• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ハ リ ーのブログ一覧

2015年10月25日 イイね!

'15.10.25 皇居でハーフに挑戦

'15.10.25 皇居でハーフに挑戦東京日和で駆け抜ける道を、この日も歩いて横断。

また皇居周りを走りに来ました。

前回は仲間と一緒に走りに来ました。仲間と一緒だからこそ初めての皇居周りを走ることができました。

今回は他のメンバーのペースや時間を気にしなくて良いように一人で走ります。

抜けるような青空と木々の緑が綺麗で、走っていてとても気持ち良い。

抜けるような青空と木々の緑がとても綺麗

前回は仮装して走るイベントがありましたが、今回は新聞社のイベントで揃いのゼッケンで走る方が大勢いました。

新聞社のイベントで走る方が大勢

写真中央の木で分かるでしょうか? 時折り非常に強い風が吹くこともありましたが、天気も気温も良くて走りやすい日でした。

時折り非常に強い風が吹くこともありました

皇居1周=5kmと思っていたので4周20kmを目標に走りましたが、4周では届かずせっかくならハーフマラソンを狙って21.5km走りました。

21.5km達成地点の景色

同じ方向へ走る方が大勢いると流れに乗って普段よりもずっと早いペースで走れてしまいます。走り終えた後はフラフラでまっすぐ歩くことすらできません。

レンタルロッカー&シャワーサービスのお店までゆっくりと歩いて戻ります。その時に道路を閉鎖して自転車専用でサイクリングするイベントが開催されていることに気づきました。

道路を閉鎖して自転車専用にしてのサイクリングイベント

道路は自転車で走り、歩道はジョギングで走る。どちらも良いですね。


10月1日から走り始めて約1ヶ月でハーフに挑戦できました。

11月中に30kmに挑戦するのが次の目標です。


 
Posted at 2015/11/16 16:50:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2015年10月24日 イイね!

'15.10.24 -2 新宿せいが保育園を見学

'15.10.24 -2 新宿せいが保育園を見学お友達の紹介で新宿せいが保育園を見学する機会をいただきました。

私は保育の世界は全く知りませんが、新宿せいが保育園と言えば保育業界では「見守る保育」の実践園として非常に有名な園なのだそうです。

メモなど取っていないので、間違いがあるかもしれませんが、ご了承ください。

園の職員さんが説明しながら案内してくださります。

園の職員さんが説明しながら案内してくださります

子供の成長を促す活動を、発達に合わせて行える工夫をたくさんされています。「遊ぶ場所」、「食べる場所」、「寝る場所」をほぼ完全に分けているのも特徴です。

例えば下の写真は4〜5歳児の食べる所。

4〜5歳児の食べるところ

給食の配膳を受けるときに、多め&少なめの希望を言えるけれど、取った分は食べきろうね、という約束になっているそうです。

次の写真は4〜5歳児の遊ぶ所。

4〜5歳児の遊ぶところ

みんなが描いた絵をぶら下げて、たくさんの作品を見れるようになっています。

次は4〜5歳児の寝る所。

4〜5歳児の寝るところ

私は初めて見ましたが、車の下回りの整備用の寝板のようなものを使うのですね。

このほか、心を落ち着かせてから入室する約束になっている畳敷の茶室があったり、

心を落ち着かせてから入室する茶室

ベランダに小さな日本庭園があったり、

ベランダの小さな日本庭園

屋上にはハーブ園があったりします。

屋上にはハーブ園がある

理想の保育園にするために建物の設計から始めたそうです。すごいですね。

1フロア降りて、こちらは3〜4歳児の食べる所。

3〜4歳児の食べるところ

日本地図で今日のおかずの材料の産地を教えているそうです。

日本地図で今日のおかずの産地を教えている

この食のエリアには水耕栽培の施設もあります。

保育園内に水耕栽培の施設がある

照明を浴びて野菜が育っています。

照明を浴びて野菜が育っています

3〜4歳児の遊ぶところ。木のブロックで作った作品はすぐに片付けずに、名札を置いてしばらく飾っておいてOKとしているのだそうです。通常は都度片付けなければならず、寝食とエリアを分けているからできること。

