• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Gentaのブログ一覧

2018年10月12日 イイね!

マジョレットDS4さらにフルコンプリート!…と今後のこと【2018.9】

ちょうど二年前のこと。当時DS4を所有していました。

所有しているミニカーを集めたくなるのは、悲しいかなオーナーの性というもの。

ノレブは3インチも集めましたし、普段はほとんど投資しない1/43スケールも集めました。

そんな中、マジョレットからもDS4が発売されることを知り、一つ集めては、次のカラーが発売され、捜して発掘しての繰り返し。

結局、3色のマジョレットDS4が発売され、気付けばフルコンプリートしていました(苦笑
(参照: DS4オーナーにとってフルコンプリート【2016.10】

その3色というのが・・・

alt
茶(ブランヒッコリー)

alt
白(ブランナクレ)

alt
ネオンカラー(黄緑)

3色並べてみました
alt
色とりどり。特にネオンカラーは当時他モデルと合わせてシリーズ化していました。

このたびのル・ボラン誌とのコラボ企画による「ユーロホットカーズセレクション」にはたくさんのフランス車がラインナップにありました。

その中にはDSオートモビルズのDS 4がラインナップにあるわけです!
alt
ブランドは違えど同じDS4。これは集めないわけにはいかないですね。

スーパーのお菓子売り場を捜索したところ、ついに発掘!
alt
ついに4色目のDS4。

あまりの嬉しさについ4色を並べてみました
alt
カラフル! DS4、これだけカラバリが揃うと壮観です♪

「ユーロホットカーズ」シリーズはひと通り集まったので、次は「ビンテージコレクション」シリーズ。
alt
全20種類ありますが、ビンテージと呼べるものは実質6モデルのみ…という不思議。。。

フランス車オーナーならばやっぱり・・・
alt
alt
これらは欠かすことのできないマストアイテム。そろそろ店頭に並び始めそうですが、、、 ぜひ押さえたいです!!
Posted at 2018/10/12 22:49:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年08月18日 イイね!

マジョレット最新モデル捕獲報告【2018.8】

マジョレット最新モデル捕獲報告【2018.8】
久々のミニカーネタです(^^)v

6月にカバヤからマジョレットの最新モデル「ユーロホットカーズセレクション」なるシリーズが発売されました。

クルマ雑誌のル・ボラン誌が監修したスペシャルフォトカードが付いたシリーズらしく、つまり、クルマ雑誌と菓子メーカーとミニカーメーカーのコラボモデルということになります。

その内訳というのが興味深いモデルが多いんですよね。一部をご紹介。

ここにあるのは一部なんですが、「ユーロホットカーズセレクション」は全20ものモデルがあります。

そのうちの何と11モデルがフランス車! 近年稀に見る、フレンチミニカーファンにとってはとても集め甲斐のあるシリーズ!!

とりあえず出逢いたい押さえておきたかったモデルはコチラ↓↓


  カングー (“majorette”デカール) ・トゥインゴGT ・ C4カクタス ・C3 ・ 308GTi

大満足です(^o^)

しかも、実際にカタログで見慣れたボディカラーというのがポイントかなり高いですね。

■ルノートゥインゴGT

オランジュ・ブレイズ

■シトロエンC4カクタス

バルチックブルー

■シトロエンC3

ブランバンキーズ×ルージュアデン

■プジョー308GTi

クープフランシュ(アルティメットレッド/ペルラネラブラック)


ところで、今回集まった中でこのモデル↓↓には実はちょっとした裏話がありまして(^_^;)

最新作 シトロエンC3。

わずかの小遣いを持ってスーパーへ駄菓子を買いに行った子供が、お菓子売り場でたまたまこのC3を見つけたそうなんです。

私がマジョレット最新モデルを探しているのを知っていたので、わずかの小遣いの中からC3を優先的に買ってくれ、結果的に、本来自分の買いたかった駄菓子をすべて買えなかったそうです(涙

ありがとうよ! なお、すぐに500円は返しました(苦笑  

ということで、今回のシリーズでだいたい欲しいモデルは押さえたわけですが、まだ発掘できていないモデルがあります。


本命はすでに発掘が済んでおり、特に急いでいるわけではないので、こちらは慌てず発掘したいと思います。

ところで、今回の「ユーロホットカーズセレクション」の後には、第3弾として「ビンテージコレクション」20モデルの登場が控えています。Coming Soonてことらしいので楽しみです!

断言はできませんが、おそらくフレンチモデルもありそうな気がしてなりません。これまた発掘のし甲斐がありそうです。新たな出逢いを求めてしばらくはお菓子売り場から目が離せませんね(^_^;)
Posted at 2018/08/18 22:47:17 | コメント(5) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年05月12日 イイね!

