• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年10月31日

2019年遠征②日産ヘリテージコレクション~プチオフ

2019年遠征②日産ヘリテージコレクション~プチオフ 2日目の午後、予約をした日産ヘリテージコレクションを訪れました。
毎日開場しているのではなく、1か月のうち半分程度しか空いていないのでは?
今回、平日である事と、たまたま開場日が重なったので、予約を取ることが出来ました。
休日はあっという間に予約が埋まっちゃいますからね(汗)

話しは変わりますが、僕は日産党です(汗)
それは、父の影響である事は確か。

入り口を入ると、ロッカーの扉にも特別な思いが湧いてきます。

直ぐの場所は、最新のクルマの展示。
この場所が展示場に入る前に自由に見学が出来るスペース。
alt

待機場所には、昔の宣伝も並んでいます。
下の写真は有名な文句ですね。
alt

この場所の奥に3台のクラッシックがあります。
その中で気に入ったのがダットサン520バン。
僕は、ワゴン系のリアのサイドウインドウがすっと長いのが好みなんです。
それは、ステージア然り、A6アバント然り。
この520はその通り。
alt
この車、2ドアなのがいいですね。

ダットラの祖先ですが、トラックベースをワゴンにすればこうなるのか。
デザインはブルーバード410みたい。
alt

昔のフォグライトはこうだったなぁ。
バンパー上に装着。CIBIEとかマーシャルがもてはやされたのもこの時期から2000年まで。
alt

素晴らしいのが前オーナーさんの会社名がすっかり残されている事。
そういえば、バン(4ナンバー)のリアウインドウにはバーが装着しなければならないのではないかと、この写真を見て思い出しました。
alt

一番奥に展示されていたのがMID4・II。
この角度から見ると、初代NSXとの類似性を感じますが、開発自体はMID4が若干早いのでは。
alt

でも、NAでもあのパワー、質感を伴ったNSXと比較すると、良い面も悪い面も日産らしさが溢れている感じがします。
alt

エンジンはVG30DETTで、ツインターボ。
NSXのV6もレジェンドがベースですが、NSX用としてチューンされていました。それがMID4で特別なチューンをされたのであれば、NSX同様の名車になった可能性は十分あります。
alt

そろそろ、見学の時間です。
見学は、説明付きツアーコース+自由見学と自由見学オンリーの2コースを選べます。
初めての僕は、説明付きツアーコースを選択。
alt

最初はダットサン・フェートンがずらり。
alt

壁のパネルに目が釘付けになったり(笑)
alt

やはり、目が行くのは結婚前の家族が乗っていた日産の車たち。
父は、一番最初にB10サニーに乗りました。
グリルのCを二つ組み合わせたSマークを覚えております。
alt

そして、2代目マークIIに乗った後に、初めて新車を買ったのです。
それがブルーバード810。
セダンでSSSです。
alt

色も同じシルバーで、グリルのSSSも同じ。
日産純正フォグがバンパー下に付いていたのも同じ。
ただ、バンパーにオーバースライダーが付いていた気がする。
alt

ホイールもこんな感じだったなぁ。
でもブラックではなくシルバーだった気がするけれど。
alt

シートは全く同じ!
父は夏は白地の布シートカバー、冬はモケットみたいなシートカバーを使っていて、それを交換するのが僕の役目でした。嫌だったけれど(笑)
alt

フロントマスクを横から見ると横目で睨まれている気がするのも当時から感じたものです。
alt

不思議だったのは、ロービームとハイビームのレンズカットが同じに見えること。
alt

となりの鮫ブルはハイとローのレンズカットは違うのに(笑)
alt

次に乗ったのがU11ブルの後期セダン。
写真は前期ですが、4HTモデル。当時は何故カッコ悪いセダンにしたのか理解できなかった。後々の話では、仕事での営業周りでも使うので、地味な車でなければ駄目だったとか(汗)
(写真がピンボケで申し訳ありません)
alt

そして、U14ブルに乗り継ぎます。
この頃、母が免許を取って、おっかない目に合ったのを覚えています(笑)
alt

姉の最初のクルマは日産チェリーF-II。
これはレーシングカーですが、GXではなく、GLだったと思う。
alt

僕は、B13サニーのスーパーサルーンが2台目・3台目の愛車です。
この車は、1.5のスーパーサルーンSVですが、GT-Sルック(確か数万円のメーカーオプション)。
これがカッコよかったんだな。
alt

その後は、C34ステージアに乗ります。
これは、GT-Rのエンジンと5MTのオーテックバージョン。
C34ステージアのRB25DETエンジンは良くありませんでした。
吹け上がりは重いし、音も濁っていたし。
alt

