• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年05月31日

ENKEI NT03+M は、こんなホイールです♪♪

ENKEI NT03+M は、こんなホイールです♪♪ さて、前回のブログでお披露目した、ENKEI NT03+MのプレッシャーにビビっているHONDAISMです!!


だって、みんなこぞって、カストロールカラーを期待するんですもん・・・。(滝汗)


う~ん、こりゃあマジで全塗を考えにゃあ、ならんかな???(苦笑)
まぁ、そんな現実味の無い話は、置いといて・・・、

本日は、ENKEI NT03+Mの詳細をご紹介したいと思います。

 

と言っても、私もそんなに詳しくはないので、簡単に♪♪

このENKEI NT03+Mと言うホイールは、カストロール無限アコードが履いていたNT03の進化版?で、2003年に発売が開始されたそうです。


発売時の宣伝文句は、

『スーパー耐久レースクラス1への参戦を目的に開発、ブレースリングが激しいGをクリアし、コーナーリングを制する』『ツインエアバルブシステム、軽量化デザイン、レーシングリムプロファイルとエンケイすべてのレーシングテクノロジーをストリートへ』

だったそうです。 カタログ落ちしてから、もう大分経ちますので(US ENKEIでは、まだ販売でしてる??)、詳しい詳細が見当たりません。なので、これも、ある個人サイトからの抜粋ですので、正確かどうかは不明です。

ですが、当時GT選手権、スーパー耐久などで、NSXやGT-Rが履いてた事からもかなりの性能を誇っていた事が分かります。
 


上記の宣伝文句内にも登場した『ブレースリング』とは、スポークとスポークの間をつないで、をクモの巣状に円を描いている、リムと並行した、このスポークの事です。

この『ブレースリング』の役目は、各スポーク間を結ぶ事で、スポークの歪を無くし、激しいGにも耐える強度を確保するためのデザインなのです。それに、ウワサではこのブレースリングがある事により、熱が逃げ、冷却効果をもたらすとか??の情報も・・・。

ちなみに、このホイールどれくらいの距離を走行しているのかは不明ですが、発売開始から、約10年経つと言うのに、


ホイールバランサーにかけて、歪みをチェックするも、4本共に全くありませんでした。
流石であります。

私も中古ホイールは、色々と購入し自ら歪みチェックを行ってきましたが、大抵の中古ホイールは、わずかながらも歪がでています。最悪なホイールに至っては、新品でも歪があるぐらい・・・。

サーキット走行、スポーツ走行するに限らず、ホイールは歪むモノで、消耗品なのであります。

まぁ、ただ今回のホイールの当たりが良かったからかも知れませんが、私は過去の経験より、このホイールは強度があるホイールであると認識致します!!




ちなみに、センターキャップは、ボルト留めとなっているため、バランサーにかけるのが非常に面倒です・・・。(苦笑)


続いて、このホイールの説明で特筆しなければならないのが、MAT製法であります。




ホイール裏側にも誇らしげに『M・A・T process』とあります。

M・A・Tとは、Most Advanced Technology の略で、ホイールの製作方法の一つで、ENKEIが誇る鋳造ホイールの製法なのであります。

ENKEIのHPを引用させて頂きますが、



鍛造ホイールや2、3ピースホイールのリム成形に用いられる「スピニング製法」を応用し、開発されたENKEI独自のリム成形方法。鋳造工程後、リム部を鍛えながら引き伸ばし成形。(図1参照)
これにより、リムは鍛造に匹敵する材料強度を実現し、ディスクデザインは鍛造では成形不可能な自由度の高いデザインを施すことが可能となった。




鍛造ホイールに匹敵する材料強度と優れた設計技術により、
軽量・高強度・高剛性を高次元で達成!






車のハイパフォーマンス化に伴い年々タイヤ、ホイールの大口径化が進みバネ下重量軽減の為、ホイールの軽量化は益々重要となってきています。リム部の材料強度を大幅にアップさせた「MAT PROCESS」はリムの薄肉化等に大きく貢献し、レース活動からフィードバックさせた設計技術と合わせて、軽量・高強度・高剛性を高次元でバランスさせたホイール製造が可能となった。


まぁ、簡単に説明すると、ディズク面は鋳型で製造する鋳造で、リムは、高圧力で成形する鍛造と言う感じでしょうか。なので、軽量かつ高剛性を保ったまま、凝ったディスクデザインが採用できる訳ですな!!


