• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jay@m3bのブログ一覧

2012年08月25日 イイね!

ピカ代ぶつけられる

ピカ代ぶつけられる通勤帰りに、ピカ代がぶつけられたそうです。

相手は、オレンジ色のフェアレディ。
混んだ国道を帰宅していたら、国道沿いの会社の駐車場から飛び出してきたそうです。これはロッカー、リヤクォーターちょっと面倒ですね。ドアもダメそうです。


<登場人物>

ピカ:ピカ代運転者

ヘラ:フェアレディー運転のヘラヘラ男

ヘラ父:ヘラ男の父

警官:自己処理班のイケメン

レディ:ピカ代の保険会社のお姉さん

<脚本>

ピカ:〝どこ見てるのよ〜どうして加速してぶつかってくるのぉ〜〟

ぶつけられてしばらく、クルマから降りてこないヘラ男に、

ピカ:〝なによ出てきなさいよ〟

しばらくして、

ヘラ男:「すみません〜」

クルマを降りると、謝るでもなく、ヘラヘラしているので、

ピカ:「渋滞するので、コンビニの駐車場に移動しましょう、付いて来てくださいね。」

駐車場に移動してもへらへらしっぱなし。ピカは、コンビニに入り、

ピカ:「すみません、事故にあったので、クルマのすれ違いに邪魔になるのでしばらく止めさせてください。」

その後も何もしようとしないので、

ピカ:「あの〜、警察に連絡しましょうか?」

すると、ヘラ男が携帯を取り出し、電話を始めたのですが、

ヘラ男:「あ、お母さん?あのね・・」

ピカ:「・・・・。」

どうしようもないので、

ピカ:「もしもし、警察ですか?交通事故なのですが、現場検証お願いできますか?」

しばらくすると、現れたのが・・・、

ヘラ父:「すみません、この前にもぶつけたばっかりなんですー。」

ピカ:「保険会社に連絡をした方が・・。お名前とか連絡先、教えて頂けませんか?保険会社も・・。」

ヘラ男:「ヘラヘラ、ヘラヘラ・・。」



ピカ:「あの、私、事故に会ったのは初めてなので、後は保険会社にお任せしますが、とにかく、私は悪いことはないので、そちらの保険で100%でよろしいですよね?」

ヘラ父:「いやぁ、私も以前同じような事故にあったけど、私も2割くらい払わされたよ、ヘラヘラ。」

ピカ:〝なんだ、この父親は!?どんな教育しているのかと言いたかったけど、これじゃあ話にもならないわ〟

事故処理係のパトカー登場。

警官:「ヘラ男さん、あなたが突っ込んだとうことですね。どうされたんですか?」

ヘラ男:「見てなかったのかなぁ?」

ピカ:〝だいたいあんたみたいな下手くそがこんなスポーツカーなんかのるんじゃないわよ!〟

警官:「ピカさんは、どうしようもなかったよね、これは。」

ピカ:「腰が少し痛いような気がします。」

(もともと、腰痛で整体に行こうとしていた筈だが・・)

警官:「処理の関係が面倒になるので、今日は人身なしとしておき、病院に行かれたら診断書取ってもらって、後日、警察に届けて頂ければ良いですから。」

というような会話の後、自走できたので一旦帰宅し、それから、ピカはピカ代の保険会社に電話をしていた。



ピカ:「・・・と言うことでよろしくお願いします。だいたい、ぶつけてきて謝りもせずヘラヘラして、大人のくせに、警察にも保険会社にも連絡できず、ママに真っ先に電話しているんだから、呆れてものも言えません。責任割合は全部向こうということでよろしくお願いします。」

レディ:”克己心の無い男子が多い!〟

世の中だそうですが、

ピカ:「草食ぢゃなくって、装飾系男子っていうのかな?ああいう奴。」

レディ:「分かりました、お気持ちを汲んで対処致しますので、ご安心ください。」

その後もピカは憤懣やる方無しの様子で荒れておりました。

ピカ娘、結構怖いんですね・・。
Posted at 2012/08/25 02:10:21 | コメント(7) | トラックバック(0) | VITZ ピカ代 | クルマ
2012年08月21日 イイね!

