• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Gentaのブログ一覧

2013年10月29日 イイね!

「イニシアル・パリ」はエスパスの後継モデルなのか

「イニシアル・パリ」はエスパスの後継モデルなのかルノーのチーフデザイナーであるローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏。

彼は2009年にマツダからルノーへ移籍し、ルノーモデルのデザイン改革に取り組みました。

それが具現化されたのは、2010年のパリモーターショーで発表されたEVコンセプトカー「デ・ジール」。

ヴァン・デン・アッカー氏によって「デ・ジール」を基本コンセプトにルノーモデルのフロントマスクを統一化するフルモデルチェンジやフェイスリフトを敢行しました。

まず手始めに、トゥインゴのフェイスリフトから始まり、クリオのフルモデルチェンジ、カングーのフェイスリフトなど短期間で一気に推し進めています。

ところで、先の9月にドイツのフランクフルトモーターショーでルノーから「イニシアル・パリ」なるコンセプトカーが発表されました。このモデルにも同様のマスクが与えられています。


パープルがテーマカラーの「イニシアル・パリ」。市販化を前提にしているコンセプトカーとのこと。このクルマを見て直感的に思ったのが、かつて発売されていたラクシュアリークーペの「アヴァンタイム」。

どこか「アヴァンタイム」を思い起こさせるデザインだなぁと感じられます。もしかしたら、ヴァン・デン・アッカー氏はアヴァンタイムからヒントを得たのかもしれませんね!?

一方、室内に目をやると、フロントシート周りは近未来的なもので、コンセプトカー然とした印象を受けます。

市販化の際にはどこかからヒントを得て取り入れられるのかもしれませんね。

シート配列はフル4シーターで、3rdシートにはベンチシートを配しています。

いかにもショーモデルらしい演出ですね。サイドが観音開きというのも斬新ですが、市販版はどのようになるでしょう。

ところで、「イニシアル・パリ」はかつてルノー社を代表するミニバンのエスパスの後継車種となるモデルとなるそうです。

エスパスと言えば、マトラが開発と生産に関わったモデルとしても知られます。ただし、それは3代目まで。4代目はルノー自社生産車両となりました。

エスパスは初代からモデルチェンジを重ね4代目まで生産が続けられています。ヴァン・デン・アッカー氏の手によって後継モデルとしてデビューするというのは「サイクル・オブ・ライフ」というコンセプトに基づくことができたからでしょう。

「サイクル・オブ・ライフ」とは、クルマを人生のステージになぞらえたもので、LOVE(出逢い)・EXPLORE(旅)・FAMILY(家族)・WORK(仕事)・PLAY(遊び)・WISDOM(知識)の6つのステージにわけたもの。  (参照: ルノーの新しいコンセプトに基づくモデルたち

それぞれのステージに合わせて、LOVE=「デ・ジール」 EXPLORE=「キャプチャー」 FAMILY=「Rスペース」 WORK=「フレンディジィー」 PLAY=「トゥインラン」 と5つのステージとモデルはすでに発表されています。

「イニシアル・パリ」はWISDOMにあたり、最後を締めくくるには相応しいモデルと言えるでしょう。

「イニシアル・パリ」がデビューするのはそう遠くない将来と思われます。

そのときは、エスパスを名乗るのか、それとも別のネーミングが与えられるのか。いずれにしても、ルノーファンにとっては興味深く楽しみなニュースですね^^;
Posted at 2013/10/29 00:11:49 | コメント(8) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2013年10月26日 イイね!

マジョレットのプレイマット当選!

現在、カバヤ食品の「菓子付きミニカー」を購入するともれなくスクラッチカードがついてきます。このスクラッチを削ってミニカー関連の商品がもらえるキャンペーンを展開しています。
(参照: マジョ狩り最新状況&カバヤのキャンペーン

A賞はカーパークで300名、B賞がキャリーカーで1200名にそれぞれ当選のチャンスがあります。私はカバヤ食品の策略についはまってしまい、気付いたら8台購入していました。残念ながらいずれも「はずれ」。そう簡単には当たらないものです。

さて、同封のスクラッチカードをよく見てみると、Wチャンスで「はずれ」でもはずれスクラッチを7枚集めればもれなくプレイマットがもらえるとのこと。これはチャンス!