3〜4歳児の遊ぶところ

こちらは3〜4歳児と同じフロアですが、一段低くなっている2歳児のエリア。ちょっと上の3〜4歳児と交流できる工夫や、子供同士が喧嘩したり、一人になりたくなったときに落ち着ける場所の工夫などもあります。

3〜4歳児の床から一段低くなっている2歳児のフロア

最も下のフロアは0歳児と1歳児。写真の囲い内側(右側)が0歳児で、囲いの外側が1歳児。

囲いの内側が0歳児、外側が1歳児

わざと所々に高さの低い柵(写真の赤い布がかかっている物)を使っており、つかまり立ちして外に興味を持ち始めた0歳児から1歳児のエリアに移していくのだそうです。年齢ではなく発達段階、本人の興味状態に応じた保育を行えるようにとの配慮と経験の産物です。

こちらが0歳児と1歳児の食事の場所。

0歳児と1歳児の食事の場所

手前の赤い椅子は0歳児用。すべて子供に合わせて高さを調整してあるので指定席で、写真と名前が貼ってあります。半円形のテーブルの中心部に先生が座って3人の園児の食事をケアします。

奥に写っている低いテーブルが1歳児用。一見同じに見える1歳児用の椅子も全て高さ調整がしてあり、写真と名前が貼られた指定席です。

案内してくださった職員さんは、「子ども達がいるときに見学していただけると、もっとよくわかるのですが・・」とおっしゃっていました。一緒に見学していた保育関係の人は、「普通は子どもがいるときに見学は嫌がるのに、凄い!」と感激していました。

「子ども達が居るとき見学していただきたい」と話す職員さん

私は様々な企業様のところでお仕事をさせていただいていますが、保育園に関しては全くの素人。それでも、数え切れない工夫の数々と、より良い保育をしたいという本気の想いと行動はとても良く伝わってきました。

何事も本気でとことん継続して取り組みたいと思います。


 
Posted at 2015/11/10 18:07:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2015年10月24日 イイね!

'15.10.24 -1 初めての皇居ラン

'15.10.24 -1 初めての皇居ラン東京日和で駆け抜けるこの道を、

この日は歩いて横断しました。

晴れた土曜日の朝にやってきたのは皇居。


東京日和で走る人々を見て、一度は走ってみたいと思っていた皇居の周りを走りに来ました。

晴れた土曜日の朝にやってきたのは皇居

運動の中でも走ること、特に長距離走は子供の頃から大嫌いでした。そんな私がジョギングなど到底できないと考えていました。

しかし、そんな大嫌いなこともできるようになれば、自分では不可能と思っているあらゆることに挑戦、実現することができる人間になれる気がします。

不可能と思えることに挑戦して、実現できる人物になりたい

とは言え、一人では到底無理。10月から走りだしたのは、仲間の力があったからです。

マラソンを愛するコーチと、同時に走り始める決意をした人、そんな仲間がいることと、秋の気持ち良い空気と、皇居の素敵な景色が走ることを後押ししてくれます。

皇居の素敵な景色も走ることを後押ししてくれる

コーチを含む仲間5人で人生初の皇居一周を走りました。

コーチを含む仲間5人で人生初の皇居一周を走った

イベントがあったようで、走り終えた後の帰路にゼッケンをつけた何台ものオールドカーを見かけました。古い車を維持するのは大変ですが価値あることだと思います。

オールドカーのイベント

皇居ランニング、とても気持ちいです。

日本人なら一生に一度くらいは皇居周回ランニングをしてみてはいかがでしょうか? 強くオススメいたします。 つづく


 
Posted at 2015/11/09 23:42:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2015年10月22日 イイね!

'15.10.22 新しいもの、古いもの

'15.10.22 新しいもの、古いもの私は昔から旅が大好きです。

知らない場所へ行ける。初めての景色が見られる。いろいろな人と出逢える。

様々な刺激を得られ、気付きをもらえます。

冒頭の写真は新大阪の駅で見かけた警備犬。(だと思う)
日本ではまだ珍しいですが、海外では様々なシーンで警備犬が活躍しているようです。

東京駅前で見かけたミニバンのタクシー。

東京駅前で見かけたミニバンのタクシー

空港のタクシー乗り場では見かけたことはありますが、街中で見るのも、実際にお客さんが乗り込むところを見るのも初めての体験です。

ドアが閉まるとステップも収納されて、走り去って行きました。

ドアが閉まるとステップも収納される

通常のタクシーと同じカラーリングというのが、かえって違和感を増しています。

そして、そのすぐ横には昔ながらの靴磨きの職人さんとお客さん。

昔ながらの靴磨きの職人さんとお客さん

こういう光景っていつまで残るのでしょうか?