富嶽百景(その19)


富嶽百景(その19) は、真夏の富士を新東名から。

そういえば、M3Bのスタビライザーのボデー側取り付け部のマウントブッシュを、並行輸入業者にあたってみたら、モノが無いとのお返事が。

まさか、純正品がもう出ないなんてこと・・・ないですよね?


Posted at 2012/08/21 23:54:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | 富嶽百景 | 日記
2012年08月19日 イイね!

京都、大阪

京都、大阪四十九日の法事で大阪へ。


前日は京都の三条に寄り、カトリック河原町教会で同級生の2周忌のお祈りに参加してきました。


教会の時間までに河原で涼んでいたら、おおきな入道雲が上がり、ほどなく、夕立が。


「わー、おおきな雨粒ですね。」

なんて言って教会に戻りましたが、その時既に大阪市内は落雷で停電したり冠水したりで、大騒ぎになっていたらしいです。

今回、珍しい経験を二つ。



京都の三条河原の駐車場で、機械が壊れて30分間出られませんでした。
散々、待たされた挙句に、やってきた警備員さんが、駐車券を入れて出てきた料金を指して、「どうされますか?」と聞くのです。何を?と思っていたら、「お金を払いますか、払いませんか?」という質問でした。不思議です、関西の人では無かったのでしょうか・・・。



大阪で一泊した翌朝、さあ法事の支度と思ったら、せっかくこの為に買ってきた筈の夏用の礼服を忘れてきていました。前日、教会に寄るので、ダークスーツと襟はないけどカラー付の青いシャツを着ていたのがせめてもの救いです。さらに、横浜から来た喪主を新大阪駅からお寺に連れて来てみれば、今度は白シャツを忘れていて、大慌てはで百貨店にクルマを走らせました。「男は本当に役に立たない。」という声がちらほら・・。
Posted at 2012/08/19 23:40:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2012年08月16日 イイね!

葉月

葉月緑が濃く、日差しが秋の実りを予感させます。

残暑が続きます。
久しぶりにM3Bを洗車して、法要に出かけます。
Posted at 2012/08/16 13:17:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2012年08月15日 イイね!

FSW K4GP 1000Km耐久レース(その2)

FSW K4GP 1000Km耐久レース(その2)いよいよ、レースも5時間を経過、後半に突入です。

MR-ST3氏の後輩であり、現在、Sir-R氏の下に仕えているI氏が、そのSir-Rさんからバトンタッチ。
燃料消費に余裕が出てきたので、総監督のMR-ST3氏より、少し回転を上げて消費量を増やして良いとの指示が出ました。

順調に順位を上げていくI氏、ところがあまりタイムを縮めすぎるので予定よりかなり燃料を消費しているような気がしてピットでは少し心配になってきていました。

i-phoneによる無線通信は、ブルートゥースのインカムの調子が悪く、この時にはコミュニケーションが取れなくなっていました。

その矢先、どうも3’を過ぎてもコントロールラインに帰ってこないため、PITは騒然・・。


これは、どこかで何かやったな、MR-ST3氏がFSWのコースモニターの画面を切り替えて探していましたが、そのうちかなり遅れてPITに戻ってきました。

見た目、どこもなんとも無いように見えましたが、本人曰く、

「第1コーナーで4速に落としてゆっくり回ったら、リヤが出てあっという間にグラベルまで飛び出してしまい、レッカーで抜いてもらって、砂落とししてからコースをゆっくり回って帰ってきた。」

