• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ケロロン33のブログ一覧

2016年05月27日 イイね!

ババァの相手してきた

安部山の交差点で直進レーンよりウインカーを出しながらオレンジ線を超えて自分の居る右折レーンへババァが割り込みあと数センチでババァを死なすとこやった!
そのババァは自分のローリーの前の車にディープキス!!
ババァの言い分は指示器はちゃんと出していたと(笑)
合図をしたのに入れてくれなかったと(笑)
自己中なババァは車に乗るな!
Posted at 2016/05/27 15:52:45 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2016年05月06日 イイね!

R33

R33
いまから20年ほど前、この北コースを7分59秒で駆け抜けたクルマがあった。BCNR33型プロトタイプのそのクルマこそが、「スカイライン R33GT-R」である。先代のR32GT-Rの記録を21秒も短縮したR33GT-Rは「マイナス21秒のロマン」というキャッチフレーズを掲げ、鳴物入りで市販化されることとなる。

だが、間もなくこのクルマは悲劇に見舞われる。一部のGT-Rユーザーの間で「33は失敗作だ」との声が広がるのだ。「伝説」と呼ばれたR32の血統を引き継ぐ「R33GT-R」が失敗作と呼ばれたのはなぜか。その背景には3つの理由が指摘される。

■「R33なんざブタのエサ」

一つ目の理由は、ボディサイズの大型化だ。ぜい肉を削ぎ落としたようなR32に比べ、全長・ホイールベースともに伸び、車重も増えたR33に違和感を覚えた人は少なくないだろう。一説によるとコンパクトなR32のリアシートが狭すぎるといった営業サイドの要望に開発チームが押し切られたとの指摘がある。また、当時売れ行きが良かったトヨタ マークⅡを意識したのではないか、との意見も聞かれる。

筆者の周りでも公私問わずGT-Rユーザーは少なくない。そんな彼らとGT-R談義になると「33には失望したなぁ」とため息まじりに言われることが度々ある。自分の目で見て、ふれて、運転した実体験に基づくその言葉には妙な説得力があることは確かだ。ボディサイズの大型化は、R32に慣れ親しんだ多くのGT-Rユーザーを困惑させたであろうことは想像に難くない。

2つ目の理由は、カーマニアの間でいまでも語り草となっている「土屋圭市氏の広報チューン・ブチ切れ事件」だ。

1995年のカー・ビデオマガジンで、レーシングドライバーの土屋圭市氏が恒例の筑波アタックに参戦した。本来土屋氏が乗るべきクルマの調子が悪く、自分のR33 V-Specを持ち込み、日産の広報車であるR33とR33 V-Specと対戦したのだが……結果は土屋氏が惨敗するのである。その後、広報車には車高が市販モデルよりも低く調整されていたほか、キャンバー角の変更、ブーストがかけられているなど、スペシャルチューンが発覚する。

土屋氏の怒りも相当なものだったが、この事件でR33GT-Rは評判を落としたばかりでなく、先のニュルブルクリンク北コースで叩き出した「マイナス21秒」にも疑念の目を向けられることとなる。

そして、3番目の理由が峠の走り屋の世界を描いた人気漫画『頭文字D』の登場人物の発言である。「R33なんざブタのエサ」「あれは日産の失敗作だ」とのセリフを覚えている人も多いのではないだろうか。イニDの中では他の車種に比べて、最もひどい物言いとなっている。人気漫画だけあって、この登場人物の発言で「R33は失敗作」というイメージが広く浸透してしまった印象は否めない。

■実際のところR33は失敗作だったのか?

それでは、R33は本当に失敗作だったのだろうか。筆者は断じてそんなことはないと考える。確かに、先代のR32ユーザーからすれば、R33の乗り味の違いに少なからず戸惑いを感じることはあったかもしれない。

率直に言って、当時流行りの峠の入り組んだコーナーを攻めるには不向きなクルマではある。だが、それだけのことだ。通常のサーキットや公道を走る分にはR32に劣っているわけではない。峠の走り屋のニーズに合わなかったからといって、すべてのユーザーにとって「ブタのエサ」とは限らないのだ。

あえて指摘するなら、この時代のGT-Rに求めるユーザーのニーズは日産が狙っていた層ではなかったということだろう。これは当時の日産のマーケティングミスであり、広報戦略の失態であり、R33GT-Rにとっては「悲劇」であったと言わざるを得ない。

それでも、その後のGT-Rの進化は、このクルマの存在なしに語ることはできない。R33の存在があったからこそ、最高傑作と呼ばれる次世代のR34が生まれたのだ。R33GT-Rは、それまでのコンパクトさを捨て、大型化し、絶対的なスピードを追求するターニングポイントとなったスポーツカーなのである。


っていう記事を見つけたので今更書いてみた(笑)

実際にデカイよ、32より重いよ。
33を批判したことある人の中で何割の人が実際に乗ったことあるのかな??
R33ばかり6台所持してきたけど33以外のスカイラインにあまり興味がない(笑)
32も34も好きだけど乗るなら33が好きだな!
Posted at 2016/05/06 21:58:01 | コメント(13) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@もっちゃん#445 傘を持ってるのはもっちゃんですか?(笑)」
何シテル?   11/11 11:30
北九の変な奴ですがよろしく。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

餅つきからの… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/25 00:24:35
ボディーの歪み 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/21 00:57:52
BNR34 Vスペ純正フロントディフューザー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/21 01:59:24

お友達

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
平成5年式 車検切れ中 サーキットメイン エンジン RB25改26.5 T67 25G ...
トヨタ ハイエースワゴン トヨタ ハイエースワゴン
8人乗りの車が欲しく購入 ハイエースは8人乗っても大丈夫(笑) 4Dr 3リッターター ...
ホンダ ジャイロ キャノピー ホンダ ジャイロ キャノピー
清江のお弁当配達専用マシーン
日産 ローレル レクサス (日産 ローレル)
ケロ号心臓麻痺によりプライムガレージにあったこのレクサスを購入。 CA18→SR20 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.