• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ゼフィールの愛車 [トヨタ スープラ]

整備手帳

作業日:2013年10月25日

LLCがリザーバータンクから漏れる(謎)

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 30分以内
1
※ゼフィールさんは整備出来て凄いですね
※作業ミスとかしなさそうですよね

って良く言われます(汗)

整備は大昔に仕事でやっていたので、出来るのです
作業ミスはただアップしていないだけで^^;
昔も今も部品を壊したりは・・・あります、そんなモンです。

って事で、リクエストに応え?やっちゃった系を初アップ(笑)

ラジエターのリザーバータンクからLLCが漏れます。
自分のクルマはなかなな作業出来ません。
人のクルマの修理依頼が多かったり、仕事が忙しいとか^^;

重い腰を上げ、点検。
エンジンを止めると、しばらくしてラジエターからリザーバータンクへのホースを伝わり、ドレン側のホースに直に溢れ、漏れています。
??おかしい
ラジエターから戻ったLLCがタンクに落ちないでそのままスルーして、ドレン側にって有りえない!と思い・・・
2
リザーバータンクのキャップを点検。
なんか詰まってる?
だからタンクに落ちないの?
って思い・・・
3
判り易く言うと

ラジエターから青のシリコンホースでキャップに
入って、黒いL字ホースはドレン側で外に排出されます。
4
キャップ単体で点検します。
このキャップ、昔のブリッツのICキットに付いて来たもの。
かれこれ15年近く使っています。
純正タービンで湾岸や筑波をガンガン走ってもこんな事は有りませんでした。

タービン交換以降、こんな感じでLLCがちょっとずつ出てきます。

単体でホース差し込みの両方を吹いたり、吸ったり
で、判りました(^^ゞ作業ミスです。確認しなかった(汗)

ここは2WAYと1WAYになっていて、接続が逆でした。
2WAYがドレン側で1WAYがラジエター側なんで、ラジエターからリザーバーに戻るラインが通気していなく、逃げ道のないLLCはそのまま2WAYのドレン側に逃げ、外に排出されていたんです。

ってか、コレ両方平気かと思った。
なんで片方1WAYなんだろう。
多分タービン交換した時に、シリコンホースに替え、位置も変更したのでその時の作業ミスですね。

以後、通常にMAXレベル(温間時)にセットしてもドレンから排出される事はもちろん有りません。

基本は大事ですね。
外す前後にパーツの作動を確認するのは必須ですが、完全に思いこみで気が付かなかった。

これで純正の適当な大き目のタンクに交換して、キャップの作用も知らないままで、『やっぱ小さいタンクはLLCが漏れるね~』って嘘を広める所だったorz

リザーバータンクによって違いますが
キャップだけの物もあるし
1本しかホースが入らないもの
2本画像の様に入るもの

も、有ります。

こうやってたまに失敗して反省し基本を思い出す事も大事です。
しかし・・・情けない(^^ゞ

日々勉強ですね。
5
ラジエターのキャップも大事ですが(開弁圧等)
リザーバーもこのタイプも重要な役割をしています。

エアーが抜けている前提で
LLCが高温になると膨張するので、リザーバーに過剰分が流れます。
今度は冷えて容積が減ると、減った分リザーバーからラジエターに戻って行きます。これを繰り返しています。

メカ時代に習った事は結構覚えていますが
LLCの自然蒸発は300ml/年です。
確かに小さいタンクだと、JZ系みたいなLLC変動幅が大きいEGの場合は溢れる事も有るかも知れません。
その、溢れ方を見ていなかったのも今回の失敗の1つでした。

もし、全てに異常がなくてLLCが吹く場合は
1、冷却系統の異常(ラジエター詰まり等)
2、冷却不足かオーバーヒートで吹き返し
3、同じくヘッドガスケット抜けで吹き返し
4、リザーバータンクの容量不足

こんな理由が考えられます。

関連パーツレビュー

イイね!0件




関連整備ピックアップ

クーラント補充

難易度:

クーラント補充

難易度:

ブレーキフルード交換 ニューテックDOT5

難易度:

冷却水交換ビリオン→JURAN

難易度: ★★

ISCV (アイドルスピードコントロールバルブ)清掃(136037km)

難易度:

炎天下での冷却性能試験

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2013年10月27日 3:15
とりあえずっもう一度キャップ見てみますが、この前見てもらったとおり
自分のはホースが片側にしか付かないタイプっぽいですよね

っていうと俺の吹く原因は1の冷却不足、オーバーヒート系っすかね…
とりあえず水温、油温がキツイときに吹くのは間違いないっす!

4の容量不足もその要因ではあるけども、あくまで要因の一つのようですね
1と3に関しては自分じゃよくわかんないっす(^^ゞ

LLC吹くの精神衛生上よろしくないし、
異常によって起きてないといいんですが…
コメントへの返答
2013年10月28日 0:46
今日もちょっとメールでやり取りしてたけど・・・何だろうねぇ???

距離からするとファンカップリングは効いてないと思うんだけど(^^ゞ
いつもエアが嚙んじゃうってトコが気になるなぁ。
噴いて、エアー吸いこんで、なのかな?

オーバーヒート歴も調べたいし
ヘッドガスケットが抜けてる最悪な事にはなって居ないようなので!

リザーバー大きくして、ちょっと見てみたい部分もあるかな^^;

聞いて無かったけど、キャップは開弁圧を上げてる??
2013年10月27日 11:09
こんにちは!

