• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HONDAISMのブログ一覧

2013年05月24日 イイね!

靴下履かしてみました♪♪

靴下履かしてみました♪♪え~、ここんとこ、何やら中古パーツの話が大量に転がりこんできて、購入すべきか??否か??悩みまくってるHONDAISMです♪♪(笑)


画像のスパルコどうしよっかな??・・・


それはさておき、この度、めでたくH22Aの4スロ化を成し遂げたHONDAISMですが、今回作業を行って頂いたチューナーさんは、とにかく男気溢れる方なんです!!

なので、4スロも・・・、





『漢』のファンネル剥き出し仕様・・・。

ゴミなんか入らん入らん!!後方吸気だから、ダイジョブダイジョブぅ~♪♪

って、事らしいのですが(汗)、流石にGWの神戸オフ行くまでに、何かあっても嫌なので、GW前にこんなもん買ってみました♪♪



ファンネル用エアフィルターでありますっ!!

チマタでは、コレの事を『トランペットソックス』と呼んでいて、トランペットのようなファンネルに、靴下のようにかぶせて使う事から、由来してるみたいですね。

メーカーは、『ハイパークロス』製で、国内外で幅広く使われているファンネル用エアフィルターであります。



ファンネルに取付けてみると、こんな感じ♪♪
スロットルが50Φとかなりデカいので、隣同士のファンネル間の隙間がほとんど無く、非常に履かせ難いんですが、どうにか、かぶせる事が出来ました。

ソックス自体は、よく伸びるので、少々のサイズでも入るようですね。
ホントは、もう少し小さいファンネル用のものだと思いますが・・・。(汗)

けど、このソックスは、本当は根元をタイラップで縛って抜けないようにする必要があるのですが、このファンネルの場合、かなりキツキツなので、タイラップで縛らなくても、抜ける事が無さそうです♪♪

なので、いつでもどこでも取り外せるよう、タイラップは使わずに、かぶせるだけにしてます♪♪


これで、長旅の道中も安心ですよね。場所によっては、砂埃が酷いところもありますので、普段はなるべく装着しておくようにしたいと思います。

ただ、チューナーさんが言われていた通り、このフィルターによる、パワー&レスポンスの損失は大きいですね。意外と、体感的に変わります。。。

そりゃあ、チューナーさんも、ソックス付けたがらない訳ですわ。。。

まぁ、私は2,3週間の通勤ぐらいにしか使用しませんので、パワー&レスポンスよりも、安心を選んでおきます♪♪(笑)


因みに、・・・




2セットの4個+1セット購入して、2個を予備に備えておきました♪♪

と言うのも、車検の際には、どうしてもこのフィルターが必要で、4つのフィルターの内の一つに、ブローバイガスのホースを挿し込まないと、車検クリアできなんですね。

なので、車検時には、一つは穴を空けなければなりませんので、今回車検用も兼ねて、もう1セット購入しました♪♪


さぁ、タコメーターも付いて、エアフィルターも付いたので、安心してブン回せます♪♪

まぁ、乗る時間が全くもって無ですが。。。(涙)

因みに、GWのオフ会後、全く乗れてない。。。
早いとこ、フューエルゲージと、ウインカー直して、追加メーター機能させたいんだけどなぁ~・・・。


神様、我に自由をぉ~~~



Posted at 2013/05/24 08:01:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 吸気系 | クルマ
2013年04月21日 イイね!

Borla-TWM Induction (ITB) H22A用4連スロットル!!

