• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
.

山猫@spoonのブログ一覧

2019年02月14日 イイね!

VW type2 DRAG BUS "TREASURE HUNTER"

2019年1作目が完成しました。


VW type2 DRAG BUS "TREASURE HUNTER"

以前はスタンス路線の作例ばかり組んでいましたが、最近は趣向が変わってきたのか空冷の方が制作意欲が湧いてきます…(;^ω^)
今回はハセガワのType2パネルバンをベースに、ドラッグマシンに仕上げてみました。



今回は『Hotwheelsのドラッグバスをプラモデルで再現』というテーマで製作を行い、本家のミニカーに合わせてチョップトップ加工やボディチルトのギミックを織り込んでいます。

随所に『Hotwheels的な拘り』を散りばめてみましたので、早速説明していきたいと思います(笑)



まずはボディメイキングから。
ミニカーのデフォルメ感を再現すべく、ルーフは前側にかけて沈み込むように最大5mm程度チョップド加工しました。
また、サイドドアや前後バンパーもミニカーに合わせてスムージングしています。
妙にリアルさが残ってしまったので、もっと思い切ってデフォルメ感を強調させても良かったかな、、とも思います…(;^ω^)

ボディグラフィックは、ネットサーフィンでたまたま見つけたミニカーのものをモチーフにしています。



後々調べるとHotwheels conventionというイベントでの限定配布物?のようでしたので、ルーフにイベントのロゴを誂えてみました。

2016年にインディアナポリスで開催されていたようです。



また、ボディカラーはフロントがシルバーフレーク、リアがキャンディブルーです。

ほとんどの写真は日陰で撮影したのでフレークが見えませんが、肉眼や自然光ではかなりギラついて見えます(笑)
上からウレタンクリアーで厚めにコーティングしていますので、それなりに平滑には仕上がっています。



リアビューです。

トレードマークのドラッグウイングとパラシュートはmpcの"WINGS EXPRESS"というドラッグマシンのキットから流用しました。
ホイール&タイヤも同様です。




リアゲートにはデカールをベタ貼りしています。

ライセンスプレートの文字はショーネーム"TREASURE HUNTER"に合わせています。
ちなみにショーネームの由来ですが、Hotwheelsの中にはごく稀に『TREASURE HUNT(TH)』なるプレミア品が存在します(数箱のうち1台とか言われているようです)。
通常版に比べて塗装が豪華だったりホイールがレアだったりするのですが、そんな位置付けにしたい、、という思いから今回のネーミングに至りました。
THにはボディのどこかにフレイムパターンのデカールが貼られていることから、本作でもライセンスプレート横にTHマークを貼り付けています。



また、ミニカー同様にボディチルトの機構も再現してみました。

通常のドラッグマシンはフロント側から開くイメージですが、エンジンがリア寄りの為?ドラバスの場合はリア側から開く設定になっているようです。
つっかえ棒はボディ裏側に収納できるようにしています。本来は重量増を嫌ってなのか分かりませんがもっと細い棒が使われるイメージですが、エクステリアパーツの一部というイメージであえて太めの角棒で目立つように組んでみました。



シャーシはパイプフレーム想定で角棒・丸棒とプラ板を組み合わせて自作しています。
モチーフにしたミニカーがかなり太めのフレームでしたので、通常のロールバー製作で使っているものより一回り太いプラ棒で製作してみました。

エンジン、シート、足回り等の小物類もmpcの"WINGS EXPRESS"から流用しています。
ちなみに流用元のキット、後から調べて分かったのですがアメリカで開催されているNHRAのうちAA/FA(フューエルアルタード)というクラスのドラッグレースに参戦していた車両で、同クラスには6000馬力オーバーの車両も参戦していたそうです…(;^ω^)




この開き方がドラバスの醍醐味だと思いますので、開いたときのボディ固定位置や429Hemiエンジンの見え方には拘りました( ˘ω˘ )
この位置にローマウントなシートを配置するとドライバーは何も見えないと思うんですが、あくまで模型なので良しとしましょう…(笑)



また、ディスプレイ用のウィリースタンドも作成しました。

イベントで展示する場合このようなスタンドを使うことがあるようですが、下からフレームが良く見えるようになるので良い感じですね。



スタンドにもショーネームのデカールを貼り付けています。
カラーリングもボディと合わせまして、統一感が出せたかな?と思います(›´ω`‹ )






今年もジャンル関係なく、様々な作例を輩出できればと思います(›´ω`‹ )
Posted at 2019/02/14 22:50:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | プラモ | 日記
2018年12月28日 イイね!

