• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年08月07日

【メルセデス・ベンツ】ドアを考察してみた。

【メルセデス・ベンツ】ドアを考察してみた。 こんばんは。
お疲れさまです。

今日の浜松市内も晴れの暑い一日でした。
前々から気になっていた歴代メルセデス・ベンツ車の
ドアを、メルセデス・ベンツ浜松和田様のご厚意により、
考察してみました。


詳細については、こちら↓(愛車紹介-AMG Eクラス-フォトギャラリー)をご覧下さい。

【メルセデス・ベンツ】ドア考察①

【メルセデス・ベンツ】ドア考察②

【メルセデス・ベンツ】ドア考察③

◇結論

メルセデス・ベンツ車のドアは、モデルチェンジの度に「軽く安っぽくなっている」という声が
ありますが、それは上っ面しか見ていない浅はかな見解だと思います。

そう感じさせてしまうのは、個人的には高張力剛板やアルミの多用化のためであると考えます。
実際のボディ剛性は、モデルチェンジの度に上がっております。

「最新のメルセデスが最良のメルセデス」であるのは間違いないと思っています。

ただ、歴代のモデルがそれぞれに持っている「味わい」に拘りを持って愛し続けるのもアリでしょう。
ブログ一覧 | クルマコラム | 日記
Posted at 2016/08/07 19:51:01

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

これは発想が素晴らしい
仁政さん

g.cabrio ゲレンデヴァー ...
G.Cabrioさん

g.cabrio ゲレンデヴァー ...
G.Cabrioさん

g.cabrio ゲレンデヴァー ...
G.Cabrioさん

g.cabrio ゲレンデヴァー ...
G.Cabrioさん

g.cabrio ゲレンデヴァー ...
G.Cabrioさん

この記事へのコメント

2016/08/07 21:42:25
こんばんは。メルセデスの信条!

『最善か?無か?』は今もいきづいているんですね(゜-゜)(。_。)。

一時!アメリカ工場生産車で騒がれた?クオリティー低下を乗り越えて…
コメントへの返答
2016/08/07 23:19:38
こんばんは。
コメントありがとうございます。

今でも受け継がれていると思っています。
W210の登場時、「最善か無か」は消えたとか言う人達がおりましたが、それは物事の表面しか見る事ができない方々だと思っています。

事実、モータージャーナリストの清水和夫氏は、W210のE320 4MATICを絶賛されておりましたし。
2016/08/07 22:56:28
どうもです。
メルセデス・ベンツは何時の時代も教科書でありお手本であり、世界の自動車が目指すべき指標であると考えています。優等生過ぎて逆に酷評も目立つ印象で、特にW202/W210/W140世代がそうでしたね。その前のW201/W124/126世代も当時酷評されましたが、1990年代中盤から2000年代中盤にかけて自動車メディア媒体がこぞってW201/W124/126世代をゴリ押ししてマイナスイメージを完全に払拭する事に成功した反面、W202/W210/W140世代が叩かれたのは未だに腹が立ちます。
コメントへの返答
2016/08/07 23:42:27
こんばんは。
コメントありがとうございます。

メルセデスの各モデルがFMCすると、とかく「前の型の方が良かった」という意見があるのは事実です。
人によって評価の判断基準が異なるので、どれが正しくて、どれが間違いなのかを評価するのは難しい部分はあるのかもしれません。

ただ、W210が示した方向性は間違いではなかったと言えるかと思います。

W124やW126は、W123やW116からしたら、見た目的にもプラスチックバンパーの採用等、かなりコストダウンがされているように僕の目には映ります。

でも、コストダウンは「悪」ではありません。
2016/08/07 23:38:34
貴重なインプありがとうございました。
確かに昔のMBに比べると、最近の車種は、ドアーが軽い気がしていましたが、これは技術革新と理解いたしました。
しかし、私の個人的見解は、現在のMBの大衆車並みの車種や台数と比べ、W210以前の車は素敵と思ってしまいます。 私の車は、前から見たら、AかCかEの区別は自分自身判断できないです。
コメントへの返答
2016/08/07 23:54:32
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうなんですよ!
技術革新で、以前のような厚みがあって重い剛板でなくても、それ以上の強度が出せるようになったわけです。