ちなみに、私が持つ同じサイズの3社のホイール比べると・・・

WORK エモーションCRχ(7.5J×18 inset48)・・・・・・・・・・・・・10.1kg
YOKOHAMA KREUTZER SERIES V(7.5J×18 inset45)・・・・8.3kg
ENKEI NT03+M(7.5J×18inch inset42)・・・・・・・・・・・・・・・・・8.4kg

となり、NT03とクロイツアは軽量で重さはよく似ています。ただ、このクロイツアは、サーキット走行すると結構割れる事が多いらしいです。まぁ、どのホイールにしても割れる事は、ちょくちょくあるのですが・・・。

それらを考えると、NT03+Mは、よく出来ているのかな??とも思います。


あともう一つ、このホイールの特徴なのが、ツインバルブを採用している事ですね。
 



これは、窒素ガスを入れる際に有利になるのですが、通常バルブが一つの場合は、窒素ガスを入れてもタイヤを組んだ時点での空気がタイヤ内に入っていますので、その空気を抜いて窒素ガスを入れる事は、出来ません。なので、シングルバルブの場合は、窒素濃度がかなり落ちる事となります。

そこいくと、ツインバルブの場合は、片方のバルブを開けた状態で、もう一つのバルブから窒素を入れると、開けているバルブから内部の空気が出てきますよね。それをしばらく続け、片方のバルブから窒素を入れながら、もう片方の開いたバルブを閉じてやると、タイヤ内部の窒素濃度が高くできると言うしくみです。

高性能ホイールに見られるしくみですね。

まぁ、窒素ガスなんてもの入れない私には、全く関係の無い、逆にエア漏れが心配なだけのシステムなんですが・・・。(滝汗)


とまぁ、NT03+Mとは、こんな感じのホイールなんですよね。鍛造モノよりも低価格ではありますが、なかなかの高性能ホイールなのであります。


ってな感じで、ロクに知識も無いのに、ちょいと得意気に解説してみたHONDAISMでした♪♪




にしても、緑ホイールと青色軽量ホイールナットの相性の悪い事・・・。
レーシングナットでも買おうっかな???

ブログ一覧 | エクステリア | クルマ
Posted at 2012/05/31 07:39:33

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

和楽オフ会に行ってきました(*´∀ ...
FJ CRAFTさん

ロールスロイス・レイス・ブラックバ ...
ぢ~ぢさん

光のチューニング☆レヴォーグ☆
VALENTIさん

夏の思い出の一つ
シュピーゲルさん

こりゃ寒がりの嫁さんが喜びそう☺️
くろすけ ももさん

お天気は雨☂️
真夜中の銀狼さん

この記事へのコメント

2012/05/31 10:05:33
うちのレイズは、2セット共中古です。
(新品は売ってないし、あっても高すぎて買えないww)
SE37Kは、バランスが良いのですが
CE28Nは、1本だけバランスが悪いです(^^;
ウエイト40g貼ってあります(笑)
コメントへの返答
2012/05/31 15:35:31
やはり、ホイールは新品買うとなると、ちょいと厳しいですよねぇ。

鍛造モノ買うとなると、30万オーバーは確実でしょうからね。(汗)

私も今まで新品は、買った事無かったような・・・。(苦笑)

ウエイト40gだったら、まだ大した事無いですよぉ!タイヤの組む位置、相性もありますので、一概にそのホイールが悪いとは限りませんからね!!

歪み無くとも、ウエイトが大きくなるホイールは沢山ありますからね。

ちなみに、このNT03は、ツインバルブのせいか、タイヤのせいなのか?歪みは全く無いものの、外側に40gオーバーてすよ。

歪み無く、バランス取れていたらOKっしょ!

