• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kt6sambar4WDのブログ一覧

2012年02月27日 イイね!

2週間分のまとめ GTOの車検上がり

2週間分のまとめ GTOの車検上がりさて,2週間程ブログの更新が止まっていたのですが,何か特別な理由等があった訳ではございません。
そして,先日このまとめブログを書いている際に後少しと言うところでページを戻ってしまい… 慌てて戻ってみたものの,キャッシュは消えていたと言う悲惨な結果となりました(/_;)

最近はこの対策としてIEのキャッシュ容量を250 MB位にしていたのですが,レスポンス重視で8 MBに落としてそのままだった事が復帰できなかった原因です。

と,このブログを書きながら,諸悪の根源であるキーボードの矢印キー横に有る「戻る」キーを固定して押せなくしておきました。
このキーに何回泣かされたか…  そもそもこんなキー要らないのに… 



さて,GTOの車検が2月15日に上がってきました。

車検は一応無事に通ったそうですが,やはりライトの光量が片側不足だったそうで,純正ヘッドランプに交換していた為に,ヘッドランプを外して反射板を磨いてくださったそうです。

同時にお願いしていた,パワステ オイルの交換ですが,3人かかりで数日間かけて無事に完了したとの事で,想像していた通りかなりややこしかったそうです。
結果,オイルは7 L程使用して交換してくださったそうですが,リヤから出てくるオイルは完全に綺麗にならなかったとの事でした。  これは仕方ないですね^^;
元のオイルは黄色っぽくなっていたそうで,一度も交換されていなかったようです。

最後に,マフラの排気漏れがあったそうで,家でも確認していたのですが場所が特定できていませんでした。
これは,偶然見つけてくれた方がいたそうで,パテで埋めていただけたそうです。
場所は,リヤ ピースとのフランジ付近で,かなり面倒な箇所と聞いています。

一連の面倒な作業を車検と同時に行なって頂いたのですが,料金は格安となっていました。
初めて正規Dラーで車検を受けたのですが,ここまで良くして頂けると気分が良いですね(^^♪

遅くなりましたが,和歌山本店の整備の方々には,深く感謝いたします。 m(__)m



続いて,パジェロミニとハイゼットのエンジン オイルをルブローレン SM-Xに交換しました。

パジェロミニ に SM-X注入
パジェロミニへ入れた時点での変化具合は,GTOと同じ感触でエンジンがアクセルに対して素直に回ってくれる事や,トルク特性の改善が目立ちました。
車内へのメカニカル ノイズもかなり減少し,非常に静かな車になっています。
ただ,区間トップスピードは変わりありませんね…


ハイゼットもSM-X
ハイゼットは,家の車ではありませんが,エンジン オイルとATFは家で管理しています。
今までは,三菱農機純正のGDやSUTOを入れていたのですが,今回はルブローレン入荷に伴い急遽交換としました。

これが異常な程の変化に驚き…  ATのハイゼットなのですが,今までは漕がないと加速すらしませんでした。  それでも,GD に交換後は随分マシになっていたのですが…
それが,SM-Xに交換後はエンジンを積み替えたかのようなスムーズで,トルクフルな走りに変化。
元々,調子の悪い個体だったようですが,エンジン オイルの種類でここまで変わるとは驚きです。
三菱車に入れた以上の変化を体感できました。
加速は TT1 サンバーより速いです。  恐るべしハイゼット。


KW4氏のVIVIOに入れた結果ですが,こちらは Galf GT-30の方が軽く感じたそうです。
ただ,GT-30 は 0W30 である事と エスエル系である事を考えると比較対象としては疑問が残ります。

ただ,高速巡航中は SM-X も GT-30 と同じ位軽かったそうですので,油温が上がりにくいだけかもしれません。
結果,KW4氏のKW4ではどっちが良いかは分からないとの事でした。
一応,低温から軽いGT-30が今はお気に入りだそうです。

KW4氏には是非とも ルブローレン Racing SM を試して欲しいところです。



最後に,最も時間がかかっていた件です。
妹のPCで YouTube が見られないと言う事で,約 7 年ぶりにリフレッシュしていました。

FMV-6000cx
機種は 富士通 FMV-6000cx で現在は家庭用でも主流の一体型タイプです。
これは法人向けの機種でした。

スペックは…

CPU : Pentium 3 1B GHz (?)
チップセット : Intel 815 Chipset
システム バス : 133MHz
2次キャッシュ : 256KB
メイン メモリ : 256MB
HDD : 20GB
LCD : 1024×768ドット、1,619万色
VRAM : 8~14MB (メイン メモリ共用)