Borla-TWM Induction (ITB) H22A用4連スロットル!!えぇ~さてさて、前回は、三種の神器とF-con Vproがもたらすパワーをご紹介致しましたが、本日は、 今回装着したTWM製4連スロットルの詳細について、ご紹介したいと思います。





H22A用の4連スロットルキットは、私が確認したところ、『TWM INDUCTION(Borla INDUCTION)』と『OBX RACING 』の2社があったのですが、私は信頼性を重視し、お値段かなり張りますが、TWM社製の4スロキットを組む事にしました。

 


 
 
TWM社は、アメリカのスロットル専門メーカーで、アメ車など
のマフラーで有名なBorla社と少し前に、吸収合併したようです。

日本国内での代理店としましては、
『AVO/MoTeC JAPAN』が正規代理店をされています。

TWM製品の中でも、ホンダ用の4スロキットは、『2000 series』と言うシリーズで、その中でもH型エンジン用は、6種類存在します。

大きく分けて、スロットル径が50mmと52mmの2種類、さらに50Φと52Φそれぞれに、純正インジェクター仕様と、BOSHインジェクター仕様の2種類、それにBOSHインジェクターをセットにしたフルキットの合計6種類です。



*2000-0132/50/A  H22 50mm kit without injectors to fit stock type injectors**
*2000-0132/50/BB H22 50mm kit without injectors to fit Bosch type injectors**
*2000-0132/50/C  H22 50mm kit with Bosch competition injectors**

*2000-0132/52/A  H22 52mm kit without injectors to fit stock type injectors**
*2000-0132/52/BB H22 52mm kit without injectors to fit Bosch type injectors**
*2000-0132/52/C  H22 52mm kit with Bosch competition injectors**



 
私は、今後のステップUPも見越して52Φでいこうかな??と考えていたのですが、チューナーさんが絶対に50Φやな!!50Φでもデカ過ぎるくらいや!!との事だったので、50Φを選択しました。

結果から言うと、50φを選んで正解でした。

4スロにして、上のパワーUPは計り知れないものがあるのですが、下のパワー感は、シングルスロットル時とそんなに大差はないので、これで52φを選んでいたら、確実に下がスカスカで面白くない仕様になっていたかと思います。エンジンをカリカリに仕上げさえすれば、52Φでもいけるのでしょうが・・・。

っで、50φのキットにも、BOSHインジェクター仕様、純正インジェクター仕様、BOSHインジェクターが付属したフルキットと、3種類のラインナップがあるのですが、私は、今後のメンテナンスなどの事も考え、純正インジェクター仕様を選びました。 純正インジェクターの方が、モノが手に入れやすいですからね♪♪

ホンダの純正インジェクターは、意外と高性能なインジェクターと言う話も聞いた事ありましたし、純正インジェクター仕様で、他車種流用で社外インジェクターを組む事もできますので、わざわざBOSHインジェクター仕様を選ぶ必要性が見つかりませんからね。

なので、購入したモノは、

 
*2000-0132/50/A H22 50mm kit without injectors to fit stock type injectors** 


と言うキットになります。


 
さて、皆さんは、このTWM4連スロットルキットの価格は、もうご覧になりましたかぁ??


 
このキットのお値段、・・・

何と!!

何と!?

ぬぁ~んと!!

367500円もするんです・・・。



さんじゅうろくまんえん・・・。


ハハハハハ♪♪

 

もう笑うしかないですね。。。(汗)

 

TODA RACING のスポーツインジェクションキットだと、



B型エンジン用で26万円・・・。
TWMは、+10万円。。。まぁ、TODAにH型エンジン用のラインナップが無いので、仕方ありませんが・・・。(汗)けど、性能はTODAにも負けてないと思いますけどね♪♪

初めこの値段を見た時、こんなのまともに買っとれんっ!!と思い、サッパリ分からない英語を頑張って使って、TWMさんに直接取引をお願いしたのですが、帰ってきた返事が、・・・

 

MOTEC JAPAN を通してくれっ!!


との、ひと言・・・。(滝汗)

仕方ないので、チューナーさんに相談して、ちょいと別ルートで仕入れてもらい、少しだけお安く購入できました♪

e-BAYなんかも考えたんですけどねぇ~。後々のトラブルの事を考えると、手が出せませんでした。。。まぁ、H型用は出品無かったんですけどね。


とまぁ、そんなこんなで、注文入れて1ヶ月ちょいして、ようやくチューナーさんところに届いた4スロがコレ!!