ノレブのアルファロメオGTV Ph.3のミニカー

先日、アルファロメオGTVとスパイダーのデビュー当時のフェアに関する新聞広告を取り上げました。

当時のインポーターだったフィアットアンドアルファロメオモータージャパン(長い!)の全国紙の全面広告で力の入れようが窺えました。
(参照: アルファロメオ GTV&Spiderデビューフェアの新聞広告【1996年1月開催】

1996年にデビューしたので、もう22年も前のクルマということになるわけですが、ピニンファリーナに在籍していたエンリコ・フミア氏の手によるデザインは旧さを感じさせず秀逸です。

アルファGTVは特にデザインが強く惹かれる琴線に触れるモデルです。

そういうわけで、2代目スパイダーをいつでもどんなときでも眺めていたいと思ったので、ずっと以前にミニカー(ノレブ1/43スケール)を購入して飾っています。


サイドからのデザインは日本車では絶対に生まれないモノ。GTVのデザインを強く印象づける


フロントマスクをご覧なってすぐわかるのですが、このモデルは2003年のフェイスリフトで若干意匠変更された、通称Ph.3。ロッソアルファのボディカラーが眩いですね。

拾いものの画像を見つけてみました。

■Ph.3


■Ph.1&Ph.2


Ph.3はフロントグリルを兼ねたアルファロメオの盾が縦方向に伸ばされ、ガラリと印象が変わりました。

なので、Ph.3は現代のアルファロメオにも通ずるフロントグリルへと変わった過渡期のモデルとも言えます。

個人的にはPh.1&2の小さな盾のフロントマスクの方が好みです。控えめながらも「アルファロメオ」をさりげなく主張をするフロントマスクに好感が持てます。まぁ、好みの問題なのでしょうけど。

このPh.3ミニカーを入手したのはもちろんGTVが好きだからなのですが、欲を言えば、Ph.1&2が良かったのですが、残念ながら探しても見つかりませんでした、、、

Ph.3カタログの持ち合わせがありました。

大きく変更を受けたアルファロメオの盾を強調する表紙。


カタログ写真も同様にフロントマスクを強く訴える写真。


ボディカラーラインナップ。定番のロッソアルファの他にも色とりどりですね。OP.カラーのヌヴォラブルーは高額のカラー。

アルファロメオクーペは古くから現代に至るまで多くのモデルが存在します。中でもGTVはカッコ良いと感じます。

所有するならば、Ph.1&2かつリアスポイラーがない仕様がいいなぁ。

  ≪画像は拝借しました。≫
この仕様であれば、ぜひとも所有してみたい!

これはリアスポイラー装着車両。

せっかくのピニンファリーナの流麗なデザインがスポイルされている気がする。。。

憧れのヴェルデ(緑)のGTVであればより良いなぁ。

  ≪画像は拝借しました。≫
“Verde Toropico(トロピカルグリーンメタリック)” 

このカラーは艶やかでシブい! アルファロメオ×緑というあえて定番を外した意外性があるのも好感が持てます♪

所有できるまでの間、ロッソアルファのPh.3ミニカーを眺めながらアルファロメオのあるカーライフを妄想することにしよう。叶うかなぁ(^_^;)
Posted at 2018/05/12 18:00:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年03月04日 イイね!

みん友さんからいただいた2台目のマジョレット・トゥインゴ3【2018.3】

マジョレット・トゥインゴ3は昨年の発売以来、なかなかゲットすることが叶わず、結局年明けの1月になってようやく発掘することができました。
(参照: マジョレット・トゥインゴ3 ついに発掘【2018.1】

あまりに完成度が高く、パッケージ未開封のまま観賞用として保管しておこうと思いました。そうなると、2台目を探す必要が出てきたわけです。

ところが、2台目発掘のノルマ?があるにも関わらず、スーパーへ出掛ける時間や用事がほとんどなく、時間だけが過ぎ去っていきました。

そんな折、先日、みん友さんのラノッテくりおさんにお逢いする機会があり、何と嬉しいことに、捜索中のマジョレットのトゥインゴ3をいただくことができました! 
alt
いただいた瞬間、萌えました♪ (右が今回ラノッテくりおさんからいただいたトゥインゴ3)

ラノッテくりおさん、このたびは本当にありがとうございましたm(__)m  大切に家宝にします(^_^;)

ラノッテくりおさんは、私がトゥインゴ3の2台目発掘していることをずっと気に掛けていただいたそうで、たまたまご近所のスーパーでトゥインゴ3を見つけられて譲っていただきました。

これをやりたかったんですよ♪
alt
初代から3代目まで並んで勢揃い。ようやくコンプリート!