早速、はずれスクラッチをカバヤ食品に送ったところ、つい先日、宅配便で小包が送られてきました! すぐ開封したところ、

やっと届きました。うれしいではありませんか^^;  早速、中身を出してみました。

プレイマットもマジョレットのものでした。パッケージの写真をよくみると、

プレイマット自体は70cm×80cmの大きさらしく、どうやら上の写真にもあるように6枚のプレイマットが繋ぎ合わせられるようになっているようです^^;

マジョレットのプレイマットなので、マジョレットミニカーを並べてみました(^^)v


違うアングルから。

これまで、集めたマジョレットはただ飾っていましたが、これからはプレイマット導入によって違った遊び方ができる!?

さて、先ほどプレイマットは6枚繋ぎ合わせられると書きました。今回もらったのは、「Down Town」と呼ばれるもの。パッケージには他に、「Airport」、「Race Track」、「Construction」、「Desert」、「Funky Town」とネーミングされたものが書かれてあります。

これらすべてを集めて繋ぎ合わせて、さらに楽しんでみたいと思い始めました^^;  まだまだマジョ狩りを続けなければならないですね。それにしてもA賞のカーパーク欲しいなぁ(^^)v
Posted at 2013/10/26 17:48:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2013年10月24日 イイね!

FBM2013レポート…ようやく本題

FBM2013レポート…ようやく本題昨年に続いて雨の悪天候でしたが、FBM2013にご参加の皆さん、改めてお疲れさまでした。会場では写真をかなり撮ったので、整理が追い付かなかったのですが、ようやく整理できたので報告します(^_^;)

今回撮影の相棒は、早朝から雨続きの最悪のコンディションにつき、デジイチは使用せず、代わって、一年前に導入していながらほとんど出番のなかったコンデジ・キヤノンS100で撮影してみました。

ところで、私はフランス車をこよなく愛する「いちフランス車ファン」です。これまで蓄積してきた知識に基づいて、だいたいのモデル名はわかるつもりでいたのですが、日本に正規輸入されていないモデルを中心にわからないものもあり、まだまだ不勉強であることは否めません。その最たる例がこれです。

プジョーBOXER(写真右)。プジョーの商用車と言えば、BIPPERやPARTNERなどは知っていますが、BOXERというモデルは今回初めて知りました。プジョーにもこんな大きな商用車があったのですね。

また、駐車場巡りをしていると、これまた珍しいクルマに出会えました。

ダチア・ロガン。ご存知、ルーマニアが誇るクルマ。なかなか通なクルマにお乗りでいらっしゃいますね。ダチアはルノー傘下のブランドですね^^;

会場ではフリーマーケットを時間をかけて巡るのが毎年の恒例です。気に入ったミニカーや探していたミニカーなどをじっくりと品定めして買い漁ってしまいました。

ことしは7台購入して、他1台はおまけでいただきました^^

会場や駐車場を巡っていて見かけたクルマをフォトギャラリーに収めたので、どうぞご覧ください(^^)

   会場で見かけたシトロエン
   会場で見かけたルノー
   会場で見かけたプジョー

さて、昨年は悪天候だったので子供にとっては酷なイベントでした。昨年の経験を活かしてことしはブーツ持参で帽子に手袋、マフラー、コートなど防寒対策を万全にして臨みましたが、結局はことしも雨に祟られるという始末。おまけに傘をさしっ放しでさらに歩き回って疲れ切ってしまい帰りたいと言い出したため昼前には退散しました(*_*;

帰りの車中でのこと。子供に来年も行くかと問うたところ、「来年も行きたい!!」と早くも参加宣言^^;  父親としてうれしく思います。それを聞いて、「会場内はかなり歩き回るから、来年に向けての課題はあらかじめ基礎体力をつけなければいけないね。」と私。

来年のイベントに向けて、課題と目標ができたのでいずれ取組むことにします。来年こそは晴れることを心から祈りながら、FBMレポートを締めくくりたいと思います。

   おわり
Posted at 2013/10/24 21:47:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント・オフ会 | 日記
2013年10月21日 イイね!

