• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HOMANのブログ一覧

2013年08月28日 イイね!

ビートのハンドリングとスクラブ値2

ビートのハンドリングとスクラブ値2昨日は、夜仕事から帰って、9時からスペーサー組み付けて試走をしたのですが、あまりの激変ぶりに「どアンダーは、やだな~、やっぱりスペーサー外そうかな~」と思いながら寝ました。

今日は仕事に行くのに、いつもの道を走ってみました。そしたら・・・

なんと、ビートの操縦性はびっくりするくらいまともになってました。高速コーナーでも安定して旋回するし、直進性も大丈夫。「ああ、ノーマルの良さってこんな感じだったな~」と久しぶりに思い出しました。「しっかりした操縦性」って、こんな感じなんだろうな~、と。

ただ、走りだす瞬間にハンドルがズシッと重くて、「あ~、コイツは『おもステ』だった!」と思い出さされました。最初、ビートに乗り始めたとき、この「ハンドルの重さ」にちょっと閉口したんですが、オフセット42だと、それを忘れてしまうくらい低速での操舵力が軽くなるのです。

走りだして、安定感の高さに感心しましたが、その一方でやはりタイトコーナーを早めのペースで走るとアンダーです。逆に言えば、オフセット42のハンドリングはひょっとしたらオーバーステアなのか?と思えてきます。

現状でも、ホイールのオフセットはノーマルより2ミリ内側だし、インチアップしてタイヤの剛性は上がってるので、ノーマルより少しだけターンインのとき曲がりやすくなってますが、個人的にはあと少しだけクイックな方が好みなので、高速コーナーを楽しく曲がれるギリギリのところまで、回頭性を追求してみたいです。
Posted at 2013/08/28 21:36:48 | コメント(5) | トラックバック(0) | ビート | 日記
2013年08月27日 イイね!

ビートのハンドリングとスクラブ値

ビートのハンドリングとスクラブ値今日は、またすごい発見(?)があったので、ひとつ。

自分のビートは、フロントにご覧のホイールを履いているのですが、これは5J×14-42というサイズ。もともとビートのフロントホイールのオフセットは35なので、現在はフロントホイールのセンターは7ミリ内側に入っている状態。もともとネガティブスクラブのビートが、さらに大きくネガティブスクラブ化しています。

この状態だと、ビートのハンドリングは「ものすごく」シャープになります。ハンドルを少し切ると、フロントを巻き込むように一気にインを向こうとするので、乗っていてとても楽しいです。

ただ、あまりにもシャープすぎて、スピードの乗る高速コーナーではちょっとハンドルに力を入れただけで「クイッ!」と向きが変わろうとし、あわててハンドルを戻してから、またインに向けようとするとまた「クイッ!」・・・幻の多角形コーナーリングになります。

さらにハンドルをフルロックまで切ってターンすると、その後ハンドルは自分で勝手に切れ込んだままでセンターに戻ろうとしません。

そこで、ここにスペーサーを挟んでみました。写真に写っているのは、以前アルシオーネに使った5mm厚のスペーサーです。

組んで走ってみると・・・ビートは驚きの「鈍」なハンドリングに大変身。ステアリングを切っても車体は敏感に反応するどころか、ダラダラと向きが変わるだけ。典型的なゆるゆるのアンダーステアです。ただ、直進安定性は段違いに高く、ハンドルから手を離してもまっすぐ走る感じです。ビートの純正のジオメトリーはこの状態に近いのだと思います。

たった5ミリでこんなに変わるなら、スクラブ値を微妙に調整するだけで、ビートのハンドリングを好きなようにアレンジできそうです。もちろん前後のグリップバランスは変わらないと思うので、特にターンインでの車体の動きの調整になるのですが・・・。

とりあえず、3ミリ厚のスペーサーをゲットしようと思います。
Posted at 2013/08/27 21:21:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | ビート | 日記
2013年08月19日 イイね!

昨日の噴火

昨日の噴火うちからは、こんな風に見えました。風向きの関係で、うちのあたりは降灰を逃れました。

それにしても、この鹿児島市に覆いかぶさる噴煙の不気味さ!見てて怖い感じがします。(自分は桜島育ちなんですけどね。)

あの煙の下で何が起こっているかというと、県外の方には想像しにくいかもしれませんが、簡単に言えば、砂嵐です。すべてが目の細かい砂に覆われる、という悪夢のような状況。クルマのエアクリーナーもメチャメチャ汚れます。

鹿児島の天気予報には、「桜島・新燃岳上空の風向き」と「海上の波の高さの予想」というのが必ずくっついてるんですが、この状況を見たら、風向き予想がいかに深刻かわかりますね。
ちなみに離島に住んでみると(自分は5年ほど屋久島暮らしでした。)、波の高さが4メートルになると船が全部止まり、物資がストップするので、波の高さ予想もとっても大事。

自然の力には勝てません。
Posted at 2013/08/19 22:22:05 | コメント(7) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2013年08月17日 イイね!

センターキャップつけてみました。

センターキャップつけてみました。お久しぶりのブログ更新です。

このところ、なんだか忙しさに気持ちが追われていて(ホントはそんなに忙しくもないはずなんですが・・・)、なんだかゆっくりクルマに向かえずにいます。

そういいながらも、ホイールのセンターキャップをオクで落札してみました。

もともとのセンターキャップは付いてなかったので、大きさの合いそうなヤツを探してみたところ、ホンダ純正ホイールに、大きさの近いものがあったので(車種不明)、買ってみたのです。

実際はめてみると・・・大きすぎてハマりません。そこでグラインダーの登場。ツメの外側をガーッと削りこんでみました。結果、ピッタリ。

Hマークが入っているので、まるで純正みたいです。荒々しすぎた足回りが、ちょっと上品になったかな?
Posted at 2013/08/17 23:06:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | ビート | 日記

プロフィール

「地球10周 http://cvw.jp/b/631473/41843563/
何シテル?   08/17 13:34
車はスバル,バイクはホンダ!でしょ?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

愛車一覧

スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
通勤専用でもう40万㎞超えました。
ホンダ CB1100F ホンダ CB1100F
だいぶ前に乗っていたCB2号です。と思ってたら、帰ってきました。盗まれても、売られても、 ...
ホンダ CBX750Fボルドール ホンダ CBX750Fボルドール
最近、くず鉄の山から復活して、ウチに来ました。その生い立ちに似合わず、素直な性格のやさし ...
ホンダ NX125 ホンダ NX125
現在の通勤特急2号です。さまざまな改良によって、林道を楽しめるバイクに仕上がっています。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.