• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Gentaのブログ一覧

2017年06月18日 イイね!

オートザム店のランチア&アウトビアンキ総合カタログ【1990年頃発行】

オートザム店のランチア&アウトビアンキ総合カタログ【1990年頃発行】イタリアの名門ブランドのランチア。かつてはモータースポーツにも積極的に参戦し、世界にランチアの名を知らしめ、モータースポーツファンならずとも多くの人が知っているブランドです。

WRCではデルタ・インテグラーレが席巻していた姿は今も記憶に残る人も多いことでしょう。輝かしい戦績を残していました。

ところが、そのランチア。たくさんあったモデルは今となっては車種整理がかなり行われてしまって、イプシロンしか生産販売していないというとても寂しい状況。

それは、クライスラー・フィアットオートモビルズグループCEO(最高責任者)のセルジオ・マルキオーネ氏の方針に基づくもの。

マルキオーネCEOによると、ランチアブランドに対する野心はなくなってしまったそうで、現在ではランチアはイタリア限定ブランドになってしまい、2018年にはイプシロンが生産終了するという計画なんだとか。
(参照: クライスラー・イプシロン日本新車販売終了が意味するもの

その後、この計画に変更がないとすれば、来年にはランチアブランドが静かに幕を閉じるのかもしれませんね。とても残念なこと。自動車業界はまさに栄枯盛衰。何が起こるか本当にわからないものです。

ところで、日本におけるランチアは旧くからガレージ伊太利屋が輸入販売を手掛け、信頼を得てきました。1990年頃になるとマツダが輸入販売を手掛けるようになり事情が変わりました。

1990年頃と言えば世はまさにバブル景気に浮かれていた時代。当時のマツダはトヨタや日産に倣って、国内販売の多チャネル化を推し進めていました。

その中でオートザム店では、キャロルやスクラムといった軽モデルからレビュー、AZ-3、クレフなどのモデルラインナップを取扱っていました。

オートザム店のアッパークラスを受け持つモデルとして取扱うことになったのがランチア。同じ頃、マツダはシトロエンの輸入販売を手掛け、ユーノス店で取扱っていました。

ランチアの現状と日本のこれまでの経緯をざっくりと記したところで、ようやく本題です。

今回ご紹介するのは、1990年頃のランチア&アウトビアンキ総合カタログ。冒頭写真がその表紙。B4サイズの大きなカタログで見開き4ページのシンプルなもの。

これは表紙に記載ある、ランチアの創立からこれまでの経緯について↓

ランチアはあまり詳しいわけではないので詳細はご覧いただくとして(^_^;)  この当時ですでに84年もの歴史をもつ老舗ブランドなんですね!

当時のラインナップ。



LANIA THEMA 8.32


LANCIA THEMA 2.0ie 16V&2.8V6


AUTOBIANCHI Y10 1.3GT ie

これはTHEMA 8.32の簡単な解説。

「フェラーリをディチューンする贅沢。」

今さら説明するまでもなく、フェラーリ308エンジンのディチューン版を搭載したランチア。一見すると至って普通のセダンなのに、実は凄いポテンシャルを秘めたランチア!

このようなモデルをオートザム店で買うことができたわけです。これはある意味凄いこと! マツダはランチアに対するイメージを変えた重要な役目を果たしたのかもしれません。




オートザム店のDMがたまたま見つかったのでご覧入れましょう。

スクラムとランチア&アウトビアンキが同列に扱われているという凄いことが起きていました!

好景気は永くは続かず、結局のところバブルが崩壊しました。それに伴って、マツダの多チャネル化は失敗に終わったわけです。

販売店の見直しや取扱いモデルの見直し、そしてランチアやシトロエンといったヨーロッパブランドの輸入販売も撤退するわけです。

今にして思えば、軽やコンパクトクラスを扱う販売店でイタリア名門ブランドのランチアを取扱っていたことは何とも不思議であり、異様に映ったものです。

このカタログはそれを如実に語る証と言えるのかもしれません(^_^;)
Posted at 2017/06/18 21:33:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | イタリア車カタログ | 日記
2015年11月06日 イイね!