FBM2013レポート…とその前に、カフェ・グース訪問など

FBM2013レポート…とその前に、カフェ・グース訪問などFBMを開催している長野・車山高原へ行くため、今回はあえて最短ルートを通らず、東海北陸道を南下し、東海環状道を通って、中央道を北上するというかなりの遠回りで長野(諏訪)へ前日入りしました。

そこまでして遠回りする理由。それは、長野・駒ヶ根にあるクルマ好きマスターのカフェ「 カフェ・グース 」を訪れるためです。ここを訪れたのはおよそ一年ぶり二回目。
(参照: 店先に旧いフランス車たちが佇むおしゃれなカフェ

駐車場に入ると、中京圏ナンバーのカングーが停まっていました。あすFBMへ向かわれる方でしょうか。私とたぶん同じ考えの方がおられたようでホッとしました。店内に入り、私のアイスコーヒーと子供のレモンスカッシュをたのみ、ひと通り楽しんだ後、店の外へ出てマスターのクルマを見せてもらいました。

スリーホイラーを所有なさっているのは知っていましたが、ガレージに収まっているのは初めて見ました。珍しいクルマですね。

ガレージ外にはシトロエンDS21

相変わらずコンディションが良さそうで、手入れが行き届いています。マスターの愛情を感じさせますね(^^)

一方、フィアットウリッセや静態保存のDSが駐車場の一角に。これは昨年訪れたときと変わってはいません。

ピカソで訪れた証拠写真としてパシャリ。他にも、ミニやモーガン、Hトラック、R4などが停まっていて、クルマをこよなく愛するマスターの溺愛ぶりがよくわかるコレクションですね。

その日は諏訪市内のビジネスホテルに投宿。早く寝ようと思っても興奮するあまりなかなか寝付けないのですが、テレビをボーっと観ていたら、そのうちにBS日テレで「おぎやはぎの愛車遍歴」が始まってしまい、ジュディ・オングさんの華麗な車歴が面白く、寝られなくなってしまいました。母上がルノー・ドーフィンを所有なさっていたなんてシブすぎます。

明くる日はいよいよ待ちに待ったメインイベントです。子供ともども楽しみにしておりました。外を見たらあいにくの雨模様。天気予報は裏切りませんでしたね。7時半には宿を出発。途中、フランス車を何台も見かけました。

諏訪市内からビーナスラインや大門街道を通って車山へ向かう途中、沿道のガソリンスタンドや食事処、リンゴ直売所などの店先にフランス国旗が掲げられてあるのを何度も見かけました。

たぶん各店舗がFBM開催を祝って掲げてくれたのだと思いますが、こういったものを見かけると気分がさらに盛り上がります♪ うれしいですよね^^;

ところで、会場へ同じ方向へ向かうフランス車は何台も目にしましたが、こんな朝早いというのに途中なぜだか逆方向へ向かう一台のDS3とすれ違いました! よく見れば見覚えのあるDS3だと思っていたら青屋根白ボさんでした。すれ違いざま互いに手をふってしまいました(^^)v

つらつらと書き続けていたら、長くなってしまいました。ということで今回はこの辺で。(→どこまで引っぱる??)

  つづく
Posted at 2013/10/21 22:29:24 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント・オフ会 | 日記
2013年10月20日 イイね!

