• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハ リ ーのブログ一覧

2018年09月14日 イイね!

'18.09.14-2 三国峠、層雲峡、旭川

'18.09.14-2 三国峠、層雲峡、旭川ナイタイ高原牧場を下る道も綺麗な景観を楽しめます。

行きは逆光でしたが、帰りは順光で写真を撮りやすい。

国道273号に出て北上して停めた場所は糠平湖近く。

国道273号で停めた場所は糠平湖近く

道から森に入っていくとすぐのこの場所。とても綺麗な緑の道。

とても綺麗な緑の道

道に見えますが車は入れず、人が頻繁に歩いている様子も無いのですが、なぜこんなに綺麗な状態が維持されているのでしょうか?

ここはタウシュベツ川橋梁を望む展望台。
前回も水没中で見られないことは分かっていましたが、もしかしたらとの期待も込めて寄って見ました。

タウシュベツ川橋梁を望む展望台

前回は線として見えましたが、今回は全く見えません。
黒っぽいのが橋の影かと思いましたが、撮った写真を拡大して確認するとそうではありません。その手前に鉄筋が何本か水面から出ているのが見えるだけです。

橋が見える春にも来ないと。できれば林道を通って間近に見られるツアーに参加したいところです。

白樺の森は植林されたものではなく原生林なのでしょうか? 知識がなくて分かりません。

白樺の森は植林?原生林?

三国峠は標高が北海道内最高の峠、ダイナミックな景色を楽しみます。

三国峠は標高が北海道内最高の峠

白樺に包まれたくて未舗装の脇道に逸れてみる。

白樺に包まれたくて未舗装の脇道に逸れてみる

中学生の頃にはもっとも北海道らしい場所というイメージを持っていた層雲峡へ

初めての層雲峡

写真では大したことなく見えるかもしれませんが、滝の高さ水量や崖の深さなどかなりの迫力。

一部で紅葉が始まりかけています。紅葉の季節は綺麗なのでしょうね。

一部で紅葉が始まりかけ

今回はバイクの長男と同行しましたが、バイクは頻繁におっちゃんから声をかけられます。

バイクは頻繁におっちゃんから声をかけられます

ロードスターも声をかけられがちですが、バイクはその100倍くらいですね。
ただしおっちゃん限定であることは共通です。

層雲峡の壮大な景色を後にして

層雲峡の壮大な景色を後にしてます。

旭川の専門学校に新たな語学の習得のために泊まり込みで合宿学習している知人がいるので会いに寄りました。
一緒に勉強しているお友達と一緒にお食事。(もちろん私と長男はアルコール抜き)

いくつになっても学び続ける

いくつになっても学び続けるって素晴らしいことです。
私も見習いたいと思います。

つづく。


 
Posted at 2018/10/16 08:37:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2018年09月14日 イイね!

'18.09.14-1 硫黄山&ナイタイ高原

'18.09.14-1 硫黄山&ナイタイ高原朝早めに起きて出発。

朝霧が濃いめな中で先に特別白くなっているところがあり、霧にしては???と思ったら、

硫黄山の蒸気でした。

硫黄山の蒸気

早朝なので他の車もなく、好きな場所に車を置いて写真が撮れます。

蒸気の匂いも、音も、凄い!

蒸気の匂いも、音も、凄い!