 



装着前の画像です。いやぁ~、綺麗ですねぇ~♪♪
思わず見とれちゃいます♪♪

因みに、重さは測ってないのですが、この時CD6とCL1純正インマニを持っていたので、純正マニと比べてみたのですが、格段に軽かったですね。

 

ポートの中もご覧の通り、綺麗につくられています。

 

こちらは、すこぉ~し、バリ&鋳肌が残っていますが、まずまずでしょう



こちらが、インジェクターが組まれる上側です。

この4スロは、純正インジェクター仕様のキットなので、CD6純正インジェクターを組んで頂きました。

本当は、SARDなんかの4ポート式以上の高性能なインジェクターを組んでもらいたかったのですが、チューナーさんいわく、あんまり意味ないとの事だったので、そのあたりはチューナーさんにお任せしたのですが、結果CD6純正インジェクターを使用されていました。

CL1インジェクターでも組めない事はないかと思いますが、CL1のインマニには、
以前のブログにてご紹介した、AAIシステムが備わっており、その分インジェクター容量が小さくなってますので、CD6純正インジェクターを使用しています。

結果、インジェクター容量は、4スロでもCD6純正容量でもいけたそうです。
おかげで、せっかくCL1インジェクターで静かになっていたインジェクター音が、またガチャガチャとウルサイCD6インジェクターになっちゃいましたが。。。(汗)

CD6純正インジェクターは、うるさいんだよなぁ~・・・。



っで、こちらが裏面です。

リンケージがカッコ良いですよね♪♪
粗悪な4スロキットだと、このリンケージ部が摩耗し、ガタが出易いんだとか。
TWMは、まだマシだそうです。

ちなみに、このリンケージにスロットルワーヤーが組まれるのですが、4スロ本体の下側にあるので、エンジンルーム内で、手でワイヤーを引っ張って空吹かしするのがちょいと面倒です。。。

ワイヤーが外れたら最悪なので、ワイヤーを引っ張っての空吹かしは、殆どしてません。おかげで、4スロの官能的な吸気サウンドを未だ殆ど聞いてません。。。

今度、誰か空吹かししてくれません??(笑)



スロットルポジションセンサーもちゃんと付属されてます。
4スロのセッティングは、このスロットルポジションセンサーの数値を元にし、縦軸にスロットル開度、横軸に回転数でセッティングを取るようなので、かなり重要なパーツです。

 

それと、付属してくるのか?心配だったフューエルプレッシャーレギュレーターもちゃんと付属してました♪♪

っがここで、トラブル発生!!

何と!?

 



プレッシャーレギュレーターの負圧ホースをつないで、燃圧を調整するニップルが折れてるやないですか!?

やられました・・・。

空輸事故のようですね。。。(涙)

おかげで、このニップルをアメリカから送ってもらうのに、また1ヶ月以上待つ羽目に・・・。(滝汗)


最後にご紹介するのは、4連スロットル化には、超重要なパーツ!!



この負圧タンクです。

これは、サージタンクの無い4連スロットルの不安定な負圧を整えてくれる重要なパーツなのですが、各ポートからの負圧を集合させて、常に安定した負圧を得られるようになっています。

そこから負圧を取っているのは、ブレーキマスターバック・キャニスター・フューエルプレッシャーレギュレーター、圧力(マップ)センサーになります。

よって、このタンクが無ければ、大変な事になっちゃうんですよね。
さらに、このタンク容量も重要で、大き過ぎても小さ過ぎてもダメなんです。




とまぁ、なんだかんだありましたが、どうにか無事??に組めて良かったです。


って、まだ問題点はあるのですが・・・。(汗)

と言うのも、インジェクターを取り付ける、ポート側のインシュレーター(パッキン)が不良で、4番のインジェクターのインシュレーター部から、燃料漏れが発生してしまったんです。。。

ってな訳で、現在またまたインシュレーターをアメリカより取り寄せ中・・・。しかも、まだ届いておりません・・・。(涙)

っで、チューナーさんも私も、流石にそこまで待てませんので、チューナーさんは、インシュレーターをタイラップで縛って、取りあえず現在、燃料漏れを止めてセッティングをし、どうにか納車されてます。。。(汗)

ってな訳で、この状態で、5/6の『5th ACCORD 20th Anniversary Prelude IN KOBE』に参加する事となりそうなのですが、無事にたどり着けるんやろか???(苦笑)


5/7新聞で、『高速でアコード大炎上!!』の記事を見つけたら、どうか皆さんお墓参りヨロシクです♪♪(爆)


ってな訳で、『5th ACCORD 20th Anniversary Prelude IN KOBE』まであと2週間!!

