• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Gentaのブログ一覧

2018年09月17日 イイね!

「シトロエンXMで行ってみたい旅」レポート募集リーフレット ~やんぢさんpresents~

「シトロエンXMで行ってみたい旅」レポート募集リーフレット ~やんぢさんpresents~1989年まで製造販売されたシトロエンフラッグシップCXの後継モデルとして、その重責を引き続き担ったのがXM。

1990年に日本で販売を開始。販売チャネルは、マツダ(ユーノス)と西武自販の二つの取扱い。両者の仕様には、装備やボディカラーなど若干の違いがあったようです。しかし、最大の違いとなると、やはり信頼性でしょう。

当時、マツダはシトロエンの取扱いを始めたばかりのタイミングだったので、整備・メンテナンス・アフターフォローなどの面では西武自販の方が圧倒的にアドバンテージが高かったのです。

なお、ここでちょっと説明をしておくと、販売業務はあくまでマツダと西武自販ですが、両者の間を取り持つのはあくまでシトロエンオートモビルズ。なので、業務上の調整のため、それぞれ三者が出資してシトロエンジャポン社が設立されました。

ここでさらに誤解のないよう説明すると、プジョーシトロエンジャポン社以前のシトロエンジャポン社とは成り立ちが異なる会社なので悪しからず。(あぁややこしい、、、)

さて、先日やんぢさんからまたまたシトロエンに関するカタログなどの史料をたくさんいただきました。
alt
ただいま絶賛整理中! やんぢさん、本当にありがとうございました。

整理中に見つけた一枚モノのリーフレットが目に留まりました。
alt
これは、当時のシトロエンジャポン社が企画したもののようです。1992年7月末日が応募締切。

「XMで行ってみたい旅」のレポーターを大募集・・・ってことらしいです!!  シトロエンが夢を実現するというのはある意味約束されたようなものかな。

「このXMで行ったみたい旅」の応募要領というのが、簡単に言えば、XMでぜひ行ってみたいあんな旅やこんな旅ということ。またその旅が誰と行くのか、どんな内容の旅なのか。
alt
少々乱暴に言ってしまえば、応募者自身が旅行プランナーで、自由がかなり利く(やりたい放題?)の旅に仕立て上げられるというわけです。

記載にあるとおり、旅してみたい旅行地というのが、「日本国内またはフランス国内」限定らしいのですが、これは凄いこと!

最優秀作に選定された5名は、企画どおりの旅行をしてもらうという、他にはない、何とも斬新な?企画と言えるかもしれません。

そうなると、ぜひ最優秀作を狙いたいところ!  自分だったら、XMで誰とどこへ行って何をしようか?・・・と考え始めたら、キリがありません(^_^.)

行き先は夏の北海道っていうのは良さそうですねぇ。でもどうせなら、シトロエンの故郷のフランスでXMに乗って旅してみたい思いもあるなぁ。プロバンスとか。。。

日本国内はもちろん、フランス国内でもXMを貸与してくれて、旅行取材費を援助してくれるなんて、何とも太っ腹だと思います!

参加賞Aで賞金5万円とXMの一週間貸与なんですが、それでも十分なくらい。最優秀作だと雑誌等で旅行記をレポートしなければならないようなので負担がありますww

ところで、この企画がどのようにして生まれたのか。XMが当時日本でどれくらい販売されたのか販売台数からわかるのではないかと思い、ちょっと調べてみました。(出典:シトロエンの一世紀)

  1990年   287台
  1991年   581台
  1992年   542台
  1993年   223台
  1994年   136台
   以降は略

この企画が1992年7月締め切りなのですが、時代はバブル景気の終盤くらいのタイミング。1991年と1992年の販売台数は下がっていますが、1992年と1993年の販売台数はさらに激減しています(驚

この状況はBX・AXなど他のシトロエンにも同じことが言えました。ただし、ZXに限って言えば、販売したばかりとあって、1992年よりも1993年の方が販売台数は微増でした。

ということから、この企画は販売台数が落ち込む中で何とか盛り返そうという願いを込めたスペシャル企画(起爆剤?)なのかもしれません。
alt
最後に。この企画が当時どのくらいの人が応募したのかわかりませんが、憧れのXMで旅ができるチャンスなんてそう滅多にないもの。時代背景からしても、現在では提案しづらい企画なのかもしれません。

※こちらのブログもご参照ください。
西武自動車販売社の歴史をカタログから紐解いてみる・・・その13
Posted at 2018/09/17 20:51:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | フランス車カタログ | 日記

プロフィール

「@けろさん さん、早朝からお疲れさまでした! 久々にお逢いできましたね。来週はお逢いできませんが、楽しんできてください♪」
何シテル?   10/14 11:13
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

【動画紹介】 W 201 - Technologie im Wandel der Zeit ~W201(190E)の開発風景~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/08 20:48:15
積載台数4,900台の自動車専用船で繰り広げられる職人技! スバルの船積み見学会に行ってきました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/14 07:05:56
しっかり感のあるブレーキ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/26 09:40:00

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
169 人のお友達がいます
hiko206hiko206 * さくまろさくまろ *
shira3948shira3948 * よっちゃんピカソよっちゃんピカソ *
citrocitro * じゃがのすけじゃがのすけ *

ファン

140 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
家族との時間を共有することを優先条件として選んだのが二代(台)目C4ピカソです。原点に立 ...
プジョー その他 プジョチャリ (プジョー その他)
2001年秋頃に307がデビューした際に、モニターキャンペーンを実施していて、プジョーの ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.