黒いヘルメット被って、GoPro持って、怪しいスタイル

黒いヘルメット被って、GoPro持って、怪しいスタイル

天気予報や雨雲レーダーでは微妙な予報の中を進みますが、

天気予報や雨雲レーダーでは微妙な予報の中を進み

やはり振られました。

雨に降られてもロードスターはバイクよりもずっと楽

ソフトトップブーツを外して幌を閉めて、とそこそこ手間がかかりますが、バイクはもっと大変なのですね。

雨でも楽しくツーリング

北海道の形に見えるという湖
長男は全然北海道に見えないと言います。私は楽しさ優先で見れば北海道に見えると思いますが・・・


北海道の形に見えるという湖

阿寒湖で見かけた緑のバス。
VR-Bを横に並べて撮りたかったのですが、バス専用駐車場なので諦めました。

阿寒湖で見かけた緑のバス

雨だとバイクは大変ですね。

雨だとバイクは大変

足寄の道の駅の線路。
途中までが本当の線路で、途中からが壁に描いた絵です。

途中までが本当の線路で、途中からが壁に描いた絵

駐車場に戻るとNBとNCの2代2台のロードスター。

NBとNCの2代2台のロードスター

どちらも関東ナンバーで、きっとフラミ参加者でしょう。
しばらく待ちましたがオーナーさんとはお会いできませんでした。

もう雨の心配はなくなり、気持ちよく走ります。

雨の心配なく、気持ちよく走ります

そして前回は時間が足りず寄れなかったナイタイ高原牧場へ

ナイタイ高原牧場

上の写真では霧が多めですが、この後は晴れて来ました。
十勝平野を見渡しながら流れる雲を眺めていると、心も広くなる気がします。

雲よりも高いところでゆっくり過ごす

雲よりも高いところでゆっくり過ごしたくなったらナイタイ高原牧場へ行ってみてはいかがでしょう。


この日の後半へつづく


 
Posted at 2018/10/14 07:22:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2018年09月13日 イイね!

'18.09.13-2 ミルクロード&屈斜路湖(ロド見温泉?)

'18.09.13-2 ミルクロード&屈斜路湖(ロド見温泉?)野付半島のトドワラを見て美味しい海鮮をいただいてからの続きです。

前々回くらいから走行中の長男のバイクの写真が多く、ロードスターのドライブではなくバイクツーリングのブログっぽくなっていないか気になります。

北海道は空が広い!

ガチャピン

ガチャピンとムック、今の子どもは知っているのか? 馴染みがあるのか?
息子が小さな頃はテレビに出ていなかった気がするけれど。子育てしなかった私が知らないだけ?

ムック

雲の表情の変化も楽しいです。

バイクツーリングのブログにならないように、ロードスターも!

バイクツーリングのブログにならないように

ミルクロードのまっすぐな道で写真を撮っていたら、稚内のライダーハウスで一緒だった人と偶然再会。
そういうのって良いですね。

ミルクロードのまっすぐな道

そのライダーさんに記念写真を撮ってもらってから、長男のバイクと

ミルクロードを走る長男のバイク

私のロードスターの走行している写真を。

ミルクロードを走るユーノスロードスター

開陽台に少しだけ寄って

開陽台に少しだけ寄って

屈斜路湖へ

屈斜路湖の湖畔に佇むユーノスロードスター

キャンピングカーも良いけれど、走っている時のロードスターの気持ち良さは捨てられません。

屈斜路湖とユーノスロードスター

空とつながる開放感と、気持ちよく曲がる一体感。幸せです。

空とつながる開放感

前回来た時に地元のおじさんに強く勧められて、ぜひ夕方に来たいと思ったのが実現しました。

夕陽に輝く屈斜路湖

湖畔の露天風呂「池の湯」に入って眺める屈斜路湖の夕焼け

湖畔の露天風呂「池の湯」に入って眺める屈斜路湖の夕焼け

これだけでも十分素敵です。

この景色の中で、さらに後ろを振り返れば、

ロードスターを眺めながら入れる露天風呂

ロードスターを見ながら露天風呂に浸れるのです。
これ、幸せすぎるでしょ!

この日のライダーハウスも貸切。
近くの工芸屋さんの木彫りが素敵で、

工芸屋さんの木彫りが素敵

気に入った木彫りのフクロウを購入。

気に入った木彫りのフクロウ

羽根や顔の色は塗ったり染めたりしておらず、木の自然な色をそのまま利用したものです。
見えない先を見定める眼差しと、未知の未来に向かって羽ばたく姿。かっこよくて惚れました。

夕食はライダーハウスオススメのお店へ

夕食はライダーハウスオススメのお店

一番人気の「どでか ザンギ」はもちろんですが、私はこれが特に気に入りました。

ザンギはもちろんですが、私はこれが特に気に入りました

なんて名前だったかなぁ?
***後日追記 「和風煮込み豚バラカツ揚げ」でした。 追記ここまで***

北海道は美味しい!