Sharpie tribal FT86

今年最後の完成品です。

Sharpie tribal FT86

年内のお手付きは年内に消化…ということで、所々仕上げが荒くなってしまいましたが放置していた86を急ピッチで仕上げました(;^ω^)
キットはアオシマの86で、友人からfactory81のRocketBunnyフェンダー付きで譲っていただいた物がベースです。
そういえば、ロケバニの86はFactory81のものばかり手元に回ってきまして、アオシマのものは作ったことが無いですね。普通に組むのであればアオシマの方が良いと思います(笑)



今回一番目を引く独特なグラフィックですが、海外でシャーピーという油性ペン(日本でいうとマッキーみたいな物ですかね)を使ってボディに直接デザインを描き込んでいくという手法があり、そちらをイメージして自作デカールを貼り込んでみました。
ボディ全面を一枚のシートで貼るとシワが寄ったりする可能性があり、また色々な柄を入れたかったこともあり、デカールは細かく分割して貼っています。デザインの関係で分割ラインが目立ちにくい気がします。

また、敢えてグラフィックはボディ右側だけに留めることで、左右で全く異なる雰囲気を演出させてみました。
インスタでたまにボディ半面だけ迷彩になっているランエボやZ33が流れてくるのを見つけまして、そちらをイメージしてみました。


ちなみに、シャーピーアートの一例です。

『sharpie car』で検索すると色々出てくると思います。



異なるキャラクターを演出すべく、ホイールも左右で変更しています。

右側はFUGU Garage製のリーガマスター18inをセットしました。デカールは自作です。
リーガはフジミからも出ていますが、デザインの再現度が全然違いますね。レジンキットという事で少々割高ではありますが、値段相応のクオリティだと思います。



左側はアオシマのTE37RTをマグブルーに塗装しました。少し濃くなりすぎましたが。。
今思うと、ホイールナットくらい塗り分けておけば良かったですね…(;^ω^)

ボディメイクについて触れていませんでしたが、前後フェンダーはFactory81製のRocketBunnyフェンダーをパテ埋めでスムージング、トランクスポイラーはダックテールタイプを自作しました。
エンブレム類は一切貼り付けず、フロント周りに関してはバンパーからボンネットにかけてトヨタエンブレムからボディラインが繋がっているのですが、ボディラインごとスムージングしてスッキリさせました。



マフラーはアドラーズネストのメタルカラーを流用しています。




sharpie artは日本ではまだあまり浸透していないカスタムの手法ですが、置き系のイベントでも十分通用するインパクトはあるんじゃないかなーと思います。




ミラーも左右でカラーリングを変更しています。

フロントウインドウには、クラブ名をアラビア文字にしたものをバナーとして貼り付けました。
ボディカラーと相まって危うい雰囲気が表現できたと思います(笑)









息抜きのつもりでしたが、思いの外面白い作品に仕上がったと思います。



年内の更新はこれで終了です。




5月のホビーショー以降暫く完成品が無い時期が続きましたが、リメイク1台含めて9台が完成し、なんとか毎年のペースを維持することができました。
購入ペースも以前に比べて少し落ち着いたと思うので、来年もこの調子で積みを崩していきたいところです…(笑)



ではでは、良いお年を( ˘ω˘ )
Posted at 2018/12/28 15:43:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | プラモ | 日記
2018年12月01日 イイね!

IN-N-OUT hamburger truck "slammed"

最近の完成品、すっかりジャンルが変わってきてしまったような気がしますが…今回もJDM/stance路線から離れます(笑)


IN-N-OUT hamburger truck "slammed"

スケールモデルでこんなキットあったかな…と思われる方も多いと思いますが、Jada Toysという海外メーカーの1/24サイズミニカーがベースです。

1/24とはいえ、もともとJada Toysは大きめな造型であることに加え、モデルの元になったトラック(シボレーのグラマン辺りでしょうか??)がUSサイズな為、タミヤのクイックデリバリーと比較しても一回りくらい大きく迫力があります(›´ω`‹ )



ベースの車両はこちら。

白いボディカラーになっていまして、カスタムや塗装を前提とした商品のような感じもしますね。
スナップオンや街のパン屋さんにしても面白そうです。
このままでも程良くローダウンになっていてカッコ良いと思います。



今回は、本場アメリカで人気のハンバーガーショップ『IN-N-OUT BURGER』のケータリングトラックをモチーフに製作してみました。

実際のトラックは若干カラーリングが異なりますが、何種類かあるカラーリングを寄せ集めてオリジナル仕様として作成しています。
リア観音ドアのパームツリーはinnoutのトレードマークだそうです。



車高はエアー想定でシャーシが着陸するまで落としています。

本当はボディが着陸するまで下げたかったのですが、内装のチャネリングを施してもこれが限界でした。。




ミニカーなので、ドア開閉のギミックも充実しています。

サイドウインドウ開状態。
ヒンジダンパーはプラ棒で自作しています。



フルオープン状態。

内装も厨房やテーブルが元々再現されています。
後述しますが、小物類は自作しました。









カスタム色をアピールする為、スライドドアのウインドウ部にはステッカーを散りばめてみました。
innoutのメニュー表もデータから自作しました(笑)