日進月歩の技術革新と生活様式の変化で、次々と新しいものが生まれては、存在するのが普通だと思っていたものが消えていきます。

珍しものもいつの間にか普通になり、当たり前に存在するものもいつかは貴重なものになると感じた旅の途中でした。


 
Posted at 2015/11/08 20:00:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2015年10月20日 イイね!

'15.10.20 珍しい電車

'15.10.20 珍しい電車この日は兵庫県に出張。

冒頭の写真はホテルの窓から見た朝の景色。

向かいのホテルの前に渋いNBロードスター、女性ドライバーでした。

この日はブログに挙げる予定ではなかったのですが、清里でお会いしたCHELLさんのブログ拝見して写真を選びました。

出張先でのお仕事を終えて駅に戻ってくると、珍しい電車が停まっていました。

珍しい電車が駅に停まっていた

この珍しい電車を三脚を構えて撮影する人の姿もあります。

珍しい電車を三脚を構えて撮影する人

「電気計測試験車」と書いてあります。

電気計測試験車

普通の電車と異なる屋根上の複雑な装備類と突き出た窓に独特の雰囲気を感じます。

窓が開いていて運転士さんの姿が見えます。

窓が開いていて運転士さんの姿が見える

三脚を構えて撮影していた方は、「出発前に声を掛けたら、運転士さんが応えてくれた」と喜んで話してくれました。

出発して駅を離れる電気計測試験車

見たいだろうと写メを送ってくれる奥様の愛情あふれるCHELLさんのブログに癒されました。

この日の夜は家内と待ち合わせ。

家内と待ち合わせてホテルのレストランへ

ホテルのレストランで家内とディナーバイキング。

ホテルのレストランで家内とディナーバイキング

チョコレートフォンデュ?チョコレートファウンテン?(何て言うのかな?)も楽しみました。

チョコレートフォンヂュ?チョコレートファウンテン?

長年付き合ってくれる家内に、まだまだ足りませんが感謝しています。


 
Posted at 2015/11/08 09:58:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「昨晩、次男と「ボヘミアン・ラプソディ」を、自宅近くではなく、市内の大画面&高音響シアター(TOHO梅田シアター1)を選んで見てきました。特別Queenに思い入れが無かった私でも大感動。これは自宅でDVDではなく、是非とも劇場(できれば高音質シアター)で見ていただきたいと思います。」
何シテル?   11/24 22:55
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という黒っぽい緑色の車に乗っております。 純正にこだわり新車から大切に維...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

手動 カーリフト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/11 17:43:34
2017年東北遠征変態ドライブ⑩福島只見川~初ビーナス編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/10 09:41:48
大改造!! 劇的ビフォ→アフター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/06 21:16:10

お友達

シャイなので突然のお友達申請には固まってしまいます。
実際にお会いしてお話しするか、何度かコメントやメッセージでやりとりさせていただいてからでお願いいたします。
129 人のお友達がいます
できでき * roadysseyroadyssey *
mizuhomizuho * たろう58たろう58 *
noppo.noppo. * なべちゃん.なべちゃん. *

ファン

81 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター 初代VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
ユーノスロードスターの限定車 VRリミテッド・コンビネーションB(通称VR-B) という ...
スズキ ハスラー 家内のハスラー (スズキ ハスラー)
家内のドリームカーだったミニバスの不調&修理困難により乗り換え。 家内自身の好みと、長 ...
マツダ ユーノスロードスター マリナーブルー (マツダ ユーノスロードスター)
20年以上たってマリナーブルーに帰って来ました。 VR−Bとの縁が見つかるまで、 当時 ...
マツダ ユーノスロードスター 2代目VR-B (マツダ ユーノスロードスター)
新車から大切にして来た初代VR-Bが不慮の事故で修理不能となってしまったので、遺志を引き ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.