結果、車体重量が軽くなり、動力性能や燃費性能が向上したわけですね。

ただ、「俺は昔ながらの重々しい感じのメルセデスが好きなんだー」という方は、W210以前のモデルを愛し続ければいいわけであり、それを否定しません。

おっしゃるように、Eクラスが格下のクラスに見間違えられるのはイケマセンよね。

これはひとえに、Cクラス以下のモデルの肥大化(特に車幅)に問題があると考えています。
VWゴルフやCクラスの車幅が1800mmを超えるのは、いくらなんでもデカすぎかと~

2016/08/07 23:42:43
連コメ失礼します。
W210、当時から大絶賛した方(黒澤元治氏など)や登場から暫く経ってから再評価した人など、賛否両論でしたよねぇ。特に黒澤元治氏のベストセレクションは今でも観る価値はあると思います。

W126はオイルショックを経験したメルセデスがW116をベースして軽量化や燃費向上に力を入れたモデルでした。ただ、足回りもベースがW116なので高が知れているなと思いましたが、実際に乗ってみると既存技術でここまでやるとは流石だなと思いました。
W201/W124では量産化を視野に入れてボディワークも雑になってしまい、例えばW124ではAピラー部分のつなぎ目が分かったりCピラーには溶接部分を隠すためにカバーもついたり…。W202/W210では新型プレス機の導入で一体としてプレスしているのでありませんがねぇ。
コメントへの返答
2016/08/08 00:01:29
何度も大変恐縮です。

アナスタシアさんは、メルセデス・ベンツについて、非常にお詳しいですね。

W116の450SEL 6.9 を、一度でいいから運転してみたいです。

確かW201のCピラーの根元にもスリットが入ったプラスチックのカバーが付いていました。

コストダウンは自動車業界にとって、終わる事のない永遠のテーマなんですよね。

黒澤氏の著書の件、承知いたしました。
どうもありがとうございました。
2016/08/08 15:36:14
こんにちは。
プルマンの時代は今と全く違うんですね。

コストダウン!
確かに同じ性能なら安いに越した事はないですね。

難しいことはわかりませんが、昔より強度がダウンしていたとしても、現在の基準で照らし合わせれば必要にして十分、若しくは簡素化しても今の技術なら十分な強度を得られということでしょうか。


どちらにしても個人で限界を試すような事にはならないようにしたいですね。
(;^_^A

コメントへの返答
2016/08/11 12:26:02
こんにちは。
コメントありがとうございます。

W100 の時代は、ボディ剛性を保つために、鉄板も厚くする必要があったんじゃないかと思いますね。

結果的に重いドアを支えるため、ドアヒンジも頑丈なタイプにせざるをえなかったのではないかと。

時代が進み、ボディ剛性を保ちながらも、軽い鉄板の登場で、ドアヒンジもそこまで頑丈なタイプにする必要もなくなったのでしょう。

道路自体も、ほとんどが舗装されていますので、砂利道を考慮したボディ剛性は必要なくなった点も大きいかと思います。

そういった背景を無視して、二言目には「コストダウンガー」と叫ぶW124 信者には呆れるばかりです。
W124 を盲目的に絶賛していた「くるまにあ」という自動車雑誌にも大いに責任があるかと思います。
2016/08/08 19:05:10
こんばんは~

お疲れ様です(汗)

SクラスのW140など昔の
型はドアも重いし剛性や守られ
ている感覚が強かった気がします。

メルセデスの安全性と
理念はこれからも変わる事は
無いでしょうね^^;
コメントへの返答
2016/08/11 12:34:06
こんにちは。
コメントありがとうございます。

メルセデス・ベンツ車のセダン系のドアは、意外とそんなに重くないんですよ。

これは重いなぁ~と感じるのは、SL系ですね。
あと、Gクラスは重さはさほどではありませんが、ドアを閉めた時の感触に頑丈さを感じます。

W210登場までは、メルセデス・ベンツ車の乗員さえ助かればイイみたいな考え方でしたが、W210以降のモデルは、小さな車との衝突を考慮し、より潰れやすく、小さな車の安全性までも考えたボディとなっています。

