• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年04月04日

インジェクターレポートが届きました

インジェクターレポートが届きました こんばんは。

題名の通りIRSさんよりレポートが届いたのですがその前に。





先日の断線の対処をどうしようかな?なんて思ってたら新しいタイプの圧着コネクタが便利だよってことでそちらでコネクタを作ろうかなんて思って用意してみました。


入手簡単なのはエーモン工業の10組(20個入り)ですが、結構値段高いのですね。
供給元となっているであろうトコでもそれなりの単価に。
圧着なのできちんと使用しないと接触不良はありそうですがとりあえず確保。





!?




少々確保した量がおかしいとかありますがお次はこちら。



BESTEKの300Wインバーターです。
予想していたサイズの半分くらいでちょっとびっくりしました。
今はこんなにコンパクトなものがあるのですね。
サイズ比較にA4ノートの上に載せてみましたがノート用のインバーターを二回り大きくした程度ですね。

暗い場所で撮ったので塗装があまり良くないように見えますが実際は赤アルマイトで綺麗です。
スイッチが裏側でかなり小さいのが残念なところでしょうか?

一昔前に比べるとサイズは30%程度、値段は20%位ですのでそこのところは助かります。
これでじっくりとログとったりできます。


さて本題のインジェクターレポートがこちら。



気になる公差ですが一応±1%未満と頑張った数値が出ておりました。
今回はIRSさんのほうでナンバリングして頂いたので便宜上4番を振られたインジェクターが強いて言えばハズレでしょうか?

とりあえず色々とメモがてらに自作の計算シートに投げ込んでみたり。

実測をしない場合、ER34の新型パワーFCで係数をいれるならばインジェクタ係数は0.663ですね。

今回は実測してますので各インジェクターに補正をかけて運用します。
参考無効噴射値は過去のレポートでもそうでしたがなぜか2倍近くの値が出てきますが、実体的には公称値付近でセッティング出やすいですから何かテスト機材のクセのようなものでしょうか?
個人的には交流と直流の変換とかその辺になにかヒントがありそうな気がしてますがコチラの詳細についてはまた後日。

無効噴射時間は電圧によっても変化する傾向で、更に電圧が下がると遅くなり、電圧が上がると早くなります。
(曰くバッテリー交換したら車が軽くなった、アクセルのツキが良くなった・・・などの原因の一端でもありますが、スパークなどのコイルのチャージ速度や充填率やセンサーへの入力値等々複合的に改善されるので以下略です。)

インジェクタ駆動時の逆起電流とかも関係しそうですが、電磁バルブの反応速度と復元時間は限界がありますのであまり気にしすぎてもいけませんね。

パワーFCの場合ですと、各気筒毎に設定するほかに、燃料系タブの無効噴射時間設定からも変更可能です。
その際は気筒毎のインジェクターの無効噴射時間は0(補正無)として、無効噴射時間電圧マップで補正された数値での運用も可能です。
補正パラメーターを後付けしてるのか先にオフセットしているのかは謎ですが、先にオフセットした値で電圧マップを書いてしまったほうがイメージ的には処理速そうな気もしないではありません。


過去にも何度か書いている燃圧が変化した際の吐出量は軽く計算してみたらほぼほぼ実数に収まっておりました。
容量が容量なのと、かなり簡略化した計算式ですので若干の誤差はあったものの1~3cc程度ですので容量比でいくなら0.5%ほどの誤差でした。

とりあえず今回はざっくりと補正値だけ入れて様子見をして、ずれが大きかったり後々気になるような状況でしたら無効噴射係数やVQ作り直してもいいかななんて考えております。



今回のレポートに基づいて入れるべき補正値はこんな感じ。
あとはピークブーストと燃圧に基づいて生じるズレの範囲では目標A/Fからずれていきますのでその数値が大きい場合はきちんと変換係数もエアフロ比とインジェクター比の積で書き換えていくことになります。

あくまでまだ予測の段階ですが、今回導入するインジェクターは12ホールと多孔式ですので燃えはかなり良くなると踏んでます。
また綺麗に霧化することによって気化熱により燃焼室温度を奪いやすくなりますのでノッキング耐性が少し良くなるかもしれませんが、同時に燃えやすくもある状態ですのでどちらに振れるか楽しみです。

プライベートセッティングをしている方で今一つうまく燃調が決まらない・・・なんて方、リフレッシュついでにインジェクター洗浄と計測レポートいかがですか?

今回のようにレポートのみの場合2000円/1本
超音波洗浄のみの場合3400円/1本
超音波洗浄+レポートの場合4200円/1本
とのことですのでレーシングプラグの交換と同程度の費用で出来てしまうので意外にコストパフォーマンスが良いです。
6気筒の場合だと27216円税込みですから調子悪いインジェクターを買い直すより3分の1程度の出費で抑えられのが良いですね。

関連情報URL : http://www.irs-japan.com/
ブログ一覧 | セッティング記録 | クルマ
Posted at 2017/04/04 02:36:31

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

ER34を最終ステージへ
てんれーさん

対応速度が素晴らしかった
てんれーさん

【Prestone スーパーパフォ ...
みやもっちゃんさん

IRS PFI checker
キムキム(´・ω・`)さん

ER34最終ステージへ2
てんれーさん

最終仕様のリセッティングとセッティ ...
てんれーさん

この記事へのコメント

2017/04/04 06:59:19
お疲れ様です。
思ったより早くレポート結果が出ましたね。
誤差ももっと大きいかと思ってましたが、比較的に当たりの部類なんですかね。
コメントへの返答
2017/04/04 16:47:17
こんにちは。
迅速な作業でインジェクターも今日明日には戻ってきそうです。

全体的にみると4番が基準から5ccほど少ないので公称値基準だとちょっとハズレですよね。

燃圧変化時の概算式よりは0.5%程度実数は小さくなるようなので、燃圧を上方にオフセットして使う場合は、0.5~1%減算したものを利用すると良さそうです。

単純化した計算式で2.5bar&3.0bar時の計算誤差が少ない個体もありますので、実数値そろっていて、且つその誤差が少ない特性を示しているインジェクターがアタリ。なんでしょうかね。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「チャタリング音軽減実験 http://cvw.jp/b/633652/42913715/
何シテル?   06/01 22:43
ドライブからサーキットまでそつなくこなせるコンプリートカーのような車目指して作ってます。 作業は原則ショップさんにお任せですが最後の仕上げになるECUだけ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

R33のRB25 タペットカバーのポスト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/06 21:05:29
BNR34後期標準車への吸気温度センサー追加手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/02 11:50:46
Defiのメーターの「0点調整方法」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/02 02:34:27

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
H12年(2000年)式後期のGT-Tです。 ほとんどノーマルのAT車を購入し8年かけ ...
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2017年1月28日に納車 「AWDが好きになれないCVT嫌い」の私が試乗もせずに買っ ...
マツダ MPV マツダ MPV
スカイラインの方では行けない場所も多々ありますので対極に位置する車、です。 前期のLY ...
その他 にゃんこ その他 にゃんこ
うちの大型特殊。(メインクーン) 完成まではまだ1,2年かかる模様。 メインクーンの割 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.