すと、「柔らかい足廻りながら少々硬い」という印象。

なぜならば、当時は先代のC4ピカソを所有していたので、どうしてもそちらとの比較となってしまい、C4ピカソの方が乗り心地の面ではより良いという結論でした。

当時はGTラインの試乗も当然したいとずっと思っていたのですが、試乗車の用意がなかなかなくて、気付けば時間が経ってしまいました。結果として、GTラインの試乗はせずにいました。

あれから7年が経て、最近になって、プレミアムラインとGTラインってどちらが良いのだろうと、ふと思うようになり、思い始めたら気になって気になって仕方がありません(苦笑

過去のWeb記事をさかのぼって調べてみると、興味深いサイトにたどり着きました。下にリンクを貼りました。(元ワークスドライバーでモータージャーナリストの津々見友彦氏が試乗。)
引用先:AUTO PROVE 2011.7.7

以下、一部抜粋引用します。また、項目別に勝手にわけました。

■プレミアムライン
alt

>今回はプレミアムラインからハンドルを握ってみた。欧州育ちのFF車らしく、ステアリングの直進性は素晴らしく高い。アクセルのオン・オフに関わらず、常に直進性は強い。そしてそこから1〜2cm程度の小舵角時には、ややダルな反応を示す。これは意図的な設定であり、過敏な反応を嫌った結果の味付けであろう。

◎シート
>シートはフランス車の個性でもあるソフトな座り心地でありながら、身体のサポートをしっかり感じることができるタイプ。サイドのサポートもしっかりしている。リヤシートも同様にソフトな座り心地で、ドイツ車の固いシートとはまったく異なるところだ。ちなみにシートはフォルシア社との共同開発によるものだ。

◎タイヤ
>装着されるタイヤは205/55-16で、試乗車はミシュランのエナジーセイバーというエコタイヤを履いていた。その乗り心地はソフト、フランス車特有のサスペンションの足の長さを感じ、ストローク感たっぷりなフィーリングを残してくれる。

■GTライン
alt

>GTラインの狙いはフランス車特有の個性を少し薄め、どちらかといえばドイツ系のテイストに近づけている。つまり、どことなくカチッとした乗り味になっている。サスペンションもプレミアムラインより締め上げられたスポーツサスペンションであり、スタビライザーもひとまわり太いサイズに変更されている。

◎タイヤ
>装着するタイヤは205/50-17で試乗車はコンチネンタルのスポーツコンタクト3であった。その乗り心地も非常にうまくまとめられており、しっかりしたサスペンションフィールを味わうことができる。しかし決して硬いという印象はなく、RSと同じレカロのスポーツバケットシートの座り心地と相まって、とても若々しい印象の乗り心地である。
(引用終了)

私がプレミアムラインを試乗した時のいい加減なコメントよりはとってもタメになる印象記です。GTラインはプレミアムラインよりさらにサスペンションを締め上げ、スタビライザーを太いものに変更されていることからも性格がわかります。

素の味付けのプレミアムラインの方が良いのかとずっと信じていたのですが、これを読む限りではGTラインもまた良い印象を受けます。

GTラインでは固められた足廻りに対してコンチのスポコンとのマッチングが良いのでしょうね。うまく性能を引き出しているのかもしれません。GTラインのシートがレカロとは知りませんでした、、、

でも、シートだけで言えば、プレミアムラインの方が良さそう。「ソフトな座り心地」、「身体のサポートをしっかり感じることができるタイプ」という記載をみるととても気になります。もう7年も前に試乗したのでシートの印象はすっかり忘れています(苦笑

記事は次の言葉で締め括っています。引用します。

>フランス車のアシの長い、ゆったりとした乗り味を理解する人にはプレミアムライン、そしてドイツ車を好んできた人にはGTラインをという選択はいかがだろうか?
(引用終了)

プレミアムラインとGTラインにはそれぞれメリットがあれば、デメリットもあるはずです。柔を取るか剛を取るか。結局のところは、好みの問題でしょう。どちらが良いかなんて答えの出ない永遠のテーマかもしれません(^_^.)

