• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HOMANのブログ一覧

2011年04月27日 イイね!

XZ&XS

XZ&XSヤマハXZ&XS。このデザインが、一時期ヤマハのトレンドでした。XJ650ターボとか、XJ750Dとかにもつながっています。

これ、好きだったんですよね~。何しろ、かっこいい。XZのタンクは、真横から見ると「菱形」に見えて、ちょっと「エッ?」という感じなんですが、カウル付きのDになると、カウルまで含めて、三角形をうまく組み合わせた奇抜なデザインながら、バランスのとれたシャープなスタイルが新鮮です。

繊細でエレガント、の「エレガント」の部分を、この時代のヤマハのデザインは強烈に主張してましたね。

音も、何だかギヤのうなるような「ヒューン」という音と歯切れのよいVツインの排気音がまじって、耳に心地よいサウンドでした。

一度、ツーリング途中で、Dに乗ったソロツーリングと思われるライダーが、すれ違いざま、カウルの中から「ピッ!」とピースサイン出していった姿が、えもいわれずかっこよかったのが印象に残っています。バイク単独より、人が乗ってカッコイイデザインだったのかもしれませんね。

XS250は、スーパーホークのライバルでした。何がって?パワーと車重です。たしか26馬力ぐらいしか無かったんじゃないかな?そのパワーに170㎏超の車重。これはスーパーホークのデータですが、かなりこれに近かったと思います。

かけっこでも、ビリなのか、それとも後ろに一人いるのか?というのは大問題ですが、そんな感じで、「どっちが下なんだ!」という、かなり下らないライバル意識を燃やしてました。スタイルがカッコイイだけになおさら、ね。

どっちも大して人気は出ず、いつの間にか姿を消していきましたが、この時代のバイク作りって、マーケットリサーチはナシで、「ヤマハのバイクはコレだ!文句あっか?」というような開発者の自己主張が強烈に感じられて、消え去った後でも人の心に何かを残しますね。
Posted at 2011/04/27 22:25:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2011年04月26日 イイね!

赤べこ(GSX750E)

赤べこ(GSX750E)この2車はおんなじ名前ですが、似てもにつかない2台です。

GSX750E、通称「べこ」。バカでかくてちょっと異様なスタイルの図体と、TSCCのトルクフルなエンジンと、ANDF付きのフワフワに柔らかい足回りで、快適で小回りのきく、実はとってもいいバイクでした。

あまりのかっこわるさ(オーナーさんには失礼!)に、その魅力があまり見えないところがありましたが、実は乗ってみるととてもいいバイクです。このあと、コイツに新しい外装を乗っけて、名車{KATANA」になったのは有名な話です。フロントフォークなんかが違いますけどね。

大学時代、この750Eのシルバーのヤツで、余計なパーツはすっきり取り去って(外装はノーマル)、メーターも小径のヤツに換えて、クリップオンハンドルで乗ってる人がいました。

かっこよかった・・・・。ビックリしました。こんなにかっこよくなるのか・・・。乗る人のセンスで、バイクって大バケしますね。

対するE4は、3型カタナの兄弟バージョンです。国産初のクォーターマルチ、GS250FWを筆頭に、そっくりなスタイルでシリーズ化された、新しいGSXのフラッグシップですね。これは何かの雑誌にあった「マフラーのはじける音、トルクフルなエンジン」といったフレーズがそのまんま、という感じでした。

当時まだ400に乗っていた自分には、この前下がりの低く構えた獰猛そうなスタイルがかっこよく見えたこと!同時期に発売されたカタナのリトラクタブルが今ひとつだった分、このE4に惹かれましたね~。

いまでもちょっと乗ってみたい一台です。
Posted at 2011/04/26 22:48:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | カタログ | 日記
2011年04月25日 イイね!

ホンダ。半分オフロード。

ホンダ。半分オフロード。いや~、ビックリしました。

実は買ってしまったのです。NX125。

行きつけのバイク屋さんに、ポン!と置かれていたボロボロのNX125を、「なんじゃこれ?」と思いつつしげしげと見ていたら、な~んとな~く目が合ってしまって…。

しかも値段がメチャメチャ安いし、今林道に行く足がないし…。ブツブツ…。気がついたら「買お~かな~」と、口が勝手に…。

結局、先々週の土曜日にそんなやりとりがあって、そのままほっといたんですが、月曜になり、火曜になるとだんだん気になって仕方が無くなり…水曜日にはガマンできずまた出かけていって、「やっぱ買うわ。」


嫁には言えず、今は友達の工場の隅に隠してあります。

どうせそのうちバレるんですが、そのときの言い訳をこれからじっくり考えて行かなくては…。


何にビックリしたって、知らなかったんです。自分がNXのカタログ持ってること。その存在すら全く意識してなかったので、自分がそのカタログを持ってることにも気づかず、今カタログをめくっていて「発見!」

いかにワケもわからないままカタログを集めいていたかが、はっきりわかりました。

ま、買ってしまったからには何とかしないとな~、と思ってるところなんですけどね。

ところで、このNXはAX-1の弟分ですが、その兄弟の頂点にはNXR(ヌクサール、と呼ばれているらしい)があり、このラリーレイドの王者のイメージが、弟たちにちょっとずつ分け与えられてるんですね~。

余談ですが、RX-Rも「ルクサール」でいいんじゃない?と思うんですけど、ちょっとかっこよくありません?

