• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HOMANのブログ一覧

2014年05月06日 イイね!

ATコンピュータ、外してみました。

ATコンピュータ、外してみました。この写真は、SVXの運転席足元を、下から見たところです。D2と書いてあるのは、エンジンをコントロールするECUで、その隣のちょっと金色っぽい箱が、ATをコントロールしているコンピューターです。

このSVXは、MT化によってアイドリングが上がりすぎる傾向があり、それを抑えるためにいろいろ小細工していたんですが、最近どうも安定性がない(エンジンの動作が不安定)のと、始動不良、またエアコンを入れてもアイドルアップが効かないなどの問題点があり、ほかの方の話を聞くとこれを外している方が多いので、今回自分も外してみました。

写真下部中央にちょっと見える、黒いカプラー3個が、今回外した配線です。

外したら、やっぱりウオ~ン、ウオ~ン、とハンチング(回転が大きく上下すること)し始めたので、「この前もこうだったよな~」と思いつつ、しばらく放置してみました。すると、しばらくしたら少し上下幅が狭くなってきたので、そのまま運転して走り出してみました。

すると、しばらくしたらアイドリングが下がってきて(水道バルブは全開です。2月23日のブログ参照。わかる人にはわかるネタですが・・・)、1000rpmで落ち着いてきました。これまで、下げても1200rpmだったので、これは優秀です。

エアコンをかけてみると、ちゃんとアイドルアップも効きます。やっぱりこちらが正常な状態に近いようです。

といことで、今回の結果は大成功。エンジンも一発でかかるようになったし、走りもかなり落ち着いてきた感じがします。とうぶん、水道バルブは出番がなくなりそうです。(笑)
Posted at 2014/05/06 18:02:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | SVX | 日記
2014年05月06日 イイね!

SVXのエアコン不調

SVXのエアコン不調このSVX,寒い間はなんとかエアコンが働いていたんですが、暑くなってくるとダメみたいです。

具体的には、コンプレッサーのクラッチがすごく短い間隔で断続して、エンジンの回転まで不安定になる、という症状。厳密にいえば前の赤SVXとも少し違う症状なのですが、春先に出ていた症状はそっくりだったので、とりあえず同じ所のセンサーを交換してみることにしました。(春先は、エンジン始動後、エアコンが徐々に風量が増していき、最強になる寸前にエアコンがパタッととまるという症状。これを繰り返します。)

登場したのは、赤SVXから外したエバポレーター。手前に見えるカプラーと、エバポレーターの真ん中に刺さっているセンサーがつながっているのですが、これを新品交換しました。

実はもうひとつ、エバポレーターにはセンサーが入っているのですが、こちらは換えてありません。はたしてうまく直るのかどうか、微妙ですが、このエバポレーターを差し替えてみようと思います。

まあ、連休明けでないと友達の工場が開かないので、組み換えは連休明けですが、とりあえずエバポレーターにくっついたホコリを歯ブラシで落とし、コンプレッサーの空気圧で中のごみを吹き飛ばし、ついでにパッキンになっているエバポケースのスポンジテープを全部新品に貼り直しました。
Posted at 2014/05/06 13:31:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | SVX | 日記
2014年04月20日 イイね!

ドラシャブーツ交換&プチオフ

ドラシャブーツ交換&プチオフ昨日は、朝は仕事をして、散髪に行って、そのあとアルシオーネのドライブシャフトブーツ交換をしました。

アウタージョイントの方は交換されていたのですが、左のインナージョイントのブーツはパックリの状態だったので、純正部品で交換。

いつもながら、この車のドライブシャフト外しは楽チンです。ブレーキホースとABSのコードを引っ張らないように注意は必要ですが、なんと、ストラットとナックルを留めている2本のボルトを抜くだけ。ステアリング系やロワアーム系のネジは一切外さないまま、ナックルを斜めに傾けるだけでドライブシャフトが、上に「スルッ」と抜けます。

ジョイントブーツの交換は、いつもながらグリスまみれです。まあ、インナーなので、1カ所だけで済むおかげで、今回はだいぶ楽だったんですが・・・。

その作業の中でちょっとビビったこと。実はアウタージョイントのブーツは、チャック式のブーツが使われているのですが、ついでにバンドを外して、その中をチェックしたところ、なんと、グリスが入っていない!