現在、約10台前後の参加予定となってますが、まだまだ沢山のご参加お待ちしてますよぉ~♪♪サプライズ登場も大歓迎!!アコード以外も大歓迎!!みんなで、わいわい楽しい一日にしちゃいましょう!!


神戸で待ってますよぉ~!!

Posted at 2013/04/21 08:41:04 | コメント(5) | トラックバック(0) | 吸気系 | クルマ
2013年04月01日 イイね!

Vプロ導入に伴い、仕様変更!!其の二!!

Vプロ導入に伴い、仕様変更!!其の二!!さて、先日は、『Vプロ導入に伴い、仕様変更!! 其の一』で、フルチタンマフラーをご紹介致しましたが、排気効率が良くなったら、やはり気になるのは、吸気効率ですよね!!

なので、メインアコを預ける前に、チューナーさんに吸気効率について相談してみたところ、この



以前のシビックB型エンジン用ARCチャンバーでは、H22A(CL1)スロットル径よりもパイプ径が小さ過ぎて、かなりロスしているとのご忠告を頂戴しましたので、Vプロ導入前に、この



『Garage Dog House』製のDHスーパーエアチャンバーに変更したんですね。

その時のブログが、こちら『Vプロチューナーさんからの宿題・・・。』

っで、この仕様でVプロを組んでもらおうと、チューナーさんところに、サクションンパイプの変更を見せに行ったところ、Vプロ組む際には、チューナーさん自ら、吸気系を更に手直しして下さるって話になったんですね。

んで、その手直しの為に、チューナーさんが、アメリカより極悪パーツを輸入して下さり、今回のVプロセッティング作業に取り掛かって頂いた次第であります。

っで、今回の『1X』仕様が完成したと言う事で、エンジンルームを見せて頂くとぉ~・・・、

・・・

・・



 



ん?

んん??

ぬぅぉぉぉおぉおおぉおおーーー!!

『DHスーパーエアチャンバー』が無くなっとるやないかぁーい!!


ってか、サクションパイプ自体無くなてますけど・・・。(滝汗)



おいおいおい!!って事は、スロットル直吸いのエアクリ&サクションパイプ無しになってんのんかぁ??

???

っで、バルクヘッド側が気になって、気になって仕方がないので、エンジン裏のバルクヘッドに目をやると・・・、

 

 

 
ん?

ん??

何やら、見慣れないモノがバルクヘッドに2つ・・・!?

何じゃこりゃ???



こんなもん、H22Aには、付いて無かったゾ!!


しかも、右側のホースが沢山繋がってる部品、どっかで見た事あるような・・・、何かのチューニング雑誌だったかなぁ~???

(ここで、この先の展開が読めた方は、なかなかのチューニングマニアです♪♪)


もうこうなったら、吸気がどないなっとるのか気になって、居てもたっても居られない私は、一気にバルクヘッド側を覗き込んだのです!!


すると、とんでもないブツが、目に飛び込んできたのでありますっ!!

 
そ、そ、それは、・・・


何と、・・・


ぬぅあぁ~んと!!


じゃっじゃぁーん♪♪
 






 



4連スロットルでありますっ!!




もう一度言わさせて頂きます!!




4連スロットルなのであります!!




しかも漢のファンネル剥き出し!!