さて,元のOSはXP Pro SP2 でした。
YouTube が見られない原因は,IE が 6 だったから。
なので,最低 IE8 にしないといけません。
もしくは Chrome か Opera を入れるか… 

しかし,今回はWin7Uを入れる事にしました。
これに伴い,メモリは512MBまで拡張。  HDDは一応 40GB に変更。 (20GBでも問題は無い)

軽いXP Proにして,SP3にすれば IE8 が使えますが,Win7 にこだわってみました。 なんとなく好きなので(;・∀・)
最初は,IE9 にしたのですが,これが重くて使いものにならない…
YouTube のページを開くだけで CPU負荷 100%で固まってしまいます。 こんなの初めて…
軽量化しても基本は変わらなかったので,素直に IE8 にするとこちらの方が随分軽い事が判明。

しかし,ノーマルでは当たり前のように YouTube の 360P すら動きません。
カクカクですし,読み込みも遅い遅い。

この状態で,Opera と Chrome を入れてテストしたところ,この2つはIEってなんなの?位動きますね。
それでも, 360P はコマ落ちが酷い… LANは有線です。

そこから,IE8 で YouTube の 360P をなるべくスムーズに,コマ落ちしても分からないレベルで再生できるようにチューニング。
ほぼ,これだけに集中してみました。

結果,ホントにギリギリですが,360Pが動いています。 レートの高い物はやはり厳しいですが,適当に色々見て回った結果,不快なほどのコマ落ちはなくなりました。
この状態で,Chrome でもYouTube を見てみましたが,Chrome の方がコマ落ち酷いです。
ページの切り替わりも,Chrome 方が重いので,結果的に IE8 を使う事になるでしょう。
Chrome も少し軽量化してみたのですが,メモリが少ないマシーンにはChromeタイプのメモリ依存型は意味ないですね。

と,Chrome を入れていた一番の理由は,IE8 でみんカラ の リッチ編集 や,通常編集画面で文字入力した時に,表示のレスポンスが異様に遅くなるのです。
これは軽快にキーを打ちたい場合には非常に不快なので,この辺りも含めて IE8 をなるべく軽くしていたのですが,なかなか解決できず…  これはIE8 特有の問題な気がしていました。
それも,コメント欄に書く時にはこの重さが無いと言う変な症状なので,ブログを書かない人であれば問題ありません。

この事を少しでも改善する為に,ATOKとGoogle 日本語変換を比較したところ,後者の方がレスポンス良く表示する事が判明。
Google 日本語変換は,メモリに蓄えながら文字を入力するタイプなので,重いと想像していたのですが,意外とこちらの方が合っているようです。

そして,この IE8 で文字入力が重い現象をググってみると,例はあるものの,解決策は載っていない…

しかし,最後の最後に解決しました!  問・題・解・決! w

問題のページで,IE8 の 「互換表示」 をONにしてあげると,この文字入力の重さは解決しました。(^^♪

一度この 互換表示 をONにすると,自動的にリストされるので次回からは常に互換表示モードになります。
しかし,これは みんカラ でのみ確認しているので,他でも通用するのかは不明です。
また,CSSで背景透過 を入れられていると,文字入力が重いのは変わりません。
(背景透過には,半透明の.pngを貼ると軽くなりますし,他のブラウザとの相性も良いです。)


低スペックなマシーンでOSを触っていると,少しの変更でも反応してくれるので,色々と分かりやすくて面白いですね(^^)
今回のセッティングを apricot R4 にも適用してみたのですが,結構軽くなりました。
大してなにも触ってないのですが… グループ ポリシ は全て無効化すると,これだけでも軽くなりますね。

この件については詳細等の質問・コメント・ご意見は受け付けません。
くれぐれも,「PC」 についてのコメントはお控えください。  場合によっては削除させて頂きます。
理由は,聞かれても言われても,分かりません。


この日の画像は,GTOを三菱自動車 和歌山本店に預けた時のものです。
Posted at 2012/02/27 17:00:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車関係 | 日記
2012年02月13日 イイね!