ワイパーはプラ製に置き換え、サイドミラーのステーはキットのものが太かったのでプラ棒に置き換えました。

また、今回は初めて本格的な電飾にも挑戦しています。
ルーフマーカー14灯、ヘッドライト、前後ウインカー、サイドマーカー4灯、ブレーキランプの計26箇所で、これだけで1万以上の買い物となってしまいました…(笑)
ルーフマーカーは元々オレンジのタンポ印刷のみだった為、ボディ開口→クリアーパーツに置き換えで電飾を仕込んでいます。


リアも光ります。
折角なのでブレーキ灯も光らせようかとも思いましたが、むやみに全部光らせるのも違うかなーと思いやめておきました( ˘ω˘ )

分かりにくいですが、前後バンパーには虫ピンを打ち込んでディテールアップを施しています。





内装は元々グリルやオーブン等、キッチンカーの内装がしっかり再現されていましたので、小物類のディテールアップをメインに実施しました。




コップやトレー下に敷く紙はペーパークラフトの要領で再現し、レジスター代わりのPCはタミヤのラリーツールセットに付属していたものから流用しました。




グリルはメッキ一色だったので、スイッチ類含めてつや消し黒で挿し色を入れています。
併せて、油がはねたような汚れも再現してみました。

床は縞板を敷いてミニカーっぽさを消してみました。
床の四角に穴が開いている部分はルーフマーカーのスイッチです(笑)



あと、今回どうしてもやりたかったのがこちら。

イベント会場に行くと、よくトラック横で発電機を回しながら調理しているんですよね。
ということで、いかにも海外メーカーっぽいデザインの発電機を自作してみました。



グラマンは位置が違うみたいですが、フロントフェンダーから電源を引き込んでいる資料があった為、その雰囲気を参考にしてみました。

もちろん元のミニカーにはそのような機構は無いので、ボディ開口→電源ケーブルのジョイント&カバー自作しています。
ジョイントは1/12相当のホースジョイントから流用しました。



カーショウに来ているフードトラックの雰囲気出ますかね?

時間があれば看板やジオラマも作成したいところです。



発電機単体も紹介しておきましょう。

モチーフはUS GENERAC製のGP3250というモデルです。
フレームはプラ棒、中のエンジンや燃料タンクはプラ板からスクラッチしています。



なんとか雰囲気は出たかと思います。。

タイヤはホットウィールのものを使い、お約束のシャコタン&鬼キャンにしてみました。
1/24サイズの発電機をシャコタンにしているのは、世界でも私だけだと思います(笑)



タイヤがホットウィール流用の為、どことなくミニカー感も出ていますね。








最後に、内装の紹介でチラッと映った1/24サイズのバーガー&ポテトを紹介します。

バーガーはパテを重ねて作成し、ポテトは角プラ棒を切って再現しました。
バンズの焼き色表現が一番苦労し、エアブラシで何度も試行錯誤しました(笑)
コーラはクリアレジンで再現しています。

ポテトの上に乗っているソースは、あちらではアニマルスタイルというメニューになるそうです。
タミヤの食玩ツールのソースにアクリル塗料を混ぜて再現しました。



初めて電飾を施してみましたが、今回のように光らせる箇所が多い車は絵になりますね。
デコトラで光らせている方もいらっしゃいますが、本当に尊敬します。。

次回作は久々にUSシャコタン系になりそうです。
Posted at 2018/12/01 19:48:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモ | 日記
2017年09月23日 イイね!

Yamaneko's Spoon civic SiR

今回紹介する作品も、16年の11月頃に作成した車両です。



私が所有している実車のシビックを模型で再現してみました。
自分のデジカメで撮影すると青の部分が水色になってしまう為、1/24motoring CREWのNaoya君が撮影してくれたカッコ良い写真を転載させて頂きます。




一部の方は既にご存知かと思いますが、実車はTE37×TOYO PROXES R1Rに仕様変更しており、CR-01を履いていた2015ver.を再現しております。

少し実車よりも車高が低い気もしますが、外装に関してはほぼ実車を忠実に再現しております。




バンパーは実車同様にBYSタイプにしてみました。
バンパー下のアンダーパネルまで再現しています。



TOP1のボンネット貫通牽引フックやAREVのバンパーファスナー等の小物まで、くまなく再現してみました。
元々のキットのヘッドライトは前期型だとしても丸すぎる為、若干削り込んでシャープにしています。
この辺りは塩梅が難しいですね…(›´ω`‹ )


