• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年03月30日

ER34を最終ステージへ

ER34を最終ステージへ こんばんは。










2005年にER34を購入して気が付けば12年目。
購入当初から最終ステージをタービン交換車としてきちんと仕上げるつもりでメンテナンスとリファインを繰り返してきましたが先日インジェクタ吹ききったこともあり最後のファクターとなっているインジェクターの変更を決定しました。

そこでインジェクターの選定に入りましたが大分ER34用の大容量インジェクターは種類が減ってしまった印象です。

2ホールや4ホールの大容量インジェクターは減り、比較的制御のしやすい多孔式のインジェクターに切り替わりつつある印象で最終的には最近の定番になりつつあるSARDの550cc 12ホール (レジスタ高抵抗)で車種別キットのある63599を使用することにしました。

一応計算上ブースト1.2kとした場合
2.5bar=384cc 実効ピーク燃圧4.4k 差圧3.2kですのでざっくりと計算するとピーク吐出量は

3.2÷2.5=1.28 
√1.28=1.13137 × 384 =約434cc

ってことでほぼタービンプロフィール限界で吹ききったというのはほぼ計算通りです。
(燃圧によりインジェクターの吐出量は増大したりしますが、適正なスプレーパターンやソレノイド駆動で吐出されるとは限らないのでインジェクターの適正稼働率で運用するのがセオリーです)


同じ条件でSARDのインジェクターのピーク値をざっと計算すると約622ccですので稼働率はおよそ70%目標ですね。
ちなみに基準燃圧上は比率0.79なので約80%で、純正プロフィール比ですとやはりおよそ70%となります。

さて、インジェクターを交換するのは良いとして問題は製品精度。
一般的に各種インジェクター製造元メーカーさんの許容誤差は±3~8%程度。
仮に5%の差があった場合・・・370ccインジェクタの場合で+側で388cc、-側で351ccですので随分と差が出てしまいます。
これが550ccとなると・・・+側で577cc、-側で522ccと随分な差になってしまいます。
気筒別補正の入らないノーマル制御のエンジンならばこの差は顕著にエンジン回転のバラツキとして出てきますし、実測値でない公称値決め打ちでの現車合わせでもインジェクターを大容量化するケースが多いだけに不調の一因となります。

最近は純正インジェクターならレベリングインジェクターを扱う場所も入手先も増えましたが社外の大容量となるとそれも難しいところです。

ここで少しレベリングインジェクターについて説明をしてみようかと思います。
レベリングインジェクターという物を私が知ったのは7年くらい前でしょうか?
インジェクター洗浄のオプションとしてストックしている同一型番のインジェクターの中から噴出量の近いものをセットにしてエンジンの気筒別の燃焼状態をできるだけ均一にしようという考えのもと生まれたサービスのようです。

エンジンのダイナミックバランスのようにブレを低減するものの燃料版といった感じですね。
私のエンジンも各部の重量合わせと動的バランス(低偏心化処理)を施工していますが回転の起点となる燃焼状態がばらついていたのでは折角のダイナミックバランスも本領を発揮できません。
ダイナミックバランスやレベリングインジェクターは導入がパワーなどに繋がるようなものとも少し違いますが、機械的な精度が上がることによるストレスの軽減とスムーズなエンジンの吹け上がりに大きく貢献してきます。



レベリングインジェクターを依頼すると大抵このようなレポートが作成され、いくつかの噴射パターンでの測定とアベレージなどが記載されます。
画像は私が現在使用中のノーマルのレベリングインジェクターのレポートです。
導入時に少々トラブルありまして2組目なのですが1組目の平均吐出量は確か390ccほどだったかと。
NEO6のRB25DETなどは特にプラグへのアクセスも悪く、いちいち燃焼状態を確認・・・なんてやってられませんのでこういった要素は非常に助かるものです。