TOPPO 試乗レポ (KW4氏)

TOPPO 試乗レポ (KW4氏)代車で来ていたTOPPOですが,これを書いている時点ですでにGTOの車検があがってきていますので,家にはありません。


さて,代車が何か楽しみにしていたところ,軽でも良いですか?と聞かれていました。
それで,当日分かったのですが代車は黄色いTOPPO。
正直,軽なら 三菱 i が良かったな(^o^; とか思いながら…

帰り,助手席で乗り心地や,振動・騒音を確認していたのですが,エンジンノイズは最近のワゴンRより大きめ。 ガーガーと言うメカ音がどうしても耳に付きます。
ロードノイズや,風切り音が凄く少なくいので,逆にエンジンノイズが目立っているだけかもしれません。

乗り心地は固めですが,跳ねや突き上げるような硬さでは無く,フレーム剛性のある硬さです。
非常に背が高く,シートポジションも低くは無いのですが,助手席で感じるフラつきはほぼ皆無と言って良いと思います。
高速コーナーでも,ロール感の無さは背の高い車に乗っているなどと全く意識させない程でした。

実はこの車両は福祉車両の為,助手席がムービング シート仕様です。 なので,助手席が運転席よりも若干高い位置に付いています。
この事から,普通なら乗り心地も不安感も倍になるはずなのですが,全くそのような事は無く,ハイアイポイントで見晴らしの良さを楽しめる程でした。
シートも1時間程乗っていても腰が痛くなるような事はなく,乗っているとどんどん馴染んでくるタイプで,見た目とは裏腹に非常に快適でした。

室内の広さはパジェロミニよりも体感的に広く感じますし,フロントガラスの位置やボンネットの見え方からも広いような錯覚を覚えます。
その広さは嫌味な広さでは無く,昔の車に乗っていると感じる自然な広さで,今時の車としては好感が持てました。

ダッシュのパネルは樹脂成型ですが,見た目だけはウレタン調です。
小物入れ等,手近に有ったら良いな。 と言う装備が結構豊富でいて実用性もありました。
指示器が作動している時の音が,専用のスピーカから再生されている辺りは高級感があります。
ハザード時,キーを付けたままドアを開けると指示器の作動音は半ドアのピーピー音になります。
最低グレードからセキュリティが標準で装備されているのには驚き。
ボンネットにセンサが付いてるのを見て,最初何か分からず調べた時にセキュリティ用と判明。
バッテリーにアクセス出来ないように専用のセンサが取付けられていました。
(メータ無いにセキュリティ ランプ装備。 その他,キーレス時の動作設定有り)
室内ランプもディレイOFFの特殊なタイプが標準で付いています。 (15秒程減光を維持)

最近,一番気になる室内のドアノブですが,TOPPO BJからの引継ぎと言う事もあり,指をかけて軽い力ですッと開ける事ができました。
これ,結構重要だと思います。 指をノブにかけた時に,素直にフィットしてそのまますッと開ける事ができると,何となく気分が良いです。 


内装での不満点は,シガーソケット電源の蓋が樹脂ヒンジなので,多用すると折れてしまいそうな事。 その下にある小さなゴミ箱の取外しが少し固めな事。 
福祉車両なので,センターに有るはずのドリンク ホルダが無い。
メーター周りでは,今どのレンジに入っているのか凄く分かりにくい。
シフトレバーでも,どのレンジに入っているのか分からない。 (夜は特に)
ステアリングのスリーダイヤが大きすぎ。
パーキング ブレーキがフット式なのですが,解除がもう一度踏むタイプなので好ましくない。
(フット タイプの解除は手で引いて解除する方が安全で分かりやすい。)
空調のセンタ吹き出し口の操作が硬い。(左右振りが安っぽい)


走行性では,とにかくしっかりとしたボディと足回りに終始驚き通しでした。
夜の走行では,プロジェクタ式4灯ランプにも関わらず,その視界は広大。 歩道も全てをしっかりと照らしている事から,なんでこんなに明るいの?とその構造を確認してしまう程。
(最低グレードなので,ハロゲンバルブです。)

後ろ足が独立懸架では無い事と,背の高い車なので全くと言って良いレベルで興味が無かったのですが,これは意外すぎます。

フロントはテンションロッド式で,スタビ入りです。 スタビ取付け位置や,トランスバース リンク,テンションロッドの形状が非常に独特で,L型ロアーアームで無くともこれだけの剛性感を出せるのかと思い知らされました。
(パジェロミニと構造は同じですが,形状が全く違います。)


ブレーキは,ABS無しの4系統配管で,フロント12inc ソリッド / リヤ リーディングトレーリング 7inc と見事な最低装備。
これで車体重量約850kgを停止させるのですが,これには父もKW4氏も驚いていました。