ってか、鍛造モノが羨ましい・・・。
2012/05/31 12:20:18
以前乗ってたBB1プレリュードに、17インチのNT03履かせてました。
かなり丈夫だったようで、なにげに気に入ってました☆
難点は・・・ブレースリングのおかげか、少し見た目が小さく見えてしまうこと(汗)
個人的には思い出あるホイールです。
大事にしてあげてくださいね♪
コメントへの返答
2012/05/31 22:06:13
そうなんですかぁ!!
プレ時代にNT03組まれてたんですねぇ♪♪

いやぁ、見たかったなぁ~。
ってか、結局タッキーRさんのアコもほとんど見れませんでした・・・。(涙)

何故か、エンジンだけは、今でも間近で見れますけどね♪♪(笑)バラバラになってますが・・・汗汗汗

やはり、ホイール自体は丈夫だったんですね!!流石は、ENKEIさんってとこでしょうか♪

確かに、このホイールは、小さく見えますね。私も組んだ時に思いました。ホントは、車高をもっと下げて、タイヤをフェンダーに被せて、小さく見えるのを抑えたいんですけど、これ以上落とすと腹下が・・・。

8Jでないのが、少々寂しいですが、HONDAISM家の家宝として、大切にしたいと思います♪♪
2012/05/31 12:29:14
このホイールの先進性は機能美と強度、コストバランスでしょう

時代背景にエンケイとOZの提携、国内レーシングフィールドの鋳造プロセスを突き詰めた戦略とか説得力に長けた話は有名です(笑)

鍛造デザインを否定しない訳ではないですが10年前の鍛造では不可能な形だからです

現在ですとこの形で鍛造ホイールにする方法が確立されまして5D切削マシン(五次元)でおこせちゃうんですが(笑)それくらい複雑なデザインです。日本には凄い技術と伝統が工業製品として生きてます

マニアな逸品に間違いないですぞ☆
コメントへの返答
2012/05/31 22:30:53
流石は、ラファ松さんですね!!ホイールには、詳しそうですね♪♪

やはり、ラファ松さんから見ても、このホイールは、なかなかの代物なんですね。

ぶっちゃけ私は、最近まで+Mの詳細は知らなかったんですよね。NT03は、オクでもたまぁ~に、探したりはしていたのですが,+Mの違いには、気づかずに探していました。(汗)んで、少し前にN-TECさんが、US ENKEIでは、まだ+Mは販売あるとのブログをUPされていて、それを見て、少し調べたんですよね。んなら、なかなかの素敵なホイールだったもので、ますます気になっちゃって♪♪

んで、オクで探してみましたが、やはり出てこず・・・。っで、諦めたところに、JTCCで検索したら、コイツがHITしたんですよ!!(笑)

そんなこんなで、無知な私がゲットしちゃいましたが、大切に使いつつ勉強したと思います♪♪

確かに、最近の鍛造技術は凄いですよね。えっ?コレ鍛造??ってモノが増えてます。

細心ホールには、敵わないものの、古き良き時代が大好きな私、この古き良き時代のホイールを大切にしたいと思います♪♪
2012/05/31 19:27:48
こんばんは。

このホイール、形・色ともいいなぁ♪(珍しく褒める 笑)


ホイールメーカーって凄く高度な鋳造技術を持っていると思います。
ウチの会社の連中にも爪の垢を煎じて飲ませてやりたい気持ち一杯です。

「レーシングナット」、とってもレーシーな響き♪
「レーシングプラグ」でもも心トキメキます(笑)
ホイール交換時に傷付ける心配が減りますしお勧めします。
但しEK9+TE37の場合ホンダカーズに入店拒否されますが・・・


質問です。
窒素ガスにすると乗心地良くなりますか?
普通の空気に比べ漏れにくくなりますか?
空を飛べる様になりますか?
コメントへの返答
2012/05/31 23:20:57
今晩は!!

いやぁ、SOICHIROさんに褒められるなんて事なかなか無いので(滝汗)、対処方法に戸惑います♪♪(笑)

って、私が褒められてる訳では、ないですが・・・。(苦笑)

ホント、ホイールメーカーは、凄いですね。何気なく使っているホイールですが、はかり知れない技術が詰まってるんですね♪♪

『レーシング』に過剰反応を示す、SOICHIROさん♪♪(笑)『レーシング』への反応なら、私も負けませんよ♪(笑)

確かに、今のナットは、21mm使ってますので、NT03+Mの何気に狭いボルトホールには、ちょいと危険なんですよね。それに、少し奥の方に引っ込みますので、少し長めのレーシングナットでもいけそうですね♪ただ、サーキット走行や、ハード走行するなら、絶対に鉄でしょうけどね!!