ということでした。

皆、クルマの形が変わってしまったわけではないので、一安心し、次のドライバーである、クラブ愛のFJ君に交代します。

ところが、ピットを送り出したとたん、ギャラギャラギャラ~という、何かがドライブシャフトに当たっているような音がしていました。

丁度、クラブ愛による相互コミュニケーションツールが稼働していたので、さっそく、マヨ君からFJ君に確認の連絡を入れてもらいました。

以下、白熱の実況(注:ナベ=ナベチーノ飼い主)。

マヨ;「FJ聞こえますか?何か異音がしてませんか?」
F J:「してます、どこかおかしいです、ゴンゴン言ってます。」

緊急PIT IN、リヤの左を確認。

どうもI氏のコースアウトの際に、ユニットベアリングがおかしくなったようで、がたがあります。
無負荷で回転させても振動が来ないので、玉に傷なのか、内筒のゆがみか、はたまたリヤキャリアのベアリング挿入部の変形、亀裂など、一概に決めつけられません。

一応、リヤのドライブシャフトのナットを増し締めしようと、加締ナットの加締めを解き、ピットのお仲間からレンチをお借りし、気休めで増し締めして(実際、ほとんど回転していない、考えたらユニットベアリングなので、ナットが緩んでなければそういう問題ではない筈)送り出しました。

マヨ:「JAYさん、変化がないようです、話しててもその音が聞こえます。」
JAY:「一旦、戻すか?」
FJ:「リヤの左から音出てます、怖くて走れませんから戻ります」

その後、散々、ナットを緩めようとしましたが、どうにもならず。様子を見ながら、これ以上大きな音がしたら帰っておいで、ということで再びFJ君を送り出します。

ナベ:「以前、美浜の耐久戦では、無線で話ができなくなるくらいまですごい音がしてましたが、走れました」
JAY:「自分で一回乗ると、その時に比べてどうかはわかる?」
ナベ:「もっとガタがひどく、最後はクルマをジャッキアップすると、本当に目に見えてリヤタイヤがふらふらでしたから、まだまだ大丈夫だと思います。」
マヨ:「FJ、この会話ができないくらいまで音が出てても問題なかった?らしいので、大丈夫だ、頑張れ。」

こうして人間モルモットになった状態のFJは、皆に励まされ(見放され)ながら、不安を胸に周回を重ね、予定の周回をこなすと、今度はマヨにバトンタッチした。

MR-ST3指令により(この不具合が完璧に表面に出ているにも拘らず)、大分燃料が余ってきたので、少しさらにペースを上げてもよい、との話になり、マヨは出撃して行った。

しばらくして、FJのタイムをさらに更新し、マヨはチームのBESTLAPを更新し続けて行った。
音はすれども、壊れないから、というPITの適当な思いだけで、人間モルモット第2号のマヨはひたすら周回を重ねて行った。

落ちた順位をかなり上げて行くようにも思えたそのとき、

マヨ:「もうだめです、まっすぐ走れません!」

という悲痛な叫びが無線から入ると、ほどなくしてPITにナベチーノが帰ってきた。

ジャッキアップしてみると、これこそ、ナベチーノ飼い主の言う、「本当に目に見えてリヤタイヤがふらふらになっている」ということだな、ということが誰の目にもあきらかに判った。

ナベ:「では、私が確認してきます。」

そう言い残して、神風特攻隊のようにナベチーノ飼い主は出撃して行った。

が、一周もせず、そのままPIT IN。

ナベ:「実は、PIT OUTするまでに、すでに心が折れました、これは走れるような状態の代物ではないです。FJさんが、マヨさんがベストラップを更新してきたのだから、と思いましたが、無理っす。」

PIT OUTの車両とドライバーの確認係りのお姉さんが、音がするので怪訝そうな顔をしていたそうなので、このままではオレンジボール車両になってしまう恐れもあります。

ナベ:「これで終了にしましょう、あとは完走させるだけで。」

そう、最終の完走ゴールを迎えるために、いつコースに復帰させるかだけを考え、10分前にふらふらとPIT OUTしようということになりました。

すでに、残り1時間程度、他にも燃料切れや故障で、最後の10分、否、5分だけ再登場して見かけの「完走」を果たそうと思っているクルマがちらほらと散見されている状況になっています。

一同、最後の走行までに、関係ないPITやその手前のサポート基地の撤収作業にかかりました。

片づけをしていると、旧やっさんのケロヨンを購入して東大の学生と一緒にこの耐久レースに出場しているmkuboさんに会いました。見ると、東大から面白いものを借りていたので、皆で少し回し乗りさせてもらいました。