アルファ・ロメオ総合カタログ【1992年4月発行】

アルファ・ロメオ総合カタログ【1992年4月発行】アルファ・ロメオはイタリアの名門ブランド。歴史も長く、これまでに多くの名車を世に出してきました。そのため、ファンも多く魅了してきました。

余談ですが、私個人的にはアルファ・ロメオは大好きなブランドの一つです。昔から憧れにも似た思いを抱いています。

しかし、所有したいとは思っても踏み切れない何かがあって、未だ所有には至っていません。もう少し年をとってからどうするか考えてみたい…なぁなんて思っています。

話を戻します。アルファ・ロメオは日本でもファンは多く、その当時のインポーターによってイタリアから最新のモデルを導入していました。古くは伊藤忠商事や日英自動車、大沢商会などが取扱ってきましたね。
(参照: 日英自動車のアルファロメオ総合カタログ【1985年頃発行】 )

今回ご紹介するのは長いアルファ・ロメオの歴史からすれば、比較的新しい1992年の総合カタログです。と言っても、23年も前ですが。当時のインポーターは「フィアットアンドアルファロメオモータースジャパン」という会社。

冒頭の写真は、そのカタログの表紙です。表紙にもあるとおり、当時のラインナップは164が2モデルと75、スパイダーの全4モデル。

1ページめくると・・・

左ページではこれまでの歴史をざっくり解説し、右ページではこれからのことを解説。

左ページを拡大。

正直に言いますと、旧いアルファ・ロメオのモデルはさっぱりわかりませんが、レースでの輝かしい戦績を残すことで、ブランドイメージにも繋がっていることでしょう。

右ページの拡大。

写真で掲げてあるコンセプトカー「プロテオ」は、後のGTVやスパイダーにも通ずるデザインですね。

  GTV

次のページをめくると・・・

ニューアルファ164L。

説明の一部をご紹介。
『日本の道路事情や気象条件に配慮し数多くの改良を施した徹底的な日本仕様になっており、右ハンドル仕様車も設定されています。』
日本導入当初はLHDしか導入していませんでしたが、日本市場の声を反映したのかRHDを追加設定したようですね。

164Lには、「ベースグレード」と「トップバージョン」の二つのグレードが用意されていました。後者はレザーシートが標準装備。これはインテリアの様子。トップバージョンの販売価格は575万円也。

次のページをめくると・・・

164クアドリフォリオ。説明の一部には・・・
『アルファ・レーシングマシーンのシンボルマークとして知られる四つ葉のクローバー(クアドリフォリオ)。』
現代のミトやジュリエッタにもあるネーミングですね。当時の販売価格は628万円也。高額だったのですね。

次のページには・・・

75ツインスパークとスパイダー。

75ツインスパーク。

『純粋な走りのために完成度を高め、アルファの世界を開く、高性能スポーティ・セダン。』
細部をよくみると、ショルダーラインをもったウェッジシェイプのデザインは他ではなかなか見られないデザインですね。それ故、アクの強いデザインは好き嫌いがハッキリわかれるところですが(^_^.) 

個人的には75は好きなアルファの一つです。また、75のカタログを保有しているので、これについては改めてご紹介したいと思います。

スパイダー。

『アートの領域にまで到達した優美なスタイリング、ステアリングを握るドライバーのハートを刺激する高感度な走り、アルファの美意識がすみずみにまで注がれた洗練のインテリア。』

このクルマを語るのに余計な言葉はいりませんね。説明がすべてを物語っていますよね。本当に美しく優雅なデザインだと思います。

カタログの最後には・・・

「フィアットアンドアルファロメオモータースジャパン」という社名は長くて覚えづらいですが、イタリア本国メーカーが設立した日本法人のよう。安心感を訴えています。ここでは省略しましたが、当時の地区代理店は全国で25社。現在とは違って、まだまだメジャーとは言えなかったのかもしれません。

現在のアルファ・ロメオでは3ペダルMTがすっかりなくなってしまいましたが、この当時は75・スパイダー・164とすべてのモデルに設定がありました。

まだまだ3ペダルMTが幅を利かせていた時代でしたね。このカタログを眺めながら、イタリア車はやっぱり3ペダルMTだよなぁと思いましたが、そのような考えはもう古いのかなぁ。復活すればいいのにと切に願うのでした(^^)
Posted at 2015/11/06 23:33:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | イタリア車カタログ | 日記
2014年11月08日 イイね!