いやぁ~、アメリカから輸入した極悪パーツとは、4連スロットルの事だったんですねぇ~♪♪



ってな訳で、ここでクダラナイ茶番は、終了させて頂きます。。。(苦笑) 
お付き合い、どうも有難うございました♪♪



いやぁ~、遂に私もオツムが逝っちゃいました。。。

Vプロセッティングの為に、そこそこ良いお値段した、『DHスーパーエアチャンバー』を、いともあっさり外してしまい、更には、か・な・りの大枚をはたいて、4スロを導入しちゃいました♪♪(笑)



4スロ導入する経緯は、何気なくチューナーさんに、4スロって速くなるんですかぁ??と聞いてみたところ、

チューナーさん 『いいねぇ~♪♪4スロ逝っちゃえばぁ♪♪』

私 『えっ???』


 『いやぁ~、4スロなんか、ノーマルエンジンに組んでも・・・。(汗)』

 
 『確かに、最終目標は4スロなんですけどぉ~・・・。』
 

チューナーさん『4スロは、エンジンやる前に入れとった方がええなぁ!!』


 『えっ??』

 
 『な・な・何でなんッスかぁ??』

チューナーさん 『だって、4スロ入ってたら、ヤル気出るやん♪♪先に4スロ入れとったら、勢い的にエンジンやり易くなるやろ!!』

   


私 『・・・。』


 
な、な、何と、そんな理由・・・。(苦笑)
しかも、そんな話にまんまと乗かってしまった私・・・。(滝汗)

まぁ、チューナーさん曰く、レスポンスは格段に良くなり、恐らくノーマルエンジンでも上のパワーは伸びると思うよ!!との事だったし、

当初はエンジンヘッドのみをチューニング(ハイカム、ポート研磨など)してVプロ組むつもりにしてて、チューナーさんに相談したところ、『ヘッドだけやったところで、そんなにパワー上がらんやろな』『ハイカム入れても、圧縮上げな効果半減するし』との事で、今回はエンジンは開けずに、ノーマルでVプロを組もうって事になったので、資金的に余裕があったんですね。


なので、ヘッドチューニング代を4スロ導入資金へとまわしたって訳です。

では、その眩いくらいに美しいシステムをとくとご覧あれ♪♪

 









いやぁ~、美しいですねぇ~♪♪ カッコ良いですねぇ~♪♪

芸術作品と言っても過言ではないでしょう!!

見た目も去る事ながら、レスポンスの良さもまた、芸術品とも言えるでしょう♪♪

超絶レスポンスを得る事が出来た理由には、Vプロ制御の事もあるのですが、コイツの効果が大きかったんですよねぇ~。まぁ、次回ご紹介するパーツも一役買ってますけどね♪♪

まさか、このタイミングで4スロ入れる事になるなんて、思ってもいませんでしたね。エンジンフルチューンしたあかつきには、いつか4スロ!!とは考えていましたが、最終目標を、エンジン空ける前に手に入れてしまいました・・・。(滝汗)

この4スロについては、また別ブログにて、詳細をご紹介しようかと思っていますが、メーカーはアメリカの『Borla INDUCTION for TWM INDUCTION』と言うメーカーのモノなのですが、H22A用の4スロを作ってるメーカーは、私が確認したところ、この『TWM』とアメリカの『OBX RACING SPORTS』の2社だけなんですね。OBXは、非常にお安く手に入れられるのですが、以前仕事で、NSXにOBX製のタコ足を入れた事があったのですが、これが何とも粗悪品で、こんなもん付かんやろ!!って程に、最悪な品だったんですね。結果、フレームやフランジを削って組んだ始末です。。。

なので、OBX製品の粗悪さは、よぉ~く理解していたので、後で何かしらのトラブルが出ても嫌なので、倍以上??
の値段はしますが、信頼性の高いTWM製をチョイスしました。

ちなみに、TWMではH22A用の4スロは、50Φと52Φがあるのですが、チューナーさんいわく、50Φでもデカ過ぎるくらいや!!との事だったので、50Φをチョイスしてあります。普通は、46Φぐらいらしいですね。エンジンを2.4L化や、カリカリにチューニングされたH22Aなら、52Φでも使えなくないようなのですが、絶対に50Φの方が楽しいとのご忠告だったので、素直にチューナーさんの指示に従い、50Φでいきました♪♪


しっかし、このTWMスロットル値段高過ぎやで!!