なんでこんなに制動するのか… VIVIOにプロμのHC+入れた時と同じ位かそれ以上に止まるそうです。
さすがにいつもの山を攻めると,最後の方では甘くなってきたそうですが,ソリッドと言う事も有りこれは致し方ないでしょう。
ターボモデルはいきなり,フロント 14inc ベンチになるのでそちらは更に期待できます。

しかも,このブレーキはABS無しなのに下り急減速や,パニックプレーキ時にも不審な挙動を見せないそうです。 ブレーキだけの問題では無いですが,やはりハンドルを切っても踏めるブレーキは安心感に繋がりますね。


最後にエンジンとATですが,これはちょっと最初は問題大有りでした。
と言うのも,キックダウンはしないし,エンジンは音ばかりで全く回らない。 振動は多いし,4速に入るのが早すぎて加速しない。

これはさすがに無いわ… と言いながら,家の近くの坂を2往復。
なぜか2往復目には,エンジンの調子が良くなってきました。 更に2往復と,どんどんエンジンの音が良くなってきます。
最後に,KW4氏のお山テストで絶好調に。  全く吹かなかったエンジンがキャブ車のようなレスポンスと軽快なフィーリングに。 ATも学習したのか,振動もかなり少なくなり,3速キープやキックダウンに素直に対応してくれていました。
特に,ATのエンジン ブレーキの効きが良いようで,シフト落ちも素早く結構軽快だったようです。

やっぱりエンジンは回さないと… (^o^; GDIなんて回していた方が調子良いようですし,本来ガソリン エンジンは高回転型ですからね(^^♪

さて,ここで意外な問題が… KW4氏がTOPPOを試乗した感想なのですが,VIVIOでどうやってTOPPOに勝てば良いのか… 馬力はTOPPOが 50PS 有るとは言え,車重850kgは重いはず。
トータルバランスはTOPPOが上。  さて。  KW4氏はVIVIOのマフラーをRX-Rノーマルに戻されました。
それだけ,衝撃的だったようです。  背が高いのに。  


ちなみに,TOPPOのパワステは未だに油圧式でした。
これは電気式よりも素直でいいですね(^^♪  スバルの電気パワステ嫌いなので…
燃費に不利な油圧式を採用してくれている辺り,今後も続けて欲しいです。
電気でも油圧位に素直なら良いんですがね。

段差を乗り越えた時の足の動きや,ATの感覚,ブレーキのタッチ。
どれを取っても全く違和感無く乗れるそうです。
これでスバルの軽は不要と確実に判断できました。 プレオやR2・R1ではね… 

今回のTOPPOは,2WD車でした。 これで4WD車と同等かそれ以上。 もしくは違和感無いのは凄い事だと思います。
R2の2WDなど,不安定感がヒシヒシと伝わって来ましたからね。  家のR2 i は4WDでした。
ステラは… まぁ… コメント控えます。


足回りで不満点を書いていませんので,少し。
ブレーキ タッチはもう少し硬めがいいです。 決して悪く無いですが,パジェロミニ位は欲しいところ。
サスはターボ モデルではスポーツ タイプになるそうですので,これは必要十二分と思います。
エンジン ノイズと振動はもう少し上品にして欲しいところです。
これで屋根周りを軽くして,高速コーナー時の頭の重さが克服できれば完璧ではないでしょうか。
やっぱり,屋根の重さが出る時は出るようです。
この足回りの剛性感は,嫌う方が居るかもしれません。 ふわふわに慣れているとこれはゴツゴツと表現されるでしょう。  しかし,決して突き上げではありません。 ピッチングでもありません。



以上,長くなりましたがTOPPOのレポでした。
トータルで見ても非常に良い車ですが,パジェロミニの方が色々な意味で高級感があり,楽しいと思います。
パジェロミニとは用途が違うので,このタイプでは非常にお勧め。  NAでもアクセル ハーフで十分に坂登るそうです。
でも,これは意外と好き嫌い出るかも…  ルックスは,最初こそとっつきにくいですが,数日でカッコ良く見えます。  黄色なんてかなりお気に入りになりました。


この日の画像は,代車のTOPPOです。

Posted at 2012/02/21 03:02:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車関係 | 日記
2012年02月12日 イイね!