窒素ガス充填の利点については、様々な事言われてますよね。ウチの会社でも扱ってますが、ぶっちゃけ何の役にたつのやら???(苦笑)

よく言われるのは、『膨張率の違い』ですが、これはまず無いかな。確か膨張率は、どれも同じだったハズ。あとは、『空気より軽い』とか・・・汗汗汗『空気よりも漏れにくい』と言うのは、どうなんでしょうね。分子レベルでは、大きさが違ったとしても、ビートやバルブから漏れるとすれば、大して効果無いような・・・。実際、漏れるし・・・。

まぁ、もっともらしい理由は、『タイヤバースト時の発火を防ぐ』、『空気充填時よりも窒素ガス充填の方が、水分を減らす事が出来る』って事でしょうか???

確かに、エアコンプレッサーで圧力がかかった、しかも配管などの水分を多く含んだ空気を入れるよりかは、窒素ガスを充填する方が、圧倒的に水分を除けますね。っで、水分&酸素が無くなれば、タイヤ劣化&ホイール(バルブ)腐食を防げますし、水分気化時の過度の膨張も防げますね。

まぁ、一般車両については、どれも体感できる程のものではないような気がしますけどね。それに、バースト時の発火って・・・。(滝汗)バーストの時点でアウトです・・・。(苦笑)

とにかく、レーシングカーやサーキット走行する車両については、有利なんですかね???(笑)






★注意  窒素ガス入れても、空は飛べません。


(大笑)
2012/05/31 21:21:51
この当時から
ツインバルブでしたか
勉強になります。
コメントへの返答
2012/05/31 23:43:30
みたいですねぇ~。

NEEZなんかは、結構前からツインバルブだったような気がしますが、10年前と言うのは、ツインバルブも珍しかったんですかね??

10年前と言うと、さほどホイールに興味を持ってなかったので、あまり知らないんですよね。

まぁ、私には不安要素でしかありませんが・・・。(苦笑)
2012/05/31 22:17:26
5穴化されてるのいいですねぇ(;´Д`)

俺も5穴化→18インチ265装着→フェンダー加工→CL1キャリパーもしくはNA2キャリパー装着

っていうのをやりたいんですが、もはやそんな勢いもなく…orz
コメントへの返答
2012/06/01 07:43:39
5穴化されてますよぉ~♪
でないと、ホイールの選択肢が、愕然と減ってしまいますからねぇ。

まぁ、私の場合は、ブレーキ強化する事が、メインだったのですが!!なので、ようやくの本気??ホイールの投入なのであります。(苦笑)

BB4の場合は、BB6を使うんでしたっけ??CDアコードよりも簡単にできそうなので、逝っちゃって下さいよぉ!!(笑)

ブレーキ流用もし放題ですし♪♪

ちなみに、NA2キャリパーを使うよりも、NA1キャリパーとCL1キャリパーサポーターの2個イチで組む方がオススメですよ!!NA1キャリの方が、ピストンが大きいので!!

けど、CL1キャリで十分かな??とも思ったりもします・・・。NSXキャリパーは、激重なので・・・。(汗)どうせなら、DC5ブレンボで・・・♪♪

GT-Rサイズホイール投入ですか!?私も憧れますねぇ。けど、とんでもないワイド化をしないと、なかなか・・・(滝汗)。

245で良いので、もうちょっとだけワイドにしたいところです!!
2012/05/31 22:44:55
こんばんわ♪

このNT03、軽さもですが結構高性能なホイールなんですね♪流石ENKEIです。純正ホイールに採用?されているだけありますね!

以前インテ96specの純正ホイール(多分ENKEI製)履いてた時期があったんですが、凄く軽かったのを覚えています♪
まぁ、15inなんですが…w

貴重なホイール大切して下さいね~♪♪
コメントへの返答
2012/06/01 07:51:13
おはようございます!!