AX-1はオンロードバイクの香りが強いですが、弟分はちょっとだけオフロードの香りがします。

シルクロードも、CT110も、まさに「トレッキング」という言葉がピッタリのバイクですが、モータースポーツにばっかりうつつを抜かさず、バイクを通じて自然とふれあう「トレッキング」の世界を目指すのもまた、楽しいかもしれないな~、と夢ばっかり広がってます。
Posted at 2011/04/25 22:42:17 | コメント(8) | トラックバック(0) | カタログ | 日記
2011年04月18日 イイね!

カワサキ250

カワサキ250カワサキはどうも重量車のイメージが強くて、250ともなると、どうもオマケ的な感じがしてあまり惹かれなかったんですが、こんなバイクあったよね~、という感じで懐かしい組み合わせです。

ホントはこのGPZとGPXの間にちょっとへんてこなカッコ(失礼)をしたGPZがいたんですが、どうも忘却の彼方に去ってしまっています。

自分が250のスーパーホークを買った頃、ライバルはGSX250Eと、このZ250FTでした。他にRZ250とCB250RS-Zがいたんですが、あまりにもスタンスが違いすぎて、比較対象になりませんでした。

この3車は、どれも2気筒で比較的大柄な250だったと思うのですが、なかでもスーパーホークは大きくて重く、一番走らないバイクでした。一番早かったのはGSX。FTは真ん中でした。

カワサキのFXなどと比べるとどうしても重量感に欠ける車体は、今一歩説得力に欠けていたため、カワサキファンもあんまり買わなかったんじゃないかな~?

ベルトドライブのGPzは、友達が乗っていて、ツーリング中にドライブスプロケが外れてビックリしたことがあります。チェーンと比べていろいろ違うところがあるので、なかなかどうしていいかわからず参りました。

GPXも友達が買ったのですが、ついに乗せてもらうには至りませんでした。この時代のバイク(特に250)は、もう既に自分の気持ちが離れていたのかな?と思うときがあります。

昨日オールドカーフェスタの駐輪場で、多くのバイクを見ながら、自分の心を奪っていくバイクが見つからないのは、バイクが変わったのか、自分が変わったのか?と考えていました。なんか、すごいヤツと出会わないかな~。
Posted at 2011/04/18 22:46:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | カタログ | 日記
2011年04月17日 イイね!

オールドカーフェスタでプチオフ!

オールドカーフェスタでプチオフ!今日は、開聞で行われたオールドカーフェスティバルに行ってきました。

BetaさんとSVXを連ねて、8:00過ぎ(!)には現地入り。入り口に陣取って、入ってくる車の品定めからスタートしました。

しばらくゆっくり会場を見て回るうちに、cozyさんともバッタリ出会ってビックリ。そのあと二輪車駐車場へ。
おそらく数百台いるのではないかと思われるバイクの群れを眺めながら、最近バイク乗り減ったな~、と思っていたけど、実はまだまだこんなにいるんだ、ということを感じてなんだか嬉しい気持ちに。

一台一台ゆっくり見たかったけれど、そういうわけにも行かず、次は四輪車駐車場へ。いわゆる旧車の方々もたくさん来ていたけれど、目にとまったのは赤のエスプリターボとガヤルドのスパイダー。やっぱりスーパーカーはいいですね~。

改めて考えてみて思うのは、オールドカーフェスティバルというのは、決して珍しい車を見るためだけにあるのではなく、オーナーさんが普段愛情を注いでいるその結晶を見る楽しみが大きいのかな?と。

そうでなければ、こういった滅多に見られないスーパーカーの方が値打ちが高くて、よく目にする車種には値打ちがない、ということになってしまうので。

キレイに磨き上げられた旧車達を見ながら「この車達、ホントにいいオーナーさんに恵まれたんだな~」と、その車が生まれてからここに来るまでの出会いの遍歴を思ったりしました。

新車をおろして、翌日に事故で廃車、なんてこともないわけではありません。長い時を経てここまで無事に、そして美しい姿を保たれてきたことの幸運さを、この車達の幸せそうな姿が語っているようでした。


昼過ぎにcxw変更予定さん到着。一緒に会場を見て回ったあとは、帰りにみんなでうちに寄って頂き、バイク眺めたりカタログ眺めたりしました。

最近忙しくて、丸一日遊びほうけるということがほとんど無かったのだけれど、今日は一日遊び呆けていました。楽しい一日でした。

800㎞を日帰りで往復してくださったcxw変更予定さん、ホントにありがとうございました!
Posted at 2011/04/17 22:09:30 | コメント(9) | トラックバック(0) | SVX | 日記

プロフィール

「地球10周 http://cvw.jp/b/631473/41843563/
何シテル?   08/17 13:34
車はスバル,バイクはホンダ!でしょ?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

同じ車に乗っているみなさん、いろいろお話ししましょう。
79 人のお友達がいます
かしらっちかしらっち * 純永遠純永遠 *
のうてんき。のうてんき。 * イーボーイイーボーイ *
QちゃむQちゃむ * RUN丸RUN丸

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
通勤専用でもう40万㎞超えました。
ホンダ CB1100F ホンダ CB1100F
だいぶ前に乗っていたCB2号です。と思ってたら、帰ってきました。盗まれても、売られても、 ...
ホンダ CBX750Fボルドール ホンダ CBX750Fボルドール
最近、くず鉄の山から復活して、ウチに来ました。その生い立ちに似合わず、素直な性格のやさし ...
ホンダ NX125 ホンダ NX125
現在の通勤特急2号です。さまざまな改良によって、林道を楽しめるバイクに仕上がっています。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.