休みの日なので,色々と。

休みの日なので,色々と。12日(日)の記事を18日に書いているのでややこしくなっていますm(__)m


12日は,午前中(明け方)からKW4氏と よつば氏が来られていました。
よつば氏の北上が予想通り位の時間になったのですが,一旦コンビニで集まってから家に移動。

結局,なんか寝られないまま朝になり,KW4氏と よつば氏も数時間で起きたようなのでそのままKW4氏のタイヤ交換等を見学。

正確には,KW4氏のディアマンテに家のGTOが履いていたENKEIのホイールを入れてみるとどうなるか? と言う事をやってみただけのようです(^_^;)
結果的には,オフセットの関係で明らかにフェンダから出てしまう事が分かっのと,シルバーのディアマンテに白のホイールは合うようで変なような… 

よつば氏のマグステをディアマンテにコッソリ貼ってKW4氏が気づかない事を楽しんだりw

その後,KW4氏は一時帰宅されたようですし,よつば氏は二度寝してしまったので,TOPPOの中で取説読んでいたら寝てしまいましたw
冬に日差しのある日は車内の気持ち良い事… しかもTOPPOのシートは腰の部分がフラットになるので,意外と寝心地良かった(^o^;
と言うのも,取説に仮眠がどうのとか書いていたので,その通り仮眠してみましたw
熱反射UVカットガラスは適度な車内温度を保ってくれるので快適(^^♪

まぁGTOの車検なので,TOPPOが代車だったのですがね(;・∀・)
何してる? に 黄色くて背の高いekワゴン と書いていたのはTOPPOの事です。
前から見たらekワゴンみたいですから,背の高いと付けてみたのですが,ekじゃないやん とのツッコみばかり…

かなり前に, まじめ。まじめ。まじめ。 のフレーズも結局誰も分かってくれなかったのですが…

そう言えば,現行のTOPPOには黄色の設定なくなっているんですね。
代わりに,ピンク系があるので,これはこれで良いかも。  TOPPOのピンクはパジェロミニのピンクよりかなり薄いですね。  パジェロミニのピンクは実物なかなか かわいい んですがまず見かけませんね。
黄色いTOPPOも今回初めて見たのですが,凄い濃い黄色なのに意外とマッチしていて見飽きなくて良さそうです(^^)


TOPPOはKW4氏が試乗インプレしてくれたので,次の日にでも。



この日の画像は,庭でKW4氏がディアマンテにGTOのホイールを合した時のものです。
Posted at 2012/02/18 03:28:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車関係 | 日記
2012年02月11日 イイね!

ミラージュの事や,GTOの車検

ミラージュの事や,GTOの車検先日(10日)の夜,ミラージュがオカマされたとの情報が妹から入ったそうです。


さて,ミラージュがオカマされた場所が問題でした。
オートメッセへ行った帰りの寄り道で,兵庫の裏六甲辺りだったそうで,迎えに行くにも車が無い。 

家に有るのは,GTOとパジェロミニですが,どちらも高速を走って良いのかちょっと不安要素を抱えています。

パジェロミニはクラッチとエンジンのオイル消費。
GTOは一番マトモですが,トランスファーからのオイル滲みがあるのですが,油量を点検していませんので,高速長距離は少し不安。

もう一つの問題は,ミラージュ1台に2人乗っていってあったので,2人乗れなければなりません。
迎えは,父と母が行く事になったので合計4人乗れないとダメ。
GTOは4人乗りですが,高速を2時間近く走るには後部座席はちょっと狭いかも…
自分は問題なかったですが… GTOの後部座席って結構乗り心地いいんです(^_^;)


結果的に,GTOは狭いのでパジェロミニで行く事になりました。
さて,クラッチが持つのか(^_^;) ディスク残量は問題ないですがオイルがまわっているので,高負荷で滑るんですよね。
新品ディスクはとっくに届いていますが,寒くて交換できていません。
街乗りならんら問題なかったので(・・;

念のために,△停止板と牽引ロープを搭載し,高速を乗る前の始業点検とメンテを急遽行い,見送りました。
この時点で10日23:10分頃でした。

帰宅されたのは,11日 05:46分頃でした。
やはり,高速の登りでクラッチに付いたオイルが焼ける臭いがしたそうで,登坂車線を60~80km/hで走行していたそうです。
それ以外は非常に快適であったと聞いています。 高速を走ってパジェロミニの安定性に驚いたとの事でした。


ミラージュは,とりあえず陸送車で妹の知り合い宅へ保管してもらい,この日の昼に新菱オートさんへ運んで頂く事ととなりました。

新菱さんへ着いたミラージュ
昼には,祭日の土曜日にも関わらず,電話に出てくれた新菱さんへミラージュを送り届けざっと見積もりしてもらい,後は保険屋さんとのお話です。