ホイールは幻想技研製のCR-01に、同社の貫通ロングナットを使用しています。
タイヤは引っ張り系ではすっかり定番となりましたオレンジホイール製です。





リアもTOP1の牽引フック、OTASCARS謹製マフラー等を再現しています。



ほぼ見えませんが、ナンバーフレームは現仕様のrywireをセットしています。





特にこの年代のフジミのキットに言える事だと思いますが、ライト回りを綺麗に仕上げると格段に説得力が向上するように思いますね。
EKもライトインナーのメッキ部分を実車に忠実に再現すると、それだけである程度見えるようになる気がします(笑)




最後に、内装も紹介していきます。
正直、外装よりも内装の方が気合を入れて作った感があります…(›´ω`‹ )

内装は実車よりも激しくしていますが、将来の仕様という事で…(笑)
ロールケージは17点式+ガゼット溶接にしてみました。以前見学に行った痛車イベントで見つけたシビックを参考にしています。
定番のTAKATAシートベルト、ナルディステア、BRIDE ZETA3以外にも、defiの1din3連メーター、k-tunedのビレットシフター等、実車で奢りたいパーツ類を投入してみました。




フロアはいつものドンガラです。この辺りは資料が豊富なので、再現に困りませんね(›´ω`‹ )



Posted at 2017/09/23 21:26:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモ | 日記
2017年08月19日 イイね!

Azzurro pearl Miura

今回紹介する作品も、今から1年近く前の昨年10月頃に完成していた車両です。


昨年の『名古屋オートモデラーの集い』のSCN車種統一祭のお題がランボルギーニに決まり、『何かカッコ良い車両は無いかなー』とgoogle検索していたところ、こちらの車両を発見したのがきっかけです。

元々ミウラをシャコタンにして組もうかなーという構想はあったのですが、このオリジナルの良さを残しつつボディカラーでガラッと印象を変えている作例に非常に感銘を受け、気付いた頃にはネット通販で同色の塗料を注文していました…(笑)


当方が作成した車両はこちらです。

参考にさせて頂いた車両に倣ってメッキ部品を廃し、ボディカラーも同色で仕上げています。
ちなみにこのボディカラーですが、MyStar ColorというメーカーのAzzurro pearlという色です。
元々リバティウォークのアヴェンタドール用で作られた色のようですが、パール粒子の細かさや発色の良さなど、本当に綺麗で素晴らしい色だと思います。
スーパーカーに限らず、国産車やユーロカスタムでも使えそうな雰囲気です。



リアビューです。

フェンダーはリアのみ2.5mmほど叩き出しています。あくまで純正のデザインを崩さないように、自然なラインの繋がりになるように心掛けました。
車高は立ち姿を優先させて限界まで下げました。エアサス搭載という設定です(笑)


ホイールはカウンタック50thアニバーサリーモデルのOZを奢りました。

ボディカラーに合うようにシルバー→ブロンズにリペイントしました。



リアは叩き出し分をアピールすべく、リバレルリムのワイド仕様にしてみました。







ボディ工作の紹介もしていきます。

製作中、ボディの形状を眺めていたところ、なんとなくS30に見えてきた為、チンスポと3分割リアスポを追加してみました。



あくまで族車というよりはお洒落なカスタムカーにしたかった為、小ぶりで純正ラインを崩さない造形を意識しました。




ルーフからリアにかけての間延び感が気になった為、ルーフスポイラーも追加しています。
ランチアデルタの垂直に立ち上がる感じのスポイラーを意識してみました。








イメージはHOONIGANのようなアパレルブランドのプロジェクトで製作したデモカーで、車両自体の希少価値は気にせずに火花散らしながらアクセル全開で駆け抜ける、、というところまでは脳内補完しております(笑)
実車でやると叩かれそうなカスタム内容ですが、それが実現してしまうのが模型の楽しみですね(›´ω`‹ )


次回はどの車両を紹介しましょうかね、、(›´ω`‹ )
Posted at 2017/08/19 20:41:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモ | 日記

プロフィール

「シビックさん、愛車紹介の画像更新!」
何シテル?   07/07 20:41
どうもこんにちは、山猫です。 1/24&1/1scaleでUSDMライフを楽しんでいます。 ≪model car≫ USDM/JDM、中でもsta...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

ワンオフ ストレートマフラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/11 01:21:04
tires mounted 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/22 22:51:30

愛車一覧

ホンダ シビック ホンダ シビック
購入後1年くらい大人しく乗ってましたが、やはり目立ちたがりな性格は押さえられず、気付いた ...
スバル プレオ スバル プレオ
学生最後の冬に購入し、2019年3月に廃車になるまで7年間所有した車です。 はじめは『シ ...
スバル フォレスター スバル フォレスター
石川遠征、HFJP、伊豆旅行等でお世話になった車です。 走る・曲がらん・止まらん…と非常 ...
その他 その他 その他 その他
日記用の写真をいろいろと。

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.