店員さんが面白くて楽しかったですが、お客さんがほとんどいなくて寂しかったです。
早くお客さんに戻って来て欲しいものです。

つづく


 
Posted at 2018/10/12 10:12:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2018年09月13日 イイね!

'18.09.13-1 能取湖-野付半島

'18.09.13-1 能取湖-野付半島SL客車に泊まった翌朝。

今日も晴れて綺麗な青空が広がります。

旧型客車、良いですねぇ。
茶色は正式には「ぶどう色」と呼ばれていた気がします。

SLと旧式客車

サロマ湖沿いを走ります。

サロマ湖沿いを走る

今回サロマ湖に来たのはこの季節にしか見られないと言うサンゴ草の赤く染まった景色が見たかったから。
ところ道から見えるサロマ湖にはそれらしき赤い風景はなく、SL近くに案内看板があった群生地に行っても全く赤い様子はありませんでした。

サロマ湖近くで赤い花が広がる場所があったので寄りましたが・・・

これはサンゴ草ではないよなぁ

これじゃないよなぁ???

結局サロマ湖では全く遭遇できず、能取湖で!

能取湖のサンゴ草

これだぁ!
来て良かった!!

能取湖のサンゴ草

夏休みを取りやすい8月と違って、この季節に来る機会は容易ではありません。
そのため今回是非見たかったのですが、天気にも恵まれ幸運です。

網走とトウフツ湖を過ぎたら海から離れ、内陸部へ入っていきます。

網走とトウフツ湖を過ぎたら海から離れ、内陸部へ

トラックの荷台から大量の水が漏れ続けています。
追いつくまでは何らかの目的で水を散布しているのかと思いました。

トラックの荷台から大量の水が漏れ続けている

海からだいぶ離れているのですが、いったい何をどのような積み方で運んでいるのでしょうか?

北海道はどこを走っても綺麗&気持ちいい!

北海道はどこを走っても綺麗&気持ちいい!

その分 昼間でも虫も多いのでフロントに大量に付きます。
それはバイクも同じですが、ヘルメットは拭き取りが大変そう。

ヘルメットは拭き取りが大変そう

白樺は植えたのではなく自生なのでしょうか?

白樺は植えたのではなく自生なのでしょうか?

両側を海に挟まれた野付半島の道を走って、

両側を海に挟まれた野付半島の道

ナラワラを背景に記念撮影。

ナラワラを背景に記念撮影

そしてドドワラへ

ドドワラへ

国後島を眺める長男

国後島を眺める長男

ロードスターも一緒に

国後島とユーノスロードスター

そして5年前に初めて来てから、なかなかありつけなかったこちらのお食事を

なかなかありつけなかったこちらのお食事に

やっと楽しめます。

野付半島近くの郷土料理「武田」

裏メニューだか、通メニューだかで、イクラの入ったカレーがありました。

イクラの入ったカレー

イクラがカレーに負けていなくて意外と美味しいです。
でも、イクラを食べ飽きた方でなければ、私は普通のメニューをオススメします。

素敵な景色と美味しい食べ物に恵まれつつ、この日の後半へつづく


 
Posted at 2018/10/11 17:51:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2018年09月12日 イイね!

'18.09.12-2 猿払&エサヌカ&サロマ湖

'18.09.12-2 猿払&エサヌカ&サロマ湖宗谷岬を楽しんだらオホーツク回沿いに南下します。

浜に沿って無数の釣竿が一定間隔でかなりの長距離にわたって並んでいます。

一人で一体何本の釣竿を見ているのだろう?
竿の先の糸が絡まったりしないのだろうか?
滅多に当たらないの? 同時に2本当たったらどうするの?