やはりリアのサイドウインドウが長いのがお気に入りでした。
alt


これで、回想は終わり(笑)

あとは個人的に思い入れがある車を紹介。
まずは、初代プリメーラ後期型。いまでもデザインが素敵。
エアロが標準装備な2.0Teだと思います。
alt

パルサーGTI-R。
このボディに2,000ccのSR20DETを搭載。
その230psに四駆を組み合わせたホットハッチ!
alt

パルサーEXAキャノピー。
alt

ビックリするのは、リアハッチがこの形状とノッチバックの形状と交換できること。
手前は当時スカイライン・ミニのキャッチコピーなラングレー・セダン。
alt

学生当時、このガゼール・シルビアにも憧れました。
ビッグバンパーが大好きで(汗)
alt

ハッチバックだとシングルワイパーだったなぁ。クーペだと普通の2本ワイパー。
alt

就職してすぐに時期にめちゃくちゃ流行ったシルビア。
会社の人にも買った方がいたっけ。
隣には180SXの姿も。
alt

この辺りはスカイラインが勢ぞろいしております。
alt

R30スカイラインはFJターボのRS-TURBOが出て、一気に人気が出ましたね!
でも、4気筒だからGT-Rを名乗らなかった。
alt

次はR30の狭さを反省にして大型化されたR31スカイライン。
大きさ故、あまり人気が出なかったモデルだと思います。
でもこのモデルからRBエンジンになるのですね。
alt

R31も2ドアHTが登場して息を吹き返しました。
alt

そしてR32。
やはりR32 GT-Rは漢のマシンですねぇ!完全に野獣の姿です(汗)
alt

それに対して、普通のR32は、レッドのボディカラーも相まって女性っぽさすら感じさせる優雅さです。
alt

最後にS30の240ZGがエンジン始動のイベントを開いてくれました。
alt

その音がこちら。
閉鎖された建屋内なので、音が濁っているのが残念。
ちょっと長めですが、メカニックさんが3,000r.p.mまで吹かしたりするので、御酒を飲みながらお聞きください(笑)
※コンデジでの録画ですが、終始ピンボケ気味なので御免なさい(汗)


この時代のフード付きメーターがずらりと並ぶのは今見てもカッコイイな。
alt

日産ヘリテージを御暇した僕は、一路南下して、東名高速の多賀サービスエリアを目指します。そのサービスエリアには佐野SAの様にホテルが併設されているので、ここでぐっすり眠る予定!
本当に快適でした。
高速のSAなのに、大浴場があるなんて(笑)
食事も24時間営業の食事ができるSAなので、文句はありません。
alt

8時頃到着しましたが、嬉しい事にラグーナ時代のアウディオフでご一緒したレイクスタさんが来てくれました。
残念ながらお乗りのE91は高速SAに来られなかったので、クルマにはお会い出来ませんでしたが、ご多忙の中お時間を割いてくれたのが嬉しかった!

23時頃にヂョニ男さんも来てくれました。ラグーナオフの頃は、B6のS4にお乗りだったと思います。
現在はW212にお乗りです。
野太く、ちょい聞きで只者では無いと感じさせるマフラーもお見事。
alt

日産ヘリテージも楽しかったですが、旅の行程に合わせて来てくださった、旧知の友人たちに大感謝です!
2日目にして、良い一日を過ごすことが出来ました。

にほんブログ村、本日も投票をお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 車ブログ アウディへ
にほんブログ村
ブログ一覧 | オフ会 | クルマ
Posted at 2019/11/01 21:25:11

イイね!0件



タグ

関連記事

続「先進技術の日産」の復活
ゆーやんスカイラインさん

AUTOMOBILE COUNCI ...
shiro13さん

[マイナーチェンジ]日産「スカイラ ...
ezoflatさん

この赤いバッジに恋い焦がれて(笑)
P.N.「32乗り」さん

日産
レガッテムさん

New Year Meeting ...
shiro13さん

この記事へのコメント

2019/11/01 23:18:08
こんばんは。。

ここは凄いところですね。

一度は行ってみたいですね。

一番最初の車はスカイラインジャパン
2000GT-EXでした。

この場所にあるならば是非・・・。
コメントへの返答
2019/11/05 07:28:17
夢さん、おはようございます。

日産ヘリテージは、日産車だけに的を絞っているのに台数は非常に多いですね。
だから、日産を所有したことがある方は懐かしい思いをすると思います。
トヨタ博物館はトヨタだけにとどまらず、自動車の歴史を体感してほしい趣旨と聞きますのですが所有台数はちょっと少なめなようですね。トヨタ博物館もいつかは訪れたいです。