ところで、初代から3代目までのそれぞれ発売時カタログ。
alt
各モデルのディメンションを調べてみることにしました。

alt
初代に比べると、ホイールベースが150mmほど伸びた分だけ、全長はおよそ200mm伸びてしまったよう。車両重量がついに1トンを超えてしまったのか、、、

おそらく現代の安全基準に適合させるためなのか、ひと回りほど肥大化してしまいましたね。

モノスペースでコンパクトさが初代の美点ならば、3代目はダイムラーとの協業によりRRへと駆動方式を変えたことがメリットなのかもしれません。
(参照: 興味が尽きない日本発売間近のトゥインゴ3

エンジンがリアへ移されたことによって、その分、前席位置をさらに前へ前進させることができ、ホイールベースを伸ばすことで、後席の居住性が格段に良くなったとか。

話題が逸れましたが、ルノーにとって新たなチャレンジングはトゥインゴだからこそ成し得た取組みだったのでしょう。

それにしても、マジョレット・トゥインゴ3を眺めていると、クオリティが格段に向上したように感じます。今やノレブをも脅かす存在、いや、すでに超えているのかもしれませんね(^_^;)
Posted at 2018/03/04 17:25:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年03月02日 イイね!

マジョレット・ポルシェ918スパイダーを発掘

今から4年半前のドイツ・フランクフルトモーターショーの場でワールドプレミアされたモデルがありました。
alt
alt
ポルシェ918スパイダー。ひと目でポルシェとわかるモデル。

このモデルの素性はV型8気筒4.6Lエンジンと電気モーターをフロントとリアに搭載した持ち主。
alt
PHV(プラグインハイブリッド)モデルなんですね。

今やカイエンやパナメーラといった量産モデルの一部にもハイブリッドモデルはラインナップにありますが、918スパイダーはそれらに先駆けてデビューしたとも言えるんですね。

販売台数は世界限定918台だったそうで、なかなかシャレが効いています。販売価格は当時の相場でおよそ9600万円だったそうで。1億かぁ、、、

にもかかわらず、即完売だったのだとか! 懐に余裕のあるオーナーは世界中にどれだけでも存在するわけなんですね。

ポルシェジャパンのWebサイトには次のことが書かれてありました。引用します。

ポルシェのハイブリッドコンセプトを宿す918スパイダーは、新たな歴史を創った車です。なぜなら、プラグインハイブリッドとして設計された史上初のスーパースポーツカーであるためです。さらにノルドシュライフェにおいて6分57秒をいう驚異的なラップタイムをマークし、公道仕様スポーツカーの記録も保持しています。
(引用終了)

「新たな歴史を創った車」と謳うほど凄いモデルなのでしょう。でも、次元があまりに高いところにあって、ほとんど理解できていません。

さて、ポルシェ。もちろん興味のあるモデルです。憧れの存在です。でも、一番安価なモデルのケイマンですら高額という、所詮庶民には到底手の届かないブランド。

いつでもどんなときでも眺めるにはもうミニカーに頼るしかありません。庶民の味方でもあるマジョレットに918スパイダーはありました!
alt

もちろん押さえました!
alt
発掘したのは昨年のことです。

と思っていたら、こんな918スパイダーもあるようでした!
alt
違いわかります? 

一見すると同じブルーのボディカラーを纏った918スパイダーなんですが、内装が違うというね。もちろん押さえました!
alt
ブラックインテリアの918スパイダー。ちなみに、こちらはNewパッケージなんですね。

ボディカラーが異なるモデルを用意するのはマジョレットではよくあることなのですが、インテリアカラーを2つも用意するのは他にあったかなぁ。

ブラックインテリアの918スパイダー。
alt
無難でシックにまとまっていますね。

一方、レッドインテリア。
alt
明るい印象のレッドインテリアってイイじゃない! 素敵です♪

でも残念ながら、マジョレットのレッドインテリア918スパイダーはすでに販売終了モデル。新車で買えるマジョレット918スパイダーはブラックインテリアだけなんですね(^_^;)

※918スパイダーの動画を見つけたのでどうぞご覧ください。
Posted at 2018/03/02 22:58:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記

プロフィール

「@けろさん さん、早朝からお疲れさまでした! 久々にお逢いできましたね。来週はお逢いできませんが、楽しんできてください♪」
何シテル?   10/14 11:13
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

【動画紹介】 W 201 - Technologie im Wandel der Zeit ~W201(190E)の開発風景~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/08 20:48:15
積載台数4,900台の自動車専用船で繰り広げられる職人技! スバルの船積み見学会に行ってきました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/14 07:05:56
しっかり感のあるブレーキ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/26 09:40:00

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
169 人のお友達がいます
じゃがのすけじゃがのすけ * 28mikan28mikan *
ponshponsh * shifoshifo *
キャニオンゴールドキャニオンゴールド * ともろえんともろえん *

ファン

140 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
家族との時間を共有することを優先条件として選んだのが二代(台)目C4ピカソです。原点に立 ...
プジョー その他 プジョチャリ (プジョー その他)
2001年秋頃に307がデビューした際に、モニターキャンペーンを実施していて、プジョーの ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.