とんでもない価格します。。。TODA製の4スロ価格の比じゃあないです。。。(涙)

まぁ、このあたりの詳細は、また別ブログにてご説明させて頂きますね。


また、話が長くなるので・・・


ってな訳で、本日の『
Vプロ導入に伴い、仕様変更!!其の二!!』では、超絶レスポンスを得た秘密をご紹介致しました。次回『其の三』では、さらに、H22Aの潜在能力を引き出す為に必要不可欠なシステムのご紹介をしたいと思います。こちらも、なかなかお目にかかれないシステムかと思いますので、乞うご期待です♪♪


では、お楽しみにぃ~♪♪
Posted at 2013/04/01 12:55:56 | コメント(16) | トラックバック(0) | 吸気系 | クルマ
2012年11月05日 イイね!

Vプロチューナーさんからの宿題・・・。

さて、11月11日瀬戸大橋 与島パーキングエリアにて行われる、アコードオフ『集え!!アコトルin与島2012』開催まで、一週間切りましたネ!!

私、昼間のオフ会、ましてや日曜日のオフ会には、滅多な事では参加出来ませんので、当日は沢山のアコード&ホンダ乗りの方達と交流出来ればなぁ~と思いますので、お暇な方は是非お越し頂けると、大感激でございます♪♪

特に、5thアコード乗りの方ヨロシクです。。。

当日晴れていれば、私と友人とで、メインアコと青アコの2台体勢で参加したいと考えてますので、1台でも多くの5thアコードが集まって頂けると嬉しい限りです♪♪



更に、当日は私のもう一台の愛車である真っ赤なCL1に乗ったオヤジが、和歌山県よりやってきます!!なので、当日は、私のH22Aが3台揃いますよぉ~(晴れてくれたらですが・・・)♪♪還暦を迎えたミーハーな親父がやってきますので、11日ご参加の皆様、何卒よろしくお願い致します。




ではでは、本日は、ちょいとばかしメインアコの仕様変更を行いましたので、ご報告をば!!

と言うのも、11月中旬から下旬にかけてVプロ装着の為に、とある凄腕Vプロチューナーさんところに、メインアコをお預けする予定にしてるのですが、そのVプロチューナーさんより、2点程宿題を頂戴しまして、メイアコの仕様変更をしなくてはいけなかったんです。

その宿題2点とは、

①社外オルタネータープーリーを純正プーリーに戻す事!!
②サクションパイプの見直しをしておく事!!

①については、先日のブログで何度かUPしてますが、タイベル交換前は、大径アルミプーリーを組んでいて、アイドリング時の発電量が12Vを下回っていたので、12V以下ではVプロが上手く動作できなく、プーリーを純正に戻すよう指示されていましたので、タイベル交換ついでに純正に戻しました。

っで、お次の宿題②なのですが、以前Vプロチューナーさんにエンジンルームをお見せして、Vプロ組むまでに他にやっておくべき事ってありますか??と尋ねると、・・・



Vプロチューナーさん、『サクションパイプやな!!このサクションパイプでは、スロットル直前でスロットル径より小さく絞られてるから、かなり損してるで!!』『このサクションパイプは、変えておいた方が良いなぁ。サクションパイプは、スロットル径と同じサイズがエエんや!!』

鋭いご指摘です。。。


まぁ、B型用のARCチャンバーで、スロットル側径が結構小さかったので、うすうすは気付いてはおりましたが、こうもあっさり言われると・・・。汗汗汗


ってな訳で、急遽とある最強のサクションパイプをゲットして、組んでみました♪♪

そのサクションパイプは、私が永年手に入れるのを夢見て、そして金額面から購入を諦めていたブツでありますっ!!


そいつは何かと申しますとぉ~、・・・



ででぇ~ん!!

『Garage Dog House』さんの、DHスーパーエアチャンバーでありますっ!!

