• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おーRSの"初代ヴィッツRS(10系)" [トヨタ ヴィッツ]

整備手帳

作業日:2010年2月7日

ヒューズから電源の取り方

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度
作業時間 30分以内
1
ヒューズの真ん中に何Aか数字が書いてあります。
その数字の左右に白っぽい金属の部分があります。
この部分に、アースを取った状態で検電テスターをあてます。
2
通電していると、検電テスターが発光します。

この時に、キーが「LOCK」の時に光れば「常時電源」。
キーが「ACC」の時に光れば「ACC電源」。
キーが「ON」の時に光れば「IG-ON電源」。

※常時電源は、キーが「ACC」や「ON」の時にも光ります。
※ACC電源は、キーが「ON」の時にも光ります。
3
一度、ヒューズを抜きます。
(その為の専用のプラッチック製のピンセットのような商品もエーモンから発売されています。)
私は、ラジオペンチで軽く挟んでヒューズを抜きました。

二箇所の赤丸部分のどちらが光るか、もう一度検電テスターで調べます。
光った側から電気が流れているので、
ヒューズ電源のコードが出ている方を、差し込みます。
4
光った側から電気が流れているので、
ヒューズ電源のコードが出ている方を、差し込みます。

※間違えてコードを反対側に差し込むと、元々のヒューズに元々の電装品に加えて新しく取り付ける電装品の分の電流が元々のヒューズに流れる事になり、ヒューズが切れるかもしれません。

これで、電源が取れます。

5
ヒューズボックスを調べたついでに、取り扱い説明書にメモしました。

関連パーツレビュー

イイね!0件




関連整備ピックアップ

ヒューズ交換

難易度:

オルタネーター オーバーホール 分解編

難易度:

オルタネーター カプラー交換

難易度:

オルタネーター オーバーホール 組付編

難易度:

話題になってるアルミテープチューン(30)

難易度:

オルタネーター オーバーホール 取外し編

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「(^-^*)/【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】」
何シテル?   07/08 22:08
はじめまして。m(__)m H13年(2001年)式の初代前期ヴィッツRS・1500cc(NCP13)の AT車を新車購入で乗っています。 車のDIY...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

カロッツェリア 地図更新 
カテゴリ:車
2015/01/08 20:46:34
 
who's.amung.us 
カテゴリ:ブログパーツ
2010/11/12 23:54:06
 
Flag Counter 
カテゴリ:ブログパーツ
2010/11/12 10:01:46
 

愛車一覧

トヨタ ヴィッツ 初代ヴィッツRS(10系) (トヨタ ヴィッツ)
H13年(2001年)式 初代ヴィッツRS 1500cc(NCP13) 前期型。 人生初 ...
輸入車その他 自転車 Surge (輸入車その他 自転車)
tern(ターン)のSurge(サージュ )、2018年モデルのシルクポリッシュです。( ...
輸入車その他 ジャイアント エスケープR3 エスケープR3 (輸入車その他 ジャイアント エスケープR3)
軽量アルミフレームにクロモリのフォーク。 クロスバイクの定番、コストパフォーマンスに優れ ...
その他 自転車 BS-700 (その他 自転車)
アキコーポレーション(大阪府守口市)の自社ブランド「BE・ALL」のBS-700(118 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.