それをもって、「W210のボディ剛性低い」と叫ぶW124信者は、見識が浅いと言わざるを得ません。

メルセデス・ベンツの安全性は、時代とともに進化し続けています。
もちろん、BMWも同じだと思います。
2016/08/11 17:04:27
連コメ失礼します。
縦目の時代は技術力も現在のようなものはなかったため、鉄板から溶接に至るまで頑丈にすれば良いというものでしたよねぇ。スポット溶接はW108で7,000箇所でしたが、W140では5,800箇所に減っています。これはW140以降レーザー溶接が導入されたからであって、「コストダウンガー」ではないんです。特に強度がいる部分はレーザー溶接(スポット溶接は点、レーザー溶接は線溶接ですから、レーザー溶接の方が強度・耐久性面で有利)を行ってボディの強化を図っており、尚且つスポット溶接しまくると腐食発生率も上がるので、総合的なボディの剛性及び品質を考慮した進化であることが窺えますね。

ちなみにW210では小型車との衝突(所謂コンパティビリティ)を考慮したと思われがちですが、実際にはW124よりもボディの安全設計が進んでおり、クラッシャブルゾーンでしっかり衝撃を吸収し受け止めることができ、尚且つキャビンも強化され、小型車から大型車と幅広い車種に対応したボディとなっています。大型トラックとの衝突実験も勿論行われており、W124以上の安全性が確保されているのは言うまでもないでしょう。
http://minkara.carview.co.jp/userid/2098702/blog/38351476/
コメントへの返答
2016/08/12 21:24:40
こんばんは。
コメントありがとうございます。

頑丈にせざるをえなかったんですよね。
僕は、道路事情(砂利道も多かった)も大いに関係しているんだと思います。

溶接の件は大変勉強になりました。

こういった目に見えない、身体に感じない部分を評価しないで、ただただ「安っぽくなった」とか言って酷評する人達って、何なんだろうと思いますね。

W201の190E(2.0)を所有しておりましたが、とにかく故障や、ちょっとした不具合が多かったです。

インテグラル・サポートフレームのブログ、拝見させていただきました。

W124よりもW210、W210よりもW211、W211よりもW212、W212よりもW213が進化しているのは間違いない事実なんですよね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「クラウンのCM「ニュルブルクリンクで鍛え上げた・・・」とか言ってるけど、果たしてクラウンという車にそこまでの性能が必要なのだろうか?今のクラウンは「日本ならではの高級車クラウン」ではないと思う。僕の中でクラウンは 8代目 S13 型までですね。」
何シテル?   08/26 19:37
窓際にいる役立たずなヒルアンドンです。 ☆所有車両☆ VW・UP!、ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニ R.S は所有しておりません。 2002年型...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ムッシューさんのAMG Eクラス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/06 23:41:30
カービューティープロ長谷川 
カテゴリ:愛車メンテナンス
2010/01/15 22:01:12
 
タイヤガーデン浜松((有)一馬タイヤ商会) 
カテゴリ:愛車メンテナンス
2009/11/24 20:53:48
 

お友達

イイね!やコメントのやりとりが無い状態での、いきなりのお誘いはご遠慮下さい。
104 人のお友達がいます
仁政仁政 * きしめん@きしめん@ *
nonchan1967nonchan1967 * 紅の猫紅の猫 *
kitashinkitashin * ぶろぶろ *

ファン

70 人のファンがいます

愛車一覧

AMG Eクラス AMG Eクラス
2002年W210最終型のAMG E55です。 この時代の「右ハンドル・正規ディーラー車 ...
スズキ Kei スズキ Kei
2003年型スズキKei FISフリースタイルワールドカップリミテッド です。 この顔 ...
その他 その他 その他 その他
1997年型ヤマハ・ブロンコです。2001年にサッカー部の先輩から購入しました。画像はカ ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
新車購入 1997年型E230(5ATモデル)です。 意外とよく走り、高速燃費は13K ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.