この商品は、既に絶版になっており、今となってはかなり希少なアイテムなんです。同メーカーから別売されているDHスーパーインダクションBOXとの組み合わせで、かなりの効果を発揮する!!とウワサのチャンバーなんですよね。私的に考えると、チャンバー室がテーパー形状になっている事により、流速が高められ、効果を発揮するのかな??と考えてます。

この商品は、非常につくりも良く、



内部の溶接目もちゃんとバリ取りしてフラット状態にされてます。

このチャンバーは、元々CF4用??に開発されたモノなのですが、CL1スロットル径ともBESTマッチいたしますので、今回コイツの導入を躊躇する事無く、踏み切りました♪♪

ただ、私の場合ラム圧を稼ぎたいので、この



インダクションBOXは使わず、チャンバーのみ使用します。

ってな訳で、コイツもアルミ製で熱吸いが気になりますので、いつものカツキワークスさんとこのサーモクロスを巻いてみました♪♪



テーパー部もちゃんと扇形に切って綺麗に貼りました♪♪


では、ARCチャンバーと比較してみますか!!

まずは、全体像から



チャンバー室はARCより長いですが、径が小さいので、ARCよりもチャンバー容量は小さそうですね。

ただ、スロットル側径が、明らかに違います。



むぅ、径が全然違う・・・汗汗汗
B型って、こんなに小さいんですね。逆にH22Aは、こんなに大きいんです♪♪これで、スロットル径と同じサイズの70Φになり、VプロチューナーさんもOKを出してくれるハズ・・・。。。

ってな訳で、ちゃっちゃっと交換しちゃいます。



っで、取付完了!!

チャンバー室が、ARCよりもスリムになった分、スペース的にも余裕でございます。ただ、エアクリ側のパイプが、車両の外側に向いてしまってるので、



別パイプをつないで若干方向を変えてやり、ブリッツのエアクリを装着して、ラムエアダクトをエアクリまで引っ張ってやりました。



おかげで、何やらくねくねになっちゃいましたが・・・。(滝汗)

まぁ、以前よりもエアクリ本体がエンジンよりも離れたので、くねくねはヨシとしときます。(苦笑)





チャンバー周りもスッキリして、見通しが良くなりました♪♪

では、以前の仕様と見比べてみましょう!!
上→ARCチャンバー
下→DHスーパーエアチャンバー




レイアウトが、少々変わりましたね。エアクリ本体が、エンジン本体よりも離れるような形のレイアウトとなり、ダクトがくねくねに・・・。

ラム圧落ちるかな??

まぁ、チューナーさんいわく、時速100km以上で、0.1~0.2 kPa変われば良い方やろなとの事なので、ラム圧の事は考えない事にします。。。(苦笑)


オマケに、チューナーさんに、チャンバーの有無の効果を聞いてみたのですが、

『チャンバー付けて効果出てくれたらええけどな!!』

との返答が・・・。(滝汗)

チューナーさんに、このサクションパイプ見せたら何て言われるのかな???


とにかく、明日火曜日に、チューナーさんところに入庫の予定と仕様の打ち合わせをしに行きたいと思います。



さぁ、メインアコもBESTな状態??になり、いよいよVプロ現車セッティングが間近に迫ってまいりました!!気候的にもセッティングには、持ってこいの季節になってきましたしね♪♪楽しみ、楽しみ♪♪
Posted at 2012/11/05 07:47:55 | コメント(8) | トラックバック(0) | 吸気系 | クルマ
2011年08月27日 イイね!

メインアコ吸気系手直し!!

さてさて、旅行ネタも尽きたところで、ぼちぼちアコードネタを再開していきます!!

本日は、お盆休み中にイジった、吸気系の手直しをば!!



かなり以前に、シビック用ARCチャンバーを組んだのは良かったのですが、仮付け状態でテキトーに組んでたので、無駄にホースが多く、色とりどり・・・。(滝汗)
これでは、次回チューニング屋さんにECUセッティングを依頼する際に格好悪いので(他にも格好悪いところだらけですが・・・)、今回手直しをする事にしました!!