日英自動車のアルファロメオ総合カタログ【1985年頃発行】

日英自動車のアルファロメオ総合カタログ【1985年頃発行】自動車カタログを整理していたときに珍しいカタログが見つかったのでご紹介します。これは、日英自動車がインポーターとして取扱っていた時代のアルファロメオのカタログです。このカタログは買ったわけではなくずっと持っていたのですが、どういったいきさつで入手したのかは不明です。

日英自動車と聞いてあまりピンと来ませんが、かつて19やフエゴなどの頃ルノーを扱っていたインポーターとして知られています。ルノー以外にもアルファロメオも取り扱っていたとはこのカタログを見るまで知りませんでした。

ということで、カタログをご紹介する前にまず私自身が日英自動車のことをまったく理解していないので、そこから紐解いてみたら面白いことがわかると思い調べることにします。

やはりネーミングにあるとおりMG・ミニ・ライレーなどのイギリス車を取扱っていたようですが、それ以外にもビュイックやポンティアックなどのアメリカ車も取扱っていたもよう。そして、フランス・ルノーにイタリア・アルファロメオと、世界中のブランドを取扱っていた総合商社だったようですね。

1985年当時の「外国車ガイドブック」を持っていたので調べてみました。

ありました! 日英自動車の広告ページ。この当時はすでにアメ車の取扱いは終了していたようです。こうして写真で見ると取扱うモデルたちがシブすぎますね(^^)

さらに調べてみました。日英自動車がアルファロメオを取扱っていたのは、1983年から1985年のわずか2年間だけ。考えてみたらこれは貴重なカタログなのかもしれませんね。ただし、カタログの発行年月の記載がないので判然としませんが、1985年と見積もってみても少なくとも30年は経つというわけです。

ちなみに、アルファロメオを取扱っていたインポーターは、日英自動車の前は伊藤忠商事が長い間取扱っていましたし、日英自動車が撤退した後はアルファロメオジャパン・大沢商会・フィアットアルファロメオジャパンなどなど。アルファロメオもインポーターが安定しない時代があったのですね。

さて、前置きが長くなりました。私はアルファロメオには大いに興味を持っているのですが、あいにく詳しい知識を持ち合わせているわけではなく勉強中の身です。ご覧いただく皆さん方の方がよっぽど詳しいと思いますのでご了承ください(^_^.)

当時の主要ラインナップを順にご紹介(^^)

33 1.5。
アルファスッド発展型の4ドアセダン。こう見えてハッチバックボディ。水平対向4気筒の1.5Lエンジン搭載モデル。当時の販売価格は315万円。

続いて、

アルファスッド スプリント。
ジウジアーロがデザインを手掛けたモデル。1971年トリノショーでデビューしたモデルだそうです。エンジンは33と基本的に同じですが、ウェーバーキャブ搭載で最高出力が高められています。当時の販売価格は328万円。

続いて、

ジュリエッタ2.0。
このモデルはジュリエッタとしては2代目。デビューは1977年とのことなので、当時ですでに7~8年は経つモデル。ウェッジシェイプのボディがとても素敵です♪ 当時の販売価格は398万円。

続いて、

GTV 2.0。
GTVは1974年デビューのアルフェッタクーペを祖に持ち、1980年にGTVと改称しました。デザインはジウジアーロが手掛けました。V6 2.5Lも他にありますが、日本仕様は2Lのみ。当時の販売価格は427万円。

続いて、


スパイダーヴェローチェ2.0。
1966年から生産が続けられた初代スパイダーは1983年にビッグマイナーチェンジが行われました。このカタログのモデルはまさにそのMC版で「シリーズ3」と呼ばれるモデル。ピニンファリーナが手掛けるデザインは今でも色褪せず美しいですね。当時の販売価格は498万円。30年前としては破格の値段だったのですね(^_^.)

念のため裏表紙も載せておきます。

「伊国アルファロメオ社日本総輸入元」の記載が今となっては新鮮に映ります。

当時はまだまだ「ガイシャ」(←あえてこのように表記)は高嶺の花の時代でした。当時の想定されるアルファロメオの購買者層は、もちろん裕福であり人とは違うクルマに乗りたいと考える人を対象としていたでしょうか。そのような人にとっては訴えるに十分のカタログだったでしょうね。

昨今ではアルファロメオは生き残りをかけてフィアットグループ企業内でさまざまな共有化を進めたりして、ファンにとっては「らしさ」が薄れたように感じられるかもしれません。それに引きかえ、30年前のカタログを眺めるにつけ、当時はまだまだ個性が強いモデルが多かったのだなぁとつくづく感じさせられますね(^^)
Posted at 2014/11/08 18:30:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | イタリア車カタログ | 日記
2014年06月21日 イイね!

