• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hayashiのブログ一覧

2013年07月20日 イイね!

GT86 ボンネット製作⑧-2

前節-1でプリプレグ貼り込み工程終了!

-2として真空工程、加熱工程、完成まで〜の巻っス

幾つかの副資材を工程順に紹介します

リリースフィルム
プリプレグから出る樹脂を受け止める役割のものかな?離型フィルムですかね・・・
貼り込んだプリプレグ全体に置きます

N★style中島くんの盗撮画像参照

《ポイント》
①ある程度伸びるフィルムですが突っ張りの無いように
②凹凸部分へはたるみを持たせる
③なるべくシワができないように置ければGood!!
④重ね部分などへはスプレーのりやテープを使う


ルーバーの様に深い鋭角部へは技で対処します(^^)v
耐熱シールテープをリリースフィルムで包んで角部に置きます
こうすることで万遍なく真空でき、真空破れのリスクも軽減されます



次に
ブリーザークロス(綿みたいな)
真空時、空気の流路/通路を確保して全体を万遍なく真空する役割のものかな
また、万が一のバリや鋭利なカス、ゴミからの保護の役割も兼ねてるかな

《ポイント》
①伸びるクロスですが突っ張りの無いように
②凹凸部分へはたるみを持たせる
③凹凸部分へは切込み等を入れてリスク低減を図る


次に
型全周に作製したフランジ部分へ両面シールテープ(耐熱)を貼り付ける



次に
バキュームバックフィルム(耐熱で伸張するビニール)
型もしくは製品部分を覆う袋的な役割かな
家庭では収納に使われる布団圧縮袋みたいなイメージ!?

《ポイント》
①シールテープとバックフィルムを確実に密着させ真空漏れの無いように
②ある程度伸張するが突っ張りの無いようにセットする
③凹凸部分へはたるみを持たせる
④縦横方向に山を数か所設置し袋にたるみを持たせる
 (製品形状に合わせて設置)
⑤カッターやハサミなど鋭利なものは工程から排除しておくこと
 
 (穴が開いたらジャンジャンなので)

真空引きする口(アルミパイプ等)をシールテープ部に設置
口にはブリーザークロスを巻いておき空気の流路/通路を確保する

《ポイント》
①口(アルミパイプ等)は直接製品面に接触させないこと


次に
真空ポンプからのホースを繋いで真空引きスタート

《ポイント》
①真空引きしながら角部、凹凸部分の突っ張りが無いかを確認する
 (指で押したり、ソフトなヘラ、しゃもじなど使いながら)
 →突っ張りがあった場合は一度真空解除して修正すること
②シール部分からの漏れがないか耳を澄ませて確認すること

ルーバー鋭角部に入れた技はこんな感じで万遍なく引かれています♪(^^)v

漏れが無いことを確認したらさぁ!オートクレープへ

お世話になってる所で焼いて頂きます
ハニカム仕様なので低圧で長い時間掛けて焼いて貰いました

画像なし


焼きあがって来ました!!
嬉しい反面ドキドキです(←マジで)


バキュームバックフィルムを剥がしぃ〜の
リリースフィルムを剥がしぃ〜の



さぁいよいよ脱型です
隅角に指挟んで上に持ち上げた・・・
一瞬で脱型したよ ふわぁ って舞い上がったよ!

心配してたルーバー、ダクト部分も全く問題なし



穴いっぱい(^^)/
穴がダウンフォースに見えてきた(^^);

気になる重量は小指で持てる2.8kg



そこそこ満足な重量だったのですが・・・
この方・・・『まだまだいけたな』って・・・絶対麻痺してる(笑)



外周バリ、ルーバーダクト部バリ取り後、水研ぎして完成です♪(クラッカー)


予定より大幅に遅れましたが
GT86ボンネットできたどぉー


-③へつづく  車両取り付けの巻です
Posted at 2013/07/20 00:52:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | 金パチ | クルマ
2013年07月19日 イイね!

業務連絡

業務連絡地元民としてちょっと働こうと思います…

8月3.4日のFSW 86イベントですが前泊希望される方居ますか?近場で手配しようと思います…

遠慮なく参加申請して下さい
コメントでもメッセージでもOK です(^^)/

現在確定者
おだっちさん関係者
にのきんさん関係者(ご主人さま、さわだくん含む)

富士山登山者の関係か御殿場近辺ホテル、民宿いっぱいおっぱいです┐('~`;)┌
宿と交渉中につき申請は7月20日中に頂ける助かります♪
Posted at 2013/07/19 09:45:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2013年07月13日 イイね!