こういうところで使うのには向いていそうですね、慣れると使いやすそうにも思えますし、ある意味、日本の法律では公道走行禁止というのも判るような気がしました、高齢者としては(^^;

そして、いよいよ最後の10分間になりました。


どうせろくに速くも走らないのだから、屋根も外してオープンで最後を飾ろう、ということになりました。

とは言うものの、たった1時間半ほど前には、マヨにはこのがたがたの状態の最終ラップまでBESTLAPを更新し続ける使命を与えていたのですが、人間、認識が違うとこうも言うことがが変わるという典型かもしれません(笑)


そして、感動の?ゴール。


そして、最後のコース上の停止位置は、やっさんのケロヨンの真後ろに。


夕闇の迫るFSWで、最後の表彰とパレードランの準備が進みます。


今回、レディースのドライバー3人で1000Kmに出場し見事ノートラブルで完走したミセスYさんです。ここの部長(後ろ姿)は、ひとりで3時間連続で走ったそうです。カート部とは言え、まるでほのほのさんの奥さんを連想させるというか、そら恐ろしいことです。3人のドライバーで頑張っているのだから、こちらも9人でドラチェンで時間がかかるが、なんとか負けずに行きたいと思っていましたが、終わってみたら、完敗でしたねぇ・・。


最後にパレードランに向かう、ナベチーノと、東大に身売りしたケロヨンの勇姿です。

誘ってもらったナベチーノK4GP富士1000㌔耐久レース参加既成同盟のみなさん、ありがとうございました、大変面白い二日間を過ごせました。

I氏さんへ。打ち上げで全員の飲み代を払ってくれたり、本当にすみませんでした。誰も責めたりしていないのに、気を使いすぎてませんかね?特に、まだ今回の参加費用も、掛かった経費も全然支払ってなくて、これからナベチーノ家から請求が来る、というこを忘れていませんかね?心配です。

MR-ST3さんとナベチーノ飼い主の奥様へ。炊き出しをしていただき、本当にすみません。
一同、感謝に堪えません。

最後に、ナベチーノ飼い主さん。危険を顧みず、クルマの提供をしていただき、又、的確な故障診断コメントを矢継ぎ早に後出しで教えていただき、参加者一同、そのサービス精神に感服いたしました、本当にありがとうございました。リヤのドライブシャフトのナットがどうしても緩まなかったのは、以前、ナットを交換して締め直すとき、1.5mもあるパイプを挿して、思いっきり締め上げていたからなんて、全く知らなかったことにしておきます。


おしまい。



Posted at 2012/08/15 06:05:11 | コメント(10) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ

プロフィール

「中四国の水害に遭われた方、頑張ってください。」
何シテル?   07/08 23:56
JAYです。 E36 M3Bが来て早何回目の車検かな、走行距離も20万Kmを超えきました。前に延べ23年間、45万Kmを共にしたAE86 GTV同様、どこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

AC Delco PREMIUM EN LN4  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/16 22:22:12
レクサスIS 天井を拭く。 ブロアファンの洗濯。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/05 12:43:07
VCDS(R:18.2.0) コーディング 
カテゴリ:AUDi TT
2018/09/24 14:22:27

お友達

E36 M3、AUDI TT(8J)の情報を交換できる方、よろしく。
62 人のお友達がいます
たぐ86たぐ86 * supeRCreepssupeRCreeps *
意匠太郎意匠太郎 * ボースンボースン *
モトじいモトじい たかはちたかはち

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
若い頃の憧れを、やっと手に入れました。 大切にして行きたいと思います。
アウディ TT クーペ アウディ TT クーペ
・BWA 2.0L 過給エンジン、最大トルク28.5Kgf・mを1800rpm-5000 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
AE86をいかに維持するかについての苦行を綴ったもの
トヨタ ヴィッツ ピカ代 (トヨタ ヴィッツ)
あるお嬢さんが捨てたクルマを拾ってきました。 SCP10 1.0L直列4気筒DOHC16 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.