「This is Abarth tuning 」…A112&130TC

「This  is  Abarth  tuning 」…A112&130TC私は、アバルトはもとよりフィアットやアウトビアンキなどイタリア車についてあまり詳しいわけでもなく、語れるわけでもありません。

以前、お友達のBONZO.さんが書いていらっしゃった 最後のアバルト というブログを拝見していて、アバルトA112&リトモ・アバルト130TCのカタログ(と呼べるほどではありませんが…)を持っていたことを思い出しました(^_^;)

というわけで、ご紹介がてら備忘録として残したいと思います。BONZO.さんのブログに記載あるとおり、これらモデルはJAX社取扱いだったので、当然JAX社のカタログ。

カタログ表紙はイタリアンカラーである赤を採用しており、アバルトの蠍マークのエンブレムが大きく載っています。「This is Abarth tuning. 」というキャッチコピーとともにシンプルなもの。

中を見開いてみると、

リトモ・アバルト130TCとアバルトA112の主要装備を紹介しています。アバルト直系のチュー二ングモデルらしくエンジンや排気系にまで手が加えられているのですね。

さて、最後のページ。

それぞれのモデルのエンジントルク曲線が掲げられています。その下にはアバルトについて成り立ちが書かれてあります。それを読んでみると、(以下、原文のまま一部引用。)

「アバルト、それはモータースポーツに命を賭けた1人の男の名である。彼を語るには、モータースポーツを語る必要がある。  (~中略~)

ベンツ、ジャガー、フィアットといった大メーカーが膨大な予算と人員を投入し、激しい戦いを繰り広げた1950年代のスポーツカーレース。そこのどのメーカーにも属さないフリーのメカニック、カルロ・アバルトという男が、自らチームを編成し参戦していた。

レース専用の、軽く、低いボディを持つ出場車の中で、彼の送り出した一般車のボディを持つレーシングカーは、場違いのイメージすら与えた。しかしレースがスタートすれば、スタンドを埋めた数万の観客は、驚きの声と共に、喝采をアバルトに送った。  (~中略~)

アバルトのチューニングは、レースを重ねるにつれて、より高度なものとなって行った。OHVエンジンをOHCに、時にはDOHCに。スチールが常識だったシリンダーヘッドをアルミ合金に。より高いコーナリング性能のためのタイヤ/ブレーキのサイズアップ、サスペンションチューニング。すべてに新しいトライを続けた。   (~中略~)

アバルトのチューニング哲学には3つの大きなポイントがある。第1に空気抵抗を小さく戦闘力を高くするための、コンパクトボディ。第2に総重量を軽くするための、小さく軽く、ハイパワーなエンジン。そして第3に、可能な限りコーナリングスピードを高めると同時に、ブレーキ性能を高めるための重量バランス。その3つだ。

それは1980年代に入り、世界の自動車メーカーが開発、研究のメインテーマとしているポイントと、まさにオーバーラップしている。  (~中略~)

チューニングの魔術師と呼ばれたカルロ・アバルトのノウハウが生かされ、サソリのエンブレムを与えられたA112、130TC。その装備のすべては、モータースポーツ活動を意識して組み込まれている。

オリジナルのままでツーリングカーレースに参加できる。と評価された、130TC、A112の標準装備を、心ゆくまで見てほしい。」


アバルトという、いちメカニックが高い志をもって手掛けたのがそもそもの始まりのようですが、正直なところ知りませんでした。彼にしてみれば、リトモやA112を素材に潜在能力を引き出してチューニングを施し、世に送り出すことを至上命題として取り組んでいたのかもしれません。

近年のアバルト500やプントなどがあるのも、今回ご紹介したかつての130TCやA112があったからこそと思います。アバルトは氏素性がはっきりした血統証付きのモデルとして名を馳せるモデルと言えるのかもしれませんね^^;
Posted at 2014/06/21 13:53:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | イタリア車カタログ | 日記

プロフィール

「@ダブルシェブロン さん、久しぶりにお逢いできましたね!またお目に掛かりましょう😄」
何シテル?   11/18 17:52
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

「クワトロ」のお話(補足) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/16 22:40:10
北海道の昭和のライオン の続き 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/22 20:08:18
【動画紹介】 W 201 - Technologie im Wandel der Zeit ~W201(190E)の開発風景~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/08 20:48:15

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
169 人のお友達がいます
vertinvertin * ケイピカケイピカ *
わんどらわんどら * おかず@C4おかず@C4 *
ミルクマンミルクマン * ラノッテくりおラノッテくりお *

ファン

145 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
家族との時間を共有することを優先条件として選んだのが二代(台)目C4ピカソです。原点に立 ...
プジョー その他 プジョチャリ (プジョー その他)
2001年秋頃に307がデビューした際に、モニターキャンペーンを実施していて、プジョーの ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.