色々と疑問がわきますが、釣りに関しても全く無知で答えを想像することすらできません。

無数の釣竿が一定間隔でかなりの長距離にわたって並んでいます

ホタテを食べるために猿払に寄ります。

猿払のホタテは大きい

稚内のライダーハウスで同席した方から、猿払のホタテは他よりも1年長く育ててから収穫するので、高いけれど他よりも大きくて美味しいとオススメされました。

猿払のホタテ

丼ものは同じの2つ注文するのは・・・、と思って2種類にしましたが、

美味しいけれどホタテ丼が正解

イクラも美味しいけれど、やはりここではホタテ丼が正解!

美味しさに満足して出発。

美味しさに満足して出発。

エサヌカ原生花園へ。

エサヌカ原生花園

ここでもドローン撮影。

エサヌカ原生花園

8月に来た時は、停められる出っ張りの全てに車かバイクが居る感じでしたが、この日はこんなにスッキリ。

気持ちいい!

エサヌカからサロマ湖までは長々と似た景色が続くため、飽きる人が多くてライダーにとっては過酷だとライダーハウスで聞きました。

ネズミ捕りのパトカー

ネズミ捕りのパトカーがいましたが、対向車のパッシングのおかげで発見&撮影できました。

計測時だけ電波を出すタイプでどちら向きも計測可能。見えた時はすでに計測済みで逃れられないそうです。

サロマ湖にSLに引かれた客車内の泊まれるライダーハウスがあると聞いて、

サロマ湖にSLに引かれた客車内の泊まれるライダーハウスがある

元鉄ちゃんの私はワクワク!

元鉄ちゃんの私はワクワク!

SLとユーノスロードスターのツーショット! 嬉しい!

SLとユーノスロードスターのツーショット! 嬉しい!

敷地内への車の乗り入れと撮影は管理者の許可を得ております。

少し離れて場所へお風呂に入りに行って、そこの職員さんがオススメしてくださったお店で夕食。

お風呂屋さんの職員さんがオススメしてくださったお店で夕食

この地なら海の幸かと思いましたが、その職員さん、お魚が嫌いなのだそうです。
そのような人も居るのですね。でもこちら出身の魚好きな人が東京や大阪に引っ越したら大変だろうなぁ。

地元に愛されるお店で夕食

満腹になって客車内へ

他の宿泊客がおらず貸切

他の人との交流もライダーハウスの大きな魅力ですが、他の宿泊客がおらず貸切。

SLホテルに泊まると言う中学生以来の夢の実現

少し趣が異なりますが、SLホテルに泊まると言う中学生以来の(35年来の)夢が実現しました。


長男との北海道の旅は翌日へつづく


 
Posted at 2018/10/10 17:04:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記

プロフィール

「清里ミーティング落選。」
何シテル?   09/19 05:42
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という黒っぽい緑色の車に乗っております。 純正にこだわり新車から大切に維...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

手動 カーリフト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/11 17:43:34
2017年東北遠征変態ドライブ⑩福島只見川~初ビーナス編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/10 09:41:48
大改造!! 劇的ビフォ→アフター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 21:16:10

お友達

シャイなので突然のお友達申請には固まってしまいます。
実際にお会いしてお話しするか、何度かコメントやメッセージでやりとりさせていただいてからでお願いいたします。
128 人のお友達がいます
Let&#39;s take five.Let's take five. * おとすけ@今年は虎ファンやめましたおとすけ@今年は虎ファンやめました *
roadysseyroadyssey * noppo.noppo. *
rin@NA8Crin@NA8C * aranao_R32aranao_R32 *

ファン

82 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター 初代VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という ...
スズキ ハスラー 家内のハスラー (スズキ ハスラー)
家内のドリームカーだったミニバスの不調&修理困難により乗り換え。 家内自身の好みと、長 ...
マツダ ユーノスロードスター マリナーブルー (マツダ ユーノスロードスター)
20年以上たってマリナーブルーに帰って来ました。 VR−Bとの縁が見つかるまで、 当時 ...
マツダ ユーノスロードスター 2代目VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
新車から大切にして来た初代VR-Bが不慮の事故で修理不能となってしまったので、遺志を引き ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.