そう、レポートを見ながら悩んだ末に発想を転換して思いついたのが

新品のインジェクターを送付して実測レポートを作成してもらう

という解決法です。
実測値さえ分かればセッティングツールは有りますので気筒別設定できますし、現状でも使っている機能です。

インジェクタ数値の設定例



色々と調べた末にここはひとつ先駆けとなった株式会社IRSさんのお力をお借りしてみようと打診したところ

広報・営業の野本様より快く作業OKのお返事を頂きました。

今回は新品インジェクターを送付しての検証ですのでクリーニングはなしでレポートのみ。
費用は2000円/1本 (税別)とのことで今回は6気筒なので6本分。
代金が1万円超えの場合送料サービスとのことでしたので12960円で強力なセッティング資料が手に入る感じです。
レポート内容はほぼ上で掲載したレポートと同じフォーマットになる模様です。
(上記にはない3bar全噴射もしていただける模様)

噴霧状態の均一化、吐出量の均一化はチューニングに限った話でなくエンジンに対して非常にメリットのある事なのですがなぜか一般的なメニューに組み込まれてこないのが不思議です。
IRSさんではリビルト方式でのレベリングインジェクターのweb販売も行ってますので興味ある方はこちらも覗いてみてください。
(納品されるインジェクターと同型のインジェクターのコア返却が必要となります)
(社外品のセットの場合返却コアも同じ社外品のコア返却が必要となります)

また物理的なレベリングができなかった社外の大容量インジェクターなどでも実測値を知ることで、制御側でバランスすることが可能なECUも多いかと思います。

目下色々手配中ですので状況が進み次第また記事にしてみようかと思います。

ブログ一覧 | メンテ兼チューニング | クルマ
Posted at 2017/03/30 02:47:35

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

インジェクターレポートが届きました
てんれーさん

対応速度が素晴らしかった
てんれーさん

【Prestone スーパーパフォ ...
みやもっちゃんさん

インジェクタ、メタポンチューブ&ノ ...
OH!さるさん

インジェクターとプラグ交換ほか
てんれーさん

インジェクターあれこれ
KENEA187Aさん

この記事へのコメント

2017/03/30 06:13:57
こんにちは 各交換したいパーツの繊細なデーターが知りたくなってきますね  僕にはむずぅーーーぃです (^^)/
コメントへの返答
2017/03/30 11:09:10
こんにちは。
インジェクターの詳細なデータがないと、今度はセッティングが面倒になってしまうのです。

基本スペックデータでもアイドル付近などは良いのですが、推移中のA/Fずれが大きくなってしまったりする感じですね。

それを加速系の補正やアクセル系の補正で調整するのですが、アクセルちょい乗せからの加速時推移などが手間かかりますね。
A/F推移自体に問題ない場合はそこまで厳密にやらない事もありますが、25~50%くらいのアクセルで燃料絞りたいケースが結構ハマリます(笑)
↑高速コーナーの立ち上がり時など
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「チャタリング音軽減実験 http://cvw.jp/b/633652/42913715/
何シテル?   06/01 22:43
ドライブからサーキットまでそつなくこなせるコンプリートカーのような車目指して作ってます。 作業は原則ショップさんにお任せですが最後の仕上げになるECUだけ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

R33のRB25 タペットカバーのポスト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/06 21:05:29
BNR34後期標準車への吸気温度センサー追加手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/02 11:50:46
Defiのメーターの「0点調整方法」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/02 02:34:27

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
H12年(2000年)式後期のGT-Tです。 ほとんどノーマルのAT車を購入し8年かけ ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2017年1月28日に納車 「AWDが好きになれないCVT嫌い」の私が試乗もせずに買っ ...
マツダ MPV マツダ MPV
スカイラインの方では行けない場所も多々ありますので対極に位置する車、です。 前期のLY ...
その他 にゃんこ その他 にゃんこ
うちの大型特殊。(メインクーン) 完成まではまだ1,2年かかる模様。 メインクーンの割 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.