ホース、サクションパイプの手直しついでに今回コイツも施工してみました!!
その施工したブツはと言うと・・・



サーモクロスでぇーす!!
私は、まだエキマニにバンテージを巻いていないので、以前よりサクションパイプの激熱っぷりが、かなり気になってました。なので、今回サクションパイプを外すついでに、コイツを施工して、吸気温度を下げてやろうと言う魂胆です!!
せっかく、ヘッドライトラムエアシステムを組んでも、サクションパイプで熱を吸ったら、元も子もないですからね♪♪

施工前がこちら。



いかにも熱を吸いそうな、アルミです!!しかもサビで汚い・・・。

っで、こちらがサーモクロス施工後。




う~ん、つなぎ目がカッコ悪いですが、仕方ありません・・・。まぁ、こんなもんでしょう。
このサーモクロスは、裏面に粘着のりが付いてますので、切って貼るだけの簡単なヤツです!!

っで、おにゅぅ~のシリコンレデューサー(異径ホース)、シリコンストレートホース、アルミアサクションパイプを使って、組んでみました。






こんな感じで仕上がりました!!勿論ARCチャンバー前のアルミサクションパイプにもサーモクロスを施工!!スロットルのレデューサーの色が若干他のとは違いますが、以前よりは綺麗になったでしょうか???
ブリッツのソニックシールドにもサーモクロスを施工しようかとも考えましたが、見た目が汚くなりそうなので、ここだけは止めておきました。

ついでに、ラムエアヘエッドライトから吸い込んでしまう、雨水対策を♪



晴れの日は、こうつないで、



雨の日は、このように車両の下側へ落とせるようにしました。なので、雨の日はラム圧がかかりません・・・。(汗)まっ、雨水モロ吸うよりは、良いでしょう!!

ホントは、エキマニにもバンテージを巻きたかったのですが、A/Fや排気温度センサー用のボスを付けようかと考えてますので、当面は保留です。

ってな感じで、吸気系の手直しをこのお盆中に行いました!!

取り合えずこの状態で、チューナーさんにECUセッティングを依頼する事にします!!
Posted at 2011/08/27 08:37:38 | コメント(6) | トラックバック(0) | 吸気系 | クルマ

プロフィール

「さて、ぼちぼち行きますかぁ!!
まずは、静岡の友達をキャッチする為に、新東名藤枝PA目指します!!

さぁっ!!アコ君頑張ってくれよな!!みんなに会いに、お前のふるさとの栃木へ行こう!!24日は、前のご主人様も駆けつけてくれるらしいからな!!頑張ろうな♪♪」
何シテル?   09/23 05:41
以前は、ターボ車以外には興味が無く、スカイラインばかり乗ってきましたが、ひょんな事から、ホンダ車に乗る事になり、まずCD3に乗りました。見た目は、かなり気に入っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

CL1サクションホース交換&破れ対策(122150km) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/08 19:23:09
タイベル、その他交換!!距離62800km 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/30 08:44:18
アコード維持り計画 ~秋の夜長のガンプラビルド~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/06 19:35:13

お友達

車好きな友達大募集です。気軽に話ができ、情報交換ができればうれしいです。車種問いませんが、特にホンダ車、アコード、トルネオ、H22A搭載車(プレリュード、ユーロR)は大歓迎です。私なりに、努力したカスタムが皆さんの役に立てたらと思います。よろしくお願い致します!!
195 人のお友達がいます
V-テッ君♂V-テッ君♂ * ユウタユウタ *
らしあらしあ * DIYたかDIYたか *
hisaohisao * ウェランウェラン *

ファン

91 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコード ホンダ アコード
青アコに代わり、新しく相棒となって頂いた、100系(前期型)CD6MTです。 前オーナ ...
ホンダ アコード 4スロアコード (ホンダ アコード)
2015/10/27 ナンバー切って動態保存中。。。 初めは、USDMを目指していまし ...
ホンダ アコード キャブアコード (ホンダ アコード)
お師匠様から『アコードの売りの話があるけど要らない??』とのご一報があり、既にアコードだ ...
ホンダ その他 MacLaren Honda MP4/4 (ホンダ その他)
現在製作途中のデアゴスティーニ マクラーレンホンダMP4/4です。 製作レポートをこち ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.