やっぱり雨に降られたFBM2013

やっぱり雨に降られたFBM2013本日参加された皆さん、悪天候の折、本当にお疲れさまでした(^_^;)

ことしも雨に降られてしまったFBM。昨年が雨天だったので、ことしは何とか晴れてほしいと誰しもが思ったことでしょう。しかし、天気予報どおりに雨でした。なぜ2年続けてなのか。こればかりは天を恨むしかありませんね(*_*;  ただ、昨年の反省を活かして子供ともども防寒対策はバッチリです^^;

会場には午前8時到着。ほどなくすると、hide_pon660さんと赤のふじピカさんのC4ピカソと、sahi_moriさんのエグザンティアが到着。私のと4台を並べたところに、ダブルシェブロンさんとラピカさんがお越しです。


並べられるだけ並べてみました。朝から4台もピカソが並ぶと壮観です。悪天候ながらも幸先の良いスタートとなりそうです。

その後、会場を早く観たいという子供と一緒に二人で会場巡り。傘をささないとしのげない大降りの雨。グラウンドも地面がぬかるんでいるので、足元と傘を気にしながらフリーマーケットを楽しみます。片手がふさがっていると、観たいものも見づらいですね(*_*;

フリーマーケットではいつものようにミニカーを買い漁ってしまいました。7台も購入したことは妻には口が裂けても言えません(汗  日頃ガンバっている自分へのご褒美なので良しとします^^;

子供と一緒にフリマをくまなく見た後、駐車場のクルマを眺めていたところ、子供が雨に嫌気がさし、さらに歩き疲れたのでグダグダになりました。とりあえず秘密基地@FBMへ行き、ダブルシェブロンさんやyamatomoさん、赤のふじピカさん、他皆さんに次回の再会を約束がてらお別れのご挨拶を。

珍しいクルマたちを眺められることや久しぶりにお会いする方々との触れ合いで、わずか午前半日でしたが、英気を養うことができました。明日からの仕事の糧となりました! そう言えば、来年のFBM2014にはC4ピカソⅡを会場で目にするでしょうね(^_^;)

会場でお会いしたいと思いながらもお会いできなかった皆さんには早々に退散してしまい申し訳ありませんでした。来年こそは多くの皆さんにお会いすることと、晴れることを祈りながら、会場を後にしたのでした。

  FBM2013レポートの詳細は改めて。
Posted at 2013/10/20 18:26:16 | コメント(10) | トラックバック(0) | イベント・オフ会 | 日記

プロフィール

「@けろさん さん、早朝からお疲れさまでした! 久々にお逢いできましたね。来週はお逢いできませんが、楽しんできてください♪」
何シテル?   10/14 11:13
クルマ大好きです。日本車、ドイツ車、イギリス車、イタリア車、フランス車、スウェーデン車などなど。その中でもフランス車が特に好きです。ブログではいろいろなことを記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

【動画紹介】 W 201 - Technologie im Wandel der Zeit ~W201(190E)の開発風景~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/08 20:48:15
積載台数4,900台の自動車専用船で繰り広げられる職人技! スバルの船積み見学会に行ってきました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/14 07:05:56
しっかり感のあるブレーキ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/26 09:40:00

お友達

フランス車はもちろんイタリア車も大好きです。イギリス車やスウェーデン車も大好きですよ^^;
169 人のお友達がいます
ミルクマンミルクマン * う~@0502う~@0502 *
ケイピカケイピカ * hiko206hiko206 *
shira3948shira3948 * さくまろさくまろ *

ファン

141 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン グランドC4ピカソ シトロエン グランドC4ピカソ
家族との時間を共有することを優先条件として選んだのが二代(台)目C4ピカソです。原点に立 ...
プジョー その他 プジョチャリ (プジョー その他)
2001年秋頃に307がデビューした際に、モニターキャンペーンを実施していて、プジョーの ...
シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
長距離を走れば走るほどシトロエンとしての真価を発揮します。よく言われるように疲れ知らずで ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
C4ピカソでは家族とのドライブでかなり走り込みました。故障が目立ち始めたこと、間近に車検 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.