こんな事言ってしまうと語弊があるかも知れませんが、ただ軽いだけのクロ●ツァとは、違うようです♪♪

鍛造モノに越した事はないんでしょうけどね。値段が格段に跳ね上がるので、今の私には、無理なんです・・・。(汗)

ENKEIは、よく純正で使われてますよね。R34 GT-Rのなんかも確かENKEIだったと思います。

96インテのホイールって、またレアな!!(笑)今となっては、綺麗なモノはあまり見かけなくなっちゃいましたね。

2012/06/01 12:11:35
なるほど、参考になります。

確かBB6用に総とっかえすれば出来たはずですが、タイヤ代も高いので当分は225の16インチで頑張ります(*´д`)

大金でも拾ったら、全力投入します(笑)
コメントへの返答
2012/06/01 16:02:20
確かに、265のSタイヤともなると・・・。(汗)

私も18インチのおかげで、225でも一杯一杯です。(苦笑)

NA1流用は、意外と知らない方が多く、CL1やCL7乗りの方でNA2キャリに交換して、威力が下がってる方が結構居るはずです。

まぁ、CL1純正にしろ、NA1キャリにしろ、NA2キャリにしろ、パッド面積は変わらないので、ピストンが2つになっても、ピストン径が少し大きくなったからと言って大差無いので、CL1純正で十分って言うオチもあったり、無かったり、ラジバンダリ♪♪(笑)

まぁ、NA1キャリ流用でタッチが良くなったので、扱い易くはなったかな?って感じですね。

けど、そこいくと、ブレーキローターの16インチ化は結構な効果がありましたので、ローターインチUPは、やってみても良いかもですね♪♪

あぁ、私も大金が転がり込んで来ないかなぁ~。んなら、エンジンフルで組むのに・・・。
2012/06/17 10:00:31
おはよーございます(^o^)/コメントさせていただきますm(_ _)m
アルミホイールに付いて詳しくはないですがENKEIが純国産メーカーである事と自動車メーカーの純正アルミホイールを作ってることや、あとはモータースポーツ(F1etc.)に関わってくらいしかわからないですが
とにかくENKEIは素晴らしいメーカーですね(≧∇≦)
コメントへの返答
2012/06/17 15:41:39
こんにちはぁ!!コメ有難うございまぁーす♪♪

ENKEIは、世界に誇るホイールメーカーですからね!!精度、信頼性、デザイン、どれをとっても、トップレベルなホイールメーカーですよね♪♪

SAMURAI琢磨さんのホイールも面白いデザインですよね!!あれは、初めてみたホイールで、私カラフルなカラーホイールは大好きなので、ちょいと注目しちゃいました♪♪(笑)

ENKEI、サイコー!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「9.24 5th gen ACCORD 25th Anniversary with JTCC meet in MOTEGI !! Coming Soon」
何シテル?   09/17 20:48
以前は、ターボ車以外には興味が無く、スカイラインばかり乗ってきましたが、ひょんな事から、ホンダ車に乗る事になり、まずCD3に乗りました。見た目は、かなり気に入っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

CL1サクションホース交換&破れ対策(122150km) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/08 19:23:09
タイベル、その他交換!!距離62800km 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/30 08:44:18
アコード維持り計画 ~秋の夜長のガンプラビルド~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/06 19:35:13

お友達

車好きな友達大募集です。気軽に話ができ、情報交換ができればうれしいです。車種問いませんが、特にホンダ車、アコード、トルネオ、H22A搭載車(プレリュード、ユーロR)は大歓迎です。私なりに、努力したカスタムが皆さんの役に立てたらと思います。よろしくお願い致します!!
193 人のお友達がいます
温野菜盛り合わせ温野菜盛り合わせ * コバBコバB *
ユウタユウタ * Morimoto.808Morimoto.808 *
アッシモASIMOアッシモASIMO * てっちー966てっちー966

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコード ホンダ アコード
青アコに代わり、新しく相棒となって頂いた、100系(前期型)CD6MTです。 前オーナ ...
ホンダ アコード 4スロアコード (ホンダ アコード)
2015/10/27 ナンバー切って動態保存中。。。 初めは、USDMを目指していまし ...
ホンダ アコード キャブアコード (ホンダ アコード)
お師匠様から『アコードの売りの話があるけど要らない??』とのご一報があり、既にアコードだ ...
ホンダ その他 MacLaren Honda MP4/4 (ホンダ その他)
現在製作途中のデアゴスティーニ マクラーレンホンダMP4/4です。 製作レポートをこち ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.