ジャパンのGT-EXだったのですね。電子制御噴射の豪華版かな?
ジャパン。学生当時に欲しかった車です!
2019/11/02 11:28:42
この度の遠征お疲れ様でした。
東京圏にお越しだった故、一瞬でもご尊顔を拝見したかったのですが(^^ゞ

私の亡き父も510~910(何れもセダン)までブルーバード乗りでしたので、同じくヘリテージに出向いた際には懐かしさ一杯になった記憶があります。

私も今夜から家内の実家(秋田)までA6で始めての長(中!?)距離となりまして道中車両トラブルに見舞われないかばかり心配し、小心者らしくアウディの神様に手を合わせております(汗)

とは言え往復距離は約1300km、バシケンさん今遠征の半分程度なのですが(^-^;
コメントへの返答
2019/11/05 07:41:06
労いのお言葉をありがとうございます。
来年も遠征をしますので、是非お会いできれば光栄です!

おっ、yamasaさんのお父様もブルーバード乗りだったのですね。
510、910はいずれも名車で今所有していれば、どんなに価値があったことでしょう(汗)

僕は父とあまり折り合いが良くなかったけれど、父+車は=出掛ける、という楽しみがあったのは確かで、父が乗っていた車を見ると懐かしさがよみがえります。

A6で初めての遠距離走行なのですね。
相棒はきっと期待にこたえてくれたのではないでしょうか?
僕の経験で恐縮ですが、A6で出掛けた際にトラブルが発生したのは一度だけで、ECUのリレーの接触不良であり、エンジン再始動で復活しました。それ以外は出先で困ったことはなく、遠距離走行のほうが車は喜んでいるかもしれませんね(笑)
2019/11/11 03:22:49
連コメです(汗
日産ヘリテージコレクション話は聞いていましたが充実していますね!!
現在の日産は日本市場をあまり重視しないようですが、901運動の頃の
モデルは特に魅力に溢れていましたね。

中学生の頃、友人の父が810ブルのG6それも簡素な装備のE(EGI)に乗っており、なぜ豪華仕様のXやLを買わなかったのか聞いたところ無駄の装備で重くなると遅くなる!!
と、云われ、感化された私は同時期に父がマークⅡを購入する際、
PWなど要らない!当時人気のグランデではなく超マイナーなLGツーリングなるモデルを勧め購入に至りました。
今だったら間違いなくグランデを選びますよ(爆
コメントへの返答
2019/11/11 20:16:24
コメントありがとうございます!
日産ヘリテージ、さすが日産のお膝元。
日産だけですが、乗ったことがある方やコアな日産ファンには嬉しい場所です!
おっしゃる通り、901運動の頃の日産車は、それぞれのモデルが輝いていたと思います。
それが、各モデルの改善すべきと思ったであろうポイントをモデルチェンジに生かした結果、中途半端なモデルに宇奈がったのかも(汗)

ブル810のG6は希少モデルですね!!
FRならではのフェンダーの長さがさらに延長!
L型はあれこれ叩かれましたが、ピテンシャルは素晴らしいものを持っているエンジンだと思います。
それにしても、豪華仕様を捨て去るお友達のお父さんも車すきですね(笑)
LGツーリング、判ります!
グランデでは無いのに6気筒モデル。
PWが装備されていなかったのですね。
僕も、軽量化よりは快適装備を重視します(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ヘッドライト関連だと思ったけれど、D3脱出プログラムなのですね。自分のA6@C6も後期だけD3なんですよ。以前乗っていた前期のA6の方が明るく感じていたのはそのせいなのか!」
何シテル?   12/11 07:20
3台目外車の購入です。3台目も同じアウディA6ですが東日本大震災で廃車となり、その後事故での廃車を経験しました。でも同じアウディA6です(汗) A6を中心に、...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

リアスピーカー交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/11/11 09:28:53
Cピラーカバーの取り外し方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/11/10 13:25:05
僕にとってのアウディA6というクルマ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/10 20:56:49

愛車一覧

アウディ A6アバント (ワゴン) アウディ A6アバント (ワゴン)
3台目のA6です。とてもデザインが好きで乗り継いでおります。シルバーばかりでしたが、ホワ ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
欠点だらけのクルマ。 でも、この車に乗ってみて歓声を上げない車好きの方はいない。 そう言 ...
その他 WACHSEN その他 WACHSEN
アウディ八戸のイベントで頂きました。調べたところ、WACHSENのBA-100 angr ...
ヤマハ TZR125 ヤマハ TZR125
バイクで趣旨に外れますが大目にみてください。 2012年からネジ1本に至るまで、完全なオ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.