ベアリングの部分にはグリスが付いているのですが、通常はグリスの塊になってるはずのブーツの中が、カラカラに乾いています。考えてみると、チャック式のブーツの中にグリスをいっぱい詰めたら、きっと接着剤で固定することは無理。絶対はみ出してきますからね。そう考えると、このタイプの修理って、耐久性はどうなんでしょう?今回はグリスを準備していなかったので、近いうちもう一度バラして、グリスを詰めてやろうと思います。

夜は、雨の中、スバル友好会南九州のオフ会に行きました。山猫さんとTak-impさんと3人のプチオフでしたが、いつものとおり、気が付いたら3時間経過!という楽しいオフでした。スバル好きの会話は奥が深くて、いつも新しい発見があります。またそのうち、昼の部もできたらいいな~と思います。

山猫さん、Takさん、どうもありがとうございました。
Posted at 2014/04/20 19:35:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | SVX | 日記
2014年04月06日 イイね!

MTは楽しい!

MTは楽しい!今日は、この間、緩めようとしてねじ切ってしまったエキパイのスタッドボルトを補修し直して、タップでネジを切り直し、ボルトを入れました。その後、断線していた右のブレーキランプの線をつなぎ直し、とりあえずまた一歩前進。マイナートラブルをひとつずつつぶしていきます。

夕方、新しいトランスミッションが友人の工場に届いているのを確認するために、ちょっと出かけました。

このアルシオーネのミッションは、特に3速と4速のシンクロが死んでますが、ミッションが温まるまでのしばらくの間だけは、きちんとギアが入ります。友人の工場までは、家を出てからずっとワインディングロードなので、初めて、ちょっとだけ気持ちよくワインディングを攻めてみました。

足回りはまだくたびれたノーマルなので、決してシャープとは言えないけれど、さすがこの時代のスバルだけあって、1,6トンのボディが気持ちよくスッと曲がっていきます。MTを操って、ヒールアンドトゥを決めながら夢中でコーナーを攻めていると、いや~これが楽しい楽しい。エンジンはフラットでトルクフルだけれど、高回転に向かって水平対向エンジン特有の音を立てながら気持ちよく吹け上がります。速いかどうかでなく、楽しいかどうかと言われたら、これは文句なしに楽しいクルマです。

静岡で、z2_svxさんの6速アルシオーネに試乗させていただいた時、「これがあればポルシェは要らないな。」と思った、あの感覚が鮮やかによみがえってきました。あのレベルまで、早く仕上げてやりたいな、とまた何だか楽しみが増えてしまいました。
Posted at 2014/04/06 18:38:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | SVX | 日記
2014年04月05日 イイね!

クラッチマスター交換終了。

クラッチマスター交換終了。先日気になっていた、フタの外せないクラッチマスターを、インプレッサGDB用の別体リザーバータンク付きのマスターに交換しました。

そんなに難しい作業ではなかったのですが、このマスターは油圧の取り出し口が2カ所あったため、一方を塞ぐための工夫が必要だったのが、一つの壁。

もうひとつの壁は、なぜか実際配管してみたら、マスター側面の穴からは油圧が取れず、先端の穴からしか取れない構造だったことがわかり、配管をちょっと改造して取り付けたことです。

マスター径が少し大きくなったので、微妙に踏力が大きくなった気がします。(重くなった?) しかし、トラブルのもとがまたひとつ片付いたので、一歩進んだ感じです。

今回の作業は、あとで整備手帳にアップしとこうと思います。
Posted at 2014/04/05 14:09:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | SVX | 日記

プロフィール

「治ったかも・・・。 http://cvw.jp/b/631473/41099665/
何シテル?   02/14 22:29
車はスバル,バイクはホンダ!でしょ?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

同じ車に乗っているみなさん、いろいろお話ししましょう。
80 人のお友達がいます
山猫 //山猫 // * にゃぼさんにゃぼさん *
ポカラポカラ * shoyunshoyun *
かしらっちかしらっち * なりゃぽんなりゃぽん *

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
通勤専用でもう39万㎞超えました。
ホンダ CB1100F ホンダ CB1100F
だいぶ前に乗っていたCB2号です。と思ってたら、帰ってきました。盗まれても、売られても、 ...
ホンダ CBX750Fボルドール ホンダ CBX750Fボルドール
最近、くず鉄の山から復活して、ウチに来ました。その生い立ちに似合わず、素直な性格のやさし ...
ホンダ NX125 ホンダ NX125
現在の通勤特急2号です。さまざまな改良によって、林道を楽しめるバイクに仕上がっています。 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.