まさかの片側2WAYとは・・・そういったものもあるんですね(^_^;)

今は純正を付けているので大丈夫ですがもしなにかあって変える、となったら気をつけないとダメですね、自分も(笑)

多分自分のがLLC吹き出してたらアタフタしまくりになるかもしれやせんwww
コメントへの返答
2013年10月28日 0:50
こんばんは(^^)/

マ・サ・カの1WAY&2WAYとは・・・(^^ゞ

知らなかったです。ってか、1/2なんで今までが運が良かったのか?!

でも、いろんな事には理由と原因が必ずあるので、自分のクルマも面倒がらずに手を掛けてやらなきゃって思いました。

仕事がせめて他の人レベルの忙しさだったら良いのにって思います^^;
仕事に追われスープラ触れません(笑)
2013年10月27日 22:54
お疲れ様です

キャップの違いがあるのは分かりませんでした・・・
私のは確か純正のをそのっま使っていた・・・気がするw 片側だけホース接続タイプですね

基本的に温まって増えた分だけリザーブへ・・・で冷えたらリザーブに行った分だけ戻るはず

一度オーバーフローやリザーブが空になってしまった場合はラジエターに空気が入ってしまってる事もあると思うのでラジエター側も見たほうが良いかもしれませんね(^^;
コメントへの返答
2013年10月28日 0:57
EX氏こんばんは(^^)/
私のは、何のこっちゃ的な結末で直りました。

↑ひろ、のは何だろう??
タービンに水ライン入れてるんだけど(BBだしね)その取り方も間違ってないし。

ラジ詰まりか、ラジ前のコンデンサー詰まりで冷却落ちてるか?
まさかラジ・コンデンサ・OC・ICって付いてないよなー(-"-)

カップリングもクサそうだけど。

1回スチームも軽くしてみたいような・・・。
水温計110℃くらいだと、ちょっと高いか。

文章だけだと難しい^^;
2013年10月28日 7:51
キャップの開弁圧は上げてます。
純正に戻した方がいいんですかね…
そもそもこいつの役割がよくわかってないっす(^^ゞ

EXさんの話も踏まえると、やっぱり一回エア抜きしてみますよ。

それに関してはおさまるかもですが、根本的には
色々調べる必要がありそうですね!
コメントへの返答
2013年10月28日 21:00
ラジエターキャップ^^;

簡単に説明しますか

冷却水(LLC)は100℃で沸騰したら、ちょっと踏んだり、スポーツ走行する時なんかに毎回沸騰しちゃうよね、水温100℃超えなんて割と有るよね?

沸騰すると、水蒸気がどんどん発生して気体の逃げ場が密閉されてる冷却系統内には無いので、異常高圧になって破裂しちゃう。
ここまでOK??

それをキャップの圧力で沸点を調整できる。

私は毎年富士登山するけど、高山でお湯を沸かすと大体80℃くらいで沸騰する。
これは気圧が低いから。

大気圧=沸点100℃は習ったよね。
って事は、圧が高いと沸点が上がるって事。

その圧力調整をキャップがしている。

さらに(長くなるな・・・^^;)
LLCが100℃と120℃の2種類で同じ条件下で冷却するとする。

冷却は外気温や走行風なんかで冷却能力(=効率だと・・・ちと意味合いが違うけど、でもいいか)が決まる。

LLCの温度と外気温(=走行風)の差が大きいほど温度の落ち幅は大きい。
(この20℃差の場合は)

その落ちるのも、冷え過ぎてもダメなんで、サーモスタットで調整してるわけ。

長くなるので超ぉ~端折って説明してるけど、判り易くって部分ではこんな感じかな?

ラジエターの冷却能力と冷却性能とかいろいろ話すと長くなるので、突っ込みは無しね。


スイマセン途中で送ってしまった^^;
追記です。

キャップがヘタると
大体年に0.1kg程度と言われています。
温間~冷間時にリザーバータンクからラジエターにLLCが上手く戻らなく、圧が抜けてラジエターにエアーが入る事もある。

んで、エア噛みしたまま、また走って温間になると、上で書いたように異常加圧されて吹く事もそう言えばあるかもね。

ま、キャップがヘタると大体水温が上がるので判るはずだけど・・・。


キャップも点検、交換、エア抜きもしてみたら?って昔のメカ時代の整備メモを読み返してみた。

結構忘れちゃうんだよね~^^;
メカ時代に7MGTと1GGTでキャップ不良で吹いたクルマ有ったの思いだした!(^^)!

プロフィール

「[整備] #スープラ JZA80 スープラ 2JZGT ISCV https://minkara.carview.co.jp/userid/637710/car/543570/6763457/note.aspx
何シテル?   02/22 23:41
94年式RZに乗っています。25年目になりました。 納車の日は良く覚えていますが、まさかこんなに長い付き合いになるとは^^; 20代はローンに苦しみ、走るの...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

国土交通省:道路運送車両の保安基準 一覧表 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/01 22:21:29
トヨタ スープラワンオフ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/22 15:04:22
ディ-ランゲージ 走行会TC1000 ゼフィール号 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/24 23:58:22

愛車一覧

トヨタ スープラ トヨタ スープラ
アブフラッグ ゼフィールボディキット。 全幅208センチも慣れてきました。 2009年 ...
トヨタ ファンカーゴ トヨタ ファンカーゴ
子供が生まれるので、70から乗り換え。中古だったけど、結構好きだった。サンルーフ仕様が探 ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
独身時代、夏のボーナスが結構出て、たまたまヤフオク見ていたら7万円で出品。冷やかしで入札 ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
高校卒業し、30ソアラにあこがれトヨタに入社。でもなぜか90ツアVを購入。頭金なしフルロ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Yahoo Japan Corporation All Rights Reserved.