GT86 ボンネット製作⑧-1

プリプレグ貼り込みぃ〜の巻

って、とっくにアップしろよ!!って感じ(・・);


プリプレグ貼り込み前に・・・
まずは自宅ガレージの作業環境作り

師匠の作業工数見積もりでは6Hだったけど僕の見積もりは10H(^^);
結果的に毎晩3H〜5H作業で5日要しました(トホホ) トータル20H
大幅にオーバーしちゃいました(笑)

完成した型に再度離形剤(ケムリース)塗布します
(注)液の塗りムラが無いように表面をキレイにしときます
ムラがあった場合製品表面に出てしまうので

各セクションに分けて型紙作成・・・
これにかなりの時間を要しました・・・(笑い
きっちりとしたラインを確保したかったのと、量産ってなった場合を考えて。


ここから貼り込み開始ッス!
型紙に合わせてプリプレグをカット
普通にカッターやハサミ✂で切れます


製品表面に貼るのが綾織3Kってヤツ
皆さんが一般的に目にするヤツね

えっ!?って思うかもだけど矢印↓の1束に3000本の繊維が入ってるんだって(・・);
《参考》三菱レイヨン日本製
綾織3K t=0.2mm+㌁
綾織12K t=0.7mm+㌁  3Kの3枚分以上で樹脂含有量も多い
平織12K t=0.4mm+㌁  
画像にあるように両面に薄ビニールと紙で保護されているので貼り込み時は確実に剥がすこと!!!←これ大事

製品表面に3K貼り込み完了
ルーバー部、ダクト部の開口部へは貼り込みしません




繊維は樹脂を含んでいるので夏場の貼り込みは手について大変です
エアコンの効いた室内ではないのでスポットクーラーで冷やしながらの作業ッス

それでも手につくときはコレ↓ 

お肌スベスベハンドクリーム♪ぢゃないよ!でも指先に塗ります

つづいてハニーカムカム加工♪
極力ハニカム入れました。軽量化かつ剛性確保目的で

各セクション5mm、8mmのペーパーハニカム構造にします
画像にはありませんがダクト面部へも5mm入れました


《参考》画像上から
5mmペーパーハニカム
8mmペーパーハニカム
8mmアルミハニカム
使用部位、用途、目的に合わせて使い分け
例えば・・アンダーパネルなど特に剛性が必要な部分へは①厚くする②アルミハニカムを使うなど・・・

ハニカム小口は斜めにベルトサンダー等でカットします
次工程でこの上にプリプレグ貼るのですが、垂直のままだと真空した時に蜂の巣が倒れ込んでしまうので

Uの字部分はプレスラインがあるのでラインに合わせてカット

〇部はボンピン位置なので積層処理

全体仮置き



ここでGT86ボンネット構造の材料構成説明しときます(貼り込み順に)
3K綾織→グラス→5mm8mmハニカム→グラス→ボンピン部ヒンジ部外周部へ12K積層→3K綾織

ハニカム形状が決まったらグラス繊維を切り出します

通常ハニカムを使用する場合接着フィルムたるものでサンドイッチするのだが今回はコスト的に安価かつ軽く薄くかつ樹脂を多く含むグラス繊維でサンドイッチ


ハニカム形状に合わせて(大きめ)切り出したグラス繊維を貼ってその上にハニカム載せます



ハニカム敷き詰めたら、またグラス繊維でサンドイッチします
ボンピン部、ヒンジ部、外周は12K積層約t=1.8mm


外周については12Kをバイアスカットして貼り込みます。
バイアスとは
画像は3Kですが、綾織を編んであるラインに沿って直角にカットすることで上下左右に繊維が伸びて貼り込みが楽にできる
きつい曲面や凹凸部分へは貼り込みし易く馴染みやすい



3K綾織貼り込み




全体に綾織3K貼り込み完了(^^)/



これでプリプレグ貼り込み工程終了!


眠くなったので⑧はここまで・・・-1として次回は真空工程、加熱工程を記録するっス

Posted at 2013/07/13 01:37:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | 金パチ | クルマ
2013年07月09日 イイね!

黒っぽい人

黒っぽい人Naniga dekiru kotoyara(^^)?
Posted at 2013/07/09 22:25:54 | コメント(4) | トラックバック(0) | ハチロク仲間 | クルマ
2013年07月09日 イイね!

遠い?近い?

遠い?近い?昨晩火を入れましたよ(^^)v

この構成でどんななのか僕的には楽しみ♪です








Posted at 2013/07/09 21:31:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | ハチロク仲間 | クルマ

プロフィール

「OURA86meets2018 http://cvw.jp/b/610014/41942195/
何シテル?   09/13 22:20
御殿場のおじさん
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

2014 ハチロク祭 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/08 10:10:48
2010ドライカーボンルーフ施工まで 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/17 22:05:48
オイルパン加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/18 12:43:21

ファン

103 人のファンがいます

愛車一覧

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.