GTライン、今にして思えば試乗しておけば良かったです(苦笑

※津々見友彦氏のインプレッション動画を貼っておきます。



※8/20 21時追記
メガーヌ3のモデルコードとシャシーについて、みん友さんの《》 nekさんが興味深いブログを取上げていらっしゃいます。ご参照ください。  (参照: メガーヌⅢ研究
Posted at 2018/08/16 22:11:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2018年06月09日 イイね!

ルーテシア2R.S.(Ph.2)日本発売当時の新聞広告【2002年4月頃】

ルーテシア(クリオ)はルノーのBセグメントを担う重要な位置づけのモデル。

第二世代としてルーテシア2が日本デビューしたのは1998年のこと。マイナーチェンジ版として後期型がデビューしたのは2002年4月頃のこと。

まず先にスポーティモデルたるR.S.モデルが登場し、少し遅れてベーシックモデルが登場。当時はR.S.を何としてでも先発として送り込みたかったのでしょう。

今回ご紹介するのは、ルーテシア2R.S.の後期型(Ph.2)の日本発売当時の新聞広告。
alt
『強い共鳴力が、走る衝動を駆りたてる。』

200N・m(20.4kgm)/5,400rpmを発生するエンジンは強烈そのもの。ターボに頼らず自然吸気で回せるのはこのクルマの醍醐味と言えるでしょう。

フロントデザインは前期型の柔和なマスクからエッジの効いた特徴あるものへと変えられました。
alt
当時のルノーデザインに深く関与した副社長でデザイン部門トップだったパトリック・ル・ケモン氏が関わったもの。

個性が強くて好みはわかれるところでしょう。新しい時代の始まりを感じさせるルノーモデルに、当時強く惹かれたものです。

ところで、ルーテシア2販売当時のルノージャポンのトップはFTS戦略でお馴染み大極CEOではありませんでした。

アヴァンタイムやラグナといった今では戦略から明らかに外れるであろうモデルが販売されていたので、面白い時代でした。

この新聞広告を眺めるにつけ、当時のR.S.欲しい!という思いが今でもよぎります。このモデルに関して言えば、今でも所有したい思いに変わりはないんですよ。5ナンバー&LHD&MTは稀有な存在ですね。
Posted at 2018/06/09 22:54:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2018年04月01日 イイね!

かつて日本で正規輸入販売していたルノー19(ディズヌフ)

始めに正直に言います。私はルノー車は過去に一台のみ、短期間所有していたので、ルノーについて未だ不勉強なところがあり、あまり理解できていません、、、

そういうわけで、今回取り上げる19(ディズヌフ)も以前から興味は持っていましたが、実のところ成り立ちについてほとんど知り得ていません。と言うことで、wikiでちょっと調べてみました。引用します。

>1988年にルノーの前輪駆動(FF)の小・中型車であるルノー9およびルノー11の後継型として発売された。基本デザインはイタリアの名門・ジウジアーロが手掛けた。
(引用終了)

今から30年も前にデビューしたモデルだったんですね。ジウジアーロが手掛けたということはまったく知りませんでした。端正なデザインはさすが名門が関わっただけあります。

ところで、19は現在では当然存在しませんが、メガーヌが実質的後継モデルとなります。現行モデルは第四世代ですから、やっぱり時代の流れを感じます。

実は19がかつて日本で正規で輸入販売していたということは案外知られていないかもしれません。CG誌(1992年2月号)にはPR広告が掲載されていました。
alt
当時のインポーターだったJAX(ジヤクス)の広告。

alt
「名門より、上質のルノー19」

記載内容によると、「ヨーロッパで大好評のルノー19、日本に到着」と記載があるので、タイミングとしては日本に到着したばかりということか。

ちなみに、この号の巻末価格表を見てみると、19は「11月発売」との記載が。ずいぶん待たされるわけですねww 

※参考までに価格を記しておきます。
  ・19TXE(AT Rhd 4dr/5dr 11月発売) 259万円
  ・19 16V(MT Lhd 3dr/5dr 11月発売) 322万円/329万円

ボディラインナップは3ドア/5ドアハッチバックと4ドアセダンの3つものラインナップ。後継モデルのメガーヌではセダンは導入が叶わなかったので、良き時代だったんですね。

また、CG誌(1991年11月号)には、ルノー19、BMW3シリーズ、ランチア・デドラのライバル対決で特集を組んでいました。
alt
その号で気になる記載内容を見つけたので、以下引用します。