運転者(妹)の方は一応救急車で運ばれたそうですが,同乗者の方共に大きな怪我はありませんでした。
妹はレカロの四点式シートベルト用ガイドに頭を打ってしまったそうですが…
この後の鞭打ち症状が心配されます。

運転者は救急車で行ってしまった為,現場の方は同乗者の方が警察と話して下さったそうです。
この辺は一人でなくて良かったです(^_^;) 一人だったら後から色々面倒…


新菱さんへミラージュを預けてからは,GTOの車検の為に三菱自動車和歌山本店へ。
代車は何を用意してくれているのか楽しみにしながら,持ち込み(^^)
今回,車検と同時にパワステオイルの交換と,温態時始動不良の原因も分かれば調べて欲しいとお願いしてあります。

帰りに,ルブローレンのSM-X 20L缶を頂き帰宅しました。
代車については次の日の分にでも書きたいと思います。


この日の画像は,新菱さんへ行く為,積車に乗せられたミラージュです。
Posted at 2012/02/16 17:16:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車関係 | 日記
2012年02月10日 イイね!

GTO ヘッドランプ純正に交換

GTO ヘッドランプ純正に交換車検に向けての整備の追い込みを先日からしていたのですが…
投稿の日付と書いている日付が大きくずれています。


さて,GTOが車検予備検査で落とされたヘッドライトの光量ですが,純正のヘッドランプ Ass'y中古を購入したので,その中のヘッドランプのみを外して交換する事としました。

届いていたリトラ は黒い車両に付いていたので,ヘッドランプ フードは黒です。
白い車体に黒いヘッドランプ フードを付けてパンダにした画像を撮ろうと思っていたのですが,寒すぎてそんな余裕ありませんでした…

純正のヘッドランプはSTANLEY製で,元付いていたのは社外のマルチ リフレクター仕様です。

バルブは勿論純正を取付けたのですが,バルブ用の車体側ハーネス コネクタが劣化の為,抜け止めが左右共に割れてしまっていて,バルブの取外しに少し苦労しました(・・;
精密の-ドライバを突っ込んであげるとロックが解除されるようです。
スバルはここに抜け止めなど付いていないのですが,三菱車は全てのバルブに振動対策等のソケットやコネクタが採用されています。


ヘッドランプの交換自体は,バルブの交換と全く変わらない工程なのですぐに終わったのですが光軸調整は測定器が無いので出来ません… この辺りの測定器も欲しいところです。

なので,車検当日に交換する予定だったのですが,次の日も寒くなる事や何かあってもよいように予備日の意味でもこの日に交換としました。


問題は,中古ヘッドランプの反射板がどうも曇っている事と,上部反射板が熱で焼けてしまっているので光量が心配です。
新品は1個 1万円ちょっとと高価なので,シールドビーム化も視野に入れて,トラック用の4灯用シールドビームを試しに入れてみたところ,ピッタリと嵌ったのでシールドビームでもOKなようです。
輸出仕様か,地域によって変更するのでしょうか…



この日の画像は,取り付けた純正のヘッドランプです。

忘れていたのは,バンパーのウィンカー…  レンズがクリアタイプに変更されているのですが,かなり中から曇っている事もあって,純正に交換したいと思っていた矢先にバルブ切れ…
オレンジの予備球なんて持っていないのですが,偶然貰い物のオレンジ球が有ったのでそれを入れようとしたところ,爪の位置が若干違う…

仕方ないので,ヤスリで爪を削ってなんとか入れておきました。
左右で明るさが全く違ってしまったのは言うまでもありません。
Posted at 2012/02/15 13:42:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記

プロフィール

「京奈和も,第二阪和に繋げたいとコメントされてました。」
何シテル?   03/20 23:17
富士重工一筋でしたが、今は三菱好きです。 それでも、未だに S62 式の KT 型 サンバー は一番のお気に入り。 三菱車の中では 三菱 GTO と デ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/2 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829   

ファン

59 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 その他 三菱 その他
三菱農機製トラクターです。 現在メインで活躍中。 カーステや作業灯を追加しています。 快 ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
2011年02月16日新菱オート様より納車されました。 平成07年??月登録車。(19 ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
2013 年 03 月 01 日,新菱 オート 様より納車されました。 平成 3 年 2 ...
三菱 ミラージュハッチバック 三菱 ミラージュハッチバック
妹の車として、2010/04/13に新菱オート様より納車されました。 平成08年08月 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.