>販売サイドから見て、R19の投入はサンクからの買い替え需要を促すことにつながり、期待は大きいはずだ。しかも9月号のリポートにもあるように、来期ルノーは日本市場への積極的な参入を表明。それを裏付けるようにR19 16Vに付けられたプライスタグも非常に野心的だ。本国でのフェイスリフトを間近に控え、輸入開始が来年6月まで延期されてしまったのは残念だ。
(引用終了)

ここで一旦整理しておきましょう。CG誌1991年11月号の記載によると、1992年6月まで販売が延期される。また、同じく1992年2月号の価格表には11月発売との記載が。

日を追うごとに、19の発売が延期しているようですね。上述の引用記事にあるとおり、ちょうどフェイスリフト版との端境期にあるというタイミングが要因としてあるようです。

でも、wikiにはこんなことが書かれてありました。引用します。

>前期型が当時のインポーターであったジャクス・カーセールス(JAX)の手により4/5ドアのTXE仕様(1,721cc)が計60台程度と3/4ドアの高性能16V仕様をごく少量輸入していた。
(引用終了)

結局のところ、極わずかの期間で計60台程度が正規で輸入販売されていたということがわかります。極めて希少な存在ですよね。

実はみん友さんの凌志さんが何シテル?に写真で情報提供してくださったんですが、何とそこに写っていたのは19の前期型!
alt
まず、凌志さんには写真掲載のご許可をいただきありがとうございます。30年近くは経つであろう19前期型の車両が今でも現存していたとは驚きです! 

この車両は先に取り上げた広告掲載車両と同色かなぁ。

いかがでしょうか^^;

凌志さんによると、とあるルノーディーラーに停まっていたそうで、おそらく当時のインポーターJAX(ジヤクス)の正規輸入車両でしょう。感心させられます。

さて、後期型の日本への正規輸入について。wikiにはこんなことが書かれてありました。引用します。

>後期型も当時新設されたばかりのヤナセのルノー取り扱い子会社、フランス・モーターズが輸入を計画していたが、それが本決まりにならないままメガーヌに代替されてしまった。
(引用終了)

ここで、1993年版フランス・モーターズのルノー総合カタログが興味深いのですが、持ち合わせがあったのでご紹介します。
alt
alt
フェイスリフトによって後期型となった19がしっかり載っているわけです。特に「発売予定」といった記載があるわけでもなく、まるで販売車両かのような扱い方。

ちなみに当時のルノー車は、サフラン・ルーテシアPh.1・トゥインゴというラインナップ。

そもそも、JAX(ジヤクス)時代のルノー販売は決して好調ではなかったので、それが原因で撤退したようなもの。後を引き継いだフランス・モーターズとしては、ルノー車の販売にあたって、一旦すべて見直しを迫られたのだろうということは容易に想像がつきます。

19というモデルはもちろん良いクルマであることに異論を挟む余地などありませんが、残念ながら日本ではインポーターの販売戦略が大きく影響したこととインポーターが安定しなかったことで、不運な運命にあったように思われます。

いつの時代にあっても、販売戦略はとても重要だということを19で改めて知った次第です。それを考えると、あえてニッチを狙うFTS戦略はある意味巧いなぁと感じます。
Posted at 2018/04/01 22:33:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | ルノー | 日記

プロフィール

「@けろさん さん、早朝からお疲れさまでした! 久々にお逢いできましたね。来週はお逢いできませんが、楽しんできてください♪」
何シテル?   10/14 11:13
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

【動画紹介】 W 201 - Technologie im Wandel der Zeit ~W201(190E)の開発風景~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/08 20:48:15
積載台数4,900台の自動車専用船で繰り広げられる職人技! スバルの船積み見学会に行ってきました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/14 07:05:56
しっかり感のあるブレーキ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/26 09:40:00

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
169 人のお友達がいます
shira3948shira3948 * 犬牛犬牛 *
よっちゃんピカソよっちゃんピカソ * TOARCOTOARCO *
vw_goroccovw_gorocco * う~@0502う~@0502 *

ファン

140 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
家族との時間を共有することを優先条件として選んだのが二代(台)目C4ピカソです。原点に立 ...
プジョー その他 プジョチャリ (プジョー その他)
2001年秋頃に307がデビューした際に、モニターキャンペーンを実施していて、プジョーの ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.